更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」みんなに見られながらのセックスはめちゃめちゃ興奮した②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


Tの方に目をやると、ふとんに包まってなにやらゴソゴソM美と戯れていた。
オレはS香とE子に「あいつらヤってんじゃない!?」とこっそり言うと、
S香は「ふとん剥いでやろうか?」と。
おもしろそうなので、3人でTとM美のふとんを剥いでやった!!
ふとんを剥ぐと…
いきなりM美のマムコが飛び込んできた!!
TがM美とキスしながら手マムしていたっ!
M美は、Tに膝までパンティを下ろされ、必死に声が洩れるのを我慢していた。
オレはTと目が合ったが、Tは手を止めようとしなかった。
なんだかこっちが恥ずかしくなる。
E子は居心地が悪くなったのか、
ベッドから離れてテレビの前にチョコンと座っていた。
オレとS香は、ベッドの脇の床で2人のセックスを見ていた。
(M美のマムコが、ちと黒かったのには驚いた)
Tの指が2本入って、クチュクチュ音を立ててる…
オレのティムポは、完全復活して脈打っていた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
オレはもうムラムラきていて、我慢できなくなってきていたところに、
S香がオレのティムポを握ってきた。オレはS香に手を出した。
なんか暗黙の了解みたいな感じで、全く抵抗されなかった。
オレはブS香のブラのホックを外して、優しくオッパイを揉んだ。
S香の小さな乳首を吸ったり、舐めたり、転がしたり…
S香「うぅぅん…うっ」と、ベッド上のM美と同様、声を押し殺している。
オレはベッドとベッドの間の床にS香を押し倒してキスをした。
そして、スカートをめくり、パンティの上から刺激すると、
S香「あぁっ!」と可愛い声を上げた。
その声で一瞬、ベッド上のTとM美が覗いてきた。
E子とも目が合ったが、すぐにテレビの方を向いてしまった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
TとM美が覗き込んでいる状況でも、
オレはそんなのお構いなしに、S香とのエッチに萌えた。
S香の濡れまくったパンティを一気に引きずり下ろし、
足首に引っ掛けた。(コレ基本)
そして、クリを摘んだり、コリコリしたり、指を入れたり…
S香の声はは次第に大きくなっていった。
「あぁ、あっ、ぁ~ぅ」
普段聞かない甘いトーンの喘ぎ声で、
なんだかS香のことが可愛く思えてきた。
そして、S香のマムコに顔を近づけ、思いっきりむしゃぶりついた。
(ちと、臭かったがこれもお構い無し)


オレは、S香のマムコをしばらくナメナメしていた。
吸ったり、指を入れながらクリを舌でマッサージしたり…
オレは「ココ気持ちいいの?」と聞くと、
S香は可愛い喘ぎ声で「うぅん」と答え、さらに萌えてサービスした。
しばらくすると、ベッドの上のM美の声が激しくなった!
見ると、TがM美の両足を抱えこむ体制でピストンが始まっていた。
M美の声は、そんなに大きくないが、よく響く声だった。
(廊下まで聞こえちゃうんじゃねえか…)
それからTのピストンは小刻みで速かった(笑)


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

オレも負けまいと、S香の両足を開いてマムコへズブリと挿入。
ベチョベチョに濡れていたので、スッポリ入ってしまった。
S香の体は力が入っていたので、ゆっくりピストンした。
ティムポの先から根元までゆっくり挿入し、またゆっくり先っぽまで抜く…
「あっ、あっ、あっ、あぁぁ」S香の声がだんだん大きくなっていった。
オレもピストンを徐々に速くしていった。
だんだん膝が痛くなってきたので、(床のマットと擦れて)
Tらの隣のベッドにS香を寝かせ、両足を開いて再び挿入した。
オレは今度はS香を四つん這いにさせ、後ろからバックで突いた。
パンパンパン…という音が部屋中に鳴り響き、
Tと目が合って、お互い思わず笑けてしまった。
それから、バックの体勢を、
E子のいるテレビのある方を向けてしまった。
E子はチラチラこっちを見ていた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

