更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「アイドル・美少女」浜崎あゆみ②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


露天風呂の洗い場という解放的な場所で、僕は棒立ちに
なって、人気絶頂のアーティストのあゆさんに咥えられて
いました。それは信じ難い事態でしたが、けれども、
もともと裸の若い男女が、ひとつの場所に二人だけでいた
のです。ひとたび一線を越えてしまえば、どんな行為に
展開しようとも不思議はないのかもしれません。
 あゆさんは僕のペニスのかたちを確かめるように、
口のなか全体に含みながら、やさしく吸ってきました。
ときどき頬が凹んで、薄い唇が尖って見えます。僕の
視線は、今まさに自分の前に跪いて熱心に口での奉仕
に耽っているあゆさんの、小さな顔に釘づけになって
いました。



それに気づいたのか、あゆさんは伏せていた目を
上げると、わざと色っぽい表情を作って僕を見つめて
きました。さらにこちらの視線を意識しながら、
今度は僕のペニスの起伏を舌先だけで一箇所ずつ
順番に刺激していきます。少しずつ向きを手で変え
ながら、その都度、自分の目で確認するように、
チロチロと舐めあげてくるのです。
「どこが気持ちいぃ?」あゆさんが甘くハスキーな
声で、僕に聞いてきました。しかし、そこで僕が
何かを応えるよりも先に、彼女の薄い舌先がちょうど
一番気持ちのいい場所をとらえたのです。
 その刺激の強さに、僕は思わず腰砕けになって少し
よろめいたようになりました。



「お風呂でのぼせちゃったの?」
あゆさんはまだ僕のペニスを握ったまま、僕の顔を
覗き込んできます。
「ねえ、お兄さん、この下に寝転がりなよ」と言って、
僕は床の石畳の上に仰向けに寝かされました。
 そこでようやく僕も気持ちのゆとりを得て、あゆさん
の眩いばかりの裸をじっくりと見上げることができました。
小麦色の肌は若さで満ち溢れており、やさしい形の胸には、
固く凝縮した感じの乳首が尖っています。
 そのまま吸いつきたい衝動に駆られて、僕が手を伸ばそう
とした瞬間でした。意外にも、あゆさんは素早く体の向きを
換えて、なんと仰向けに寝ている僕の顔の方に、彼女の下半身を
寄せて近づいてきたのです。すぐ目の前に密度の濃い茂みが
現れたかと思うと、彼女はそのままシックスナインの形で
跨ってきました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
まさに翻弄されるような思いで、僕はすぐにあゆさんが口での
愛撫が再開してくるのを感じていました。そこで我に返ると、
僕もむさぼるように、彼女の秘密の場所へと
顔を近づけていきました。
 あゆさんの柔らかな部分が、
うつ伏せの状態で小さく震えているのを見ると、
僕はやはり指を触れずにはいられませんでした。彼女は
とても小柄で、幼い印象の体つきにも見えますが、
その部分の光景はすっかり成熟していました。
薄いデリケートな襞の縁には、部分的に
色素が滲んでいるのが見えます。指でやさしく広げてみると、
もちろん湯上りということもありますが、
内部の血色が本当に鮮やかでした。
僕は一瞬、旅館でたまに自分が調理する新鮮な鴨肉を連想
したほどです。



 きっとこれまでには芸能界の凄い大物とも、
関係を持ってきたんだろうなぁ、
と僕はため息をつくような思いで見惚れていました。
しかし、少なくとも今は僕の体を求めて、
その奥まった場所から
じわじわと潤んできているのが分かります。
密度の濃い茂みをかき分け、襞の合わせ目を探ると、
そこに埋もれたいかにも敏感そうなクリトリスも、
露に濡れたような姿で震えていました。
 通常では決して考えられない、
あゆさんとのこんな状況に圧倒され
ながらも、僕は少しずつ大胆になって、
舌と指での愛撫に没頭しました。
「ああ、いい・・・」あゆさんは身をよじるようにして、
切ない声を漏らしはじめました。
その度に、彼女の可愛いらしいお腹が波打つように動く
のが分かります。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
そんなあゆさんの反応を、
自分がひき出していることにたまらない歓びを
感じながら僕は汗まみれになって
愛撫を続けていきました。
その際にも、外縁にまばらに生えた茂みの名残や、
遠慮がちなアナルの窪みの刺激的な眺めが目に入ります。
今やあゆさんの全身から発せられている淫らな雰囲気に
酔いしれながら、僕の興奮はますます高まっていきました。
 次第にあゆさんの声が、
悲鳴にも似た大きなものになってきました。
そして遂に耐え切れなくなったように、
「あゆ、もうこれ以上ダメ。早く入ってきて・・・」
と言って起き上がると、
体勢を換えて僕の上に跨ってきました。
ペニスを手に取って合わせ目の部分を探ると、
そのままゆっくりと騎乗位の体勢で腰を沈めてきます。
 熱いぬかるみに吸い寄せられ、
僕のペニスはあゆさんのなかに根元まで完全に包みこまれました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

「うぅ、んっ・・・」
あゆさんは眉をひそめて、
少し苦しそうな表情を浮かべています。それでも
すぐに自分から激しく腰を使って動きはじめるのだから、
女の子の性欲は不思議なものです。
 動きが一定のペースに乗ってくると、
さらにあゆさんは僕の両手をとって自分の胸まで導き、
その弾力をしっかりと押し付けてきました。僕は掌で
その柔らかな胸の感触を味わいながら、
一方では彼女の締めつけに対抗して、
思い切って腰を突き上げていきました。
「ああ、いいよォ。スゴイ、奥まで届いてるよぉ!」
あゆさんは頭を振りながら、
泣き叫んでいるかのように声をあげています。
しかし、やがて彼女はその体勢に耐え切れなくなり、
倒れるようにして僕の体にしがみついてきました。 



あゆさんは両手で僕の頭を鷲掴みにして、
そのまま唇を吸ってきます。
口のなか一杯にあゆさんの滑らかな舌の動きを感じながら、
僕はその激しさにつり込まれて、
思わず彼女の華奢な体を強く抱き締めました。
あゆさんはそれでもなお「もっと強く、ギュッとしてよぉ!」
と繰り返し訴えてくるので、僕はさらに力をこめて、
小刻みに震えている彼女の体を抱き締めていきました。
 僕はあゆさんの体をそっと抱き起こし、
体勢を入れ替えることにしました。
今度はこちらから思いっきり攻めることにしよう、
彼女もそれを望んでいるように感じたからです。
 しかし残念なことに、正常位になるには洗い場の床は固すぎて、
さすがに彼女の体を痛める可能性がありました。
僕が躊躇していると、あゆさんもそれを察したのか、
「ねぇ、今度はバックからして」と、
自分ら僕の前にヒップを突き出すと、
手を突いて屈んだ姿勢になりました。
決して大きくはないものの、惚れ惚れするほど形の良い
ヒップがこちらを向いています。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

僕はしっかりと両手で掴むと、角度をあわせ、
あらためてペニスを彼女に押し入れていきました。
「ああ、いい・・・」
またしてもあゆさんはすぐに反応し、
声を発すると、自分から両腿を寄せる
ようにして、さらに締めつけてきます。
それまで以上の快感に包まれて、
これには思わず僕も唸ってしまいました。
 そのままゆっくりと奥まで進み、
少しずつ腰を動かしはじめます。
視線を落とせば、
あゆさんの透明な液に濡れて光っている自分のペニスの
出没する様子がはっきりと見え、
ああ、あゆさんと繋がっているんだ
という実感があらためて湧いてきました。
 僕はもう一度息を整え、
あゆさんのくびれた腰を掴み直すと、
ヒップを自分の下半身に打ちつけるように、
大きな振り幅で突撃を続けました。



