更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」 情けない感じの蟹股歩き・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


もちろん、残っていたあきら君も目をさまし、
一人取り残された感じで、
まだ半分は服を着ていた私達の服を脱がせてしまい、
全裸にしてから自分も脱いで全裸になり
最初は四つん這いになっている私の方がしやすかったのか
顔のところにあきら君の物を突き出し、
口でしてくれるよう催促しるみたいで口の中に入れられ、
それを吸いながら舌を絡ませてました。
暫くすると、ミー子が私も舐めたいと言い出し、
交代してあきら君は四つん這いの格好で
あれをミー子の口に、 ミー子は両手で抱え込んで
美味しそうに舐め始めました。
二人にしているミー子が羨ましくて
舐められてるあきら君に近づき、
胸を触って貰いながらキスをして舌を絡み合わせて、
最初からしていた健史君が私の中に放出し、
続いてあきら君が私の胸を強く掴んで
息が詰まるほどキスしてるのを吸い込みながら
ミー子の口の中に、聡君は結構長くて
続いていこうと激しく腰を動かし、
絶頂寸前のミー子の中に出して3人とも終わりました。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
3人が終わった後は余韻を感じながら
ミー子と私が抱き合って寝てたら
どちらともなく相手をいじり始め、
レスビアンの真似事を始め、男の子達も復活し、
相手を代えて二回目に入りました。
私が3人に責められながらミー子をしてあげたり、
ミー子が3人にされながら私をといろいろ代えながら、
ミー子がもう入れたいと
健史君の上に覆い被さって入れ、
私も負けじと聡君を引っ張り、
身体の上に乗せて入れさせ、
エッチを始めたら、残ったあきら君が
「俺も穴に入れてださせろ」と言い始め、
ミー子が健史君の上で腰を回しながら
自分のお尻の割れ目を開いて、
女にはもう一つ穴があるから
ここでよかったら使っていいわよと
アナルエッチをさせてしまいました。


出会えるサイトが口コミでわかる!
後で聞いたら、アナルエッチの経験はなかったけど
アナルオナニーはよくして知っていたみたいで、
前と後ろを同時に責められるミー子の乱れ方は
尋常ではありませんでした。
挙句の果ては私の穴に入れてもらっている聡君にも
もう一つ穴が空いてるからそれを栓をしてと
私から引き離すみたいに背中を引っ張り、
私から抜き去ったのを無理やりに口の中に、
残された私にも胸を噛んでとせがみ4人から迫られ
男の子達が終わる前に口に咥えてる聡君のを
喉の奥まで吸い込む勢いでミー子がイッしまい、
身体を痙攣させるみたいにして
ぐったりとなってしまいました。
取り残された男の子達はぐったりしてしてしまってる
ミー子の中でも出そうと必死に続けてましたけど、
ぐったりとなりながらでもビク、
ビクと身体をひきつけを起こしての
快感までを感じているのをミー子を見たら
そこまで感じれるのとアナルを弄ったことのない私でも
アナルエッチしても同時に
3箇所の穴に入れられてイキたいと思ってしまい、
私の中に出してと、あきら君を引き放して上に覆い被さって、
ミー子の様にお尻を開いて聡君をアナルに、
まだミー子のあれに入れたまま
腰を動かしていた健史君に向かって、
私の口の中に出して、飲んであげるから早くと
私もミー子の真似をして3人同時に、
もう何も考えられない状態で胸は自分で弄って、
口の中、そこの中、お尻の中にと次々に出され、
出されたのを感じたとのと同時にミー子みたいに
指先を突っ張られるみたいしてイキました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

どうしようもなく身体がピクピクと
ひきつけを起こしながらも
身体に力が入らないでいました。
何も考えられない脱力感快感が長く続いていました。
30分った頃にミー子よりも
突かれている時の反応と喘ぎ声がよかったからと
ぐったりとして休んでいた私の身体を使って
もう1回づつ、 私の感じて悶え姿と喘ぐ声を聞くと
出来そうとミー子より余分にされました。
ミー子も私の悶え悦ぶ姿が
余りにも淫靡で見てて興奮して、
見ながら前とアナルを使ってのオナニーで
5回もイケたからとされる回数が少なくても
変に納得していました。
長い付合いの仲間同士なのに
今まで一度も仲間同士でエッチをしたことがなかったのに
初めてが乱交パーティーになってしまいました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