オレがバックでS香を突いてるときに、Tのピストンが急に速くなり、
M美のお腹の上に発射させていた。
一足先にイッたTは、M美とE子も近くに呼んで、
オレとS香とのセックスを鑑賞しながら、
TはS香に「気持ちイイか?」とか「丸見えだよ」とか
「イクの?」とかイジワルを言った。
S香「もぅぅ、あっ、あっ、やめてやぁ・・・あっ」
みんなに見られながらのセックスはめちゃめちゃ興奮した。
E子も真剣に目の前のセックスを見ていた。
オレは今までこんなに萌えたことは無かった。
それから、体位を正上位に変え、激しくピストン!!
S香「あぁ、ダメ。もぅダメ~!あぁぁぁ~」
俺「あぁぁ、イクよーー!出すよー!あっ!出るっ」
最後は、S香のマムコの上にたっぷりと発射した。最高やった!
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」みんなに見られながらのセックスはめちゃめちゃ興奮した①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


高二の修学旅行に行ったときのこと。
オレと悪友Tと2人、
夜に仲の良かったクラスの女子(M美、S香、E子)
の部屋に遊びに行った。
3人とも、ちとギャル入ってて可愛い。
特にE子は他校からも声をかけられる美女。
部屋に行ったオレらは、お酒を持ち込み宴会をした。
酔いもまわってきて、いつしか下ネタトークへ発展していった。
下ネタは普段から話している仲で、
酒の勢いでこの日はいつも以上に盛り上がった。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
突然Tが、「女の子はオナニーするの?」と話を振ると、
女全員「しないよー!」
俺「しないのかよ、Tなんて毎日オナニーしてるよ」
S香「見たい見たい!見せてー」
積極的なS香が言い出し、E子とM美も乗ってきた。
最初は冗談っぽく言っていたが、
だんだんオナニーしないといけないノリになってしまい、
オレまで一緒にオナニーすることになった。
T「そのかわり、3人も上脱げよ!」
一瞬ためらって、S香は「ブラだけならいいよ。」
と言うと、Tはためらいも無くスボンを下ろした。
Tのティンポは既に大きくなっていて、
S香「ってか、もう大きくなってんじゃん(笑)」


女の子3人はTの勃起したティンポを興味深く観察し、
「コタローも早く脱いじゃいなよ」と言って
オレのズボンを脱がそうとする。
大胆なTに対し、オレは恥ずかしさのあまり躊躇していた。
そして意を決してズボンを脱いだ。
T「うわ、デカイなお前!」
オレの勃起したティンポはTよりも明らかにデカかった。
女3人はオレとTの勃起したティンポを交互に観察していた。
力を入れて上下に動かしてやるとビックリしていた。
喜んでくれるので調子に乗ったオレとTは、
ティンポでチャンバラごっこをしたり、
女の頭に乗せてチョンマゲをしたりしてふざけていた。


3人の中で唯一処女だったE子、
勃起したティンポを見るのは初めてで、
顔を赤くしながら特に驚いていた。
それからTは、「約束だよ。早くブラ見せてよ」
と言い、3人に促した。
しばらく間があったが、S香が先陣を切ってシャツを脱いだ。
S香の胸はさほど大きくはないが、形は良さそう。
(B82くらいか…)
お酒の影響か、体が少し赤く火照っていた。
続いてM美とE子もシャツを脱いだ。
M美の胸は、B85はあって、黒ブラだったのでかなり興奮した。
オレはTと企んで、E子がシャツを脱ぐ瞬間、
顔の前1センチくらいにティムポを近づけた。
いきなり顔の前に2本の勃起したティムポを目にし、
E子は本気でびっくりしていた(笑)
E子の胸は、S香と同じくらいだろうか、
黄色の可愛いブラをしていた。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
それからTはE子へ、
「ココから精子が出るんだよ、ピュッて飛ぶんだよ」
…等解説した。
E子の「精子が出るとこ見たい」の声で、
オレとTは3人の女子の視線の中、
ビンビンに勃起したティンポを擦った。
女子「へぇ、こうやってやるんだぁ」興味深々に観察していた。
オレはかなり興奮し勃起度は過去最高だったが、
3人の視線にイクのに集中出来ないでいた。
すると2分程でTが、
「そろそろ出るよ。うっ…」と言って
床の上に大量のザーメンを撒き散らした。
女「うわぁ、ほんとに飛んだぁ」
女子3人は、射精後のTのティムポや床に飛んだTの精子を観察し、
しばらく匂いを嗅いだり精液に触れたりして騒いでいた。