「凄いよ。あああ、ダメっ、いきそう・・・」
あゆさんは苦痛を訴えるかのように、
いよいよ切羽詰った声であえぎはじめました。
すると不意に、僕は下腹部の一帯に何か温かいものを
感じたのです。
そこだけ不思議な温かさに包まれたような、
くすぐったい感覚でした。
 すぐに、これは彼女が潮を吹いたのだと気づき、
感動した僕はあらためて結合部を見つめながら、
さらに激しく腰を動かしていきます。
「ああ、ダメっ、出る・・・」
またしても、あゆさんは勢いよく潮を吹きながら、
絶頂に達していきました。
それを眺めるうちに、
いよいよこちらの快感も限界に近づいてきたので、
僕はそのことを彼女の耳元に告げました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

すると、あゆさんはすぐに自分からペニスを抜き、
そのまま僕の足元に跪いて、
急き立てられたかのように口で咥えてきました。
今度は前回より手の動きを強くしながら、
僕を追い込むために最初から激しく攻めたててきます。
 時折ちらちらと僕の反応を窺ってくる、
あゆさんのその表情だけでも、
僕の快感は一気に加速し、
膨れ上がっていくのが分かります。
「ああ、もうホントに、いきそう・・・」
果たしてそのまま口のなかに出してよいものかと、
僕は無意識に腰を引きかけたのですが、
それでも彼女は口にくわえたまま離そうとしません。
その代わりに、僕の方を見ながら、
さらに動きを速めてきたのです。
快楽の波が一気に押し寄せ、
眩暈のような一瞬を迎えると
すべてがあゆさんの唇に吸い込まれていきました。



もちろん、あゆさんとはこの時以来、
一度も会ったことはありません。
自分でも、あの日の出来事は、
人気アーティストのあゆさんにとって、仕事の合間の、
気まぐれなハプニングだったのだろうと思っています。
ただ後になって、
スタッフの方の振る舞いなどを考え直してみると、
意外にこういうハプニングというのも、
普段からあるのかもしれないと、
ついつい邪推してしまうのですが・・・。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「アイドル・美少女」浜崎あゆみ①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


僕は現在、信州の山間の小さな温泉旅館で、
住み込みで働いています。
ここで経験を積みながら調理師などの資格を取って、
将来的には独立することを目標に毎日を送っているのです。
 うちの旅館は基本的に、シーズンオフには、オヤジさん夫婦と、
地元のパートのおばさんたちが何人かいるだけなので、
若い従業員の僕には裏方の雑用が山ほどまわってきます。
早朝から昼過ぎまでは息をつく間もなく仕事に追われ、
それからようやく2時間程の休憩時間になります。
 遅めの昼食を済ませた後、いつも僕はその休憩時間に、
自分で掃除したばかりの浴場を独占し、
ひとりで温泉に入ることにしています。その時間帯は、
まだお客様は浴場を利用できない規則になっているのです。



 ・・・前置きが長くなりましたが、実はその温泉で、
少し前に僕が体験したことを書かせてもらおうと思います。
誰も信じてもらえそうにないので、
自分だけの秘密にしておくつもりだったのですが、
偶然にもこの掲示板を見つけて、
正直に告白しようという気になったのです。
 あの日、僕はいつものように、
休憩中に風呂へと向かいました。
うちの旅館には一つだけ露天風呂があって、
普段そこはお客様には、時間帯毎に
男湯と女湯を指定して利用して頂いています。
その露天風呂の入り口の扉に僕が近づくと、
まだ入浴時間外だというのに、
向こう側から声が聞こえてきました。
 



訝しく思いながらも、
すでに裸の僕はタオル一枚をさげて洗い場に入りました。
するとその先の露天風呂に、
二人の若い女性客らしき影が見えたのです。
困ったなと思いましたが一応ルールなので、
従業員として注意しなければと近づいていくと、
僕に気づいた一人が「キャーッ!!」と凄い
叫び声を上げました。
 しかし、本当に驚いたのは、むしろこちらの方でした。
僕の目の前には、その叫び声を上げた女性と一緒に、
テレビでいつも見ている人気アーティストの、
あゆさんが温泉に浸かっていたのです。
こちらから見えているのは横顔だけでしたが、
それが紛れもない本人だということは雰囲気ですぐ
に分かりました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「ちょっと、何なんですか!今すぐ警察を呼びますよ!」
手前にいた女性は僕を睨みつけると、
いきなり激しくタオルを投げつけてきました。
この女性が、あゆさんのスタッフの方だと
いうことはその後ですぐに分かったのですが、
なるほど不審な男性ファンなどには、こうした
キツイ態度でねつけるよう、
事務所もしっかり指導をしているのでしょう。
 僕はその迫力に押され、尻込みしながらも、
「あの、スミマセン、一応ここの従業員の者なんですが・・・」と、
かろうじて弁明することができました。 
すると女性の態度は一変して、
「えっ、そうなんですか。わー、ごめんなさい!」と、
そのスタッフさんは急に後ろめたそうな素振りを見せました。
彼女たちも入浴時間外と知りながら、
人目のない時にこっそりと温泉に忍び込んだつもりだったようです。
 それにしても、まさかうちの旅館に、
突然こんなスゴイ宿泊客が来るなんて・・・。
スケジュールの変更か何かで、
急遽、空いていた旅館に飛び込んできたに違いありません。



僕は思わず、
「事情もあるでしょうし、内緒にしておきますので、
どうぞゆっくりしていって下さい」と言い、
さすがにここにタオル一枚の裸で、男の従業員がい
てはマズイだろうと、その場をすぐに立ち去ろうとしました。
ところが、事態は意外な方向に流れていったのです。
それまではこちらを無視するかのように、
黙ってお湯に浸かっていたあゆさんが、
思いもかけない言葉を発したのです。
テレビなどを通じて聞き覚えのある、
まさにあのハスキーな声でした。
「でも、お兄さんも入ってくださいよぉ、
せっかく来たんだし・・・。旅館の
お仕事だって、忙しくて時間ないんじゃないすか・・・」
「えっ!いや、あのー・・・」僕は戸惑って、
タオルで前を隠したまま立ち竦んでしまいました。
ところがさらに、
「いいでしょ、せっかくなんだし・・・」と言って、
あゆさんは一瞬こちらに視線を向けると、
隣のスタッフさんにまで、
「ねぇ、このお兄さん遠慮してるから、
中に入れてあげて」と声をかけたの
です。スタッフさんは困惑した様子でしたが、
やはり、あゆさんの指示は絶対なのでしょうか、



「あの、本人がこう言ってるので、どうぞ入って下さい」
と結局スタッフさんも僕を促してきました。
何とも言えない奇妙な場の空気になってしまい、
この時は僕もホントに複雑な心境でした。
しかし気づいた時には、
何故か僕は人気アーティストのあゆさんと
そのスタッフの女性と、三人で混浴をしていました。
 念のために言っておきますが、
この地域の温泉は鉱泉の真っ白に濁った
お湯が特徴なので、その濁りで水面下の様子は全く見えません。
しかし、もともと5~6人用に過ぎないこの小さな露天風呂の、
同じお湯の下に、あゆさんの裸体があることは確かな事実です。
 その様子を思わず想像し、意識するまいとすればするほど、
お湯に隠れたところでは、僕の男としての、
肉体の一部が熱く反応してくるのが分かりました。
やはり僕もまだ20代の独身の男ですから・・・。 


