更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[熟女] 美和子の人生感さえ 変えさせる程の陵辱地獄の幕開けでもあった。②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「ガイドさん、大丈夫ですか?」
異変に気がついた教師が声をかけたが、
すでに美和子はまともに返答するだけの意識はもうなかった。
前方の異変に気づいているはずの生徒達は、いたって平静で
かつ当然であるかのような薄笑いさえ浮かべていた。
その時、浩司が立ち上がり、
「先生、ガイドさん調子が悪いのなら
最後部席を空けますので、横になってもらいましょう」
静かだが、うむを言わせない口調に、
教師も無言でうなずくだけだった。
確かに大人ひとりを完全に横に出来るのは、
最後部の席しかないのは事実だった。
浩司が、美和子の水筒に混入したのは、アスピリン系の風邪薬と
浩司の父が内科で処方してもらっている睡眠薬を
ブレンドしたものだった。
今や、美和子は、すっかり睡眠状態に陥り、
その熟した身体を若い狼たちの中に
無防備に横たえているのみであった。


哀れな熟女ガイド美和子は、
青獣達のされるがままになっていた。
制服の黒いシャツは赤いベスト、
ジャケットとともに前をはだけられ、
充分に熟れた乳房を隠すブラが剥き出されていた。
また、黒のタイトなスカートはお腹まで捲り上げられ、
先程、盗撮されたストッキング越しのパンティは、
熱をおびた実態として、羞恥に晒されている。
今にも飛びかからんばかりの青獣達を制して、
浩司は冷静だった。
意識の無い美和子に他の生徒達を使って、
様々な恥ずかしいポーズをとらせ、デジカメで撮影させた。
ついには下着をずらして、
やや大きめの乳輪やコリコリの乳首、多めの淫毛、
剥き出されたクリトリス、媚肉の割れ目、
年齢の割にはピンク色のアナル等を次々、撮影させていった
それからは、挿入こそ許可しなかったが、
浩司は、他の生徒達に順番に、美和子を嬲らせた。
クリトリスに執着する者、アナルに異常な程こだわる者、
脇腹や二の腕に自身のチンコを擦り付ける者、
乳房を永遠と揉みしだく者と思い思いに、
熟女ガイドの身体を辱め、嬲り続けた。
そして、その総ては記録されていたのだった。


散々 青獣たちに嬲られた意識の無い美和子だが、
浩司は挿入も精液をかける事も許さなかった。
目的地に近づき、
彼等は、遊び足りない子どものように未練を引きずりながら
浩司の命令どおり美和子の乱れた着衣を元にもどした。


一日目の社会研修も無事終え、ホテルに到着した頃、
ようやく美和子の意識も戻りつつあった。
睡眠中の記憶がまったくなかったが、
車中での生徒たちの異様な目つきと、自分が
運転手や教師の目の届かない最後部の席に寝かされていた事、
そしてなにより媚肉の奥に微かに
残っている淫靡な感覚が彼女に疑惑をもたせていた。
「まさか、まさか私よってたかって皆に・・・」
けれどそうだとしても確たる証拠は無く、
そんな事は彼女の年齢の女性にとって、
誰に相談できるというものでは無かった。
運転手と教師から
「もう、大丈夫ですか?」と声をかけられても
造り笑いで愛想するのが精一杯の美和子だった。


ホテルの乗務員専用の部屋の中で、美和子は困惑していた。
いったいバスの中で、何が行われたのか?
 何か得体のしれない事態が自分にのしかかってきている様で
とても出された夕食を食べれる気分ではなかった。
その時、ふと浩司の顔が浮かんだ。
「そうだ、浩司くんに聞いてみようかしら?
あのコなら信用出来るわ」
普通に考えれば、何の根拠もない可笑しい事なのだが、
すでに彼女は平静さを欠いていた。
その浩司こそが、美和子を淫欲の地獄に突き落とす
張本人である事もしらず、彼女は自ら罠に近づこうとしていた