オレは、なかなかイクことが出来ないでいると、
S香が寄って来て…
「まだ出ないの?」と言ってティムポを擦ってくれた。
S香「こうやって擦ればいいの?」
S香の細い指が、オレの太くなったティムポを握って不器用にコスコス…
ちと痛かったが、その不器用さがイイ!!
オレは膝立ちの状態が辛くなったので、ベッドに仰向けになった。
そしてさらにコスコス…
そしてM美も混ざって交互にコスコス…コスりながら
ピチャピチャ音が出てきた。
S香とM美の手にはオレのガマン汁がベットリ!
だんだんとイキそうになってきて、
手コキだけでは我慢出来なくなったオレは、2
人に舐めてもらうようお願いした。
最初は躊躇していたが、
半ば強引に2人の顔をティンポに近づけ、頼んでみた。
「えぇー」とか言いながらもチロチロと軽く舐めてくれた。
じれったくなってオレはM美の頭を押さえて、
思いっきりティムポを突っ込んでやったら、
M美「おぇーってなるじゃんかぁ、やめてやぁー」
さすがに怒られた。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

次第にエスカレートしていき、S香とM美は本気で舐め始めた。
S香のフェラは時々歯が当たって痛かったが、
奥まで深く咥えこむのがたまらなく気持ち良かった。
M美のフェラは、先っぽ中心の速い上下ピストン!
これまた気持ちイイ!!
そこにイッたばかりのTが、
「オレのも舐めてくれ~」とやってきて、M美のフェラを受ける。
Tのティムポは、もうビンビンに復活していた。
T「見てたら立ってきたよ。オレも混ぜてよ」
S香→俺、M美→Tのフェラ合戦!!
部屋中にチュパチュパ音が響いていた。
ただ、この状況をE子だけは黙って見ていた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

オレはS香のフェラを発射限界で我慢し、E子を誘ってみたが、
E子「ううん、見てるから続けて」と言われてしまった。
目の前の光景に圧倒されてる感じ。
(未だ経験無いんだもん、それも無理ないか…)
俺「んじゃぁ、見ててよー、出すよー!オラっ!」
オレはS香にフェラを止めさせ、最後はS香の手コキで腹上射精した。
5回くらいピュッピュって飛び、S香の手やベッドにも飛ばしてしまった。
S香「いっぱい出たねぇ、こんなに飛んだのは初めて見た」
そしてE子は、ティッシュを持ってきてくれて、
飛び散ったザーメンを丁寧に拭いてくれた。
でも、ティムポについたザーメンまでは拭いてくれなかった(泣)
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」旅の恥はかき捨てとはよく言ったもんですね②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


昨年の1月15日、私は地元の成人式に出席しました。
アップに結った髪に飾りをつけて薄紅色に牡丹の絵模様が鮮やかな振袖を着ていきました。
ところが、Aおじさん。
この日が安全日だと知った途端、来ちゃダメといっても
「晴着の恭子ちゃんを抱きたいんだ。一生のお願い!ね。頼むよ~」
と言って聞きません。
で、わざわざ新幹線に乗って神戸まで追っかけて来てしまいました。
全く、しょうがない人です。
成人式は半日で終わり、後は懐かしい地元の友人たちと一緒にと思っていたのですが、
それは夕方にして、その間にAさんが宿をとった某シティホテルで「いたす」ことにしました。
ホテルのエレベーターの中で待ちきれないのか、
他に人がいる中で早速、手を握ってきました。
部屋は二部屋続きの和室で襖を開けると奥の八畳間に既にお布団が敷いてあります。
準備万端、やる気満々!のようです(^^;。
着付けはある程度心得ていますしホテルのサービスもあるので何とかなりますが、
髪を崩したくないので今回は私が上になることにしました。
なるだけ振袖を着たままでというご要望なので、
足袋も帯もそのままで始めました。
肩を抱かれて舌を絡ませた後、彼だけが全裸になり、
お布団に振袖姿で行儀良く正座している私の前に立ちました。
目の前のおち○○んの先っぽを舌先でそっと舐めて含んであげます。
少し腰を浮かせてしゃぶっているうちに、
私の濃い赤の口紅がついておち○○んがところどころ染まっていきます。
今度は私が立ち、彼が晴着の裾を払って手を入れてきました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
足首から膝、太股へ左右に裾を開きながら忍び込んできます。
最後には後ろから、長襦袢や裾よけも一緒に全部捲られたりして、
私は思わず足をよじり合わせてしまいました。
そして、はだけてしまった足元にもぐりこんで、
裸の両足を一緒に腕で抱いてあそこの毛を撫でたり太股に頬ずりをします。
それから、私の股に頭を突っ込んで足を開かせ、
指先でお尻の穴をいたずらしたりしながら、あそこを舐めはじめました。
私はだんだん気分がのってきて、彼の顔を股に挟んで口と鼻先に
クリトリスをこすりつけるように腰を前後にゆっくり動かしました。
すっかり濡らしてしまった私は、
帯や紐をほどき振袖の長い袖と裾を後ろに大きく広げて、
仰向けになった彼の上にしゃがみました。
固く反り返っているおち○○んにあそこを押し付けてヌルヌルにしたあと、
滑らせるようにそうっと挿入しました。
それまでじっと私のしぐさを黙って見ていた彼がため息を漏らします。
私もしばらくそのまま深く入った感触を味わったあと、
彼の身体に手をついて、腰を大きく動かしました。