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
同時に、これはマズイと内心かなり焦りました。
この状態でまさか彼女達の前に立ち上がることはできません。
早く治まってくれと、僕は心のなかで
必死に祈るような気持ちになっていました。
何しろこのままでは、
僕の方から先に風呂を出るわけにもいかないのですから。
心ここにあらずの状態で、
僕は彼女たちの方に視線を送ることもできずに
固まっていました。
一番手前に僕、スタッフさん、あゆさんという順に、
三人は横に並んで温泉に浸かり、
しばらく沈黙のまま外の景色を眺めていました。
ちょうど天気の良い日で、晴れわたった空のもと、
ときどき吹く風に山の新緑が揺れていました。
 緊張と困惑で押し黙っている僕の様子を察したのか、
不意にあゆさんが話しかけてきました。



「いいですよね、こういう田舎も・・・」意外に大人びた、
気遣いの感じられる言葉だったので僕は驚きました。
やはりテレビなどで仕事をしていても、
見知らぬ大人と接する機会が多いのかもしれません。
「そ、そうですね。僕も東京から出てきたんですけど、
田舎も結構いいと思います。
・・・あの、やっぱりお仕事で来られたんですか?」
「うん、明日からまた撮影なんですよぉ」
 あゆさんが話しかけてくれて、少しずつですが、
会話が成り立つようになりました。
しかし、スタッフさんの方はまだ僕を警戒しているのか、
あるいはタオルを投げつけた先程のことで気まずいのか、
ただ黙って外を見ているだけです。



やがて、あゆさんがスタッフさんに
何かを耳うちしました。すると、
「スミマセン、私ちょっと用事思い出したんで、
先に戻ります」と言って、
彼女は急に、湯船から立ち上がりました。
僕の視界の隅で白い肌がさっと
浮かび上がり、
すぐに背後に消えていくのが分かりました。
 僕は当然、あゆさんもすぐに
一緒に出て行くのだろうと思ったのですが、
意外にもスタッフさんの後ろ姿に、
「あゆはもう少しのんびりしていくんで、よろしく・・・」
と声をかけると、
彼女はそのまま何事もなかったかのように、
お湯に浸かっています。
 結果的に、
僕はお風呂のなかであゆさんと
ツーショットになってしまいました。
そのシチュエーションを思っただけで、
僕の下半身がさらに熱く脈打つのが分かります。
 実際、ちょっと思い切って手を伸ばせば、
あゆさんの裸体に直接触れられる距離にいました。
しかし言うまでもなく、彼女はうちの旅館のお客様
であり、天下の人気アーティストです。
従業員として身元も明らかな僕が、
どんなに思い切っても、
無茶な行動をとれるはずはありません。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
すると突然、あゆさんが例の落ち着いたトーンで、
思いがけない話をはじめました。
「あゆもホントはね、いつか今の仕事辞めたら、
どこかこういう静かな田舎で、
自分でペンションみたいなのをやれたらいいなぁって。
密かな夢なんですよぉ。疲れたときとか、
よくそんなこと考えながら、
将来に向けて頑張ろうって、いつも仕事してるんだよねぇ・・・」
 毎日スポットライトを浴び、
すべて自分の夢を実現しているかに見える
あゆさんでも、自分と同じような夢を抱くことがあるというのです。
 少なからず驚きながら、
僕はこの時初めて、
あゆさんの顔をしっかりと見ることができました。
しかも彼女の大きな目が、真っ直ぐに僕を見つめ
ているではないですか。
・・・うわぁ、ホントに可愛い。
思わず息が詰まりそうになりました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

それからしばらく、
あゆさんは旅館の仕事のことなどを僕にあれこれと
尋ねてきました。僕自身、
将来的な目標をもって続けている仕事なので、
話題に事欠くことはなく、
二人の話は意外に盛り上がりました。
 ところが、その会話がようやく途切れたところで突然、
「暑くなっちゃった」とあゆさんが素早くお湯を出ると、
小走りでその場を離れてしまったのです。
不意の出来事だったので、僕は何があったのかも
分からず、あれ、
部屋に戻っちゃうのかなと思って後ろを振り返りました。
 すると、彼女はすぐ後ろの洗い場のスペースで、
むこう向きに木の椅子に腰かけ、
シャワーを流して髪を洗おうとしていたのです。
僕の視線など、まるで気にならないかのように・・・。
 もちろん、
こちらからは裸の後ろ姿がはっきりと見えています。
お湯から上がった直後の、
あゆさんの小麦色の肌は、
露天風呂の外からの日差しで
輝いていました。子供のように小柄な後ろ姿ですが、
この位置から見える、背中からヒップにかけての曲線は
意外に豊かな感じがしました。




 時折、彼女の背中にシャンプーの飛沫が落ち、
滑らかな肌を糸をひいて流れていきます。
僕は固唾を呑んで、その光景に見惚れていました。
その直後に小さなアクシデントが起きました。
髪を洗い終えたところで、
あゆさんが蛇口の捻り方を誤ったのか、
シャワーのお湯が異常に激しい
勢いで噴出したのです。
しかも、あらためて左右のどちらに捻り直しても、
止まらなくなってしまったようでした。
「ねぇ、ちょっと何、これ?」
シャワーの水圧は、
その間にますます猛烈なものになっていきます
思わず彼女が手を離したことで、
ホースが激しく床をのたうちまわり、
騒々しい音を立てました。
「ねえ、これ、どうしたらいいのーっ!」
慌てた様子で、
素っ裸のあゆさんが必至に叫んでいます。
とうとう僕もタオル一枚で前を隠して、
風呂を飛び出しました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

結局、シャワーのお湯はすぐに止まりました。
定期的に整備していても
蛇口の調子が悪くなることは、
珍しいことではありません。一件落着して、
「ホントにすみません、しっかりチェックしておきますんで」
と僕が謝った途端に、
すぐ横に座っていたあゆさんが突然ケラケラと笑いはじめました。
 振り返ると、
彼女の視線は真っ直ぐに僕の股間に向けられています。
自分ではタオルで隠していたつもりのものが、
両手で作業する間に、
隠すどころか完全に露わになってしまっていたのです。
しかも完全にいきり立った状態のペニスの根元に、
タオルが二つ折りにぶら下がっていて、まるでタオル
掛けのように彼女の目の前に突き出ていたのです。
 まさに顔から火が出る思いで、僕は慌てて腰を引き、
前を隠そうとしました。
ところが、それを逃さず、
なんとあゆさんはその熱くなった僕のものを、
しっかりと手で握ってきたのです。
「えっ!?」僕は息を呑みました。 



 いったい何が起こったのかも分からぬまま、
あゆさんの顔を見ると、
彼女は僕を見上げて優しく微笑んでみせたのです。
「スゴイね、こんなに大きくなってる・・・」
絶句する僕に、彼女はさらに甘い言葉を続けました。
「お兄さん、独りで住み込みで働いてるって言ってたし、
しばらく彼女とも会っていないんでしょ。
さっきは、いろんなこと教えてくれたから、
あゆからもお礼してあげるよ・・・」
 彼女の小さな掌のなかで、
僕のペニスは大きく脈打っていました。
それを片手で握りしめたまま、
「ちょっと、待ってね」と、
あゆさんは振り返ってシャワーで水を
少し口に含むと、もう一度こちらへ向き直りました。
そのまま顔をそっと近づけ、
握っていた僕のペニスを優しく咥えてきたのです。
 ひんやりと冷たい彼女の口腔に、
一瞬にして包みこまれたその感触が、
風呂上がりで火照った僕の全身を駆け巡りました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「アイドル・美少女」従兄のモノはもうしっかり膨らんでいて上を向いていた②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