お腹が減って外に食事をしに行く時には
太陽が黄色く見えていた感じです。
私もミー子もなんだか情けない感じの蟹股あるきの
時々腰ががくんと落ちる格好になる歩き方で
恥ずかしい思いでした。
女の子が腰を掴んではがくんと抜けたように落として歩く姿は
見た目にも激しく腰を振ってしまいたと言っているようで
ミー子と顔を合わせてはにが笑いしました。
今度は何ヶ月先か何年先にまた集まるか分からないけど
もう一度乱交パーティーをしたい感じです、
今度は最初から、使っているバイブや興
味あるSMの縄とかも準備して
最初からホテルで1日中してみたいねと
ミー子とはメールで計画を練っているところです。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」 情けない感じの蟹股歩き・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


ひよんな事から男3対女2の経験をしました。
小学校の頃から仲がよくて
高校は別々になった人もいたけど
よくよく遊んでいた仲間同士でした。
仕事についてから中々全員が
一緒に集まることは無かったけど、
先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、
過ごし、終電も無くなり、
結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に
全員泊まる事になりました。
部屋に帰っても懐かしさで
お酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、
次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に
寄せ合うようにごろ寝でした。
私とミー子は向き合って真中に寝て、
周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。
異変に気が付いたのは眠りに入って
30分もしない頃でした。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
向き合っているミー子が
酔って具合が悪くて寝苦しいのか
「うーん」と時々声を漏らしながら
身体を身震いさせたり、寝返りしたりして、
大丈夫かなと心配して暗かったけど
ミー子の様子を見たら
手を服の中に入れて胸を掴んでるのが見え、
ミー子は酔ってしまって、
皆がいるのに無意識でオナニーしてると勘違いして
止めさせようとしたら、
横向きになってるのに
片足を少し浮かせる感じになり、
下半身の方を見るとスカートの裾の方に
ピンクの下着が 膝に引っかかっている
感じのものが見え、
目を凝らしてみると後ろから
股の真中を触られている様子でした。
スカートはめくられお尻は丸出しの状態で、
触っていた隣に寝ていた聡君は後ろ向きで
手だけがミー子の股の間に入れ、
忙しく動かしてました。


出会えるサイトが口コミでわかる!
ミー子も悪戯で触られてる様子ではなく
快感を受け入れる様子で
味わってる感じ始めてました。
いくら親友でも目の前で
感じてるのを見るのは初めてで
少し興奮気味で気付かれないに見ていたら、
私の後ろで寝ていた健史君も
ミー子の異変に気が付いてきた感じで、
寝返りを何度か打つ振りしながら
背中に身体を密着させ
おどおどした手つきで私のお尻を触っては
放したりを繰り返し、
私もミー子の乱れた様子を見て
興奮してるなんて思われたくなかったので
寝てる振りして、身動きもしなかったら、
私が触られてるのを気が付かないと思って
大胆になり始め、
私も興奮と触られるのに
ついお尻を後ろに押し出し、
触られるのを嫌がらない様子をしてしまい、
今度は直接下着の中に
手を入れられ触られ始め、
あっと言うまに下着は剥ぎ取られてしまいました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

下着を取られると分かっていたのに
無意識に腰を浮かしてしまい、
脱ぎやすい格好になった私が悪いのですけど、
男性経験は無いわけでもないので
つい脱がされ易い体形を取ってしまいました。
後は好き放題に触られ、弄られ、手も前にまわされ、
胸まで弄られるようになっていました。
何時の間にか健史君は
ズボンから自分のを出して、
あそこを弄られてる手の動きに
お尻を動かしてると
堅い物をお尻に感じていたと
急に私の中に押し入ってきました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

あっ、思った時には遅くて、
入れられた事を気付かれないようにするのが
必死で特に目の前にいるミー子にと、
抜けが済んだ事なのに
5ヶ月ばかりもご無沙汰していた私も
抜く事よりも入れられたの味わいたいと
身体が勝手に求め、
動かれたらまずいと手を後ろに回して
健史君のお尻を押さえてしまったのが運の尽き、
健史君は勘違いして、
私を感じさせようと小刻みに腰を動かし、
私も反応して一緒に動かし、
ミー子は気が付いていないか顔をみたら、
目を急に開けて、ニヤと笑い、
下半身を触られながら上半身を私のほうに近づけ、
「私が寝てる時に弄られて
感じてしまっていたのを見ていたでしょう、
恥ずかしいからしらない振りしていたけど
お互い様になったから、
もう男を知らない訳じゃなし、
このままあそこを弄らせてあげて、
私達も黙って感じていうね」と言い出し、
もう私が既に入れられているのは
まだミー子は気が付いていなかったみたい。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