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
引率の教師に、今日のバスでの失態を詫びながら、
浩司が昔ながらの家族ぐるみの知り合いであり、
つもる話しもあるのでと彼のいる部屋NOを教えてもらった。
そして美和子は、聞き出した浩司の部屋に電話をかけた。
「あっ、浩司くん? 
今日はゴメンなさいね 今ちょっとお話しててもいい?」
「うん、僕も丁度、おばさんに相談したい事があるんだ」
口調はいかにも少年っぽい素直なものいいだが、
電話の向こうの浩司の顔は、罠にかかる
寸前の獲物を見つめるハンターのように鋭く、
かつその目の奥には淫蕩な輝きを宿していた。
浩司の『相談したい事』に美和子は ひっかかりを覚えた。
「えっ、浩司くんの相談したい事って何?」
「実は・・・今日のバスの中の出来事なんだけど・・・」
意味ありげに語尾をにごす浩司
「おばさんも聞きたかったのよ」
思わず食い付く美和子
「っていうか おばさんに見てもらいたいものがあるんだけど
今この部屋はみんな風呂とゲームセンターにいってて、
僕ひとりなんで・・・こちらにこれます?」
美和子は、少し考えて
「判ったわ、今からそっちに行くわ 
浩司くんひとりなら、おばさんも丁度いいわ」
すでに制服からジャージに着替えた彼女は、
小走りで浩司の待つ本館の622号室へ向った。
それは まるで狼たちの巣に自ら向う、
美しく熟れた母鳥のようであり、
美和子の人生感さえ変えさせる程の陵辱地獄の幕開けでもあった


生徒のひとりが美和子の肩に手をかけ、そのまま仰向けに倒した時
ようやく自分の今すべき事を理解した。
「に、逃げなきゃ!」
しかし、それは遅きに失した。
「いや~っ、放して! 放しなさい!! 先生にいいつけますよっ」
力いっぱい手足をバタつかせるが、
若い力にかなう筈も無く、大の字に押さえ付けられてしまった。
「やっぱ 抵抗してくれないと燃えないよナ~」
「そうそう、意識がないマグロ状態じゃ もうひとつだったよ」
「だけど このおばちゃんムチムチのいやらしい身体してるぜ!」
「たまんねーよ、うちの母親とは 大違いだよ」
美和子にとって、聞くに堪えない会話が飛び交う。
「お願いよ 放して 今ならまだ無かった事にしてあげる・・・」
「おばさん、なにいってんの? 
自分の立場が判ってないよね~あまり聞き分けないと、
この写真 おばさんの息子や旦那さんに見せちゃうよ」
「ひ、卑怯もの! 私はあなたたちの思いどうりにはならないわ」
「いいねー、この根拠のない強気 それでこそ犯しがいがあるぜ」
美和子の年下の陵辱者たちに対する強気も、
クネクネとその熟した身体をひねっての抵抗も、
彼等の欲情の炎にさらなる油を注ぐだけであった。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
それー! かけ声とともに美和子は、
身体をひっくり返され、うつ伏せにされた。
「お願いよ~ やめて、やめて下さい~ たすけて下さい~」
さっきまでの強気はもう失せていた。
しかしその哀願でさえも、彼等の餌になるだけにすぎない。
青獣たちの目はプルプルと震える熟した臀部に集中していた。
「たまんね~な~ がまんできねーよ」
ひとりの生徒がジャージのパンツごと美和子のパンティを
ズリッと下げると、
尻肉やアナルがヒャッとした外気にさらされる。
「いや~ いや~ 絶対にいやっ」
美和子が悲鳴をあげた直後、
口内に男物のブリーフがねじ込まれた。
「うっう~、むう~」
「おばさん、いいケツしてるよ 
直ぐにでも突き刺してあげたいなぁ~」
言葉で嬲られながら、ピシャピシャと尻をたたかれ、
美和子の羞恥をあおる。
また別の手がのびてきて、豊かな臀部の双肉を左右に広げ、
排泄器官としてのみ存在しているはずの肛門をさらけ出される。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[熟女] 美和子の人生感さえ 変えさせる程の陵辱地獄の幕開けでもあった。①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


高坂美和子は、今年38才になった。
会社員の夫と、中学生の息子二人の4人暮らしである。
決して生活が苦しいワケではないが、子供たちも手が離れ、
増えた自由な時間を結婚するまで勤めていたバスガイドとして
パート勤務していた。