しばらく、下着の上から撫でたり、押さえ付ける様に動いていた指が、
下着の中に入ってきて直接触ってきました。
「あぁっ!」
私はかなり感じてて濡れてたのか、初めから指が中に挿入されました。
そこから従兄は激しく指を動かしてきました。
下着も脱がされたのか、ピストンをするように指を動かしてきて、
私の声が一段と車の中に響いていました。
「あっ、あっ、っあぁ!は・・あぁっ・・・」
従兄が動かす手の動きの音と、与えられる刺激に感じている私の喘ぎ声の中、
従兄から「◇◇、カワイイ・・・」というような事を言われたような・・・。ハズカシ><
そのまま従兄に翻弄されていると、ズルっと私の中から指を引き出しました。
「ああぁっ!」とそんな動きでさえも刺激と受け止め声が出てしまいました。
快楽の余韻に浸りハァハァと私が息をつきならがら、目を凝らすと
与えられた刺激に私の体勢が徐々に崩れていったのか、
運転席と助手席の間に挟まる感じで仰向けに倒れていました。


ゆっくりと起き上がり、従兄と向き合う。
「大丈夫か?」とまた言われてしまいました。
「大丈夫・・・」と言ったら、
「感じやすいんだな」と少し笑ってました。
「え・・・、そうかな~?」
「うん、スゴかったw」
そんな事を少し話してましたが、従兄はその後は動こうとしませんでした。
正直私はしっかりと身体を高められてしまったので最後までするつもりでした。
「・・・ねぇ?しないの?」
「ん?別にいいよ」
その言葉にビックリしました。


ここまでして止める事ができる男がいるとは思ってなかったからです。
「それに、やっぱり嫌だろ?」
そう言われて私の手を自分の股間に持っていく従兄。
暗くてよく見えなかったけど、軽く触れたらしっかり勃起してました。
「嫌じゃないよ」
従兄の股間に触れて形をなぞるようにさすりました。
「したくないの?」
「そうゆう訳じゃないけど・・・、でも、もうこんな時間だし」
時計を見ると夜中の12時を回ってました。
私は別に大丈夫だったのですが、従兄の方が次の日も仕事だったので、
あまり遅くなると次の日に支障が出ると困るという理由でした。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
「・・・でも、私はしたい・・・」
素直に言いましたが、従兄は少し困り顔。
「ん~、でもな~・・・」
と、よほど躊躇いがあるのか、聞き入れて貰えませんでした。
「ん・・・、じゃあ今日は我慢する」
引き下がる事しかできませんでした。
身支度を整えて、従兄にお礼を言い車を降りて見送りました。
車を見送って家に入ってからすぐにお礼のメールを送ってその日はそのまま寝ました。
次の日、従兄と空いてる時間にメールをしたりしてました。
が、異変に気付いたのは更に次の日でした。主におかしいのは私自身。
気付いたのは仕事場でトイレに入った時でした。
(ウソ…何コレ…?)
そう思う程に下着が以上に濡れていた事です。
用を足してから拭いた後、ペーパーに糸を引く程に濡れていました。
(何?なんで!?)
これは一体…と、思いましたが思い当たる事はありました。
従兄にされた事・・・どうやらあれが私の身体の中でくすぶり続けてたようです。
よく、マンガとかで『身体が疼いて我慢できない』みたいな事書かれてますが、本当にあるんですね・・・。
身を持って体験してしまいました。
仕事中も本当にどうしようと思うくらい、アソコが疼いているのがわかりました。


そんな状態で落ち着かないまま過ごしていて、
仕事の休憩時間になった時に軽い気持ちで従兄にメールを送りました。
『た~す~け~て~』
気持ち的には、「こんな状態にした張本人なんだからなんとかしてよ~!」
という冗談めいたつもりで一言だけ書いて送りました。
送ってすぐに休憩時間が終わってしまったので、携帯をバッグにしまい、仕事に戻りました。
その後、仕事が終わりふと携帯をみると、電話の着信とメールがきてた。
相手はどちらも従兄から。しかも電話にいたっては私がメールを送った2、3分後にかかってきてる。
その数分後にメールがきてた。内容は『どうした!?何かあった?』でした。
私の冗談混じりで送ったメールを真剣に捉えて、心配して電話をしてくれたようでした。
ヤバイとは思いつつ、本気で心配してくれた事がすごく嬉しかった。
夜になってから謝罪の為に電話しました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
私「昼間のメールなんだけどね、…実は別に何かあった訳ではなかったんだ、ゴメンね」
従兄「そうか、それならいいけど」
私「うん、でもね、○○くんにお願いというか、して欲しい事はあるんだけど…」
従兄「ん?何?」
私「え…、いや、う…ん、実はね、あの~私の身体の方がね、どうも大変な事になってるみたいでね…」
従兄「え?」
私「だからね、○○くんにされた事によって身体が変なの!!」
従兄「…マジで?本当に?」
私「本当に。だからなんとかして…」
従兄「イヤ、そう言われてもな~…。すぐに会うのは無理だろ?」
私「私は明後日なら休みだから大丈夫だよ」
従兄「俺は仕事だし」
私「仕事の後は?私、近くの駅まで行くから。どう?ダメ?」
従兄「次の日も仕事だからあんまり遅くなるとな~」
私「私も次の日仕事だもん。だから大丈夫だよ」
従兄「ん~…、じゃ明後日会うか~」
私「うん。何時頃に仕事終わるの?」
と、いう感じで会う約束を強引に取り付けました。
当日
従兄が仕事が終わると言っていた時間よりもかなり早い時間に待ち合わせの駅に着きました。
駅の近くの本屋で時間を潰したりして従兄を待っていました。
すると、従兄からメールで『今、仕事終わった』との事。
そのメールを見た瞬間、今までになくものすごく緊張感が身体を突き抜けました。
それまではまだ大した気持ちではなかったんだけど、
もうすぐ本当に従兄に会ってするんだと思ったら本当に緊張してきました。