お互い、感じてるのを見合ってる格好になり、
変に興奮の仕方が強まり、
ミー子に負けないぐらいに感じ様と負けん気が起き、
ミー子も私と同じに思っていたみたい。
ミー子は服の前を開けて胸を出し、
両手で抱えるみたいにして、
親指で乳首の先を擦りながら
下半身を弄られるに合わせて悶え始めました。
私もミー子の様子を見ながら、興奮が益々高まり、
とうとう身体を返して四つん這いになり、
バックから責められるのを見られながら
格好になってしまいました。
ミー子も私が入れられてされてるとまでは
思わなかったみたいで、
負けじと弄っていた聡君の手を外して、
仰向けになって自分の身体の上に乗せ、
ミー子も入れてのエッチを始めました。
私はバックから、ミー子は上に覆い被されて、
二人横に並んでのエッチが始まりました。
相手に負けないで感じよと
それはお互いに激しい感じ方でした。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」水着の営業で・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


社長の右手が水着の中にねじ込まれてくる。
「ココは正直だからな、すげっ!ベチョベチョじゃん、、
いじくり回すぞ、どうだ?」
さっきから、痛い程うずき、
ヒクヒク、ビクビクしっぱなしの私のオマンコを
やっと男の指が触ってくれた。
あまりの快感で、私はペニスを口からはずし、
のけぞる様に社長にもたれかかる。
「アァッーーーー!!」獣のような声が事務所に響く。
社長の指のピストンにあわせ、胸が大きく揺れるほど体が波打つ。
「アァ、アン、ンッ、ン、オゥ、
、アゥ、、ハゥ、、ン」
「水着脱がせろ」誰かが水着を脱がせる。
自由になった両足を私は大きくひろげる。
後ろ向きの、座位の格好で社長の上にまたがる。
体を前のめりにさせられ、
オマンコを指でズブズブ突き上げられながら
デブのペニスをくわえさせられる。
「ン、、ングッ、あ、.アハ、、ぁ、、ジュポ、ジュポ、」
「オォ、、ウゥ、、アァ、、ウッ、、」
デブに抱きつく様に夢中でフェラをする私。
男のチンポにこんなに夢中でむしゃぶりつくなんて、、


ベチョ、ベチョ、グチュ、ジュポと
事務所中にスケベな音がこだまする。
「うぁ、、ッで、出るぅ、、ぁぁ」
デブは、急に私を突き飛ばすように離れ、
私の胸に精子をこすりつけるように出してきた。
ドクドクっと大量な精子、、
独特な匂い、、男のニオイ、、
「あぁ、、アン、、私も、、私も、、あっぁぁ、、ン、、」
社長の上で、自分で腰を振り、
精子を左手で、体に塗りたくる。
「イキたいのか、私もイキたい、イカせてって言えよぉ、、」
社長が指の動きをゆっくりにして、抜いてしまう。
「あぁぁ、ん、イキたい、、イカせてぇ、、」
私は、腰を左右に振り、おねだりする。
「じゃ、もう一人口でイカせろ、、」
命令され、立って待っていた若い男のペニスをくわえる。
「ん、、アウ、、ジュポ、、ジュル、、ウウウン」
社長がクリトリスをこすってくれる。
もう、太ももが冷たいぐらい濡れている、、
ヒク、ヒク、ビクゥ、ビクゥっとオマンコが収縮する。
若い男の精子がたっぷりと胸にかけられて、
私はバックの姿勢にさせられる。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
社長が太い2本の指でオマンコをいじりはじめる。
「こんなに真っ赤になって、、
使い込んだマンコだなぁ、、」
左手はお尻を左右に大きくひろげる。
私は胸をソファにこすりつけながら、
アンアンとよがり続ける。
「ドスケベ女、、オマンコ何人に
突っ込んでもらったか言えよ、、」
「ん、、ぁン、、いや、、ドスケベじゃない、、
もん、、ん、、ハぁ、、あ、」
ブチュ、、グチュ、、ベチョ、、二本の指がかき回してくる。
「男三人とやりまくって、スケベじゃねーのかよ??
抜いちゃうよ??」
「アン、、イヤァー!抜かないでェ、、スケベですぅ、、」
「何本入れたんだよ?」
「あぁ、、ウン、、ハぁ、、10本ぐらい、、です、、」
「ココもかぁ、、ユルユルだもんなぁ、、
いつもすぐやらせるんだろ?お前、、」
左手の人差し指らしき指がアナルのまわりをこすってくる。