中、高校とバレー部で鍛えた身体に、
年とともに脂肪がついて丸みを帯び、
熟女して男を引き付けるフェロモンを、
充分に発散させている事に当の本人は、まったく気づいていない
特にバスガイドのミニでタイトぎみのスカートに包まれた、
下腹部から臀部、ふとももにかけての
ラインは、「バックから突き刺して!」
と自ら誘っている程の熟れ方である。
今日は久しぶりの一泊二日の仕事がついた。
しかし、高校の社会研修旅行なのだが、普通であれば美和子は、
断るつもりであった。
「今時の高校生なんて大人の言う事なんてまともに聞かないし
こんなおばさんガイドだと、ブーイングされるのが関の山だわ」
しかし、パートという立場と、
その高校が美和子が学生だった頃からの評判の良い進学校なので
悩んだが結局引き受けたのだった。
「だけど進学校なのに社会研修って変ね~」
その疑問が、やがて美和子をかって無い恥辱の谷底に
突き落とす事になるとは、知るよしもなかった。
出発の一時間前に着いた学校で、美和子の小さな疑問は解けた
評判の良かった進学校というのは、もはや以前の話で、
今では荒れているという程ではないにしろ、
かつての面影は、もはや無かった。 その理由の一つが、
今回社会研修旅行を行う、就職クラスの存在だった。
「やっぱり断るべきだったかしら、でも先生もいらっしゃるし
何とかなるでしょ。適当に案内してビデオを
流しておけば勝手に騒いで終わってくでしょ」
自分に言い聞かせながら美和子は、バスに乗り込んだ。
ステップに足を掛けたとき、
ずり上がったスカートからあらわになったムチッとしたふとももに、
突き刺すような、そして舐めるような視線が投げかけられている事に
美和子は気づいていなかった。
バスの中の生徒たちは、想像していたよりおとなしく、
少々拍子抜けする感じだった。
おとなしいというよりも、落ち着きが無く、
怯えているようでもあった。
「な~んだ、取り越し苦労したかな? もう少し元気な方がいいわね」
しかし、安堵する美和子を、先ほどの舐める様な視線が、
後部座席の方からじとっと付け狙っていたままに存在していた。
マニュアル通りの挨拶を終え、
朝のコーヒーを注いで廻りはじめた美和子は、
生徒の中に懐かしい顔を発見した。
彼女の長男、隆の三つ年上で、家が近所だった浩司だった。
「えっ、浩司クンこの高校だったんだ~、
そっか隆が中三だからもう高三なのね!
ほんと、久しぶりね~」
「そうですね」
「御両親は、お元気?
 もう浩司クン達が引っ越してから四年になるかしら」
「ええ、父も母も健在ですよ 僕達が引っ越してから五年になります」
「いやね~、オバサンになると物忘れが多いのよ ゴメンなさいね」
「まだまだお若いですよ、
それに僕は美和子さんのことずっと覚えていましたよ」
そう言った浩司の目が、
例の美和子を嬲り尽くすような視線をはらんでニヤリと笑ったが、
懐かしさと、偶然の出会いに少女の様に感激している彼女に
見抜ける筈もなかった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
懐かしい再会の後、コーヒーを注ぎ終って
ガイド席に戻る美和子のムチムチの臀部を
視姦しながら、浩司はまわりの他の生徒数名に何事か、
合図を送った。そう、この就職クラス
(ありていに言えば落ちこぼれクラス)の支配者として
君臨しているのが、誰あろう浩司なのであった。
美和子が、今日の行程表で、
仕事の確認をしているその時後ろの席から、
「アチィ~!」と奇声が上がった。
「どうかしましたか? 大丈夫?」
「大丈夫です、ちょっとコーヒーをこぼしてしまって」
みると、浩司の隣の生徒がズボンにさっき配ったコーヒーを
ぶちまけてしまっていた。
「大変! やけどしなかった?」
美和子が数枚のお手拭きを持って、
後部席に走りよりその生徒のズボンを拭き始めた。
陶然、中腰にならざるをえない彼女の背後から、
別の生徒がすっとデジカメをスカートの下に潜りこませ、
無音のシャッターを連車した。
勿論、美和子に気付かれずに一連の動きは、
命令された兵士のように行われた。


盗撮された美和子の下半身の写真は、
やりたい盛りの高校生にとって、あまりにも刺激が強い物だった。
ムチムチのふとももの付け根に
肌色のストッキング越しに透けて見える白いパンティ、
その中央にお尻の割れ目から、
媚肉の裂け目に添うように走るストッキングの継ぎ目。
小さなデジカメの液晶画面からでも、
似生い立つような熟した女の淫美さが滲みでていて、
生徒たちの可虐性をいやがおうにも掻き立てた。
威きり立つ彼等を浩司は、一括して統率した。
「まあまて、ちゃんと考えてあるから、
オレの指示にしたがってろ!」


出発から2時間ほど経過して、
最初の休憩のドライブインにバスは停車した。
「ここで、二十分停まります、
おトイレは必ず行ってきて下さいね!」美和子の声が弾む。
運転手を始め、全員がバスを後にした。
そこに浩司が一人、バスにもどってきた。手慣れた感じで、
フロントバンパーにある扉の開閉スイッチを操作して、
車内に入り、ガイド席に置いてある美和子のカバンの中にある
家から持ってきたオシャレな水筒に
ポケットから取り出した薬のような物と手早く入れ込んだ。


