更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「レイプ・調教」 「コ・・・・コンドーム使ってくださぃ」 ①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


これは俺が中3の時の話なんだけれど。
俺、マコト、ユタカ、カツヤ、タカミチ(仮名な)の5人は
高校も底辺の馬鹿公立に行くことが決まってたんで、
やる事もなくてよく夜になるとマコトの家でたむろしてた。
俺らは特段不良でもなんでもなかったけど
なんか夜遊ぶのが楽しい、みたいな時期があるじゃん?
だからこの5人プラス、
後はクラスやクラブ(クラブ活動な)の友達が不定期に
って感じで週に3~4日は集まってた。


マコトの家っていうのは典型的なDQNの家で
子供用に離れとか作ったもんだからたまりやすかったのよ。
マコトの兄貴は何してるんだかわからないけど
フラフラしてるヤンキーだった。
ほら、学校のOBでかつヤクザみたいな高校生って
(マコトの兄貴は高校行ってなかったけど。)
その頃の狭い世間にいた俺達にとっては
天の上みたいな印象があって、マジで怖かった。
で、その日なんだけど偶々クラスで
かなり可愛い目の津加紗ちゃんが来た日だった。
それまでもクラスの中でも
仲がいい娘とかは偶にきてたんだけどその日は
偶々津加紗ちゃんと友達が来る予定で、
友達が直前になって親にばれてこれなくなったとかで
津加紗ちゃんだけがマコトの家に来た。


こういうのって完全タイミングな。
その時津加紗ちゃんが友達と来てれば
正直絶対そんなことにはならなかったと思うし、
マコトの兄貴とその友達が来てなければ
テレビゲームかカラオケで終わりだったろうし。
なんつっても俺らはいきがっていても
津加紗ちゃんがくるってだけで
ちょっとワクワクするレベルの童貞だった。
津加紗ちゃんは俺らにとっては
美人系のクラスでもかなり上レベルだった。
髪がさらさらで、目がパッチリして睫毛が長くて
ちょっと気が強そうな感じ。
しかも陸上部で健康的な日焼けがまた良かった。
しかも陸上の大会で知り合った違う中学の男と付き合ってる
っつう所がもうレベル違い目。
俺らは違う中学の奴なんて友達一人もいねえし。
同い年だからスゲエ美人とか思ってたけど
今考えると可愛いって感じの子。


高校も偏差値めっさ高い女子高に決まってたし
、当時はもう笑っちゃうぐらいのレベルの差だ。
偶々俺ら5人とクラスが一緒だからテストの後とか
一緒にカラオケとかゲーセンに行ったりしたことがあって
高校決まってから気が緩んだんだと思うんだけど、
その関係で偶に女子何人かでマコトの家に来てた。
で、その日は津加紗ちゃん一人だったし、
カラオケ行く金もないってことで
夜の8時くらいから皆でマコトの部屋で喋ってた。
俺とカツヤとマコトでスーファミのスト2を回しながら
やってて ユタカ、タカミチと津加紗ちゃんは
雑誌とかマンガ読んでた。


で、俺らはゲームやりながらギャーギャー騒いでたんだけど
そしたらいきなりドア
バーーーーーン!!!
とか蹴り開けられてマコトの兄貴が入ってきた。
「うるっせんだよ!!」
とかいって入ってくるなりマコトの顔面おもっき
り殴りつけるマコトの兄貴。
俺らマジでビビリまくり。
津加紗ちゃんなんて聞いてはいたけど
見た事なかったらしくマンガ置いて目丸くしてた。
で、2~3発殴ったら俺らのほう向いて
「ファミコンは静かにやってくれや。な。」
とか優しげに話し掛けてきた。コエエって。

[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
で、あっけに取られてたらドアから
マコトの兄貴の友達の金髪の奴が
「おとーといじめんなよー」
とかいって入ってきた。
しかも俺ら見つけて
「お、スト2じゃん。オレザンギうめーんだよ一緒にやろうぜ。」
とかいって入ってきた。コエエやら迷惑やらって感じ。
津加紗ちゃんどころか俺ら5人ともドン引き。
しかも金髪が居座った為、マコトの兄貴も座り込んだし。
しかもやってみたらザンギよええ。
金髪コンボすらしらねえし。
かといってダルシムでいちびり倒す訳にもいかないんで
適度に負ける俺とカツヤ。
マコトは何故か兄貴の前で正座。


金髪も10試合くらいやったら満足したみたいで
コントローラー俺らに渡してきた。
「お前ら3年だっけ?高校どこいくんだよ?
俺○○3日でやめちゃってよう。」
スト2わずか10試合で友達アンド先輩面の金髪。
それでも俺ら一人一人
「○校ッス。」
とか下向きながら返事。
したら津加紗ちゃんが
「○○女子です。」
とかこれもちょっとビビリながら返事。
その瞬間マコトの兄貴も金髪も本気で
気づいてなかったみたいで一気に反応した。
振り向く2人。
中学生だからとかおもってよく顔も見てなかったっぽい。
ビビる津加紗ちゃん。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
「○○・・・女子です。」
「へ・・へーー。○女ってあれだべ、
成績良くないとは入れないんだべ??」
「え・・・えーと」
「なあ!キッちゃん(マコトの兄貴)の弟!」
「あ、そうッス。偏差値60とかだし。」
「すげーー。っつーか誰の彼女?キッちゃんの弟ん?」
「いや、ちがうッス。クラスが一緒だから・・」
間違いなく俺ら5人誓い合ったように童貞だった。
彼女いたことがある奴らとかもいたし、
俺もいたことあるけどキスして終了。
皆も似たようなもんだった。


