更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」寝取られから寝取らせへ(最終話)

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


翌日。妻は何事もなかったかのような顔で帰宅しました。
「心配したでしょ?」と微笑む妻の顔が、
妄想の中で見た妻と重なりました。
服を脱がせた私の目に見慣れない下着が飛び込んできました。
真っ赤なブラと同じデザインのTフロントを身につけた妻は
「買ってもらっちゃった。」と恥ずかしそうに言いました。
箱根の温泉では、人目をはばかる事無く
思いきりSEXを楽しんだ様です。
なにしろ行きの道中から車中、
上司のチン○をしやぶらされていたそうで、
結局、人気の無い路肩に停車して挿入されたそうです。
「旅館に着くまで我慢できなかったの?」と聞くと
ペロペロしてるうちに頭がぼ~としてきて、
欲しくなったそうです。 出掛けに見た妻が太腿で
止めるタイプのストッキングをしていた理由が
わかった気がしました。(想定範囲内?だったのかな)
その後も貸し切り露天で精子を飲まされたり、
浴衣の帯で縛られて、上司の上に跨がって
腰を振りながら何度もイッたそうです。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

騎乗位好きの妻がおっぱいを弾ませながら、
腰をグラインドさせる姿が目に浮かびました。
しかも連泊をせがんだのは、なんと妻の方からでした。
それは、浮気相手との旅行をあまりに素直に
快諾した私に拍子抜けした妻が
私を困らせるため(さらなる嫉妬を引き出す為)に
仕組んだ悪戯でした。
本当のところはわかりませんけどね。(苦笑)
意外な事に、翌日は都内で過ごしていたそうです。
下着は着替え用に買ってもらったとのことでした。
あの時、妻はすぐ近くのホテルから電話をかけていたのでした。
しかも、買ってもらった下着姿で上司の前で電話したそうです。
人妻が目の前で夫を裏切るんですから、
男としてはたまらないでしょう。
その後、上司は私のことを引き合いに出して虐めながら
妻にオナニーを強要。 妻は四つん這いになって、
お尻を軽く叩かれながらオナったそうです。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

真っ赤なTフロントの裏側に、
べっとりと白い淫液が生々しくこびりついていました。
さらに妻の内太腿には、
明らかにそれとわかるキスマークが残されてました。
セックスレスだと言わせているので安心したのか、
お仕置きだと言ってつけられたそうです。
「これで、しばらく旦那とはできないだろ?疼いたら、
また可愛がってやるよ。」
そして激しく腰を使われながら、
私への謝罪の言葉を何度も言わされたそうです。
その時、妻はやはり一匹の雌として
完全に上司に征服されていたのだと思います。
最後は自分でお願いして、顔射。
ちなみに射精後のチ○ポを、
口できれいに舐めとることを教育したのも上司です。
報告を聞き終えて、チ○ポを掃除させながら
「もう、アイツとのSEXが忘れられないんだろ?」と尋ねると
コクリとうなずく妻がいます。
ツボを心得た妻はおもいきり淫らな顔で
「○○さんのオ○ンチンじゃないと、イケないかも」と囁くのです。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」寝取られから寝取らせへ②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


妻の告白で最もショックだったのは、
妻に生ハメ良さの味を仕込まれていた事実です。
最初は断っていたそうですが
何度も焦らされていくうちに、ついナマ挿入を
許してしまったそうです。それからは、
安全日を選んで逢い引きするようになり、
大抵はナマで楽しんでいたようです。
クリにチ○ポを擦り付けられてイクことや、
パイ射、顔射も体験済みにされていました。
そういうエピソードを聞きながら、妻とSEXしているうちに
寝取らせ願望がふつふつと沸き上がって、
2度としないと約束させた浮気を
望む自分がいるようになりました。
職場で顔を合わせているとはいえ、
妻子がいる上司とは身体のみの割り切った関係という
安心もあって、それとなくそそのかすようになったわけです。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

寝取られから寝取らせへ移行し、決行当夜。
妻を貸し出して、一人悶々としながら一晩を過ごして
妻が帰宅したのは翌日の昼過ぎでした。
さすがに決まりが悪そうな妻を見て、
むしゃぶりつきたくなるのを堪えながら
報告を聞き出します。
チェックアウトの10分前まで、
昼明かりの差すベットの上にいたという妻は
心なしか顔が上気して見えました。
夕方から次の日の昼まで、ほとんどSEX漬けだったようです。
「久しぶりだったから、彼すごい興奮してた。」
少し寝た時間以外は、
ルームサービスで頼んだ食事を食べながらもキスを交わしたり、
指を入れられたりしていたそうです。
「チェックインからアウトまでほとんど裸だったんだよ。」(本人談)
いつもの様に上司は、なかなか射精ずに何時間も妻を弄んで
おやじテクでメロメロにさせたことでしょう。
告白させながら割開かせた股間が、
昨晩からの情交を雄弁に物語っていました。
ぷっくり剥かれたクリが充血しているのを見ながら
ついさっきまで、ここを上司の舌が這い回っていたことを
想像しただけで 頭が狂いそうになります。
「○○さんのチン○が忘れられない淫乱です。」
と言わされてハメられたと告白する妻に
私がかけれた時間は、残念ながら上司の10分の1程度でした。(笑)