ドライブインでの休憩も終わり、走るバスの中で美和子は、
違和感を覚えていた。
生徒達が前にも増して静かになったのだ。
それだけでは無い、突き刺すような視線を、全員から受けていた
「な、何なの?私、変な事でも言ったかしら」
あまりの生徒達の変化に、
戸惑いと不安を隠せない美和子であったが、
誰に相談出来る訳でもなく、ただひたすら自分の仕事を
こなすしかなかった。その間も、生徒達の挿すような視線は
彼女の一挙手、一挙手に注がれていた。
「まさか、私を女として、いやらしい目で観ているのかしら・・・」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
さすがに、そういう事に鈍感な美和子も、
ようやく生徒達の視線の意味を理解し始めた。
「でもどうして?こんなおばさんの私に??」
美和子は、車内での仕事に今まで感じたことの無いプレッシャーを
受けながら時間の経つのをまった。
当然、喉が渇き、自宅から持参した水筒のドリンクを
口にする回数も増えていった。
いつもの彼女なら微妙な味の変化を見分ける事は
出来たかも知れないが、異様な空気の中では、
感じとれるはずもなかった。
バスが二回目の休憩場所に近付いた時、
美和子の体調に変化がおとずれた。


身体全体が、熱っぽく、かつ急激な眠気が美和子を襲っていた。
「ど、どうしたのかしら、生理は一週間前に終わったばかりだし、
風邪なんてここ何年もひいてないのに?」
身体の中心がブレて、フワフワ浮いている様でもある。
それがバスの揺れと相まって美和子の意識を飛ばしそうになるが
長年のベテランガイドとしてのプライドが、
それを辛うじて引き止めていた。
「だ、だめよ 息子と差ほども年の違わない生徒達の前で
無様な姿はみせられないわ」
気丈に振舞おうとするが、
浮揚感と睡魔は一秒ごとに力を増していく。

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女性の告白] 男性経験の少ない私にとって今まで経験した事のない刺激でした。

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


私が23歳の時の話です。
高3の同窓会があり、最近まで地元を離れていた私は
久しぶりに皆と顔を会わせました。
普通に飲んで食べて盛り上がり
特に仲の良かった数人で後日キャンプへ行くことになりました。
恥ずかしい話ですが、私は本格的なキャンプは初めてで
どんなものかとても楽しみにしていました。


参加するのは男女3人ずつの6人で
男がY、T、H。女は私とY子とN美です。
でも当日は天気が悪くてあいにくの大雨でしたが
みんなで分担して料理の材料を買いそろえていたので
どうしようかと思っていると参加者の一人のYから電話があり
「材料が勿体無いからTのアパートで作って食べよう」
とのこと。
キャンプが中止になったのは残念だったけど
確かにこのままにしておくのも勿体無いので
Tのアパートへ向かいました。


四時過ぎに行くともうみんな集まっていて
準備をしていました。
私の担当はバーベキューの仕込みだったのですが
部屋の中では無理なので肉と野菜を炒めることにしました。
料理を食べて、ビールを飲んで
高校時代の思い出話や
もう一度高校生に戻りたい、
などと当時を振り返る話をしました。
この6人は河原で花火などをして遊んだ仲でしたが
カップルではありませんでした。
本当に仲のいい友達という関係でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつの間にか寝ていました。
そんなにお酒は飲める方じゃなかったけど
ついつい飲みすぎてしまったのです。
ボーッとした頭で周りを見渡しましたが誰もいません。
みんな買い物にでも行ったのかな?と思っていると
奥の部屋からボソボソと声が聞こえてきました。
「、、、綾子達が起きちゃう、、、、」
そっと近づいてふすまを開けてみると
YがY子を後ろから突いていました。
「アン、、、ン、ンッ、、、」というY子の小さな声と
パンパンパンという身体と身体が当たる音が
聞こえてきます。 他人の、
しかも友達のセックスを実際に見るのは
もちろん初めてで驚いて
(どうしよう。無理矢理なのかな?でも違うみたいだし)
とあれこれ考えてしまいました。
その時、後ろから私の肩をツンツンと誰かが突きました。
Tでした。


私が何か言う前にTは
「しーっ」
と人差し指を口の前に持っていき
「こっちへ来て」という手招きで私を呼びました。
私とTは別の部屋へ移りました。
そこでTは「なんか変な気分になってくるよね。
そろそろ俺らも・・しない?」と言いました。
(ハァ?何言ってるの?そんなことするわけないでしょ)
そんなつもりで集まったわけじゃないし
だいいち私には彼氏がいるのです。
当時「だって友達でしょ?
普通友達には手を出したりしないでしょ?」という
大甘な考えが私の心の中にあったのは事実です。
頭にきたので無視して部屋から出ようとすると
Tが私の腕を掴み、
強引に振り向かせてキスをしてきました。
「うんっ、、、、んんんんんんっ」
私がビックリして口を話そうとすると
Tは私の胸に手を伸ばしてきました。
ちょうど生理前で少し胸が張っていて
感じやすくなっていた私は揉まれただけで
「ふーーーっ」
と鼻から大きく息を出してしまいました。