「あっそうなんだ。友達だから遊びに来てるんだ。」
とかなんか言葉遣いも改まってうんうん。とか頷く金髪。
「へー。何、マコトに誘われちゃったん?
こいつら馬鹿だからつきあわねえ方がいいぞ。」
とかさっきまで切れてたのに軽口までたたくマコトの兄貴。
俺らあいかわらずドン引き。
そうこうしてるうちに、金髪がマコトの兄貴に
「ちょっと隣行こうぜ」とか言って隣の部屋に戻ってった。
「ごめんな。兄貴が」
「いや、いーよいーよ。」
「津加紗ちゃんもごめんね」
「ん?ううん。いいよ。別に」
とかマコトが皆とやり取りして
で、俺とカツヤはゲーム再開した。
で、その段階でユタカとタカミチはしらけんたんだと思うけど
「ちょっと学校忍び込んで遊んでくるわ」とかいってでてった。


金髪とかが出てってから30分くらいだったと思う。
マコトは津加紗ちゃんとなんか話してる時に
再度金髪とマコトの兄貴が入ってきた。
マコトが
「あ、何?兄貴」
とか言ったんだけど金髪が
「いいじゃんいいじゃん。一緒に遊ぼうぜ。
スト2やろうぜスト2」
とか言いながら俺とカツヤの間に座った。
マコトの兄貴はさっきまでの切れ気味の顔じゃなくて
にやにやしながら何も言わずにマコト 
津加紗ちゃん マコトの兄貴の順で
ベッドの上に座り込んだ。
で、金髪と俺がゲームして、隣でカツヤがゲーム見てて
後ろではマコトとマコトの兄貴と津加紗ちゃんが
喋ってるっていう体勢で一時間くらい喋ってた。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
したら暫くしてカツヤが俺の脇腹をつついてきた。
金髪ガイル使わせると意外と強かったので、
俺ビビリながらもスト2熱中。
なんだよとか隣を見たらカツヤが
スゲエ緊張した顔して俺に顔を近づけて
「後ろ見ろ、後ろ。」
とか言ってきた。
「くそ!おら!おら!」
とか中段攻撃を繰り返してる金髪を無視して
ガード入れっぱにして後を見たら
津加紗ちゃんが真っ赤な顔して
スカートのパンツの部分を抑えてて
マコトの兄貴が津加紗ちゃんの手を抑えようとしながら
スカートをぴらぴら捲ってた。
マコトがかなりおろおろして止め様にも止められない感じ。

[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
別にパンツとか見えてなかったけど一気に勃起した。
津加紗ちゃんは声も出せてないで
一生懸命制服のスカートを抑えてるんだけど、
マコトの兄貴は手どかそうとしつつ、
津加紗ちゃんになんか小声で
「いいじゃん。いいじゃん。」
みたいな事を言ってた。
そんな俺らの異常を見た瞬間、金髪が後ろ向いて
「何やってんだよキッちゃ--ん」
とかすげえ大根芝居でコントローラーをカツヤに放り投げた
その時は異常な状態なのとびびっちゃってんので
気づかなかったけど完全にグルだった。

「いや、みしてくんねーんだよ。津加紗ちゃん。」
「え?何何?キッちゃん。くどいてんのかよ」
とか言いながらベッドのかぶりつきの位置に金髪移動。
俺は何故かダルシムで、カツヤはケンで試合スタート。
でも後ろが気になってしょうがなかった。
「ちげーって。まんこ。
津加紗ちゃんまんこみしてくんねーんだって。」
後ろでは知らない世界だし。マジでコエエし。
なんつうかもうまんことか言う単語がありえねえし。
前向いてゲームやってるから
津加紗ちゃんがどんな状態かわからないけど
俺とカツヤはマジで緊張。


「な、マコトまんこ見たいよな?」
「え?」
「手抑えとくからちょっとスカート捲ってみ?」
「え?ええ?ちょっと・・ちょっえ?」
「おい、マコト捲れって。つうか取っちゃえ。」
「横のところにホックあるからそれ取って、
脱がせちゃえって。」
「マッくん駄目だって。やっ・・やです。ちょ・・・」
後ろ見たくてしょうがないけど見るに見れなかった。
マコトの部屋は部屋の右隅にベッドがあって
奥にテレビとゲームがあった。
テレビの反射とかで見たいんだけど微妙に見えない。
声だけ。
「ちょ・・・彼氏いるんです。だめです。
お兄さん駄目ですって」
「はいはいはいはい。
津加紗ちゃんのーちょっとまんこが見てみたい♪」
「はいはいはいはい。」

続きを読む

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[黒人] 呻き続け何回も体を痙攣させ、二人の黒人に体の中を別のものに変えられていた。②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


黒人が二人、日本人の女子大生を挟んで立ち上がっていた。
白く水着の跡を残した柔らかそうな体が、
その間にひざまついていた。
男が耳を撫でながら女の目を見つめる。
女は取りつかれたように男のグリーンのブリーフを
おろしはじめた。 男のものが飛び出してきた、
すごい
俺は思わず、うわっと声をあげ慌てて息をつめた。
男のものは既に天井にむけ反り返っている。
長さは30センチはある。
先の太さは昔のコーラの缶よりひとまわり以上大きい。
俺はふと、小学校の鉄棒を思いだした。
奴も嘆声をあげ、口笛を吹いた。
女は細い指で握ったまま、恐怖さえ浮かべている。
男は黙ったまま指を女の口にいれ、
そのまま自分の巨棒に導いた。