さっきのメールから20分位待つと、車に乗って従兄が迎えに来てくれました。
ちょっと緊張しながら車に乗り込む。車を走らせながら従兄が
従兄「本当に俺でいいのか?」
私「うん、○○くんだからいいんだよ」
従兄「そうか~?」
私「うん。あ、でね私行ってみたいラブホがあるんだ」
従兄「どこ?」
私「×××ってとこ。知ってる?」
従兄「あぁ~、知ってるけど、行った事はないな~」
私「露天風呂があるんだって」
従兄「へぇ~、そうなんだ」
私「だから行ってみたいの」
従兄「じゃ、そこ行く?」
私「うん、行きたい」
という事で希望のラブホに到着。
残念ながら露天風呂がある部屋には入れませんでした。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
部屋に入ると急に後ろから抱きしめられられる。
私が従兄の方に向かい合うと、上から下まで眺めるように見て、
急に手を伸ばして私のスカートの裾を少し持ち上げて捲くり下着を軽く覗き見る。
突然の行動に恥ずかしさがあり、軽くスカートを押さえたけど、しっかり見えたようで、
「可愛い下着穿いてる」とお褒めの言葉。その時の下着は赤でした。
照れ笑いをしていると従兄の抱き寄せられてキスをする。
しばらくして唇が離れると、従兄が少し屈んだかと思ったら、
私の身体が床から離れ宙に浮いた状態になりました。
「わっ!?」
ビックリして声を上げると、従兄に横抱きに抱え上げられそのまま部屋のソファに運ばれました。
私「ビックリした~。でも、腰大丈夫?」
従兄「大丈夫だよ」と再びキス。
何度か角度を変えながら繰り返していたら、急に従兄からフッ!!
と息を吹き込まれ驚いて唇を離す。
私「っ何!?」
従兄「ん?別に~」
少し笑いながら従兄は離れてベッドの方に歩いて行きました。
私「え~、一体なんなの~?」
従兄「何でもないって」
微妙に釈然としないけど、仕方ないからお風呂の用意をしに私も移動。
お風呂の用意ができて二人でお風呂に入る事に。
お互いに服を脱いでいる時に、自分が先に脱いでしまうのが少し恥ずかしくて、
従兄が脱いでる所を見ていると、視線を感じたのか従兄が私の方を向いてきた。


従兄「あんまりジロジロ見るな。恥ずかしいだろ~」
私「え~、なんでよ~?いいじゃん」
笑いながらそんな事を言っていると、従兄がトランクスを脱ぎさる。
従兄のモノはもうしっかり膨らんでいて上を向いていた。
それを目の当たりにしてしまい更に恥ずかしさが出てきてしまい、思わず口を噤んでしまった。
従兄「お前も早く来いよ」
そう言って従兄はお風呂場に入っていきました。
私も慌てて服を脱ぎ従兄の後を追ってお風呂場へ。
身体を洗ってあげて二人で湯船につかると、従兄がジャグジーのボタンを押すと、
前方から気泡混じりのお湯が勢いよく出てくる。
すると、従兄の足の間に座っていた私の両足の膝の裏を持ち、
ちょうど小さい子におしっこをさせる様な格好にさせて、
私の股間に水流が当たるように広げてきました。
私「きゃ、ちょ、ちょっと・・・ヤッ・・・」
ビックリしながら苦情を言って従兄をみると笑ってるだけ。
私「ん・・・、ちょっと本当にヤダってば~」
少し不快感を含め強い感じで言うと従兄はジャグジーを止めてくれました。
従兄「どうだった?気持ちよくなかった?」
私「ん~・・・、あんまりよくなかった・・・」
従兄「そっか、ゴメンゴメン」
あまり悪びれる感じじゃなく謝ってくる従兄。
「もぉ~」と文句を言いながら上半身を従兄の方に向け、腕を従兄の首に回しキス。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

お風呂から上がってベッドに戻ると、従兄に横たえられキスをしながら、
私が纏っていたバスタオルを剥ぎ取ってしまう。
従兄の身体が私の下の方へ下の方へと移動していき、
観察をしてるかの様に顔を近づける。
従兄が私のアソコに指一本を入れる。
もうかなり濡れていて抵抗なくスンナリと従兄の指を受け入れました。
最初はゆっくりとした動きで中をくちゅくちゅと弄ぶ。
私「あぁん、あぁ、やぁ・・・」
それから指を二本に増やされ、しばらく中を探るように動かされる。
私「っはぁん、あぁ、あん、ん・・・」
くちゅ・・・、ぐちゅ・・・、と濡れたゆっくりとした音だけだったのが急にスピードが上がり、
従兄の指がピストン運動に変わり、私の喘ぎ声が高くなる。
私「あっ、ああっ、あ、あぅ、やっ、っはぁん」
目を閉じて従兄から与えられる快感に没頭していると、
従兄「どっちがいい?」私(え?)
なんとか目を開けると上から覗き込んできていた従兄と目が合う。


従兄「クリちゃんと中と、どっちが気持ちイイ?」
指の動きを止めないまま聞いてきた。
私「あぁ、ああ、んぁ・・・、やぁっ」
指が止まらないので喘ぎを止められない私。
従兄「◇◇、どっちが気持ちイイ?」
なおも聞いてくる従兄。指のスピードが若干緩む。
それでも止まる事はなく、くちゅ、ずちゅ、ずりゅと濡れた音を出し続ける。
(どっちって・・・、そ、そんなのわからないっ!)
そんな事を考えてる余裕なんてない状態でした。
でも、従兄は相変わらず私を見下ろしてきている。
私「あっ、あぁん、わ・わかんなっ、はぁっ、んっ・・・
あぁっ、ど・どっちも、あぁっ、きもちぃ、ああん!」
なんとか喘ぎ声に混じりながら答える。
すると従兄は納得したのか、指の動きをどんどん早めていく。
私「あ、あぁん、あっ、やっ、あぁっ!」
喘ぎ声が一際高くなっていって、私の限界が近くなっているのを感じ取ったのか
更に動きを早く、強く私のアソコに打ち付けるように指をピストンさせていく。
私「ああ、ああん、あっ、いや、あ・ああっ、あああっ、っアアアアアーーッ!!」
悲鳴の様な喘ぎ声を出してしまい、身体が一瞬硬直した様な感じになる。
指の動きが止まり、ゆっくりと私の中から出される。
はぁ、はぁと息が上がっている私を覗き込んでくる従兄。
従兄「大丈夫か?」
声に出せなかったので頷く事で返事をする。
すると、従兄が「ちょっと待ってな・・・」と後ろを向く。
どうしたんだろうと思ってなんとか起き上がって後ろから従兄を覗く。
ゴムを装着してました。
私「エラ~イ。ちゃんと付けてくれるんだ」
従兄「当たり前だろ、そんな事」
今まであまり自分から進んで付けてくれる人に出会ってなかったので
妙に感心してしまいました。
・・・本当はコレが普通なんですけどね。


従兄の背中に圧し掛かり、装着を見守りつつ背中にキスをしたりと
悪戯をしながら待ってました。
準備が完了し、私の方に向き直ると
従兄「じゃ、ちょっと舐めて濡らして?」
(えっ?)と少しビックリした。ゴムの上からのフェラはした事がなかったので。
(それならまだそのままする方がよかったのに・・・)と少し思っていると、
従兄「濡らさないと入れる時辛いでしょ」
なるほど、フェラをさせる事が目的というよりも入れる時の潤滑油として濡らすという事らしく。
それならという事でゴムをした従兄のモノを手で支えてペロっと舐める。
・・・やっぱりゴム臭い。それに味も不味い・・・。
それでも我慢して舌を使って全体を舐め上げていく。
パクッとカリの部分を咥えて更に唾液を付けようと舌を使う。
口に含んだまま舌で刺激をし、奥まで入れようと頭を上下に動かす。
でも、やっぱり長くはできなくて全体を舐めて
だいたい唾液が付いたと思った所で顔を上げてしまった。
私「・・・も、いい?」
従兄「うん、いいだろ」
承諾がもらえてホッとすると、従兄が再び私を横たえ足の間に入ってくる。