Tは
「俺さ、高校の時、綾子さんの事が好きだったんだよ」
と言い私を強引にカーペットの上に寝かせました。
「その気持ち嬉しいけど、こんなのはヤダ。
彼氏じゃないでしょ?」と私は抵抗しましたが
Tの手が素早くTシャツの下に潜りブラを押し上げ
私の胸を直接触ってくると、
胸から先が引っ張られるような感覚になりました。
「思った通りだ。おっきい」
そう言いながら Tは私の乳房を揉みながら
乳首を人差し指と中指でコリコリしてくると
敏感になっている私はそれだけでどうかなりそうでした。
そしてTシャツをまくられ
背中に手を回してブラのホックを外されました。
「ぁぁすごい。いいオッパイしてるじゃん。Dくらいありそう?」
少しずつ私の抵抗する力が弱くなっているのを感じたのか、
Tは 私の乳首に下を這わせてきました。
「ひゃ、、ダメ、、こういうのはダメ、、エッチはだめぇ」


Tは私の乳首を吸いながら手を下に伸ばし、
スカートの下に潜り込ませると
一番敏感な部分を下着の上から刺激してきました。
このままでは本当に最後までしてしまうと思い、
最後の力を振り絞って抵抗しようとしましたが
お酒も残っていたし、
Tの指使いの上手さもあって思うように抵抗できませんでした。
Tは私の下着をスルスルと脱がせ、私の股を開きました。
「高校の時にこんな事するのを何回想像したことか」
とTは興奮した様子で呟きました。
そんな恥ずかしい言葉責め?
と彼氏以外の男に秘部を晒しているという恥ずかしさから
私のアソコはいつも以上に濡れてしまっていました。
Tは待ちきれないとばかりに直接クリに舌を這わせてきました。
それは男性経験の少ない私にとって
今まで経験した事のない刺激でした。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
Tは私のクリの周囲を吸い、舌で優しくそして激しくリズミカルにチロチロと転がしてきました。
押しては引く波のような刺激に私はイキそうになりましたが
(ああ、ダメ、イキそう)
という時になるとスッと舌を離すのです。
気が変になりそうなくらいの焦らされ方でした。
(ごめんね○○(彼氏)、私、私、、もう抵抗できない、、)
私は彼氏に対する申し訳ないという気持ちよりも
今ここで現実として起こっている事態と
この先の快楽を選択してしまいました。
私は何度もイかされそうになり、
心の中では「お願い、もうイかせて」と
思っていましたが
口に出して言うなんてとてもできませんでした。
何がなんだか分からないくらいに感じさせられ
ボーっとしているとカチャカチヤとTが
ズボンのベルトを外す音が聞こえてきました。


Tは私の膝の間に入ると
「入れてもいい?」と聞いてきました。
私はその瞬間、彼氏の顔が頭に浮かびましたが
少し間を置いて
「うん」と答えてしまいました。
Tは私のアソコにアレをあてがうと、
ゆっくりと中に侵入してきました。
「んっ、、、、、はぁ~、、、んんんっ」
これでもかというほど感じさせられ、
焦らされた後に入って来た挿入感に
私は思わず仰け反ってしまいました。
Tはゆっくりと腰を振りながら
「ついに挿れちゃった。夢みたい」と言いました。
「綾子さんはあんまり遊んでないでしょ?
慣れてないのが分かるもん」と
私の胸を揉み、吸いながら腰の動きに変化をつけてきました
彼氏の単調なピストン運動とは比べ物にならないくらい
Tのアレは私の膣の内部を動き回ります。
ただ早く動くのではなく、動かし方が上手かったのです。
私は声にならない声を上げながら
Tのテクニックに感じていました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
Tのピストン運動でも私は何度も絶頂を迎えました。
Tは
「俺がイクのは綾子さんが何回もイッてからでいいから」
と言いました。
それからTの希望で騎乗位、バック、立ちバックと
体位を変えてはハメその度に私はイカされました。
最後に正常位になり、Tが激しく腰を振り始めました。
Tは「綾子さんの感じている顔を見ながらイキたい」
と言いました。
私はすでに彼氏の事をすっかり忘れ、
Tのテクニックに酔っていたので
恋人気分で
「うん、いいよ」と言いました。
Tは
「綾子、、綾子、、、ぁぁ、、、すごい締め付け、、、すごい」
と言いながら スパートをかけました。
「ああ、出すよ、、胸に出すよ、、ああ出る、、ああっイク」
Tは私のアソコからアレを抜くと
私に跨るようにして私の胸に精液を放出しました。
私もTがイク少し前に何度目かの絶頂を味わっていました。