「そこは、、イヤぁ、、した事、、ない、
アン、、アッーッ、、ア」
ズポッ、ズポっとアナルに指がいれられてしまう。
3本の指が同時に出し入れされて、
私は痛みと快感で声を張り上げる。
「その割にはヒクついて欲しがってるけどなぁ、、ココも、、」
「ぁア、、アン、もう、ダメぇ、、アン、、アー!!」
私は硬いペニスをブチュッと後ろからハメられたいっ
て事しか考えられなくなっていた。
ソファに座ってビールを飲んでいる二人が
社長はアナル好きだなぁって、話しているのが聞こえてくる。
「オマンコでイカせてぇ、、アン、、
アン、、オマンコでイキたいのォ、、」
私は必死におねだりしてしまった。
「そうかぁ、、よし、、入れて下さいは?」
「入れて、、ウン、、アン、下さい、、アン」
「じゃあ、自分で広げてケツ突き出して、
私はヤリマンですって言ったら、いいよ」
私はお腹の方から右手を入れて、
人差し指と中指でオマンコをひろげておしりを突き出す。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「ヤリマンです、あぁ、、はぁ、」
こんな事言わされて、欲しがってる自分に興奮してしまう。
いきなりブチュっと熱い棒が貫いてくる。
オマンコが絡み付いて、ヒクヒク波打つ。
キュウッと子宮のあたりが締めつけられる様に感じる。
ゆっくりと左右に動かす様に遊ばれる。
ブチュ、ベチョ、ベチョ、汁が噴き出すのがわかる。
「このヤリマン、淫乱、気持ちいいか?
ぁああ?ほら、うゥ、、アァ」
「ぃ、いぃ、ぁぁ、、オマンコしてるぅ、、アアン」
今度は上から突き刺す様に間隔をあけて突っ込んでくる。
ズン、ズン、ズン、、、
「アァ、、アン、イィ、、ウン、、ハぁ、、」
そして、早いリズムで長いペニスが奥の方にまではいってくる。
ベチョ、、ベチョ、パン、パン、、
「使い込んで真っ黒な割にしまりいいなぁ、、アァ、、ウゥ、、」


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
私は自分が気持ちいいように、
足をまっすぐに伸ばしてうつぶせに寝てしまう。
足を閉じて男の全体中がかかってきて、
こじ入れられてる感じがする。
無理矢理ハメられてる、そんな感じがたまらない。
体重がかかって重いピストンが気持ちいい。
腰を少し持ち上げて、突き出す様に振り続ける。
ビクビクっと何度かオマンコがしまる。
最高に気持ちいい、、もう、、アン、、
あぁ、、アン、、イッちゃう、、
「イクぅ、、アン、、イクゥ、、
イヤ、、イヤ、、アン、、アッー!!」
「俺も、、で、、でる、、アァ、、アッ」
私は後ろ手で社長のお尻のあたりを
両手で自分に押し付ける。
生で、中だしされたい、、
お尻がキュッとしまり、社長の動きが止まる。
「アァ、、ウウ、、あ、、」
ドピュ、、ドピュ、、ブシッっと背中に精子が出される。
「あぁ、、生でオマンコされて、犯されてるぅ、、」
私も思いっきりオマンコがイキまくる。
ブチュブチュに汁がでまくる。
社長がペニスを抜いても、
ドロドロの液体が垂れてきてとまらない。
体を持ち上げ、自分のオマンコに指を入れてオナる。
「あぁ、、アン、、生最高、、生チンポ、、もっとぉ、、」
膝をついて中腰で胸をいじくりまわしながら、
オマンコをぶちゅぶちゅといじる。
25の男がハメてくる。
今度は騎乗位でつっこんだままクリを触りまくる。
硬いペニスにクリをこすりつけるように上下する。
「ヌルヌルだぁ、、あぁ、、ベチョベチョだよ?」
「だって、チンポいいもん、アン、、あ、、アン、」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

ウっと25の男は体を硬直させて私を持ち上げる。
思いっきり射精して自分のお腹に出している。
私のオマンコは、まだまるで
閉じたり開いたりしているようにヒクついている。
私は仰向けに寝転がり、
足をまっすぐに伸ばし右手で右側のびらびら、
左手で左のびらびらを持ち上げる様に広げてヒクつかせる
オマンコのヒク、ヒク、ビク、ビクっ
という快感が体中に走る。
そして、お汁がドクドクと溢れ出てくる。
「もう一本、生チンちょうだいぃ、、
まだヒクついちゃってるの、、」
デブを見つめて誘う。
「ほら、変態女にハメてやれよ、、
本当に好き者だな、、」
社長が私の頭の肘掛けに座りながら言う。
窮屈そうにデブが正常位でねじ込む。
私は体を起こし、その出し入れを見ながらよがる。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