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

2度目の公認浮気はなんと、一泊旅行でした。
上司は前々から、妻を旅行に連れ出そうと考えていた様でした。
計画を聞かされて、
乗り気な私とは対照的に妻はあまり気乗りしていない様でした。
私が知った上での浮気には気が引けるのか、そ
れとも私の妻への気持ちに疑問をもっているのか。
不承不承といった感じでしたが、
翌日は、はしゃぎながら出かけて行きました。
逆に私の心中は興奮の嵐です。
経験された方はおわかりでしょうが、
この妻を貸し出している時間というのが、たまりません。
ほとんど何も手につかずに、
わき上がる嫉妬と後悔とそれを遥かに上回る興奮に身悶えします。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

行き先や、予定などはいっさい聞かずに送り出しました。
翌日の夕方、妻から電話がありました。
そして驚くべき事を言い出したのです。
「あのね。○○さんが、
どうしてももう一泊したいって言ってて・・・。」
「実はまだ箱根にいるの。。。」
帰ってこれないの?という私に妻は
「電車ないみたい。ごめんね。明日は帰るから。」
とそっけなく言って電話を切りました。
再度、かけた妻の携帯には電波が届かなくなっていました。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

私は妻が手の届かないところへ行ってしまったような心持ちになって
旅行を快諾したことを悔やみました。
浮気を暴いて、寝取らせることによって、
主導権を得たような心持ちになって
いた自分が再度、寝取られたような衝撃を受けました。
しかし、それがさらなる嫉妬と興奮を生んだ事も確かです。
妄想の中で、全裸の妻が見たことの無い男に抱きすくめられています。
乳房を鷲掴みにしながら私をあざ笑うその男に
妻はしなだれかかり、媚を含んだまなざしで見つめます。
そして二人は私の存在を無視して舌を淫らに絡め合う。
そんな情景が頭に浮かびました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」寝取られから寝取らせへ

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


貸し出した相手は妻の会社の上司です。
事の起こりはその相手との浮気。
つまり、寝取られ>公認という流れでした。
浮気相手は私が「公認」している事実を知りません。
公認してからは2回までは知っていますが、
浮気期間に何度の交渉があったのかは不明です。
本人は5回くらいと言ってますが・・・
新入社員の頃から狙われていて、
ふとしたきっかけから、そういう関係になったと。
かなり上の立場の人(年配)で、
もちろんダブル不倫ということになります。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

最初にホテルの部屋に入った時、立ったまま、
おっぱいだけ剥き出され
「こんなスケベな体してたんだ。想像していた通りだよ。」
と言われながら ねっちっこく責められたそうで。
性感帯のおっぱいを長い間ナメまわされて、
「足がガクガクになった(本人談)」そうです。
年配の舌技にメロメロにされてしまった妻を思い、
めちゃ興奮しました。
割り切った関係ということもあって、
当初からかなりハードなSEXをしていたようです。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ある時は移動中の間ずっと、
タクシーの中でスカートに手を入れられたことも
あったそうです。 酔いも手伝って、
自分から股を開いて興奮していたと。
「多分、運転手さんに気づかれてたと思う。」
って恥ずかしそうに言ってました。
色々、その時の模様を聞き出していくと、
私とは今まで一度だってしたことないのに!
ということが結構あって。
そういうものかもしれないけど、やはり嫉妬に狂いますよ。
妻のMっ気に気づいた上司は、
羞恥心を煽るようなプレイを強要したそうです。
カーテンを開け放った窓際でのフェラ&パイズリは
上司のお気に入りのプレイで、
妻が一番感じたのは窓に手をついて、
後ろから貫かれた時だそうです。
「やっぱり非日常だから、つい大胆になっちゃうの。」
だと。(はぁ・・・


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

もともと、感じやすい妻の身体は ちょっと虐めれると、
パンツの上からでもわかるぐらいねっとり濡れます。
上司は軽いタッチや言葉責めをしておいて、
すぐには事に及ばずに ルームサービスを頼んだり、
シャンパンを飲んだりして妻を焦らすそうです。
ねちっこい愛撫で、妻をトロトロにさせても
イカせずに寸止めした状態で、
ホテルのラウンジに連れて行く事もあった
(しかもノーパンのまま)そうです。
年上の余裕をかましつつ、
人妻が欲情する様を楽しんでいたのでしょう。
何度目かのSEXからは、決して自分からは誘わずに
妻の口から求めさせていたと。
あまり詳細は言いたがらないのですが、
ずいぶん恥ずかしいセリフも言わされてたみたいです。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