女は大きめの口を一杯にあけ、男の先に唇をかぶせたが、
すぐにせきこんでしまった。
男は笑いながら頬をなで
「プリーーズ」
と言った。
女は白い指を再び根本にからめ、
柔らかそうな唇を男にかぶせた。
女の唇が男の先とくびれをゆっくり往復する。
喉の奥の方から時折声を出しながら、女は俺に横顔をみせ
頬をふくらませ、取りつかれたように顔を動かした。
奴がブリーフを下ろすと、男はゆっくり巨棒を口から抜く。
奴が顔を向けさせると、
当然のように女は奴の黒棒をくわえ、顔を動かす。
奴の黒棒にストロークを続ける女の胸を
男がゆっくりもみあげる。
男が女の頭を軽く叩くと、
それが前から決まっていた約束の様に
再び右手に握った巨棒に口を被せる。
暫くすると奴が女の頭を軽く叩く。
女は顔を反対にむけ、奴の黒棒に舌を這わせる。
女の携帯が鳴っているが、もうだれも気がつかない。


みんなで探すクチコミ出会いサイト
女の口から漏れるくぐもった音が断続的に続く。
男と女が出演している番組で、
彼女は商店街のおばさんたちに、
息子の嫁にほしいなーって言われていた。
女は大学で五番目に美人でもある。
そんな横顔を俺に順番に見せ、二
本の黒い棒に奉仕を続けていた。
暫く彼女の口を楽しんだあと、奴は女の後ろに回り
床に腰を下ろした。 何をされるのか、
彼女はうつろな顔に少し不安そうな表情を浮かべる。
奴が後ろから女の胸をつかみ動けない様にしている。
男はきつそうにゴムをつけようとしたが、舌打ちすると
そのまま女の脚の間に体を入れた。
男が巨棒の先をあてがい、女の両膝をつかむと、
女は男と奴、交互に顔を見て、
泣きそうな顔で無理よ無理だわ、と哀願した。


巨棒の先がくぐり始めると、
女は腰や上体を震わせてなんとか逃げようともがきはじめたが
奴は簡単に女を固定して、男は腰をゆっくり進めつづける。
女は、無理よ無理よ、こわいこわい、止めて止めてと
目を見開いて入っていく部分を憑かれたように見つめ続けたが
巨棒がくびれの所まで入る頃には、
口を大きくあけ、呻き声を挙げ始めた。
仲良くワインを飲んでいた時の舌足らずな声は
どこにいったのだろう、男がいったん動きを止め、
奴が後ろから女の敏感な部分を指で触ると顔をのけぞらせ
かすれた声をあげた。
男はくびれの部分までをゆっくり抜き差ししはじめた
女の肉付きのいい太股は黒人の腰をかかえこんでいる。
奴は後ろから女の首に舌を這わせ、
男はゆっくりと腰を動かし続ける。
女は巨棒が自分の中に出入りするのをうつろな目で見つめ
大きく開けた口からはあーーっと時折声を漏らした。
女の腰は別のいきものの様にくねりはじめた。
男がゆっくりと腰を動かし続ける。
女は男の肩に爪を立て体を震わせると、
全身の力が抜けたように奴にもたれかかった。
彼女の絶頂を無視するように、
男は巨棒を更に進め始める意識が戻った女は
巨大な侵入物から逃れようと体を動かすが
奴と男の力で微動だにしない。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
男と奴と女と俺、 8つの目が彼女の脚の間をみつめていた
女は首をふりながら呻き続ける。
ちょっとした冒険のつもりで部屋についてきたのだろう。
毎週自分の横で爽やかに笑う男が、
こんな狂暴なものを自分に打ち込むなんて
想像もしなかっただろう。
退屈な彼氏に対する飽きもあったのかもしれない。
だけどもう遅いぞ、と俺はつぶやいた。
奴等はミス・キャンパスだろうが、人妻だろうが、
真面目な女子高生だろうが何も関係無い。
自分の黒棒を入れる口や穴があればそれでいいのだ。
そして奴等の黒棒を打ち込まれたら、
もう日本人では満足できなくなるんだ。
俺は呟きつづけた。
この子はかなりかわいい、
大手メーカーにも内定してる。
ケーブルTVでも人気があるだろう。
しかしあんたはもうおしまいだ。
そんなクレージーなモノをぶちこまれたら、
一生こいつらの奴隷だ。
男の体が動き始めた。30センチを抜き差ししはじめたのだ
女はリスの様な目を一杯に開き
動物のような声をあげ続ける。


男は女の締まった足首を両手でつかみ
大きく開いて機械のように打ち込み続ける。
今まで見た黒人の中でも男は段違いだった。
奴はおとなしく女の肩と腰を押さえている
。男が打ち込むたびに、女が壊れているような気がした。
時折体を激しく震わせているのは達しているのだろうか。
あれだけ続け様に逝くものなのか?
女は気が狂うのでは、と俺は真面目に心配になった。
女の彼氏は携帯を握って心配してるのだろう、
彼の心配より遥かに悪いことが起こっているのだ。
女の下の絨毯に黒いしみが広がった、失禁したのだ。
男はまったく気にせず動き続け、
低くうなると女の中に出した。
部屋の向うでは奴が女をベットの上で責め続けている。
男はシャワーを浴びてタオルを巻いたまま
俺のいる部屋に入ってきて、タバコをすうと
テーブルに灰を落とした中に出すのはひどい……
俺は撮影を止めて言った。
男は、撮られていると興奮してさ、
と白い歯を剥き出して笑った。