「あ、、ぁアぁ、、ウン、、アハぁ、、はぁ、はあ」
社長が指を口に突っ込んでくる。
「お前最高にスケベだな、、
処女みたいな顔して、、オマンコ、オマンコって、、」
「チンポ好きか?」
「アン、、ジュプ、、大好き、、
オマンコ、いつも、、チンポいれたくって、
アン、、はぁ、ヒクついちゃうの、、」
ベチョベチョとデブのチンポがピストンされる。
こんなデブにハメられて、こんなに感じてる淫乱な私。。
「ウウ、、アァ、、出る、、出ちゃうよ、、、」
思いきり私のお腹に精子がかけられる。
体中から男達のニオイがする。
アソコからは淫乱な私のニオイ、、
その後、この時のモデルの写真が同業者に出回りました。
ちょっとエッチな写真でしたから、
どこへ行ってもおねだりされていました。
同業者の集まりに呼ばれ、1社だけでは贔屓だと
ちょっとエッチな下着と水着の試着をさせられ、
5社のおもちゃにされました。
温泉の宴会場でストリップをさせられ、
オナニーをやらされ撮影会。
今ではほとんどの会社に行くと。。。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」水着の営業で・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


夏に向けた水着の営業をしている。
何種類か会社が小売店に卸す中で、
サンプルを持参して売り込む。
中国製の安っぽい水着や下着を私は売り込んでいる。
今日は下町の中規模の卸会社。
社長は40になったばかりらしい。
部長なんて呼ばれてるデブも36だって言うし、
まぁ、若い仲間ではじめて会社って感じの所。
二度目の営業だ。
今日こそは売りつけたい。
部長と社長が応接室で話を聞いてくれた。
前回も、スケベな目で私を見ていた二人、、、
わざと社員達が帰る4時過ぎにアポを入れさせたんだろう。
業務終了とばかりにビールを飲み始めて、私にも飲ませる。
しばらく売り込みをしていると、
「着てみてよ」
一瞬、理不尽だと思わない程、変わらないトーンで社長が言う。


「部長も見たいよね、少し脱ぎ着して動いてもらって、
確認しよう」
「うちは必ずこの方法で確認している。」
「他の営業の女の子も着てくれる」
あくまでも、これは仕事の一環ですよと、しらじらしい。
私は試着を覚悟していた。
どうせ、スケベな目で私を舐め回したいんだろう。
どこへいってもそんなもんだ。
だから、私の営業成績はいいんだけどね。
思いっきり、高く、大量に購入を約束させて、
しぶしぶと言った感じで了承する。
「そこの、陰で着替えて。見えないから」
テーブルの後ろのついたてのしきりのむこうに
社長室ともとれる3帖程のスペースがある。
私は、着て来たスーツのスカートに手を入れ、
ストッキングとパンツを脱いで水着をはく。
水色の水玉模様でビキニ。
上もジャケットとブラウス、ブラを取り、
紐の長さを調整してつける。

[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
こんな時にも胸を持ち上げて、
形を整えて谷間をつくっている自分に気づく。
履いて来たヒールをはき、少し緊張しながら二人の前にたつ。
スタイルには自信がある。細いけど、
胸はDあるし色白なのが自慢だった。
顔は童顔で大人しく見えるらしい、、、
前のバイト先でも、取引先でも結構モテたし。
「似合うね、じゃあ、動いてね」
泳ぐ真似して、バンザイして、しゃがんで等と指示がでる。
生地の感触や、着心地等を聞かれる。
急に椅子から立ち上がった部長が、親指を胸の脇から差し込み
人差し指で挟む様に生地をこすり確認する。
「ちょっと、薄いかもしれないですね、透けないかな?」
社長もどれどれと、同じ様にひだりから指しこんでくる。
ずいぶんと引っ張る感じで、上から乳首が見えそう、、、
後ろの紐の部分にデブが手をやっている。
外されちゃうかな?なんてエッチな事を考えていると、


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
急にこの格好が危なく思えてきた。
これぐらいサービスすれば、十分だろう。
もういいですか?そう聞いても二人は許してくれない。
25で私と同い年だっていう「課長」ってのに、
デジカメで撮影する様に指示する。
「ちょっとモデルになってね、サンプル見せるより売れるし、
君のファンが多いから、協力してよ」
ほめられていい気分になって、にわか撮影会が始まった。
応接用のソファの前に立ったり座ったり、
モデルの様な気分になっていた。
「色っぽい、可愛い、セクシー」
三人が私を調子にのせる。
そのうちに、ポーズの要求がエスカレートし始めて来た。
股を開く様に言われたり、
後ろを向いてお尻を突き出す様に言われたり。
私はぽーっとなってしまっていた。
撮影されているからだろうか?
アソコが疼き始めていた。