腰を引き寄せられ、入り口を少し刺激する様にモノで上下に擦られる。
私「ん・・・、あぁ・・・」
くちゅっ、くちゅっとしばらく動かして位置を確認すると、
ふいにグッと腰を押し進めて先端が私の中に入ってきました。
私「っああぁん・・・」
入れる前に舐めて潤滑油を付けたのがよかったのか、それとも私の中が充分濡れてたのか、
従兄のモノはどんどん私の中に、そして奥深くに進んで行きました。
そして根元まで埋め込むと、
私に覆いかぶさってきて中を味わうかの様に動かずにジッとしてました。
私「はぁっ・・・、あぁん、んんっ、はぁ・・・」
私も入れられた刺激を落ち着かせる様に呼吸を繰り返していたら、
従兄が私にキスをしてきて唇を不意に塞がれてしまい、身体に力が入る。
すると、それを合図にしたかのように従兄が腰を動かし始める。
私「んんっ、ん、っうん、んっ」
唇を塞がれているので喘ぎ声も出せず、
ただただ従兄からのキスと動かされるモノからの刺激に身体だけがビクビクと反応する。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ちゅっ、ずちゅ、ちゅるとキスの合間に出る濡れた音と
私のアソコから出る濡れた音が重なる。
私「んっ、ん・・・、ふぁ・・・ん、はぁっ、ああん、あっ、あぁ・・・」
苦しくなってしまい塞がれていた唇を離すと、喘ぎ声が止まらない。
ズッ、ズッと擦られる刺激に思考がなくなっていく。
従兄が身体を起こして足を広げる様にして再び動き始める。
中をかき回す様に腰を動かして全体を擦る様に刺激してくる。
上体を起こした事で濡れた音が更に大きくなった気がした。
私「ああぁ・・・、いゃぁん、うぅん・・・」
音がする恥ずかしさに身体が震えた。
それからまた再び中に打ち付ける様にピストンをしてくる従兄。
徐々にスピードを上げていき私の喘ぎ声もどんどん大きくなっていった。


再び私に覆いかぶさってきて、耳元に口を寄せてきて
従兄「◇◇!イクよ!出すよ!」
私「ああっ、あっ、んっ、ぅん、ああん、っっああああーー!!」
従兄の声が聞こえて中にあるモノを一瞬意識した瞬間に大きくなった気がした。
それから従兄の動きが止まり、中でモノがビクビク痙攣してる様な動きを感じた。
ひょっとしたら私自身がイってしまった痙攣だったのかもしれないけど。
従兄がしばらくして離れていっても私は身体が動かせませんでした。
それでも、従兄から身体を隠すように横に転がりうつ伏せて息を整えようとしていると、
従兄がスーッと触るか触らないかの感じでお尻から太ももの辺りを撫でてきた。
私「っっ!!あぁん!!」
ビクッと身体が跳ねて大きめの喘ぎ声。
快感がまだ抜けてない身体にそれは刺激が強かったです。
従兄「本当に敏感だな~」
笑っている従兄を恨めしそうに見ながら文句を言う私でした。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「アイドル・美少女」従兄のモノはもうしっかり膨らんでいて上を向いていた①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


きっかけは親戚の結婚式に出席してきた母から言われた言葉。
「○○くんにあんたの携帯番号教えておいたから、連絡くると思うよ」
この親戚というのも、一応私の従兄にあたる人だが、結構歳が離れていて、
あまり私自身とは交流がない人でした。
私は11人いるイトコの中で一番年下で、小さい頃よく遊んだのは、
自分より3つ年上と1つ年上のイトコ兄弟だけでした。


今回母が私の番号を教えたというのは、この3つ年上の従兄。
私の兄と同い年で、誕生日も1日違いで夏休みの間だったので
よく里帰りをした時に合同で誕生日会などをして、
お泊りとかする位交流がありました。
しかし、成長するに従って疎遠になっていき、ここ数年は会っていませんでした。
別に私が従兄に会いたくて母に頼んだ訳ではなかったのですが、
私の方でちょっとした出来事により、落ち込んでいるのを見かねて、
元気付ける為に従兄に番号を教えたようです。
でも、その時の私の感想としては、「ふ~ん、そうなんだ」程度でした。
確かに昔はよく遊んだけど、もう全然交流もなかったので正直少し戸惑いました。
でも、少しだけ楽しみにもしてました。
結局その日は連絡はきませんでした。少しガッカリしました。


でも、次の日電話が来ました。
「久しぶり~。元気?」などと他愛もない話をし、近況報告などをしてました。
そこからメルアドを交換し、メールのやり取りをするようになっていきました。
ある日、私の方から「どっかに遊びに連れて行ってよ~」と軽く言ったら、
「いいよ」との二つ返事。
なので、従兄と私の休みが重なった日に遊びに行く事になりました。
当日の朝、車で迎えに来てくれて出発。
場所はお任せしてたので何処に行くのか楽しみにしてましたが、正直緊張してました。
会話が続かなかったらどうしようとか、
そんなくだらない事を考えてたんですが余計な心配でした。
小さい頃の話や、お互いの兄弟(主に私の兄)の暴露話とかで盛り上がりました。
1日中そんな感じで趣味の事とか暴露話をしながら、帰り道の高速に乗ってる時に、
結構遠出をしたのでガソリン代や高速代の事が気になったので、
料金所で「高速代出すよ?」と言ったら、従兄は笑いながら
「じゃ、身体で返して」と言い、
「えっ!?マジで?しょうがないな~w」
などとお互いに笑ってました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
夕飯の時間になりどうしようかという事になって、
私が「何でも大丈夫だよ」と言ったら、
従兄がよく飲みに行く行きつけのお店とやらに行きました。
飲み屋というよりは、定食屋さんという感じでした。
お店に入ると店員さんと親しげに話し、座敷に通されました。
「何飲む?」と聞かれ、メニューに目を通す。
普通のお茶にしようとしたら、
「酒飲めばいいじゃん」
「でも、○○くんは飲まないんでしょ?それじゃ悪いからいいよ」
「別にいいよ」と言われ、一人飲む事に。
私は甘いカクテル系しかあまり飲めないのだが、
メニューはチューハイしかなくそれを飲む事に。
従兄に伝えると席を離れて行ってしまいました。
どこに行ったのかと思ったら、グラスを持って帰ってきた。
「どこ行ってたの?」
「コレ作ってきたんだよ」と頼んだチューハイを渡される。
「え?なんで?そんな事までできるの?」
「前に働いた事があるから」
「そうなんだw」
「さっきあっち行ったら『彼女だと思った』って言われた」
「へぇ~、で、なんて言ったの?」
「親戚だって言った」
そんな話をしながら、食事も届いてご飯を食べながら、
私はお酒を飲み酔い始めてきてました。
それでも、1杯飲み終わり2杯目を頼んだんですが、
普段あまり飲み慣れないチューハイに2杯目の半分位でかなり酔いが回ってきてました。
壁にもたれて大人しく俯いていたら、
「大丈夫か?」
「ん~、大丈夫だよ」
「今、寝てただろ?」
「寝てないよ~。ちょっと休憩してたw」
実際本当に寝てた訳じゃないし、意識もあったけどかなり酔っていました。
そんな私の状態をヤバイと感じたのか、
従兄が残っていたご飯を平らげてお店を出る事に。
お会計でなんとか挨拶をして外に出たら、かなり足元が覚束無かった。
「大丈夫か?」
従兄に支えられてなんとか車に乗り込む。
私の中で今までこんな状態になった事がない位酔ってました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
座席を倒してもらって休んでましたが、だんだん気分が悪くなってきて何も話せない状態でした。
途中で従兄が車を停めて降りて行きました。
どうやらコンビニに寄ったみたいでした。
従兄がいなくなった車の中で、具合が悪くなって迷惑をかけてしまっている事に
ものすごく罪悪感が出てきて身を隠す様にして、上半身だけ座席からズリ落ち、
運転席と助手席の間にうつ伏せに挟まる様な体勢で泣き出していました。
戻ってきた従兄がそんな体勢で泣いている私を見て、慌てた感じで声をかけてきました。
「◇◇!どうした?大丈夫か?」
「・・・迷惑かけてごめんなさいぃ・・・」
泣きながら小さい声で私が謝ると、
「別に迷惑じゃないから、大丈夫だって。そんな体勢でいると気分悪くなるからちゃんと座りな。
ほら、水買ってきたから。」と、ペットボトルを渡される。
渡された水を飲んでいると、
「ごめんな、俺もチューハイ濃く作り過ぎたのかも」と謝ってきました。
「ううん、そんな事ないよ。ごめんね~」と私からも謝りました
私を送る為に再び高速に乗りました。
従兄が「大丈夫か?」と聞いてくる。
「ん~、大丈夫だけどお手洗いに行きたい~・・・」と伝えると
近くの休憩所に寄ってくれました。
そこで一人でフラフラとお手洗いに行き戻ると
、「大丈夫か?」と従兄が近づいて来てくれたので、
従兄に身体を預ける様に腕に掴まりました。
「意識は結構ちゃんとあるんだけど、視界がハッキリしない・・・」
「大丈夫か?ちょっと外にいる方がいいかもしれないな。でも、ベンチ濡れてるからな~・・・」
昼間少し雨が降って濡れてしまって座れない状態でした。
なので、従兄は私の手をしっかり握って少し近辺を歩いてました。
私は私で従兄に手を繋いでもらって、腕にしがみついてる状態でした。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