でね、みなさま、ここまではよかったんです。
ところが今回は、さあこれからという数回目に奥までグッと腰を沈めた途端、
な、なんと、「うっ」という声とともに
彼はあっけなく私の中で果ててしまいました。
わざわざこのために神戸まできたのに…。
三擦り半よりは多かったけど…。
そんなわけで、彼も不本意ながら一応いけたし今日は時間もないし私はいいや、
ということで終わりにしました(^^;。
彼はあまりに簡単に漏らしてしまった自分が照れくさいのか、
今でも、上気して頬を染めた私が振袖の長い袖や裾をひるがえして
自分にまたがる様子や腰を上下させていた様子が、
今までのエッチの中で最高に美しかったと言い訳します。
特に花の髪飾りや振袖の紅や薄緑、金、銀の華麗な絵模様と
襦袢の裏地や白い肌のコントラストに興奮したのだそうです
(この時の話になるととにかく言い訳します)。
ちなみに、Aさんによると、なんでもこういうエッチには、
美しい尾羽を広げた孔雀のように女性が晴着を扇形に部屋いっぱいに広げる様子から、
「孔雀」という古式ゆかしい呼び名があるそうで、
私とどうしてもやってみたかったんだそうです。
みなさまはご存知でしたか?
帰りは、予定どおり地元の友人たちとの同窓会に合流しました。
その時同級生のみんなと一緒に撮った写真が今もアルバムにあります。
そこにお上品に写っている私のあそこに、
さっきのAさんのミルクが少し滲んでいることは、誰も想像だにしない秘密です。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
昨年の7月初め、Aさんと某避暑地に旅行しました。
私は薄いワンピースにリボンのついた帽子をかぶっていきました。
山の中の会員制の小さなホテルで夏休み前の平日ということもあって、
その日の宿泊は私達の他は数組の家族連れだけでした。
彼は奥様には出張ということにしてきたそうです。
私は、彼を独り占めできるうれしさと、
初夏の清々しい大自然のなかで、気分はもう最高でした。
そんな開放的な雰囲気のなかで、例によってAさんの出したご注文は…
みなさま、何だったと思います?はい、
「朝日のあたるテニスコートでエッチしよう。」でした。
いや、全く、どこからこんなこと思いつくんでしょう?
で、続けて「朝早く行けば、誰もいないから大丈夫。
空気はいいし、青空の下できっと気持ちいいよお」だそうです(^^;。


