更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

嫁がある男のおもちゃに②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


調教とか、奴隷とかって言葉には、
今でも「そういうのじゃない」と反応します。
ではナンなのかと聞くと、「おもちゃ」と・・・
とりあえず、妻が暴露した話によると、
夜の仕事をしている最中彼氏ができ、
(年がいくつで、どこの誰かは絶対に言わないが)
どんなことされたのか聞くと、初めのうちはお店で、
この男が連れてきたほかの客やホステスの前でオナニー
その後そのテーブルの全男にフェラ。しまいには、
カウンターに全裸でM字で座り、店内全員にいじられまくり、
最後はオナニーショーといった具合に
エスカレートしていったらしい。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

で、お店が終わったあとも、そのまま外に出て、
もちろん回りは飲み屋街。その中で、
ノーパンにバイブを入れられて歩かされ、
歩道のガードレールや、階段なんかで開脚させられ、
言い寄ってきた男には、彼氏の指示で
フェラや時には本番もさせてた。
なぜ、そんなことしてたのかと聞くと、
「そうしないと彼氏がいれてくれなかった」そうで、
それ以外でも、車の窓全開で全裸でオナニーやフェラ、
繁華街で車を止めてドアを開け
歩道に向かってオナニーなどしたそうです。
全部彼氏のものを入れてほしくての行為でけして
その行為が好きだったわけじゃないと。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

その頃の嫁の仕事は週1で平日に休みがあった為、
休みの日に昼間男とあってたのか聞くと、
ほぼ毎週あってたらしい。
何してたかを聞くと、外に出ない日は家で、
しかも俺らの寝室でセックス、外に出ると、
ショッピングセンターなんかのショーやる所(広場)で
開脚して通行人にあそこ見せたり、
時にはオナニーさせられたり、
決まって最後は、自分で男に
「触ってください」とか「セックスしてください」
とか声かけて男をゲットして、駐車場なんかで、
彼氏の見てる前でやらされたそうです。
もともと男性経験も多いのは知ってたし
(知り合った時点で50人くらい?)
スケベでセックス好きなのも知ってましたが、
俺が知ってる嫁はここまではしないし、
じゃあ何でここまでしてたのかと言うと、
彼氏の物ほしさだそうです。
どんな命令でも聞いてたのか聞くと、聞かないと、
入れてくれないし、お仕置きされるので
ほぼ聞いてたといいます。
俺とのセックスの回数が減ったのも
彼氏がOKしたとき以外するのは禁止で、
OKが出るときはほとんど、深夜帰宅し彼氏を家に上げ、
俺が寝てるその横の部屋で
セックスし、その後俺とやれと言われたときだそうです。
俺とのことでの命令は、許可したとき以外の
セックス禁止・ゴム着用・フェラ禁止がおもで、
時には、彼氏が中田氏したあとのアソコをクンニさせて、
それで終了。なんかもあるそうで、
すべて思い当たる節があるんだな~。聞いたのは結婚後。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

話を戻すと、特定の男がいて、
そいつに色々やらされてるんじゃないかと
疑いを持ち始めた頃、SEX中に場の雰囲気を見ながら
色々問いただしていたところ、
少しずつ、聞いたことに対して白状し始めたんだ。
もう仕事は辞めた後だね。
俺が聞きだした順番に話を進めていくと・・・
店で色々してたのはすでに知っていたので、
もしかして外でもしたのか?と思い
聞いてみたところ、やはり「ある」との返事。
どこでどんな事したかといえば、
地元の人間なら誰でも知ってるような、
デパートのような場所でオナニーさせられた。と。
人に見られないような場所で
コソコソとしたのだと思っていたら、
見せろ と言うことだったらしく、
人が結構いる場所のベンチであそこが見えるように開脚し、
見てもらうつもりでオナニーしたと。
かなり濡れたらしく、その後はトイレで
彼氏のものを入れてもらったそうです。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