もっと食い込ませなきゃなんていいながら、
デブが下のビキニを触ってくる。
「嫌です、恥ずかしい、、
写真皆さんで見るだけにして下さい」
なんていいながら、自分で食い込ませる様にはきなおす
アソコの縦線がわかってしまうくらい、食い込ませた。
三人は夢中といった感じで凝視してくる。
それでM字開脚をさせられ、
もう完全に濡れ初めてしまった。
ちょっと、毛がはみ出しているよ、
もっと見せてと社長が言う。
「イヤだー!もうおしまいです」
私は、立ち上がって社長を軽くたたく。
社長は私の手首をつかみ自分の隣に引っ張って座らせ
「冗談だよ、やっぱり若いこの水着姿はいいね、
おじさん起ってきちゃったよ」
なんて言い始める。
「私も変な気分になっちゃいました、、見られてて」
「そう?乳首起ってきちゃった?」
「あぁ、、ちょっと、、イヤだぁ、恥ずかしい」
「誰にも言わないから、ちょっとおっぱい見せて」
「ダメです。小さいし、、、」
「そんな事ないよ、じゃあ、
特別にブラだけ外して手で隠して一枚撮らせて」
社長がしつこく頼み込んでくる。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

頷く間もなく、後ろのひもが外されハラリと
ブラが外れてしまう。あわてて手で押さえる。
課長が上からデジカメでバンバン撮り始める。
「もうー!社長のエッチ!じゃぁちょっとだけ、
サービスしてあげます」
本当は、もっと淫らに見られて撮られたかった。
三人がけのソファに、横になり仰向けに倒れて、
膝を立てる私。
手の平で胸を隠しながら、
グラビアで見る様な格好をしてみる。
部長と社長は課長の後ろでスケベな目で私を見ている。
「手をどけてよー!乳首みたいよー!」
デブが手を合わせる。
「じゃあ、写真撮らないで、秘密にしてくれるなら、、、」
私は、三人をストリップの客の様に正面のソファに
座らせ見せつけはじめる。
女王様になった気分で、手をゆっくりどかす。
ため息のような声が三人から聞こえる。
「揉んでみせて」従順に従う私、感じちゃう、、揉みたい
両手で下から持ち上げる様に揉み始める。
「気持ちいい?」
「はい、、」「お願い、声出して、
すごく形のいい胸だね、エッチな声聞かせて」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

あぁ、、あふぅん、、、あん、あん」
「オナニーするの?いつもそんな風に声だすの?」
「しません、、声は、、わかりません、
勝手に出ちゃうぅ、、」
社長が嬉しそうにはしゃいで注文をつける。
「水着の上からでいいから、
さっきみたいにM時に開いて指で触る真似して」
私は、人差し指でゆっくりと縦になぞりはじめる。
痛いぐらいにアソコは疼いていた。
多分、中はヌルヌルだろう。
触っていてももう水着は湿っている。
グチュっと音がしてしまった。
「あぁ、、あん、」
左手で胸を揉みながら、
水着の上から激しくこすり始める私。
「嘘つきだなぁ、、そんなに感じて、
オナニーしまくりでしょ?
それとも、男とオマンコやりまくりなのかなぁ、、」
課長のスケベなオマンコと言う言葉にまた、感じる私


「だって、だって、気持ちいいんだもん、
アン、、あふぅ 、、」
「やりすぎて真っ黒なんじゃないの?
乳首がすごく起ってるよ」
左隣に部長がきて乳首をつまんでくる。
ゆっくり右手の人指し指の先で、
円を描く様に触ってくる。
右は課長が舌の先で舐めて、吸ってきた。
若い男の、ただ乱暴なだけの吸い方が、
こんなにいいなんて、、
「いやぁー、、だめぇー、、あぁ、あぁぁぁ、、」
二人の男に乳首を弄ばれても、
私の指は止まらなかった。どうしても、
触る事を止められない。
社長はジーパンのファスナーを下ろし、
自分のペニスをこすり始めていた。
赤黒くて、想像していたより長くて細い棒。
自分の唾液を先っぽにこすりつける様にして、
しごいている。
硬く、勃起しているそのペニスと放心しているようなうつろに
私を見るスケベな目が、一層私を盛り上げる。
「んぁ、、あぁ、んン、、グツ、グチュ」
タバコ臭い口が私の口をふさぐ。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