ちょっとしてからまた車に乗り込んで車を走らせ始めたんですが、
その時に肘掛に腕を乗せていた従兄の左手に私から手を繋ぎにいって、
腕に甘える様に頭を乗せてくっついていきました。
従兄は何も言わず、私のしたい様にさせてくれました。
「大丈夫?」と何度目かのセリフ。
「うん、大丈夫だよ」というと、
「胸が当たってるぞ」
「うん、いいよ」
すると、胸の辺りにあった肘を軽く動かしてきて
「こんなことされると嫌だろ?」
「嫌じゃないよ」
私の口元にあった従兄の手の甲に唇を押し当てました。
唇を少しだけ開いて従兄の手の甲の皮膚を舌先でチロチロと舐める様に触れてました。
誘ってたつもりではなく、嫌じゃないという意味での表現のつもりでした。
ただ、これを従兄がどう感じていたかはわかりません^^;;
そのままの状態で今朝待ち合わせをした場所まで着きました。
「◇◇、家どこ?言える?」
「ん~、今朝の所でいいよ~」
「ダメだって。どこ?送るから」
「すぐ近くだから大丈夫~!」
「そんな状態じゃ心配だから!家まで送るから」
「え~、帰れる~」
「ダメだって!」
などと押し問答をしながら結局家のすぐ近くまで車で送ってもらい、
空いていた駐車場に車を停めました。
「ここでいい?大丈夫か?」
頭をポンポンと軽く叩かれる。
しがみついていた腕から離れて起き上がり従兄と向き合う。
「うん、ありがと~」とお礼を言う。
帰り支度をしようとして、ふと思い出した事があり実行しました。
「そうだ、身体で返すんだよね」
と言って、従兄の首に腕を回して抱きつきました。
そして、私から従兄にキスをしていきました。
私の中では従兄に『身体で返して』と言われた時に、
抱きつく位はいいかと思ってするつもりでした。
でも、正直キスまではするつもりはなかったんですが、
酔った勢いってのもあったんでしょう。
自然にキスをしていました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

そんな私の行動に、抱きつかれた瞬間従兄が少しビックリしていたのがわかりました。
でも、そこから普通に従兄も抱きしめ返してきて、キスに答えてきました。
多分、私から舌を絡ませ従兄もそれに答えてきました。
ちゅ・・・っと音が鳴る程、何度か角度を変え口付けてから
ふとした瞬間に唇が離れた時に、従兄が「あぁっ」と声を漏らしました。
でも、キスに感じたとか思わず出てしまったとか、そんな感じではなく
むしろちょっと怒った様な、少し吐き捨てる、そんな感じが一番近くて
今、思うと自棄になった、そんな感じでした。
声を出した後、従兄の手が動き私のスカートを捲くり上げそのまま奥へと入っていき、
私のあそこを下着の上から触ってきました。
「あ・・・」
と、思わず声が出てしまってたけど、
正直私の中ではそこまでするつもりはなかったものだから、
その従兄の行動に内心ビックリしてました。
でも、従兄の行動は勢いがついたのか止まる事なく刺激してきました。
「あぁ、ああぁ・・・」
刺激に感じて喘ぎ声は出てたけど、少し(どうしよう・・・)と思ってました。
でも、私の方も酔っていたしここまで行動を起こされて今更拒否するのもどうかと思い、
そのまま従兄に身を任せてしまいました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「アイドル・美少女」もっと早く抱いてくれても良かったんですよ。

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


俺37歳♂営業部 営業MG、既婚

部下の子(27才♀)が、結婚して寿退社することになった。。
見た目は、木村カエラに似ていると俺は思う。
頭も良く仕事ができる子なので他の男子社員より重宝していた。
礼儀作法は教えるまでのなく、何気ない会話もそつなくこなせ、
何よりも彼女が作る議事録は自社内ならず顧客サイドにも好評なので、
大口の仕事や大事な顧客の時には、必ず彼女をパートナーにした。。
ウチはインセンティブがあり、大口担当の俺と組むと平社員は月にして10万は、
給料が違ったせいもあって、いつしか俺と彼女は不倫してると言う噂さえ、
社内で噂され、社内会議の議題にすらあがったことがある。


ある日、2人で出張で横浜に行った。いつもなら居酒屋コース、
たけど2人での出張も最後だし、色々世話になった。お礼をしようと思い 、
「今日はすし屋にでも行こうか?」と誘った。彼女がこう言った。。
「お気遣いはとてもうれしいです。でも、最後だからこそいつもどおりで」と。
そんなもんなのかと思いながら、実は少しガッカリしていた。
彼女が昔言った。ことがあると言う居酒屋へ行こうと言う話しになり、
電車に乗って店に向かった。
中に入ると、2帖くらいの個室みたいな感じでお洒落な店だった。。
いつもどおり居酒屋で話をしているうちに、彼女が泣き出した。
「○○さんには本当に感謝しています。
「○○さんは私が結果を出せなかったときも、ずっと続けさせてくれた。」
「本当は続けたい、本当にやりたいとずっと思ってた仕事なんです。」
泣く彼女に、どう慰めて良いかわからなかったので、
俺は彼女に対するお礼を言い続けた。
そうこう言ってるうちに、なんだか俺まで泣けてくる始末。
周りからみたら異様な2人だったと思うので、個室で良かったと思う。