そのホテルには少し離れたところに崖と林に囲まれたコートが2面あって、
宿泊客が自由に使えます。昼は周囲を散策して、夜は一緒にお風呂に入って、
彼に抱かれました。胸を揉みしだかれて身体に火がつきます。
私もたまらず彼の乳首やおちんちんに吸い付きました。
今日は完全に私のものですもの。
なのに、射精は明朝のお楽しみにとっとくんだそうです。
そこで、数撃てない彼の代用品というか分身というか、
そう、久々にあの紫色のバイブ君の登場です(普段はAさんが持っています)。
自分で持って動かしたり彼に操ってもらったりして、私だけいっちゃいました。
シーツをすごく濡らしてしまいました。
翌朝まだ6時前、済んだ空気の中に、小鳥のさえずりだけがかすかに聞こえます。
空には筋雲が走って朝の光がまぶしいテニスコートに私達はいました。
私は、普段着ている襟元に青いラインの入った白いテニスウエア、
彼は堂々たるジャージ姿です(でもまあまあ上手ですよ)。
コートからはホテルの最上部が一部見えるだけで、他は人影がありません。
少しためらいつつ
「本当にここでするんですか?」
「昨晩は君のオナニーが目に焼き付いて、一晩中必死で我慢してたんだから」
「…はい」
で、次に彼が言いました。
「その前に、ここでおしっこしよう」
「え?」
「じゃ、僕が先にするよ」
そう言って、なんとコートのど真ん中でジャーっとやってしまったのです。
「気持ちいいよ、次は恭子ちゃんの番だ」
「で、で、でも」
と言ってる間に、彼の手がスカートの中に伸びて
アンダースコートとショーツを一気に足首まで下げられてしまいました。
2枚とも取り上げられて、仕方なくその場にしゃがむと、
「立ってやってごらん。
お嬢さん育ちだから外で立ちションなんかしたことないだろ。ほら、こっちで。」
広々としたコートの中央に引っ張っていかれました。
私は足を大きく開いて少しお尻を引いて立ち、スカートをたくし上げました。
彼は真正面にあぐらをかいて面白そうに見ています。
おしっこするところを彼に見られるのは今回が初めてではありません。
でも、なんだか周囲が気になって、出そうでなかなか出ません。
辺りを見回して気持ちを落ち着かせたあと、そっと下半身を緩めました。
ビチャ、ビチャビチャビチャ…。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

静寂のなかで、私のおしっこの音が私自身を辱めるように大きく響きます。
朝が早すぎて起きてからしてなかったので、たくさん出ます。
こんなところで…、こんな恰好で…。
しぶきが日に当たってきらきら光ります。
その時、彼が遠く後ろの方を見て
「あ、人が来た」私はびっくりしてしゃがみこみました。
「いやあ!」
心の中で悲鳴をあげながら、慌てておしっこを止めようとしても止まりません。
どんどんおしっこが股間から音をたてて勢いよく流れてしまいます。
コートの真ん中で隠れようもなく、
私はおしっこをしながら小さく小さくうずくまるばかりでした。
そして、「うそだよ。冗談、冗談」。
もう、Aさんのバカです。
「まともにうけとるとは思わなかった」
私だってまさかとは思ったけど疑ってる余裕もなかったもん。
おしっこが出終わったあとも、
ほっとした私は足がすくんでしばらく立ち上がれませんでした。
Aさんにそんな意地悪をされながら、私はどうしていつも簡単に許してしまうのでしょう。
甘すぎますよね。けれどもやっぱり好きだ、甘えたいということが根底にあります。
足にかかってしまったおしっこをタオルで拭いてもらったあと、
私は怒りながら泣きたいような甘えたいようなおかしな気分で彼に抱きつきました。
空の下で、スカートの中に手を入れた彼は、
「奥までベチョベチョだ。これ、おしっこじゃないね」。そして、コ
ートの端のベンチに手をついて、後ろから貫かれました。
動きが激しくなるに連れ、かきまぜるようないやらしい音が耳につきます。
少し向こうにはさっきの二人のおしっこの交じった跡が見えます。
いけないことをしながら、明るい野外でという開放感があいまって、
全身が震えるような快感が込み上げてきます。私はいつのまにか我を忘れていました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