他の場所でも同じようなことをしたのか聞いてみた所。
いろんな場所で経験済み。
なかでもよく行っていた場所が公園。
おそらく夜結構遅い時間帯。
そこで同じようなことをしてた。とのこと。
詳しく聞いてみた所、大き目の公園のようで
(どの公園かはいわんが)
ジョギングなんかをする人が結構いるらしい。
そこでの行為にはルールがあったらしく、
彼氏が指定したベンチ(街灯があって姿が見える場所)で、
下着を履かずにスカートをめくって見えるように開脚。
とりあえず人がくるまでは自分で触ることも許されず、
その状態で放置だったらしい。
しばらくその状態でいれば必ず誰か声をかけて来るらしく、
声をかけられたら見てもらうようにお願いするらしい。
そこで初めて自分で触れる。オナニーができる。
で、オナニーしてる間に人数が増えるらしく、
毎回最低4人くらいはいたと多いときはわからないそうだ。
その男たちとやったのか?やるように言われてたのか?
聞いたところ、やる・やらないは
自分で判断するように言われてたらしく、
人前でオナニーして感じている中、
やらずに立ち去ることができるわけがなく、
結局毎回その場の全員とやったようだ。
ちなみに彼氏は、少し離れた場所から一部始終を見てたらしい
その後はご褒美として彼氏のものをということ。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

嫁がある男のおもちゃに

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


嫁、同棲中に特定の男の奴隷というか、
おもちゃとして扱われていたんだと。
そん時の話を聞いて今は興奮してる俺。
聞いてもらいたい気もするんで、詳しく書きたい気持ちもあるが、
そうすると長くなりそうなんで、メンドクサイ気もする。
時間かかってもいいのかな?
それじゃとりあえず、現在30の夫婦。
で、18から同棲しているんだが、
19の頃昼間の仕事とは別に夜働きたいと言い出した。
もともと男性経験豊富(それはわかってた)なんで
最初は反対したんだが、
生活費&貯金の為と言うことでしぶしぶOK。
で、とあるクラブで働くことになった。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

初めのうちは心配なんで送り迎えしていたんだが、
しばらくするとめんどくさくなってやらなくなった。
その頃から、帰宅が遅くなり、遅い理由をたずねても適当な返事
強く聞くこともできずにしばらくそんな日が続きました。
あるとき決定的な出来事があり、
寝ていて目を覚ますと嫁が俺のものをしゃぶっていた。
で、俺が目を覚ますと即挿入。
その当時普段セックスしててもしゃぶることは滅多になかった為
不思議に思った俺は、かなり酔っ払っている嫁に
何かあったのかを聞いてみた。
するとお店で親父にいじられたと・何をされたのか聞いてみると
「氷を入れられて、その後にセックスした」と。
俺は気が動転して、
怒りが沸いてくる反面興奮したのを覚えてます。
で、その日はそれで終了。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

酔っ払ってた彼女は次の日になって、
何にも覚えてない風だったため、昨晩のことを話し、
脚色を付けて自分から話し出したとカマをかけてみたところ
今まで、結構な人数の客とやったと暴露しました。
でも、仕事をやめさせるわけでもなく、
そのままにしていたのが、他人のおもちゃになってしまった
原因かと思っています。
その後普通だと12時半には帰宅する彼女が、
3時、4時の帰宅になると「やってきたな」と思い
彼女が帰宅すると起きて、
セックスしながらどんなことをしてきたのか
聞きだすのが楽しみになりました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

でも、彼女曰く、仕事上しょうがなくしていて、
やりたくてしているわけじゃないらしく、
あまりしつこく聞くと怒り、そのことでけんかするようになり、
生活は相変わらずそのままだったのですが、聞くと怒るので、
聞くに聞けなくそのままセックスの回数も減っていきました。
そんなこんなで2年ほど過ぎた頃、
嫁が「ゴム付けて」と言い始めました。
理由は、「今子供ができたら困るから」と。
確かにそうだった為、つけるようにしたんだけど、
嫁は、生が好きで、
今まではゴム付きでのセックスは長続きしたことなく、
おかしいなと思い始めました。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