デブが舌をねじ込んで、私の舌を吸ってくる。
乳首は痛い程つままれて、ひっぱられる。
「ンンゥ、、ウゥ、ア、ンン、」
自分でオマンコを触りながら、乳首を舐められ、つままれ
グチョグチョの涎だらけのキスで口は塞がれている私。
それを、社長が見て楽しんでいる。
わたしはAVの女の子の様だと、ボンヤリと考えていた。
左手が強く引っ張られて、デブのズボンの中に誘導される。
「触って、すごく起ってきちゃったよ、、」
デブのトランクスの中のペニスは短い感じがしたが、
確かに硬くちょっとヌルヌルした汁がでていた。
「あぁ、、ん、すごい、、硬い」
「だって、スケベな女なんだもん」
25の男も立ち上がり、ズボンを下ろしはじめる。
「俺もいいっすか?」
私になのか、デブにかわからないけれどそういうと、
私の目の前にペニスを突き出してきた。
「そっちもすごいね、どうしてぇ、、」
私は、わかりきった事を言いながら触ってあげる。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

「舐めて、、口でやって」
そう、いいながら私の頭を自分のペニスに
押さえつける様にもっていく。
三人の中では一番太そうだった。
ジュプ、ジュプ、ジュッ、ジュル、、、
私は右手を根元に添えて、
音を出しながらフェラをし始める。
「オゥ、ア、ア、ハァハァ、ヤベぇ、、上手いよ~」
デブも下半身丸出しで、「ズリーよ、俺も」
私は、左右交互にソファに座りながらお口でやらされ続ける
社長が後ろにまわってきた。
抱きしめる様に無理矢理ソファに座り、
両手で私の胸をおもちゃにする。
のぞき込む様に私のフェラを見ている気配がする。
「気持ちいいか?」二人に聞く
「いいすっよ、上手いこの女、、」25が答える。
「そっかぁ、思ってたとうりヤリマンだなぁ、、」
「なぁ、ヤリマンなんだろ?ぁあ?」
両方の乳首をつまみながら社長が言葉攻めをしてくる。
「ぁ、、ヤ、ヤリマンじゃ、ン、ング、
ジュポ、ジュル、ないもん、、、」
「嘘つけ、、二本もチンポくわえやがって、、淫乱女、、」
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」知らない男に噴かされて・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


波のように襲ってくる快感と共に腰が何度もびくびくと痙攣し
――そして、私は一気に脱力した。
「ぁ…はぁ…っ…はぁ…っ」
二人の男はにやにやと笑いながら、
ぐったりして浅い息をする私の姿を見つめている。
「あーあ、いっちゃったなあ、こいつ」
「電車の中で知らない男に指マンされていっちゃうなんて、
信じられない淫乱っすねえ」
「そうだな。でも…」
茶髪の男がふいに私の乳首をきゅっとつまんだ。
「あぁん…ッ!」
いったばかりで全身敏感になっているところに
強い刺激をくわえられて、私は反射的に甘い声を漏らしてしまう
「…まだまだ足んない、みたいだなあ?」
茶髪の男の色素の薄い瞳が、きらりと妖しく輝いた。


「ほら、代われよ。こいつに太いのぶちこんでやるから」
「早めに済ませてもらえるとありがたいっす…
俺もそろそろヤバいんで」
茶髪の男はまたさっきのように私の正面に回ると、
ジッパーを下ろして屹立したそれを掴み出した。
顔立ちは中性的といっていいような印象なのに、
それは対照的に生々しく血管が浮いてカリが高く張っている。
その対比のいやらしさに、
私の背筋をぞくぞくと震えが走った。
茶髪は私の足首を両手でぐっと掴むと、一気に大きく開かせる
茶髪のモノの張りつめた先端が、
私のクリトリスにぐっと押し当てられる。
「あ…やん…っ!」
茶髪は軽く腰を動かして、
モノの先でクリトリスをくにくにと嬲ってくる。
「はあぁ…っ!」
粘膜と粘膜がこすりあわされる刺激に、
私はそれだけでまた達してしまいそうだった。
…欲しい…。中に、熱い塊が、欲しくてたまらない――。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「や…あ…あぁ……っ」
ぬちゃり、と先端が濡れそぼった入り口にあてがわれ、
ずぶ、ずぶ…とじらすようにゆっくりと挿入されていく。
十分すぎるほど潤っているそこは、
襞を肉棒にひくひくと絡みつかせながらそれを受け入れる。
もっと、奥…もっと…とばかりに、
私は喘ぎながら腰をゆらめかせる。
私に理性はほとんど残っていなかった。
この異常な状況に、痺れるような興奮を味わっていた。
「あ、んん…っ!」
ついに最奥までいっぱいに挿入され、私は嬌声をあげた。
「あー…すげ、まんこぬるぬるで…やばい…締まる…っ」
その声と同時に、男は思いきり腰を突き上げた。
「あ、ああぁ…ッ!」
激しい突き上げが繰り返される。何度も、何度も、深く、深。
高く張ったカリが中の一番いいところを何度もこすり、
粘膜から気が遠くなるような快感が沸き上がる。
気持ちがいい。何も考えられない。
頭が真っ白になるのを感じながら、
私は首を打ち振り腰を淫らに動かす。
「あ、あんっ、あっあっあっ…ああぁ…ッ!!」