あのこはこわれたんじゃないのか?
と俺が言うと
壊れる?それはこれからだろ
と言って隣に移った 。
奴も女の中にそそぎこんで終わった。
女の白いおなかが激しく上下するが、
うつろな目で天井を見つめたままだ。
男はタオルを取った。巨棒はまたそりかえっていた。
奴は肩で息をしている。
お前はうしろな
と言うと男はベッドにあがった
何?…もうやめて……
女は弱々しい声を出したが、体はもう動かない。
男は上から一気に女を貫いた。
そして、女を上にして、
自分はベッドに仰向けになった。
下から体を支えられた女は、
後ろから奴が近づくのに気付いていないようだ。
奴の黒い腕が女の細い腰をつかんだ。
奴の黒棒が女の後ろの穴にあたって、
彼女はやっと黒人たちの企みに気付いた。
かろうじて残っていた理性で女は
「いや!それはいやあ! 」
とさけびはじめた
女の体は黒人二人に上下から押さえられ、
ピクリとも動かない。
奴が腰をもちあげ、ずぶりと黒棒の先を突き入れた。
女は口をぱくぱくさせ、体を男の胸に沈めた。
これはひどい……俺はただ茫然と撮影を続けた。
奴は25センチをもう一つの穴にすべて入れた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
しっかり撮れよ!
男は叫んだ、女は意識を失っているようだ。
奴と男が交互に動き始めた。女の口は開き、
体の力はまったく入っていないように見える。
奴が後ろから、白い腰をつかみ抜き差しする。
男も腰を持ち、下からつきあげる。
けっして大柄でない女の中に、25センチと30センチが
同時に打ち込まれていた。
女はよだれを流し
「あーー」
と呻き続け何回も体を痙攣させ、
二人の黒人に体の中を別のものに変えられていた。
朝がきて、黒人たちは俺のビデオを持って家に帰った
女は夕方までベットで眠り続け、
帰ってきた奴に再びおもちゃにされたあと、
二人で部屋を出田。 掃除は明日だ。
俺は女の香水と黒人の匂いが残るベットでオナニーをして寝た。

続きを読む

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[黒人] 呻き続け何回も体を痙攣させ、二人の黒人に体の中を別のものに変えられていた。 ①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


昔英会話学校で事務してたころ黒人の講師と仲良くなった。
俺はイケテナイのではっきりいってぱしりだった。
そいつは元2Aの選手 生徒は勿論近所のバイトやら
人妻やら喰い放題 ある日、若くて色っぽい人妻が
同じ事務で入ってきた。 俺はいつももじもじ、
奴はどんどん親しくなる
ある日俺のおごりで飲んでいる時奴の携帯がなった。
彼女からだ。
今から会うらしい俺は席を外そうと思ったが
恥じを忍んで奴に言った
奴は俺を馬鹿にしながらも了承した 
俺は奴に車を貸し、奴の部屋に先に忍び込んだ
俺は奴の部屋の押し入れに隠れた
三時間まってうとうとすると、奴と彼女が帰ってきた
陽気に笑う二人 奴はベッドに座ると彼女にキスをする
俺は覗きつづける 彼女の夫のような気分だ
舌をすすりあう音が響く 
奴はゆっくり彼女のシャツを脱がせスカートの奥に手を入れる
人妻が簡単に体をひらく めがねちびの俺には信じられない
奴は時間をかけて彼女を責める 彼女の爪先が時折動く
奴は彼女を三十分かけて裸にした
俺からは奴の巨大な背中とのけぞる彼女がみえる
奴は彼女をベッドに座らせ股間に顔をうずめた
水をすするような音がする いつもスーツを着こなし
俺にさえ笑顔で話す彼女のあえぎ声がはげしくなる


奴はベッドにあがると立ち上がり
彼女の目の前に巨大なものをつきつける
奴は髪をなでながら低い声で彼女にはなしかける
奴のものは、25センチはある そして黒い
いつも妄想していた行為を彼女がはじめた
奴の黒棒をゆっくりとくわえる俺の憧れの人妻
彼女の白い細い指が奴の棒をなぞる
奴は髪を撫でながら声をもらす
彼女はくるしそうな顔をして奥まで頬張り、
また出して竿に舌を這わせる
奴が玉を指さすと細い指で竿をしごきながら玉を口に含む
俺は押し入れの中から食い入るように見つめる 
あの、いつも俺にさえ優しい人妻の彼女が
奴の黒棒に奉仕している 奴がなにかささやく
彼女はかすれた声で答える
「イエス ビッグ ベリービッグ アンド ハード」
再び彼女が奴をくわえて頭をうごかす
奴は彼女の頭を離し、財布からゴムを取り出す
彼女をゆっくり寝かせると正常位でゆっくり入れはじめた
彼女の悲鳴のような声が続く
「ストッププリーズ」
と叫ぶ 奴はかまわずゆっくりゆっくり腰をおとす 
彼女の悲鳴がとまった 
奴がゆっくり逞しく黒い腰をうごかしはじめると、
彼女の声が甘いものにかわりはじめた
事務所では想像できない甘い声で彼女が歌い始めた 
奴の巨大なものが彼女の体をゆっくり出入りしている
彼女の細い指は奴の肩をつかみ、
白い太股は奴の腰にからまってる
すごいよお、あ、だめ、おかしくなる、
彼女の声はかすれてくる
奴の腰が沈むと俺の憧れの人妻の細いあごがのけぞり、
奇麗な唇からあえぎ声が漏れる
俺は伸びやかな肢体が黒い筋肉に蹂躙されるのを見なが
ら一ヵ月前思い切って彼女を食事に誘った時の事を思い出した。