で、久々に(1年ぶりくらいに)フェラを頼むと
かなりうまくなってる。
前ははっきり言ってヘタ、だのに今はプロ並み。
出勤して客とたまにしてるのは知っていましたが、
それでも、ここまでうまくなるものなのかときになり、
それからセックスするたんびに聞き出すようになりました。
が、答えてくれませんでした。
セックスするたび色々聞いてたのだが、
答えてくれずに、その後夜の仕事をやめ、そのまま結婚。
で、結婚後も水商売後半のことが気になって聞き続けたところ
ついに暴露し始めました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」妻のみならず長女まで(最終回)

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


Yの言いぐさは開きなおりに近いものがあった。
言葉にして認めてはいないが態度では認めているに等しかった。
『金ですか?』
捨て台詞のように言い放つYに
『金銭の問題じゃないんだよ』
と努めて冷静に話かける。
じりじりと時間が過ぎていった。
その日は家に帰ると言っていたため時間がなかった。
『とりあえず今日のことは私とY先生だけの話にしましょう。
明日に時間が取れるようでしたらお会いしましょう』
Yはそれに同意し、
翌日にYの住む近くの喫茶店で落ち合うことにした。
その日は何くわぬ顔をして帰宅した。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

翌朝、仕事に行く格好で着替えの入った鞄を持って
何くわぬ顔をして外出した。
Yと会うまでに行っておきたい場所があった。
浮気調査の報告で出てきた〇〇にあるラブホテルだ。
駅のロッカーへ荷物を入れ、歩いてホテル街へ向かった。
チェックアウトの時間が近いせいか、
ホテルから1組、また1組と出てくる。
調査結果の3日以外にも妻はYとこのホテル街へ来たのだ。
それも娘たちを送りだしたあとのそれほど時間が経たない頃に。
調査によるとチェックインは朝の10時過ぎ、
チェックアウトは夕方の6時頃。
8時間ものあいだ妻とYはこのラブホテルの一室で
どのようなセックスをしたかを考えるだけで
股間に灼熱の熱さを覚えた私だった。
11時に待ち合わせの喫茶店へ先に着いたのは私の方だった。
約束の時間を過ぎてもYは現れなかった。
もしかしてYは現れないかも知れない。
イライラしながらYを待った。
注文していたアイスコーヒーを飲みほした頃に
Yは何くわぬ顔をして現れた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

Yの第一声は
『で、旦那さんはオレと〇〇(妻の名前)さんの関係の何が知りたいわけ?』
だった。私は呆気に取られた。
このYのふてぶてしさは何様のつもりなんだろう。
Yは観念したわけでもなく
『そっか、探偵まで使って調べられてたんじゃしょうがないね』
とニヤリと笑った。
この姿は娘たちが知るYではないだろう。
そして、たぶんこれがYの本質。
何故かYは私に対しても上から物を言うような感じでいる。
立場が逆じゃないかと言いたかった。
Yは妻との関係のいきさつについてポツポツと喋り出した。
時よりニヤニヤと薄気味悪い笑みを浮かべながら
妻の痴態を語るのだった。年末に妻との関係を持ったYは
正月休暇を終えて私が赴任したあと週に2日は
我が家に泊まり、妻を恥辱していた。
家での行為を拒否した妻に対して口で奉仕するよう求め、
自分だけ何度も何度も逝き果てる行為を繰り返したという。
Yは
『〇〇もオレのあかげでフェラチオがだいぶ上達したよ』
と言い放った。
ここでは妻の名前は呼び捨てになっていた。
『〇〇はああ見えて淫乱でね、娘たちが学校へ出た瞬間にエ
ロ下着つけてオレに抱きついてくるをだよ』
『オレも朝から仕方ないからさ
あんたらの寝室で〇〇を犯すわけさ』
『犯すって言っても手マンとバイブでね』
『ホントいい声して鳴いてくれるよ〇〇は。
近所まで聞こえるぐらいのあの声だよな』
『フェラチオさせてもオレがいいって言うまで
尻穴まで舐めてくれるて、こっちはふやけちゃうよ』
とニヤリ笑う。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