疲れてしまっていつの間にか寝てしまいましたが
起きてから私とY、TとY子でセックスをしました。
もう乱交と言っていい状態でしたが
私もY子も拒むことはしませんでした。
今まで感じたことの無いセックスをしてしまったので
もっと気持ち良くしてもらいたいという気持ちの方が
強かったと思います。
数時間後に二度目のセックスが終わりましたが
この時点でTのアパートにいたのは
YとTと私とY子の4人です。
「HとN美は?」と聞くと
「出て行った」と言われました。
後で聞いた話ですがN美はHにホテルに誘われましたが
断固として拒否したそうです。
その話を聞いてハッとなり
自分のとった行為が愚かだったと気付きましたが
彼氏には言い出せずにいました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[アイドル・美少女] 屈辱の脱衣テニス

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


テニスサークルの同期で付き合ってた初めての彼女カナ21歳。
サークル内ではアイドル的存在で後輩からも慕われていて
僕から告白して付き合うことになりました。
そんなサークルである夏の合宿に行く事になりました。
その頃はまだ付き合って間もなく
みんなには付き合ってるのは秘密の状態。
合宿は盛り上がり終盤を迎えます。


連日の飲み会でだんだんみんな解放的になってき
てその晩はみんなでお決まりの罰ゲームつきの王様ゲーム。
もちろんちょっとエッチな命令とかもあり、
好きな人告白ゲームとかエッチ体験話すとか、
服着たまま2人でセックスの真似するとか
彼女もみんなの前で胸寄せポーズとかとらされて
みんな仲良いしどきどきなりにも楽しい展開でした。
でもそのうち罰ゲームがエスカレートしてきてラストは
ゲームの下位二名で脱衣テニスすることに。


その時は僕と彼女と女の子2人、男の子3人でやってました。
大富豪をやっていましたがゲームが始まりカードが配られます。
僕は結構良いカード。
カナは・・・と思って目をやるとやばそうな表情・・・
そんな僕達の心配をよそに
みんなきゃーきゃー言いながらゲームは進行します。
僕は彼女が出しやすいように振舞いますが
なかなかカナのカードは減りません。
カナはすまなさそうな、
助けを求めるような顔でこちらをチラチラ見てきますが
どうすることもできず・・・
ゲームも進みカードの枚数に差が出てくるとみんな大興奮。
もう負けはほぼなさそうな女の子は
「カナ全然減ってないじゃん、やばいんじゃないの~」
とか言ってからかい始めます。
一方男子は興奮のせいか真剣な顔して
彼女やその他女性陣が負けるのを必死で祈っている様子。


最後3人になりカナ、女の子リナ、男の子
という面子まで絞られました。
実はそのリナという女の子は以前
告白してきたことがあって・・・でもその頃は
カナのことが好きだったしその子が好みじゃない
(結構ギャルっぽいカナはお嬢様系かな)
こともあって振ってた子でした。
そんなこともあってその子だけは
僕とカナが付き合ってることを知ってました。
その三人の戦いで最後男2枚、リナ4枚くらい、
カナ3枚の状態で男がカードを出します。
それに対して出さなければ負けが決定してしまうのに
カナは出せず・・・カナとリナの負けが決まった。


周りでいつのまにか見ていたギャラリー10人くらいも
大歓声で夜中のコートの準備をしに。
僕は余りの偶然にびっくりしながらも
大好きな付き合い始めのカナが
これから恥ずかしい罰ゲームをするのかと思うと悔しいのと
正直に言うと少しの興奮も混じった気持でした。
その時はまだカナとはエッチもしたことなく、
キスまででカナもその頃処女でした。


僕はあやしまれ
ないようにカナのそばへ行き
「大丈夫?」と声をかけると
「しょうがないから・・・」と凄く恥ずかしそうな声。
罪悪感や無力感にさいなまれながら
かくして脱衣テニスが始まりました。
本気のゲームではないので2人とも普段着のまま。
カナは白のサマーセーターにピンクのスカート。
リナはチューブトップに白のスカート。
実はリナはこう見えてテニスが強く、
勝敗は誰の目にもほぼ明らか。
僕はいたたまれなかったですが
勝負を見ないつもりはありませんでした。
ルールは5回勝負。サーブレシーブは一回交代、
負けたら一枚脱ぐというもの。
カナは下着を合わせて4枚着ているので
5回中4回負けたら全裸になってしまいます。
第1ポイントリナのサーブが綺麗に決まりカナの負け。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
ギャラリーの目の前でサマーセーターの下に着ていた
白いブラを抜き取ります。
取ったブラは友人の女の子に渡しますが
その間はみんなの視線に晒されまくり。
特にお酒の入った女の子が大盛り上がりで
「カナ先輩清純そうな下着着けちゃって~」
とかからかいます。
カナは後輩達の手前平気なふりを装って
「そんなことないよ~」とか言って返します。
次はカナのサーブ。
リナのレシーブは強烈でまったく手が出ず・・・
リナは本気でカナを倒しに行こうと思っているみたいで
スカートがまくれてパンツが見えるのも気にしないため
脱いでないリナへも大歓声。