先輩として歓迎会させてもらえるかな、
どもりながらようやくこれだけ言った俺を
彼女は困ったような顔をした。
そりゃそうだ彼女の人生で俺の様な不細工で
チビから誘われたことはないだろう。
諦めかけたその時、奴がきた。
奴は強引に彼女を誘いはじめた。
英文専攻で留学した俺は会話は分かるが参加する度胸がない
人妻は俺達と食事にでかけることになった。
二件目のバーで飲む頃には奴と彼女は
すっかり親しくなっていた、
GHをしていた彼女は夫の商売が傾いたので、
うちの学校で働くことにしたらしい。
彼女の夫は中国にずっと交渉にでかけて
なかなか家に帰れないらしい。


奴の黒い腕が彼女の腰にまわっても人妻は嫌がらない。
俺はそこにいるだけの存在になっていた。
俺が奴と28才の人妻を残して帰ろうとした時、
二人は体を密着させて話しをしていた。
俺は奴に言われるまま車のキーを渡し家に帰った。
翌日出勤した彼女は普段どおりだった。
俺は奴に聞いた。奴はにやりとして、
スィートだったと言った、
車が少し汚れたが気にするなともいった。
その時妄想した光景が俺の目の前にある。
奴は彼女を起こすと俺のいる押し入れに背を向け、
座位で責めはじめた。俺の正面に彼女の顔が見える 
人妻の目はすでに焦点があわず、
下から送り込まれる快楽におかしくなっているように見えた。
奴は朝まで元GHの人妻を責め続けた
彼女は上にされ、下にされ、這わされ、三回口に出された。
俺のいる押し入れに手を突き、立ったままいかされもした。

[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
陽があがると彼女はようやく解放され
、のろのろと着替えると奴の部屋から出ていった。
俺が押し入れから出ると、
奴は今日は休むと言って寝てしまった。
俺は出勤した、
彼女は少し遅刻してやってきたがすぐいねむりしはじめ、
早退した。
半年後、彼女は上海の夫のもとにいった。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
奴は俺に見られると興奮すると言い、
それからも何度か俺を押し入れにいれ、
何人もの日本人のこをおもちゃにした。
奴は俺の部屋も使い始めた。俺は奴に鍵を渡し。
奴の電話で寝室の隣に隠れ覗き続けた。
勤務先のビルの一階の携帯会社の子を連れてきた時は
奴の白人の連れ二人も一緒だった
短大を出たばかりのその子は、英語が良くわからず、
笑っているうちに奴等の餌食になった。
テニスが趣味だと言う彼女は、
良く日焼けした小柄な体をけもの三人に
おもちゃにされていた。
ツンととがった胸をけむくじゃらの手と黒い手が
交互に這い回る。彼女の引き締まった脚の間に
黒い頭と金髪が入れ代わりたちかわり入り
すすりあげながら舌を使う。 ついこの間、
わざわざ事務所まで挨拶にきていた可愛い女の子は、
次々と発射されたものを音をたてて飲み込み、
大きな声をあげ失禁した。四人が帰ったあと、
俺は黙って部屋を片付け、マットを買い替えた。
奴は俺にビデオを撮らせる様になった。
女が外人の時など、俺はベッドの横で撮影したが、
女はまったく気にせず奴のものをくわえ、大声を上げた。
奴の友達の間で俺は変態チビジャップとして有名になった
奴の連れは、あらゆるジャンルの日本人を食べていた。
ちなみに奴は制服とかまったく理解できないらしく、
CAとやっても高校生とやっても脱がしやがる。
俺が卑屈に頼んでやっとしてくれた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
ある日奴の連れからビデオを撮れと話しが来た。
そいつは地元のケーブルでワンポイント英会話をやってる奴だ
俺からみても男前で、ボビ-ブラウンに似ている 。
俺はいつも通り自分の部屋に隠れそいつが来るのをまった
そいつが連れてきたのは同じ番組で
アシスタントをしている小ぎれいな子だ。
地元でしか見ないといえ、TVに出れるだけあり、
それなりにかわいい、青のキャミソールを胸が突き上げ、
すらりとしながらも適度に柔らかそうな太股をジーパンがつつむ
栗色の髪はアナウンサー風のショートで、
形のいい耳からは小さなブロックピアスが見える。
奥二重の目は黒目がちで、唇はつやつやとひかり、
ぽっちゃりとしている。
女の携帯が鳴り、邪魔くさそうに話したあと、
黒人にむかい肩ををすくめる。
ほら、女の子がよくやる、えーっていうポーズで。
例の彼? 男は上手な日本語で聞くTVに出てから、
焼き餅ひどくてさ、と女が言う。
男は勝手に冷蔵庫をあけ、チーズを出し、
俺のワインを二人で飲みはじめた。
暫くすると玄関で音がして、奴が入ってきた。
奴と女は初対面らしいが、ワインの力もあり、すぐ打ち解ける