妻は、焦らし・言葉攻めをすると、
パンツがべっとり張り付くほど濃い汁を漏らします。
舌を出して絡めるキスを何度も重ねて、
唾液を飲まされると何も考えられなくなって、
股間が濡れていく感覚がわかるそうです。
上司に「こんなにスケベに濡れる子は初めてだ。」
と言わしめるほどです。 我慢できなくなって
自分から上司のマラをくわえてたそうです。
上司はキス・唾液フェチらしく、
ハメられながらずっと舌を絡めたままで、
初めは抵抗があった唾液交換も次第に妻の身体に
馴染んでいった様です。 その頃、
妻から自分で求めてくることは皆無でしたが、
上司には自分から、乳首や股間に舌を這わせてSEXをねだっていたのです。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」 家族ぐるみで お付き合いしている奥さん②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


優しく抱き締めると、
耳やうなじに指を這わせ、首筋にキスをしました。
そのまま浴衣の前をはだけようとすると、
「あ、で、でも…」
と戸惑いを見せましたが、
私は浴衣から露出した白いブラの谷間に顔を埋めて
ミルクのような甘い香りを胸いっぱいに吸い込みました。
「あぁ、千夏さん…」
ブラを押し上げると、
Fカップはありそうなおっぱいに私は年甲斐もなく、
まるで子供になったようにむしゃぶり付きました。
千夏さんのバストは、妻のそれとは
比べものにならないくらい見事なもので、
陽に焼けて赤くなった肌と水着で覆われていた部分の
コントラストがたまらなく、
そして子供2人を育てたと思えない小振りで
ピンク色の乳首が一層興奮させました。
千夏さんは乳首が感じるようで、
軽くつまみながら指先でこねてあげると、
体をヒクヒクさせながら艶やかな声を震わせます。



[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

私は千夏さんの体にキスをしながら唇を下ろしていき、
へそやわき腹を舐め、
しっとりと湿ったショーツの上から
一番敏感な部分に鼻を押し付けました。
深く吸い込むたびに、
千夏さんから発散される甘酸っぱいような、
少し生臭いような、
それでいて私を興奮させる香りが
鼻腔いっぱいに広がっていき、そのままイチモツへ伝えていきました。
私は千夏さんの香りや反応、
喘ぎに初体験の時のような、
異常なほどに興奮していました。
イチモツは完全にエレクトし、
尿道からはガマン汁が溢れていました。
鼻を押し付けながらショーツの上から千夏さんの
敏感なところに舌を這わせたり、舌先で突付いたり、
時には指先でバイブレーションさせたりしました。
「ああ、恥ずかしい…。あ、あ、そ、そこ、
あぁぁ、そこが、き、気持ち、いいい、あーっ!」
私の愛撫で感じた千夏さんの口からは、
清楚な顔立ちからは想像できないような
淫靡な喘ぎが発するようになってきました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

私は完全に千夏さんの前に跪き、
ショーツを下ろすと激しく貪りつきました。
ネトっと潤ったワレメを舌で
小陰唇をこじ開けるように往復させ、
クリトリスに吸い付くように舐めました。
「あっ、ああぁ、感じちゃう…」
私は千夏さんの反応に合わせて、
過敏な反応を示した性感帯を
強弱をつけて愛撫し続けました。
膣の中を指でかき回すと、
ジュブジュブと卑猥な音を出し、
指の出し入れを続けると、
「だ、だめ、あ、で、出ちゃう、出ちゃうわ、あぁぁぁー!」
と絶叫しながら私の目の前で潮をふきました。
その瞬間、ガクンと膝を落し力なく崩れました。
千夏さんを抱き上げてベッドに運び、
股を開くと固く反り返ったイチモツを挿入させました。
エクスタシーの余韻に浸っていた千夏さんは、
一気に現実に引き戻されたようで、
髪を振り乱し、また激しく喘ぎ出しました。
千夏さんの膣の中は焼けるように熱く、
肉壁がサオに絡み付いてくるような感じでした。
すでに爆発寸前だった私には耐えられないくらいの名器です。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

私はゆっくりと腰を動かして持たせようとしたのですが、
「もっと、激しく…奥まで、
奥までお願い、もっと、もっと、あぁぁー!」
と私の腰を引き付けるので、
一気にスピードを上げていきました。
もう限界だ!というときに、
「いっちゃう、あ、あ、い、いっちゃう、
また、いっちゃうのー」
と絶叫しながら体を仰け反らせるので、
それに合わせて私も射精させてしまいました。
それも情けないことに、イチモツを抜く余裕がなく、
そのまま千夏さんの膣内に出してしまいました。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