男はリナがレシーブする時は全員下半身凝視。女の子も
「リナマジでやりすぎだよ~」
「リナ先輩なんか怖くない?」って若干引き気味。
明らかにカナに敵意持ってるのがばればれ
そうしてついにスカートも脱がされカナは
コートでセーターにパンツ一枚という格好に・・・
セーターの裾を延ばして下半身を隠そうとしますが
さすがに全部隠すことはできず。
ここまで脱がされてカナも本気になったみたいで
このままじゃほんとに裸にさせられちゃうしで
もう隠すものはないし
次は球に飛びついて奇跡的になんとか1ポイント。
リナはまさかのスカート脱ぎで観客唖然
本気のリナに何回も勝てるはずはなく
次はポイントを取られとうとう上半身を見せることに・・
女の子はもうやめようか?
とか言ってくれたけどリナがそんなのずるいと言い、
男も決めたことはやらないとっていう感じで
後輩の前で威厳を壊すようなことはできず
大勢の前でサマーセーターを脱いで上半身裸に・・・
同年代や慕ってくれてた後輩達の前で
カナはさすがに恥ずかしいみたいで
ラケットを持った腕を前で交差してちじこまってました。
最後の一ポイントはカナのサーブ。

[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
サーブをするには隠した腕を外さなければならず
強制的に胸を露出することに・・・
綺麗なCカップの胸がライトの下に晒されて
全員に見られてしまいます。
その上サーブは失敗し、もう一度サーブすることに・・
みんなの前でまるで見てくださいと言わんばかりに
再び全裸の胸を張ってサーブしている姿は可愛そうでした
そして2回目も失敗。ついに最後の一枚を脱ぐときが・・
カナはさすがに嫌がりまわりも、胸を嫌というほど見られ
恥も捨ててみんなの前で泣きながら
「もうヤダ・・・」
と懇願する可愛そう過ぎるカナの姿を目にして
ここまでで終わりでという流れになりそうでしたが
そこでリナがきて・・・
「お前が弱くて負けたんだからちゃんと約束どおり脱ぎなよ
この卑怯者」みたいなことを言って。


もともと負けず嫌いのカナは今まで見たことないような
ものすごい敵意のある目でリナを見てから意を決したように
パンツに手をかけて抜き取りました・・・
すぐにあそこは隠しましたが隠すまでの間にあそこや
もしかしたらうしろからは
アナルまで見えてしまったかもしれません。
夜のテニスコートでライトに照らされながら
全裸になっていく姿は
今まで見たどんな光景よりもいやらしく綺麗でした。
カナは「どうこれで文句ないでしょ!!」といって脱いだパンツをリナの顔に投げつけ部屋へ走って戻って行きました
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[人妻・不倫] どうすりゃいいんだ②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


島田の物と比べて、清一の陰茎はやや小ぶりだった。
そればかりではなく、島田は性技にも長けていた。
相当、女慣れしているようで、こ
の辺も清一には遠く及ばない。
要するに妻はすけこましに、いいようにされているのである。
それは理恵子の顔を見ても明らかだった。
だらしなく男の上で大股を開き、
喘ぐ様はとても我が妻とは思えない。
いや、 思いたくなかった。


「奥さん、いきますよ」
「ああっ、きて」
二人はしばらくの間、言葉を交わさず、
ただひたすらにのぼりつめる事に専念した。
相変わらずテーブルはガタガタと騒がしいが、
島田も理恵子も声を上げないので、
清一はサイレント映画でも見ているような気分だった。
「うっ」
島田が妙な声を漏らすと、
理恵子は顔を上げて、ああ、と呟いた。
島田は腰を何度か激しく理恵子の尻にぶつけると、
陰茎を抜いた。すると理恵子の中からは白濁液が
小便のように流れ出したのである。


(中に出しやがった、あの野郎)
清一ですら三十歳までは子供がいらないと言っている
理恵子の体内に子種を出せる事は滅多に無い。
それを島田はあっさりと成し遂げた。
二人は今日、数時間前に顔を合わせたばかりである。
その男に妻が夫にすら認めぬ行為を許すとは、
一体、どういう了見なのだろうかと清一は怒りに震えた
「奥さん、良かったですよ」
「私も・・・こんなに興奮したの、何年ぶりだろう」
理恵子は島田の上から降りると、
今も隆々と天を突く陰茎の前に傅き、唇を寄せた。
「後始末するわね」
そう言うと理恵子は島田の陰茎をすっぽりと咥え込んだ。
それに驚いたのは清一である。