女は彼氏のグチを始める、大学が一緒らしいが、
ジェラがひどいとか、ミスキャンパスで入賞してから
殆どストーカーだとか、大手メーカーに就職をしたのに、
僻んでばっかで喜んでくれないとか、
女がトイレに立つと黒人二人は露骨な会話をはじめる。
男もまだ彼女は喰ってないといい、
奴はにやにや笑い新しいワインを勝手に空ける。
顔を少し赤くした女が帰ってくる。
チビの俺とそれほど変わらない体は
だんだんぐにゃっとしてきている様に見えた。
男が髪を撫で始め、奴が脚を撫で始める。
巨大な黒い男に挟まれた女はくすぐったがるだけで
止めさせようとはしない。
男が耳元で何か囁く。女は笑いながら首を振るが、
男の黒く大きな手で頬をつつまれ、キスをはじめる
奴の黒い手は女の腿からふくらはぎ、足首を這い回る。
女は口を貪られながら体をずらそうとするが、
奴はしっかり腰を捕まえてしまっている。
男が女の舌を貪る音と女のくぐもった声が部屋に響く、
男は大きな黒い手で女の大きな胸を服の上から揉み始める
丁寧に揉む。
男が胸を揉み上げると女のくぐもった声は大きくなる。
奴は女の脚を撫で回しながら、頭を下へと滑らせ、
女のペディキュアを塗った脚の指をくわえた、
女はびっくりしたように腰を持ち上げるが、
男に口を深く貪られ、胸を支配されて、
動けずにくぐもった声を漏らすだけだ。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
奴は大きな口で女の脚の指を一本一本しゃぶっていく、
女の漏らす声がしだいに甘いものにかわっていく。
男は弱々しく抵抗する女を無視して、
キャミソールを頭からぬき、
青のブラの上から胸を包むように揉みしだく。
奴は脚の指をしゃぶりながら、
右手で女のジーパンのボタンを外す
「あ、ノー……」
女はよわよわしく声を出すが、
男にすぐ口をふさがれてしまった。
黒い猛獣が小鹿を貪っているようだ
それも二匹で一頭を俺は隣の部屋から
ビデオをまわし続ける。
女は手で奴の黒くて太い腕の動きを止めようとするが
男にすぐ両腕をつかまれてしまう。
男の赤い舌が、水着の跡の残る女のわきを這い回る。
男はTシャツを脱ぎ黒く盛り上がった胸板をさらす。
女の白い手が行き場を失い男の胸を掴む。
奴の黒い指は女の青い下着の中に滑り込んだ。
奴は女の左耳を舐め回しながら指を小刻みに動かす。
男は女の細い首に長い舌を這わせる。
奴は指で何かを確認すると、
男と目をあわせにやりとして下着も膝まで下ろした。
白く水着の跡が残る女の脚の間で、
奴は指をタップさせた。
ぴちゃぴちゃと言う音が小さく聞こえる。
奴は男と目を合わせ、にやりとすると指を中に入れ、
俺に見せる様にひきあげた。
指の先からは糸がひき、女の脚の間につながっていた。
奴は女の下着とジーパンをゆっくり足首から抜いた。
女はかすれた声で
「やめて」
と漏らしたが、奴の指が再び中に入ると、
腰をもちあげ、溜め息をもらし始めた。
男は女のブラを取った。
大きくて上を向いた形の良い胸には、水着の跡が残っていた
奴は耳を舐め回しながら指を二本、小刻みに動かす。


男は白い胸に顔を埋める。
彼女の柔らかそうな唇からはもう
あえぎ声しかでてこなくなった。
今度は奴が女の唇を貪り始めた。
男は顔を女の脚の間に埋め、
猫がミルクを飲むような音をたてはじめる。
いつのまにかブリーフだけになった黒い肉体に挟まれた
白くて柔らかそうな女の体は、
四本の手と二つの舌が与える快楽に支配されている。
俺は女のうつろな目をした顔をアップで撮った。
ファインダーが赤く光った。
テープぎれだ、撮影を始めてもう60分がたっていた。
俺は音を立てないようにテープをかえた。
バッテリーも変えて撮影を再開しようと、
カメラを隣の部屋へと向けた。

続きを読む

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[寝取られ] もう亭主とはセックスできなくなるぞ②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「いいの、来て、ポールの方が好き、愛してる、
ねぇ、ポールに出して欲しいの」
ポールの激しい追い込みのピストンが始まりました。
妻も「いくの、いく、いく」そして中で出してと懇願しつづけています。
ポールのピストンが急に震えに変わりました。
妻の中に射精を始めたのです。
私もそれに合わせるように床に射精してしまいました。
ポールの射精はかなり長く続いています。
二人は最高の満足を得た男女の
セックスの余韻を楽しんでいます。
暫くしてポールが大きなオチンチンを抜きました。
妻の股間からはポールが出した精液が溢れ出てきました。


ポールはオチンチンを妻の顔へ持って行き、
妻はポールのオチンチンを口で綺麗に舐めて 掃除してます。
そして私に妻の膣を舐めて綺麗にするよう命じました。
ポールは妻に、
「ご主人は自分の妻を他人に抱かせたい性癖があるんだから、
当然奥さんはもうご主人とのセックスは禁止です。」
「ポールが抱いてくれるなら、主人とはしたくもないわ」
ポールはこんな会話を私の目の前でしました。
私に自分の身分を知らしめるためでしょう。
この時、ポールと妻とで取り決めたことは、

第一. 夫婦のセックスを始めとした性行為一切を禁止。
(フェラも手コキもキッスも)

第二. 妻とセックスできるのはポールとクラブの性豪達だけ。

第三. 亭主は妻が抱かれているところを黙って見ている事。

第四. セックスは、私達夫婦の寝室で行う事。

第五. ポールまたはクラブの性豪が、
一日おきに必ず妻を抱きに来る事。

第六. 性豪がこない日は、夫婦は別の部屋で寝る事。

第七. 入浴も一緒にしてはならない事。

第八. 亭主は性豪が妻を抱いているのを見ながら
オナニーする以外の性欲処理は一切禁止する事。

第九. セックスはコンドームは使わないで妻の膣で射精する。
妻はこの中出しセックスすら快諾している。
よほどあのデカマラが良かったのだろう。

そして、二回戦を私達の部屋でするので、
亭主は後片付けをしてから 後で家帰るようにといわれました。
私は二人の激しいセックス後の撒き散らされた愛液などを
掃除して家に帰りました。