しばらくの間、放心状態になっていましたが、
急に我に返り、急いでシャワーを浴びて旅館に戻りました
幸い、私の妻も千夏さんの旦那さんも熟睡していたので、
バレてはいないようでした。
それ以来、私たちはお互いの家族の目を盗んでは
愛し合う時間を持つようになり、
さらに深い関係になっていきました
妻や娘には申し訳ないと思っていますが、
不倫という関係に興奮し、
千夏さんの体に溺れてしまった私には
もう後戻りできなくなってしまいました
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」 家族ぐるみで お付き合いしている奥さん

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみで
お付き合いしている奥さんなのです。その人は千夏さんといい、
私より3歳年上の36歳です。
千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。
小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、
映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、
お互いの家にお泊りをしているうちに
家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
そして、夏休みに海に行こうということになったんです。
久しぶりに見た妻の真由子の水着姿にも興奮させられましたが、
千夏さんのビキニ姿も思わず見惚れるほどのナイスバディでした。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

2人のお子さんを出産したのにあまりボディラインが
くずれておらず、貧乳な妻とは対象的な巨乳でした。
砂浜を走るたびに揺れるバストに釘付けになってしまい、
年甲斐もなくイチモツが大きくなってしまったほどでした。
朝からはしゃぎまくっていた子供たちは
夕方前には遊び疲れたらしく、夕食を前に寝てしまいました。
それで夕食は大人だけで楽しみましょうと、
急遽、宴会場をおさえてもらいお酒を飲みながら
会社やご近所さんたちの悪口を言ったりして、
かなりお酒が入りました。
一旦、お開きになり、酒に酔った妻を宴会場から
部屋に連れていき、私は酔いを醒まそうと、
夜の海岸に行きました。
事件が起こったのは、その後でした。 
火照った頬を撫でる海風が気持ちよく、
都会では見られない星空に、少しいい気分になっていると、
背後から話しかけられました。
振り向くと、浴衣姿の千夏さんがいて、
「もう少しいかがですか?」
と缶ビールを出しました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

旦那さんも酔いつぶれていびきをかいて寝てしまったので、
ふらっと出てきたら私を見付けたということでした。
昼間も夕食の時も妻の手前、
あまり見ることはできませんでしたが、
月明かりの下で見る千夏とても色っぽく、
髪をアップにしたうなじも、
少しはだけた浴衣からチラリと覗く艶かしい太もも、
赤くなった頬、すべてが魅力的でした。
とても、年上の女性とは思えない、
いえ女盛りの大人の女の魅力が溢れている人でした。
私は、そのセクシーで色っぽい千夏さんの体を
見ているうちに昼間の時よりも、
ムクムクとイチモツが大きくなっていくのを感じました。
それと比例するように、心の奥底に眠っていたスケベ心が
ふつふつと沸き上がり、
辛抱たまらないという状態になっていました。
ふいに無言になった私を不審に思ったのか、
「どうしましたか?」
と気遣ってくれましたが、
私は隣りに座っていた千夏さんの肩を抱いて、
キスしてしまいました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

しばらくはビックリした様子で、
私の唇を受け止めていましたが、
千夏さんの口に舌を差し伸ばした瞬間、
我に返ったのか私の胸に手を当てて突き飛ばしました。
立ち上がって走り去ろうとする千夏さんの手首を掴むと、
「ごめん、でも、千夏さんのことがずっと…」
と言い、今度は抱き締めました。
千夏さんは
「悪い冗談は止めて」
「酔ってるの?」
「私たち結婚しているのよ」
などと私を制止しようとしますが
固く大きくなったイチモツを千夏さんの下腹部に押し付け
「千夏さんが欲しい」
と言って、再びキスをしました


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

最初は軽い抵抗をしましたが、
力強くギュっと抱き締めて強引に舌を差し入れると、
千夏さんは震える舌でそれに応えるように
私の舌に吸い付いて、絡めてきました。
私は豊満なお尻を撫でながら唇を強く押し当て、
舌で千夏さんの口内を愛撫しました。
すると、千夏さんも私を抱き締める力を強めてきました
私たちはお互いの唇を、
舌を貪るように夢中で絡め合い、
唾液を交換し合いました。
私は攻めところと思い、
お尻を撫でながら浴衣の裾をめくろうとすると
「ここじゃいや。ここじゃ…」
と私の手を押さえて、俯き加減で言ってきました。
私はダメかとも思ったのですが、
千夏さんの手を取ると車に乗り、
少し離れたモーテルに移動しました。
車内は無言のままでしたが、
私たちはずっと手を握り合っていました。
部屋に入ると、千夏さんは少し照れた様子を見せましたが
手を引くと私の腕の中に身を寄せて、再び唇を重ねました
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。