少し休んだ後、彼は折角だからテニスをしようと言います。
そのくせ、アンダースコートはおろかショーツも返してくれません。
ノーパンでテニスさせるつもりなのです。
けれども、さっきから誰も来る気配がありませんし、
何しろ私はコートで立ちおしっこをした上エッチまでしたためか、
今更というか羞恥心が麻痺して大胆になっていました。
ただ、ラケットを構えた瞬間、案の定、
彼のミルクがあそこからこぼれたのを感じました。
さすがにそれで走り回るなんてのはちょっとできそうにないので、
やっぱりホテルに戻ることにしましたが、
彼はまた意地悪して知らん顔でさっさと一人で行こうとします。
このままでは、フロントやロビー、
誰かが朝食をとっている食堂の前をテニスウエアにノーパンで横切らないといけません。
しかも万が一精液のしずくが垂れてきたりしたら…。
「お願いですから、パンティ返してください!もういじめないで!」
今度は私も真剣で、さすがにホテルの手前で返してくれましたが、
それでも匂いをさせていたかもしれません。
彼は時々、私に恥ずかしい思いをさせて面白がるところがあります。
少しぐらいなら私だっていいんですが。
でも、野外でのエッチは開放感があって…
Aさんがおっしゃったとおり確かにとても気持ち良かったです。
それに、立ちおしっこなんてまず普通は絶対できないことやっちゃったし。
Bさんが見たら目を丸くするだろうな。
旅の恥はかき捨てとはよく言ったもんですね。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」旅の恥はかき捨てとはよく言ったもんですね①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。
しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。
だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、
きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。
けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。


彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、
自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした
(わがままばかり言う今とはえらい違いですよ)。
一方で、私にはとことん尽くしてくれます。
エッチをしない時も私のショーツを降
ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。
爪先や髪の生え際、耳やあそこや果ては
お尻の穴まで何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、
私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。
そして、彼のために何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、
私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。
愛する人のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。
彼の身体の一部であるおち○ち○が、とても愛おしく感じました。
愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。
彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。
もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しいと思っていました。
おち○ち○を口に咥えたまま目で
「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。
彼に尽くせたうれしさと一緒に夢中で飲み下しました。
そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。
その後、Aさんはエッチのたびに上手なやり方を教えてくれました。
彼の足元に正座してパンツを降ろしてあげます。
先っぽに軽いキスのご挨拶をしてから、
唾液をたっぷりかけて笠の部分全体をゆっくり舌を回して舐めます。
そして袋から先にかけての裏側に舌全体を押し付け何度も舐め上げます。
たまには股下やお尻の穴も舌先でくすぐってあげます。
すると、この頃には大体先っぽから透明な液が垂れています。
次にその液を舌ですくいながらもう一度笠を大きく舐め回した後、
先っぽから唇と舌で吸いつくようにズーッと喉まで精一杯頬張ります。
この瞬間が気持ちいいのだそうですね(^^)。


それから指でお尻や股下を愛撫しながら、
時々キュッと唇で茎を強く締めたりして上下にしゃぶり、
同時に押しつけた舌をぐるぐる滑らしてあげるのを繰り返すと
二人とも5分ぐらいでビューッと口に出します。
できるだけこぼさないようにおち○ち○を抜いて、
口の中に一度広げてから味わって飲みます。
そして、もう一度、おち○ち○を含んで、
先っぽに滲んでいるミルクをきれいに吸いとってあげます。
特にBさんはこのおしゃぶりがお気に入りでよくしてあげます。
みなさまには、じゃあお前はどうなんだと言われそうですね。
…はい、好きです。
口に彼の体温を感じながらあそこも感じてしまうようです。
口の悪いBさんは、
「下の口が欲しいってよだれ垂らしてるぞ」
なんてからかうんですよ。
当然ですが、舐めてもらうのは、もっと好きです(言っちゃったあ)。
Aさんとは69で半日も舐めあっていたこともあります。
あと精液については、「えーっ、飲むのお?」という友人が多いです。
確かに おいしいものではありませんが、私は、愛している人のものなら飲みたい、
あるいは身体に注いで欲しいと思います。
そうすることで、いつもは一緒にいられないその人と別れたあとも
自分の体内で溶け合えているような悦びを感じるからです。
ついでに言うと、味はAさんの方がよく貯めてるせいか生臭くてドロリとしてます。
量も多いです。Bさんのは薄味さらっとしてて苦いです。
数撃ち過ぎなんですよね、きっと。(^^)