ラブホテルへ行くのは妻からの誘いだと言った。
そしてホテル代や何から何まで妻が負担していたのだった。
私が見つけたバイブレーターもピンクローターも
全て妻の金で買ったものだった。
『〇〇はオナニー狂いの変態妻だもんね。
オレに会えない日にはバイブ使ってオナニーしてるぜ』
『まぁ最初はオレが全部仕込んでやったんだけどね』
『今じゃホテル行ったら〇〇からすすんで
オナニーショー見せてくれるようになってるし』
『それしないとあとでオレのモノ貰えないからね』
『パブロフの犬みたいなもんだな』
と言い大きく笑った。
『最初はゴム着けてやってたけど、
最近は危険日以外はナマで中出ししてやってるよ』
『だって、〇〇が中で出して欲しいってお願いするからさ』
Yはぬけぬけと一方的に妻の痴態について喋った。
そのあいだの私と言えばYの意のままに操られる
妻の痴態を想像しては爆発寸前になっていた。
『もぉさぁ、こうなった以上は〇〇ちゃんの家庭教師も辞めるけど
まだまだいろいろあんだぜ、あんたん家には』
意味深なYの言葉だった。
『いろいろとはどぉゆうことだ?』
『へへへッ…』不気味なYの笑いだった。
私はもう多少のことでは驚かないだろうと思った。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

Yはニヤニヤしながら続ける。
『〇〇もだけど、〇〇〇ちゃん(長女の名前)も
お勉強の覚えが早いな』
『17才にしては合格だよ』
キョトンとする私に対し
『フェラチオの話だよ』と平然と言ってのけた。
『お前、まさか…』
『〇〇〇ちゃんが勉強したいって言うし教えてやったまでだよ』
『ま、処女ってのは面倒臭いけどたまにはいいな』
『大丈夫だよ、ちゃんとゴムつけてるし』
と訳のわからないことを平然と言う。
『そうゆう問題じゃないんだ!』
と言うと
『じゃ、どうゆう問題なわけ?』
と答えた。
妻のみならず長女までもが
Yの毒芽にひっかかってしまっていたとは…と愕然とした。
『〇〇〇だけは止めてくれないか』
私にはそう言うのが精一杯だった。
『そんなの自分から〇〇〇ちゃんに言えば?あんた親なんだし』
『娘だけは勘弁してくれ…』
絞り出す言葉はそれしかなかった。
しばらく間をおいてYはまた意味深なことを言う。
『じゃ、〇〇〇ちゃんに手を出さないってことで、
〇〇はオレの好きなようにしていいんだよね?』
とニヤリとした。
『でさぁ、オレは〇〇〇ちゃんの家庭教師は辞めた方がいいわけ?
オレは別に辞めたって全然構わないんだぜ』
私は考えあぐねた挙げ句に
『娘はあんたのことが好きみたいだし、
それで成績も上がってきたと思う。
娘に手を出さないと誓えるなら…』と。
『なるほど。分かったよ』Yはあまりにも普通に答えた。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」妻のみならず長女まで③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


それから数ヵ月、私は妻の変化に全く気付かずにいた。
また娘たちもYと母親の関係を疑うことはなかった。
娘たちの前でもうまく取り繕っていたのだろう。
私が妻の変化に気がついたのは春になってからだ。
久しぶりに我が家へ帰り、着替えをしようと思って
寝室へ上がった時に気付いたことがあった。
室内にはいくつかの洗濯物が干されていた。
私は黒色の下着が干されていることに気がついた。
それは私が見たこともないTバックの下着だった。
妻の油断だったに違いない。
私がいないことに慣れてしまっていたせいか、
私が帰ってくるにもかかわらず、
いつもの様に室内に下着を干していた