帰り道、俺らと同じくらいの組み合わせのカップルがいた。
「こうして見ると、別に知らない人からみれば普通なんですね。」
「○○さん結婚してるから何とも思わないかもしれないですけど、
正直、2人での出張、ずっとドキドキしてました。」
「だから今日お寿司屋さんって言われたとき、
ついに抱かれちゃう、なんて思っちゃいました。」
かなり酔ってるのかななんて思いつつ
「抱かれちゃうだなんて、拒否しないの?」と聞き返すと
「ええっ?拒否する理由ありませんから。」
「結婚するのに何いってんの」と笑いながら言うと、
「彼は当然好きですよ、結婚だってします。」
「でも○○さんの方が、先ですから」とキスしてきた。
「ホテル戻りましょう」と言われタクシーを拾った。
タクシーの中で彼女は外をずっと向いていた。
タクシーの清算をしていると、彼女が先にフロントに行った。
俺もフロントで受付をした。エレベータの中で
「私の部屋シングルから、ダブルにしちゃいました。」
「最後だし・・・」


俺は何をどうしたら良いのかわからなかった。言葉が出なかった。。
俺は4階だった。
ドアが4階で開いた。
彼女はだまって「閉」を押した。
9階、彼女は俺の手を引き歩いた。俺と彼女は部屋に入った。
彼女はドアの鍵を閉めると俺に抱きついてきた。
「お願い、何も言わないで、こうさせて下さい」と言った。
彼女のカラダは、少し冷えたのか冷たかった。
「カラダ冷えてるね、寒くない?」と聞くと、
「少し表寒かった。ですよね」
「お風呂入りましょう」
「○○さんってお風呂沈む派ですか?」
「俺、シャワーだけだよ」
「じゃあ先にどうぞ」
とあっと言う間に話は展開し、俺はシャワーを浴びてい我ながら素晴らしい湯加減にうとうと・・・・。(←この後お約束の水没あり)
あがって部屋に戻ると、彼女まだ見てる(笑) 。
とりあえず電話しなきゃなんなかったから、風呂入っておいでと言って、 一人になった。
ところで用件を片付け、俺も疲れてたのでベッドのかなり端に横になった。
彼女が戻ってきた。が、どうせAV見るだろうと思い放置してると、
ベッドに横になり、端にいる俺に密着してきた。
え~~~~~?????と思いながらも、布団被せてやり目つぶったのだが 、
彼女の息が脇にあたってくすぐったかったので腕枕してあげた。


しばらくそのままだったのだが、急にしがみついてきた。
俺も抱擁してやったんだが、寝顔があまりに可愛かったので、
こらえきれずに唇 を奪った。・・・
「ダメよぉ私Hなんだから・・・」
もうとまんなくなった。俺は唇から耳、そして首筋へとゆっくり舌を這わせていった。
だんだん息が荒くなる彼女。もうすでにいつもの可愛らしい顔ではなくなって「もうして。」
「もういれんの?」
「うんいれて!」
「・・・・・・・・」
俺も破裂しそうなくらい勃ってたが、せっかくなんだから彼女の身体を
しかと攻めることにした。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
髪を洗っていると、いつ入ってきたのか、彼女が背中に抱きついてきた。
「○○さん、髪おろすとそうなるんだーかわいい。」
「流してあげますね」とシャワーを後ろからかけてきた。
後ろに全裸の彼女がいると思うと、もうあそこは限界だった。
振り向きざまに、ぎゅっと抱きしめようと思ったとたん、
彼女にぎゅっとチンコをにぎられた、キスされた。
彼女はニヤっと笑うと、「先、あがっててください」と言った。
彼女に振りまわれされるまま、俺は部屋に戻った。
彼女が「目つぶってください」とバスルームから言うので、目をつぶった。
彼女はベッドにもぐりこんだ。
「えへへっ」すごくかわいい笑顔でこちらに微笑む彼女。
俺、は彼女に軽く自分からキスをした。


彼女の隣に横になり、キスしながら彼女の胸に手を当てた。
いつものスーツ姿は着やせするのか、若干大きく感じた。
彼女は「くすぐった。い」と俺の手をとめ、布団にもぐりこんだ。
次の瞬間、俺のチンコをパクっとくわえた。
みるみる大きくなる俺のチンコをくわえながらも、
彼女は「えへへ」とはにかんでいた。
彼女はちょうど俺の胃の辺りに跨った感じになり、
上から俺を見下ろし、「私ってHでしょ」と言った。
下から見上げる俺も、彼女のとてもスレンダーなカラダと、
下ろした髪の毛にとても興奮した。
カラダを倒し彼女がキスをしてきたと思った。
次の瞬間 、俺のチンコは彼女の中に入った。前技は一切なし。
「キスだけで入っちゃった。」
「私、こんなになるの初めて」
その状態のまま少し腰を動かそうとした。
「いやっ、動かさないで、少しこのまま」と彼女が言った。
「○○さん、私のこと軽蔑しました?」
「私とこんな関係になって、後悔しません?」
「えっ、そんなことないよ、なんか現実じゃない気がして。」
「本当は26の頃○○さんのこと、すごく好きだったんです」
「でも、○○さん奥さんいますし、だから、この人との仕事は頑張ろうって思ってきました。」
「でも、結局私ばっかりお世話になってばかりでしたね。」
「そんなことないよ、俺だって君には助けられたと思ってるよ。」
「正直、俺が36でMGになれたのは君のおかげだと思ってるよ、ありがとう。」
「泣きそうになるじゃないですか、やめてくださいよ」彼女が言う。


俺は彼女を下にし、キスをしながら腰を動かし始めた。
多少毛深いながらも、小さく肉厚のあそこ。
腰を引いても、吸い込まれるように腰が動く。
「あっ、あっ、もっと早く抱いてくれても良かったんですよ。」
いつもはどちらかと言うと遅漏気味なのに今にもいきそうだ。
正直、彼女の言葉に耳を貸す余裕さえなかった。
「私は大丈夫ですから、好きなときにいってください。」
といいながら俺の背中に腕を回した。
いきそうになりカラダを起こそうとすると、「このままで・・・」と彼女が言った。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
中出しの誘惑に一瞬落ちそうになるも、
結婚前の大事な部下を、万が一にも
妊娠させるわけにはいかないので外にだした。
2人でシャワーを浴びた。
「もっと前に、私にこうしたいと思いませんでした?」と聞かれた。
「いや、なくはないけど、、」何と答えて良いか分からなかった。
「でも、今日でよかったのかもしれませんね」と彼女が言った。
「そうだね」と答えた。
翌朝、起きると、彼女は何事もなかったように支度を済ませていた。
俺も急いでシャワーを浴び、用意をし、スーツをきた。
彼女が、後ろから抱き着いてきた。
「こっちみてください」と言うとキス。
そしてズボンのチャックを下げて、フェラをはじめた。
「なんかスーツ着てると余計に悪いことしてるみたいですね」と言った。
ソファに手をつかせ、スカートをまくりあげて後ろからクンニした。
昨日同様に、そこはもう何をするまでもなくすごく濡れていた。


そしてバックから挿入した。
会社でSEXしているような誤解と錯覚に自分の中のSの部分が強くでてきた。
感じまくる姿をみて、レイプをしているような気がしてきた。
そして思いっきり中でだした。出した。あともつきまくった。
ふと我に返り、やってしまったと自分を情けなく思った。
彼女はそんな俺をみて、「今日は大丈夫ですから」と言った。
そしてチェックアウトし帰路についた 。
彼女が俺にこう言った。
「私、彼との結婚やめます」なぜかすごく嬉しかった。
俺は妻の待つマンションには帰れなかった。
出張を作って、2週間、ひとりで全国を飛び回った。
そして、10日家に帰り、妻の待つマンションに帰った。
何も知らない妻に、申し訳なさを感じた。
しかし俺は妻と別れ、彼女と一緒になろうと思っている。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。