(あんな事、俺は一度だって
してもらった事が無いというのに)
理恵子はこれまで、清一の陰茎への口唇愛撫を拒んでいた。
行為自体が汚らしいというのがその理由であったが、
それすらもたった今、覆されてしまった。
清一はこの瞬間、ほとんど夫婦生活が破綻したと思った。
子種を発射したばかりの陰茎に食らいつく我が
妻の姿を見て清一は絶望した。
(あいつは別に俺が好きで結婚した訳じゃないんだな)
一応、恋愛の末に一緒になったので、
少なくとも自分の方には愛があると思っていたが、
理恵子の方は案外、そうでもなかったらしい。
そう思うと清一は目に涙が浮かんだ。
そして気を失うかのように眠ってしまったのである。


「あなた、あなた」
理恵子が自分を呼んでいるのに気づくと、
清一はあっと声を上げた。
「お前」
「どうしたの?怖い顔をして」
驚いた妻の顔は、清一にとっては意外な感じだった。
「あれ?」
清一は寝巻きを着てベッドにいた。
頭がひどく痛む所をみると、相当、深酒をしたらしい。


「酷い顔してるわよ。顔を洗ってきたら」
「ああ、そうね」
時計は午前七時をさしていた。
自分の記憶では確か背広のままソファで寝たはずなのだが
きちんと寝巻きに着替えて寝室にいるので、
それが清一には不思議だった。
「あ、そういえば」
ここでふと、昨夜、
理恵子が島田とよろしくやっていたのを思い出し、
清一の頭に血が上った。
そしてとっちめてやらないとと意気込みつつ
台所へ向かった妻の後を追ったのだが。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
「おい、島田の野郎はどうした」
「島田さん?あなたを送り届けてくれたわよ」
理恵子はシンクの前に立ち、振り向きもせずに答えた。
「それは分かってる。やつはどこにいる」
「あなたを送ってすぐに帰ったじゃないの。
覚えてないわけ?」
「え?そうだっけ?確か上がって、
お前とコーヒー飲んでたような・・・」
「タクシー待たせてあるからって、
玄関で失礼したわよ。いい人ね、彼」
「ああ、そうだな・・会社でも有望株なんだよ、うん」
おかしな具合である。島田を糾弾するつもりが、
褒めちぎっているではないか。
清一は自分の問答にも不可解さを感じた。


「あなたもそんなに若くないんだから、
深酒はたいがいにしてよ」
理恵子は濃いコーヒーを差し出しながら、
不甲斐ない亭主を睨みつけた。年下の妻に
こうも窘められる自分が愚かでみっともないと思いつつ
清一はコーヒーに口をつけた。
(夢だったのか)
妻が淹れてくれたコーヒーはいつも通りの味である。
それが、理恵子には何の隠し事も無いように清一には思えた


「ねえ、あなた」
「ん?どうした」
理恵子は少し頬を染めつつ、
「そろそろ、赤ちゃん作ろうか」
「いきなり何の話だ」
「ほら、私、三十までは赤ちゃんいいって言ってたでしょう。
あれを撤回したいのよ。あなたももうおじさんだし、
何より手がかかるから今までは欲しくないって言ってたけど
昨日 の事で考え方を改めたわ。
あなたに父親の自覚を持って貰いたいと思うの」
「はあ」

[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「だから今夜は早く帰ってきてね」
「ああ、うん・・・」
清一は自分の頬が熱くなるのを感じた。
妻とこういう風に語らうのは、久しぶりだった。
「昨日みたいにへべれけになって帰ってきたら、
家に入れないからね」
「分かった。今日は飲まないよ」
それから清一は顔を洗って身を清め、
背広を着て家を出た。二日酔い気味だったが足は軽かった。
「俺が父親か。うん、悪くない・・・悪くない、が・・・」
ここでまた嫌な考えが脳裏をよぎった。もし昨夜、
島田が理恵子を抱いたのが事実だとしたら、の話だ。


普段、夫には許さぬ受精行為を島田にさせ、
それを誤魔化す為にそんな事を
言い出したのではないだろうかと思うのである。
しかし、それを裏付ける証拠は無い。
一旦、晴れた疑惑が再び沸き起こった。
「どうすりゃいいんだ」
清一は頭を抱えて座り込んだ。
結局、何も解決されていないのである。
それどころかこのまま子供を作っても、
それが我が子という保証もない。
DNA鑑定をすればいいのかもしれないが、
それだと妻を疑ってかかる必要があるだろう。
そうすれば、夫婦仲は終わる。
後で他人の子供と分かったらもっと事態は悪くなる。
そうして清一は希望と不安を抱えながら、
とぼとぼと歩くのであった。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。