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

私は不吉な予感を感じずにいられなかったが、
そのことは気が付いていないふりをしようと決めた。
寝るために次に寝室へ上がった時には
その洗濯物は見事に消えていた。
妻が気が付いてどこかへしまったのは明らかだった。
翌日、妻は昼から外出した。
私はここぞとばかりに寝室内のありとあらゆる場所を
探索した。妻の浮気を疑ったからだ。
寝室内の妻の鏡台、クローゼット、
タンスの中に何かないかを探した。
妻の下着が入った引き出しを開けた瞬間に呆気に取られた。
白、水色、ピンクなどの淡い色の下着が中心だったはずが、
黒、緑、赤、オレンジなど私が見たこともない色の下着が
詰まっていた。小さく折りたたまれた下着を
ひとつひとつ広げていくと、TバックやTバックでも
ほぼ紐状になったもの、前と後ろがレース状になっていて
透けているものなどが出てきた。
そして、その引き出しの一番奥にあった小箱から見つけたものに
我が目を疑った。その中に入っていたのは半透明色をした
バイブレーターとピンク色をしたピンクローターだった。
そして小さな箱に入ったコンドーム。
中を開けてみると残りは4個になっていた。
たぶん1ダース入っていたはずだから8個減っている計算になる。
もちろん身に覚えは全くなかった。
このところ妻とはレスになっていたし、
レスになる以前も安全日のみでゴムをした覚えなど全くなかった。
私は妻の浮気を確信した。
ただ、それが誰となのか、そして事実なのかは全く証拠がなかった


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

悩んだ末に興信所に浮気調査を依頼することにした。
手着金と成功報酬と実費、思ったよりも高くつくが
私にはこの方法しか思いつかなかった。
調査期間は14日間。調査終了次第に報告するとのことだったが
結果如何によっては全ての報告を受けるかどうか
自ら選択できるという。約3週間後、
私は興信所の担当者と喫茶店の奥の席で向かいあっていた。
担当者は結果の如何に関わらず私に全ての報告を受けたいか否かの
最終選択を迫った。私の答えは勿論Yesであった。
『残念ながら調査の結果、旦那様がお疑いのとおり、
奥様には浮気の疑いがあります』と結論から突きつけられる。
封筒の中から妻の行動確認調査表が取り出された。
外出記録は普段の買い物さえもこと細かく記されている。
そして14日の調査のうち3日間、男と行動したことが記されている。
家を出てから、どこで何をしたか。
そしてその3日については利用したホテル名とチェックイン時間、
チェックアウト時間まで記されていた。
もう疑う余地はなかった。
『相手は?』これを聞くのが精一杯だった。
写真をご覧になりますか?
と言っておもむろにミニアルバムを取り出す。
私は目を疑った。そこに写っていたのは
妻と娘の家庭教師Yだったからだ。
予想外の答えに言葉が出なかった。
さすがに私は仲良く腕を組み、ラ
ブホテルへ消える二人の写真を見ながら沈黙した。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

もう相手はお分かりかと思いますが、
娘さんの家庭教師をやっているY・T。
〇〇大学3回生の22才。現住所は〇〇区〇〇…。
淡々と報告が続くが上の空。
気がつけば書類を片手に喫茶店を出ていた。
妻の浮気を責める気はなかった。
どちらかというと妻にあのような下着を着けさせ、
玩具や避妊具を妻に持たせる男に興味があった。
Yはまだ若いが、いろいろな意味で経験が豊富のだろうと思った
そして、単に経験が豊富というだけでなく
妻の性癖をもてあそぶ性的Sなのか?
私の中に潜んでいた悪魔が私を突き動かしていた。
私はYに会うことに決めた。会うといっても一方的にだが。
私は木、金曜日に有休を取り、
妻には商談があるからとウソの理由をつけて帰京した。
木曜はYが我が家にやって来る日だ。娘の授業は8時~10時。
私が帰宅する予定になっているので授業が終われば
そう時間をおかずに出てくるはずだと読んだ。
予想は的中だった。私はYの背中を追い掛けて歩いた。
『Y先生!』暗がりの中で呼びとめられたことに
Yは驚いているようだった。
そして、その呼び止めた相手が私であることに気が付いた時、
さらに驚きの表情を見せた。
私は単刀直入に話を切り出した。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