妻が鑑賞の会のポールなる男に抱かれてからと言うもの、
妻は生まれ変わったように
生き生きとしているではありませんか。
鑑賞の会に親睦会があるから来て欲しいと連絡があり、
私は出かけてゆきました。
妻を寝取られたい変態亭主ばかりかと思うと、
亭主を他の女に寝取られたいマゾ夫人もいました。
参加した岡崎さんという男性はまだ29歳の若者ですが、
奥さんを寝取られたいと切望して、
1年の歳月をかけて説得してここえきたそうです。
彼は本格的なマゾ男なのでしょうか・・
貞操帯をしていて、なんとその鍵はポールが持っているそうです。
やはり奥さんはポールの巨根を挿入された途端、
ポールの言うがままになってしまったそうです。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
岡崎さんの奥さんは殆んど家には帰らないで、
ポールに抱いてもらうために
鑑賞の会の館に住んでいるそうです。
岡崎さんは3畳一間のボロアパートに住み、
給与の殆んどをポールに貢いでいるといいます。
岡崎さんは完全に奥さんを寝取られたそうで、
ポールはオナニーしたければ奥さんをポールが抱く時に
鑑賞の会に来るように言われているそうです。
また、奥さんは子供を作る事まで決心し、
岡崎さんが父親として認知するよう取り決められたそうです
種付けセックスの際は、ポールが奥さんの中で出す時、
本物の射精をして上げて下さいと、
ポールを励ますまでしているそうです。 しかし、
とうとう奥さんは岡崎さんとは会いたくも無いと言い出し、
出産した子供だけ自分の籍に入れ、
奥さんとは離婚手続きをしたそうです。


そして、再び彼女ができたので、
ポールに寝取ってもらいたいと願い出ているといいます。
ポールも岡崎さんの新しい彼女がとても美しい女である事を
確認すると気に入り、今日第一回目のセックスを
したばかりだそうです。勿論彼女もポールのオチンチンで
貫かれた瞬間に、ポールの言いなりになり、
岡崎さんの目の前で岡崎さんとはセックスはしません
と誓ったそうです
最も岡崎さんがセックスしたくともポールが
貞操帯の鍵を開けない事にはできないのですが。
ポールは何度も寝取ってやるから、
何度も女を連れて来いと命令したそうです。
そして、その命令に誓いを立てながら
ポールと彼女の目の前でオナニーで射精したそうです。
ポールはその時意地悪して、前に寝取った奥さんまでも呼び、
岡崎さんがオナニーしている姿を見て
三人で罵倒していたそうです。
ポールは寝取られたい男たちの
要望に応えているにすぎないのです。
それにしてもポールのオチンチンは物凄く大きく、
男の私達が見てもとてもかなわないと悟ってしまうほどです。
しかも、何度も女をイカかせるポールのテクニックには
誰もかないません。 私達に代わってポールが
本物のセックスをしてくれる事に満足している会員ばかりなのです。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
そしてポールが懇親会へ登場しました。
「私の本名は杉本と言います。
今日の懇親会はとっておきの余興を計画しています。
どうぞ、お楽しみに・・・・・・・・」
杉本(ポール)に妻を寝取ってもらったあの日から、
私は約束どおり妻との性交渉は無くなっています。
しかし、性豪たちが一日おきに妻を抱きに来ると言う
約束は履行されていません。 もう一週間なのですが・・・・・・
「杉本さん、性豪たちが家へ来ると言うのは
どうなったのでしょうか?」 私は思わず、杉本に尋ねたのです。
正直言うと、私は待ち遠しくて仕方がなかったのです。
「待ち遠しいのは判りますが、今日の余興のためにそうしたのです
なにしろあなた方ご夫婦は新会員ですから。」
杉本は寝取られたい夫の性癖について簡単に説明しました。
夫には妻が他の男とセックスをしている様子を見てみたいと言う
願望があります。 そして、その浮気相手の男は
自分より性的に優れていて、妻は夢中になってしまう。
やがて妻は夫との性交渉を拒むようになり、


夫は一人寂しく自分で処理する。
そんな事を想像して自慰にふけってしまう夫は
以外に多いのだそうです。 そして、
想像しているうちにどうしもそれを現実のものにしたくなる。
そうなった人達がこの鑑賞の会に
入会しているのだと云う事なのです。
会員の田中さんご夫婦は、
奥さんにセックスできるのは夫以外の男性だけ、
そして子供が欲しいので、
妊娠させてもらうと夫婦で取り決めたといいます。
そして、奥さんの希望で田中さんは貞操帯をしているそうで、
奥さんがサド気があるのか、
奥さんが犯されている時も貞操帯は外してくれないそうです。
どうしようもなくなるとオナニーだけ許されるそうですが、
性豪たちと奥さんに嘲られる中で射精するそうです。

続きを読む

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[寝取られ] もう亭主とはセックスできなくなるぞ①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


自分の妻を他人の男に抱かせて興奮すると言う嗜好の男は
案外多いようです。 私の妻は理恵子25歳で、
スレンダー美人の長身168センチと云う
なかなかそそられる女です。
私は太っていて身長は162センチ、
その上少々ハゲぎみで仮性包茎に早漏です。
妻と結婚した当初は妻に他の男が
近寄ってくるのではないかと云う、
いわば見えない相手に嫉妬をすると云う毎日でした。
ある雑誌で、妻を他の男に抱かせると興奮すると云う
男の話を読んでから、
自分の性癖が自分で意識できるようになりました。
妻はもともと結婚前は男付き合いが派手でしたが、
私と結婚してからは大人しくしているようです。
しかし、私の早漏に失望し、
性生活においては私をよく罵るほどの状態になっています。
そこで、他の男とセックスをすると云う提案を妻に話をすると
妻は嫌だと言いながらも本気で否定はしませんでした。
そこで、自分の妻を他人の男が抱くと
興奮すると云う嗜好専門のクラブ、
それもインターネットで見つけたクラブへ
でかけて行ったのです。