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「いいっすねえ、気持ちよさそうで」
黒髪の男が羨ましそうに呟くのが聞こえた。
でも私はそんなことに構っていられない。
ただ声をあげ腰を振って
茶髪の男の動きに応えることしかできない。
「ああ…もう最っ高…たまんねーよ…っ」
体を内側から揺さぶるような突き上げを繰り返したまま
茶髪の男はうわごとのように呟く。
「早く俺にもやらしてくださいねー」
「分かったって…お前いいもの持ってたろ…
あれ、使ってやれよ…っ」
「あ、そういえばそうでしたっけ…忘れてました」
声は聞こえているのに、
夢の中の言葉のように意味が伝わってこない。
――いいもの…使ってやる…?


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
瞬間、乳首に電流が流れたような快感が走った。
「あ、あんっ…やああぁ…ッ!!?」
視線をやれば、黒髪の男が乳首にローターを押し当てている
「ふあ…あっあ…あっ、あ…やぁ、――ッ!!」
深い突き上げと相まって、声も出せないような衝撃だった。
一気に体が燃え焼けるように熱くなり、
私の腰がぐうっと持ち上がって痙攣した。
突き上げられる。またびくびくっと体が痙攣する。
いってもいっても止まらなかった。
「――ぁ――ああぁ――ッ!!」
また奥まで突き上げられ、そのたび私の体はびくびく痙攣する
うねるような快感に身を任せ、
私は体の中に熱い飛沫が放たれるのを感じながら意識を手放した



「ひあ……ッ!!」
一分もせずに意識を取り戻したのは、
クリトリスにローターが押し当てられたからだ。
「あっあっあ…ッ!」
おかしくなりそうなほど何度も達したというのに、
私の体はまた貪欲に快楽を貪っている。
薄く目を開けると今度は黒髪の方が私の正面に来ていた
片手でローターを使い、
片手で極太のアレをしごきあげている
それはいっぱいに膨張しきっているようで、
先端にはすでに先走りが光っていた。
「じゃ、次は俺の番ってことで…っ」
ぐちゅっとそれがあそこに押しあてられ、
今度は一気に奥まで突きあげられる。
「ああ…あああぁん…ッ!!」
さっきのモノとは太さが段違いだ。
無理矢理押し広げられるような感覚も、
今は快楽にしかならない。
クリトリスから響く強い振動と
シンクロするように激しい律動が繰り返される。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

「あっんっあ…あああ…っ!」
茶髪の男が乳首をつまんできた。
三点を同時に攻められて、私はびくっとまた達してしまう。
中が収縮するとモノの硬い感触を一層生々しく感じて、
また快感が増幅して、また中が収縮して――。
「はあ…ああぁ、あああん…ッ!」
ふいに、強い尿意のような感覚が襲ってきた。
全身にさっと汗をかき、いけない、と思ったときにはもう遅い。
「あ、あ、はああぁ…ッ!」
じゅわっとあそこに熱が広がったかと思うと、
勢いよく熱い液体が吹き出てくる。
その間も男は動きをとめず、
ぐちゅっずちゅっと奥まで突き上げてくる。
「あ…はっ…あっあっあ、やああぁ――ッ!!」
内蔵が溶けくずれていくような感覚に襲われ、
私はまた深く深く達した。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

そんな事が何度繰り返されたのだろう。
私が最後に意識を失い、
目を覚ましたときにはもう終点近くだった。
きちんと服も直されており、
窓も全開にされて換気されている。
座席の汚れもきちんと拭かれていて、
さっきこの場であんなことが起こっていたとは
誰にも分からないだろう。
しかし、私の腰のあたりには
まだ強烈な快感の余韻がたゆたっている
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
50位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。