『Y先生にちょっとお話したい件があるのですが、
少しお時間いただけますか?』
Yは少し困惑した表情を浮かべたが
『今からですか?…分かりました。いいですよ』
と答えた。駅前から少し離れたファミレスに入った。
『いえね、話というのは娘のことじゃなくって妻のことなんですよ』
と言いながらYの表情を覗いてみた。
一瞬ピクリと眉が動き、少しだけ目線を反らしたのが分かった。
畳みかけるように私はYに尋問を続ける。
『Y先生とうちの妻の関係はどのようなものですか?』
私は落ち着き払っていた。
『実はね、私は妻の浮気を疑っておりまして…調査したんですよ…
そしたらね、Y先生、あなたがね…』
Yは黙ってうつ向いて聞いていた。
唐突にYは『それで一体何が言いたいわけですか?』と声を荒げた。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」妻のみならず長女まで②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


十分に妻の気持ちを引き寄せたYは一気に攻めに出たようだった
ある夜、いつものように娘たちが寝静まったあとの
リビングで飲みながらのこと酒に酔ったふりをしたYは
冗談とも本気ともつかぬ顔をして
『実は奥さんみたいな女性がタイプなんですよね』と言った。
妻は恥ずかしそうにしながらも嬉しそうに
『お世辞でもありがと』と答えた。
『お世辞なんかじゃないよ』
沈黙のあとYは妻の横へ座りなおし、
強引に妻の肩を抱き寄せてみた。
『酔ってるでしょ?』
『少しだけね』
『でも本心だよ』
『少なくともオレはそう思ってる』
妻は嬉しいとも恥ずかしいともいえぬ表情でYを見つめる。
Yはさらに妻を抱き締め軽く唇を奪った。
こわばる妻に『旦那さんに悪いことしたね』とだけ言った。
妻は無言だったがYの胸元からは離れようとはしなかったらしい。
Yは『これはみんなみは内緒だけど今度ランチでも行こうよ』
と妻の手を握りながら言う。
妻は少し罪悪感を感じた表情をしたが、
しばらく間をあけて『絶対に二人だけの秘密だよね?
子供たちにも知れたら何て言われるか』
『心配しなくていいよ。バレるようなドジなことはしないから』
こうして二人は昼間ながらも密会をすることになったらしい。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

12月の終わり。
その日私は仕事納めで最終便ででも我が家に帰るつもりでいた。
Yが妻とのランチデートをその日に設定したのも
全てを知ってのことだった。
クリスマスイブの夜、突然にYは我が家を訪ねた。
授業でもない日の週末の突然の訪問に驚く3人に
『クリスマスプレゼントを持って来たよ』
と言っては娘たちにプレゼントを手渡す。
その夜も4人で賑やかな夜を過ごしたあと
娘たちがそれぞれの部屋へ向かっうと、
Yはおもむろに妻へのプレゼントを取り出す。
『私にまで?ありがと』と少女のような瞳をして受けとる。
『開けてみていい?』
『気に入ってくれるといいけどね』とY。
その中には下着が入っていた。
それも妻がつけたことのないような過激な下着が。
思いもよらない中身に妻は動揺したが
『今度のランチデートは必ずそれを着けてくること、いいね』
とY。私が知る限り妻は白や水色、
ピンクなどの薄い色のそれほど過激なデザインではものを
好んで着けていた。Yが妻にプレゼントしたのは
真っ赤なTバックの上下だった。
それも前後ともが透けて見えるようなものだった。
帰り際にYは『必ずあれを着けて来いよ』
と少し命令口調で言い残したらしい。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ランチデートは軽いフレンチの店だった。
昼間からワインを開け、ただでさえ浮かれた妻とYの会話は弾んだ
店を出た二人は腕を組み歩いた。
Yはごく自然に妻をホテルへと誘う。
妻は拒否はしなかった。
拒否しないどころか妻にはそれを待っていた節さえある。
二人は歩いてラブホテルへと入った。
そして部屋に入るなり妻の着ていたコートを脱がせ、
立ったまま妻を抱き寄せた。
いきなり深いキスをしながらYの両手は妻のスカートを捲りあげ、
妻の尻を鷲掴みにするように揉みあげた。
Yにはすぐにパンスト越しながらも
妻があの下着を着けてきたことを確認できたが、
そのことに気がつかないふりをした。
一気にパンストを下ろし、妻の豊かな尻をさらに激しく揉みながら
下着の中へ手を入れていく。
すでに妻の蜜壺は蜜液で溢れていたようだ。
Yはそれを確認すると
『いやらしい奥さんだ。もうこんなにお〇〇こを濡らして』
と、わざと卑猥に妻を責めるかのように呟く。
そんな言葉に妻が感じているのは分かったYは
さらに自分の熱くなった肉棒に妻の手を導いて、
『もぉこんなになってるのは〇〇のせいだよ』
と妻の名前を呼び捨てにし、さらに冷淡な目を妻に向けて
『しゃぶれよ』と命令する。
妻はまるで操り人形のように膝まづき、
Yのベルトへ手をかけた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