「妻を満足させるための鑑賞の会」と云うホームページでした。
(読者はこのHPを見たら気おつけてください)
鑑賞の会のクラブへ行くと、出てきたメンバーは本名ではなく
ポールと言う名前で呼んでくれと言いました。
ポールはとりあえず私にインタビューしたのです。
自分の愛する妻が他の男に抱かれるのを想像して
オナニーをした事はないか? そして、
その浮気相手の男と妻の性の奴隷に
なりたいと思った事はないか? などの質問でした。
私は羞恥心を捨てて、正直に、
その一つ一つにハイと答えました。
そして今度は妻へどんなふうに
犯されたのかなどの質問をしました。
「あなた方は合格です。ではさっそくプレイをしましょう。
でも最初のプレイなので、 ご主人はそこの椅子に座り、
ロープで動けないようにします。裸になってください。」
私は裸になり、椅子に座ると、ポールは私を厳重に
ロープで縛り付けて動けないようにしてしまいました。
ポールは私の直ぐ目の前に妻と座り、
私の目を見ながら妻と熱いキッスを始めたのです。
しばらくしてポールの手は妻の乳も揉みしだき、
頬と頬を摺り寄せ、 妻はしっかりとポールを抱きしめています
私の愚息はいきり立ってしまいましたが、
縛られているので自分で摩ることもできません。
ポールの手は妻のミニスカートへ到達しました。
この時すでに妻は喘ぎ声を出しています。
スカートが少しめくれて、純白のパンティーが見えています。
私は興奮で頭がおかしくなりそうです。


するとポールは
「さて、これからは後ろを向いてもらいます」と云って、
私の縛り付けられている椅子を後ろ向きにしてしまいました。
私はポールが妻をどのように責めているのか判りませんが、
喘ぎ声と二人の会話だけが聞こえるのです。
ピチャピチャと云う妻の蜜壷を刺激する音が、そして、
部屋中に女の蜜壷の匂いが漂っています。
そしてポールのズボンのベルトを外す音が聞こえます。
いよいよなのかと思い、興奮で、
自分のオチンチンを摩りたくなりました。
二人の話し声が小さく聞こえますが、何を話しているのかは判りません。
「つけて」とか「このままで」といった言葉がかすかに聞こえます。
きっとポールはナマ嵌めを要求しているのでしょう。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
結局ナマで挿入したのか、
それともコンドームをつけたのかは判りませんが、
妻の喘ぎ状態から察するとナマでも
受け入れたのではないかと思います。
ピストンをする音と同時に妻の喘ぎが物凄くなってきました。
直ぐに妻が
「あっあっイク、イク・・・・・・」と叫んでいます。
妻の絶頂にあわせてピストンを
ゆっくりにして行く様子が聞こえます。
そしてまたピストンを開始する音が聞こえます。
また妻が「あぁ、イキそなの、イキそう・・・・・・・あぁ」
もう一度妻を絶頂寸前まで追いやったポールは、
ピストンを中止して私に話しかけてきました。
「ご主人!私がまた奥さんをイカせたら、
奥さんはもうご主人とはセックスしなくなるんじゃないか
と思いますが、続けていいですね」
妻は「あぁ、続けて、イカせて、お願いよぅ」
私は妻がポールにイカせて欲しいと
懇願している声を聞いて
「続けてください」と
答えてしまいました・・・・・・・・・


ポールはピストンを再開したようです。
妻は二度目の絶頂を迎えました。
ようやくポールは私に二人の行為を見てもいいと云い、
またロープを解いてくれました。
ロープを解かれたわたしは、
いきり立ったオチンチンが痛いぐらい堅くなっていて、
その姿をあらわにしながら二人の方を見ました。
ポールのオチンチンは物凄く大きく見えます。
あれで妻は貫かれたのか・・・・・・・・・・・


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
ポールの云う通りあれで犯されたらもう、
私の素チンなど目もくれなくなってしまうだろう。
しかも、ポールのオチンチンには
コンドームは被せられていなかった。
ポールは私を見ながら、
いや、見せつけながら妻の膣に
ナマのデカチンをゆっくり挿入しました。
私は無意識に自分のオチンチンを摩り出したのです。
ポールは私がオナニーを始めたのを見て、
ニヤっとしながらピストンを開始しました。
妻は3度目のオルガスムを告げる叫びをしました。
「また、また、イキそうなの」
ポールは「オレもイキそうだよ」
妻はポールの腰をしっかり掴んでいます。
しかしポールはオチンチンを抜くと、
コンドームをつけました。
妻は泣きながら
「中で出して!」と叫んだのです。
ポールは妻に耳打ちをすると妻は
「あなた、彼のコンドーム外して!」
ポールの中出しを誰も止める事は出来ないでしょう。
私は妻に言われるままポールの前にひざまずき、
ポールのでかいマラに
被さっているコンドームを外しました。


亭主が他人の男に妻を抱かせ、
その男が妻に中出しするよう亭主自ら
その男のコンドームを外したのです。
私のような性癖を持った男にとっては
これほど興奮する瞬間はありません。
ポールは私のような男の性癖を知り尽くしています。
ポールは「ご主人!?本物の男の射精を教えていいですね、
このまま中に出して?」
私は黙って頷きました。
ポールは妻に向かって
「本物の男の射精を味合わせてあげるからなぁ」
「きて、中に来て、中に出して」
妻も狂ったように中出しを懇願します。
「もう亭主とはセックスできなくなるぞ」

続きを読む

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。