妻はそそり勃つYの肉棒を愛しそうに握り、
恍惚の表情で肉棒へ奉仕した。
妻は私との営みでは決してすすんで奉仕をしない。
私にはない若者の凶器のような肉棒を前に
妻は年上女の尽す姿を見せたらしい。
十分に奉仕をさせたあとに
Yはさらに命令口調で妻にこう言った。
『〇〇、いつもみたいにオナニー自分の指使ってしてみせろよ』
妻との会話の中で巧みに
妻が自慰をしていると聞き出していたのだ。
この話を聞いた時、私は愕然としたことを覚えている。
妻が自慰をしているとは想像すらしていなかった。
この話をYから聞かされた私は経験したことがないぐらいに
自分自身を熱くさせていた。
妻をベッドへ運ぶとYは再度命じた。
妻は従うように下着の上から自ら愛撫を行う。
時折、切なげな声を洩らしながら。
Yは冷蔵庫からビールを取り出して飲
みながら妻の自慰鑑賞を続けた。
妻はYに見られながら、
それに快感を得たかのように自らの指を敏感な部分へ
導き自慰を続ける。Yは自ら持ってきたバイブを取り出すと
妻の目の前に突きだし
『これ使ってオナニーしてみろよ』と命じた。
私との営みでは玩具は使用したことなく、
妻は玩具すら見るのは初めてだっただろう。
YはバイブのスイッチをONにして
股間に延びた妻の手に掴ます。
妻は何も言わずYの言うがままに従い、
バイブの先を自ら蜜壺へ導く。
妻の快楽に浸る声が部屋中に響き渡る。
Yはさらに『奥まで入れてみろ』と促す。
妻は絶叫に近い声を部屋に響かせながら自らの手を離そうとはせず
自らの手の動きに腰を合わせはじめる。
すべてがYの思惑どおりだったに違いない。
Yは徹底的に言葉で妻を責めた。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

その日、妻がYに操り人形のように操られて
男女の関係になったことは言うまでもない。
Yによると妻は自らYに跨り、自らの腰を自由に動かし、
自ら快楽に酔ったという。
そんなことは何も知らずに私は帰宅した。
Yの目的は、私が帰宅する日に妻を汚し、
妻の罪悪感と被虐心をあおりながら、自ら快楽へ貶めることだった
妻は完全にYの性玩具と化していた。
妻はさすがに最初は自宅での関係は拒否したようだが、
口奉仕に始まっり、次第にYの術中に嵌っていった。
娘たちが寝静まったあと、
リビングでは妻とYの肉欲の交歓が週に2回は行われた。
娘たちが学校へ出かけたあとに
朝から肉欲の交歓を行っていたのは言うまでもない。
妻はYが悦ぶことを自らの悦びと感じ、それを実行した。
またそれを自らの性として受け入れ、
それに悦びを感じるようななっていた。
妻の脳裏からはもう私の存在は消えてなくなっていただろう。
母親としての自覚や自制心は完全に崩壊し、
Yの前に膝まづく性奴隷と堕ちていたに違いない。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
71位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。