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
Aおじさんに初めて抱かれた夜から約1年、
私の二十歳の誕生日。彼のお祝いは真珠のネックレスとイヤリングでした。
その夜はクラシックコンサートの後、
高級レストランでご馳走になって、私の部屋に招きました。
抱擁とキスのあと彼は
「今日二十歳の大人になったばかりの身体に思いっきり感じさせてあげよう」
と言います。
ま~た、何か考えてるなって感じですが、
貰った豪華なネックレスとイヤリングを身につけて、
パンストだけを脱ぐように言われました。
そして、フロアの真ん中にキッチンの椅子を二つ離して並べ、
その上に手を引いて私を立たせました。
次に、両手を背中に回させて親指を紐で結びました。
妙な成り行きに期待と不安が交差します。
足を大きく開くことになり、おへそのあたりに彼の頭がくる高さになりました。
椅子の上は思ったより高くて、両手の自由も利かず不安定で心細いです。


それから、彼は私のまわりをぐるっと鑑賞するように見て回ったあと、
椅子の間に座って両足首を掴み、
「きれいな足だな。今日はピンクのパンティだね。かわいいレースのデザインだね」
と言ってミニスカートの中を見上げます。見られてる…、
「どう?こうして下からまともに覗かれる気分は」
の問いかけに、戸惑いながら正直に
「恥ずかしいです」と答えました。
それに、一日履いた後ですから、染みとかつけてないかしら…と気になります。
今度は立ち上がってミニスカートを前からめくったり、後からめくったり。
でも、身体には触れず、ショーツに顔を近づけて匂いを嗅いだり息を吹きかけたりします。
「一体どうする気なの…」
不安になってきた頃、彼はしゃがんで右足の爪先を舐めはじめました。
足首から次第に膝まで上がって、手で左足の内側をそっと撫でてきます。
足は閉じることができません。
足首から付け根にかけて彼の舌や唇がススッと這い回り、時々太股に熱い息がかかります。
ショーツ越しにクリトリスの周辺を指でくすぐられたり、強くつままれたりしました。
私もその気になってじっと彼の愛撫に身を委ねていると、
ショーツの前上端に指がかかり、ゴムをパチンと弾かれました。
ハッとする間もなくお尻の方もパチン。
「あ、イヤ、脱がされる!見られる!」
と意識するや否や、ショーツを開いた太股の途中まで降ろされました。
途端に股下が涼しくなり、もう濡らしているのがわかりました。
彼はショーツと股の間に頭を入れて舌先をチロチロ動かしたり、
指で毛や太股をそっと撫で回し、時にあそこやお尻の穴をいじります。
立っている私にはミニスカートの下の光景が見えませんが、
舌先であそこをかき回されるペチョペチョというかすかな音や、
ジュジュッとすすられる大きな音が聞こえるたびに、
自分が彼の顔の上で愛液をたくさん垂らしていることを思い知らされます。
足の指に力を入れ、爪先立ちしたり、
手のひらを閉じたり開いたり身をよじって耐えていましたが、
舌先でクリトリスを転がされたり吸われると、
こらえきれずつい恥ずかしい声を小さく漏らしてしまいます。
羞恥と疲れで広げた膝がガクガク震え、
彼の舌と指のタッチに腰が激しく前後に揺れて立っていられなくなりました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

椅子から降り、足に絡まったショーツだけ彼の手で脱がされ、
ふらついてベッドに移動しました。
括られた指とブラウスやアクセサリーはそのままで、
顔をついて膝を開いてお尻を高々と持ち上げる姿勢をとらされました。
スカートが捲くれてお尻だけ裸になり、
さっきからずっといじめられているあそこから愛液が溢れています。
それでもまだ彼は、またお尻や太股を軽く撫でながら
クリトリスを転がしたり熱い息をかけ焦らすのです。
散々催促して、ようやく指を奥まで入れてくれました。
でも、動かしてくれないのです。
「自分で動いてごらん」
「そんなあ!」
私はいたたまれず自分からお尻をくねらせました。
指ではなくて、彼の熱い太いおち○ち○が恋しくてたまりませんでした。
なのに、しばらくすると彼はその指さえ抜いてしまったのです。
もう胸がせつなさで一杯になり、身体を震わせて
「早く、おち○ち○を入れてください!」
と半泣きで恥ずかしいお願いをしました。
「よし、よし、ほら、おいしいぞ」
「(私)???…、!」
何と彼は、私のびしょ濡れのあそこに、
それまで隠していた紫色のバイブをいきなり深々と挿入したのです。
バイブはこの時が初めてでした。
スイッチが入るとブーンという機械的な音をさせて唸りだし、
しびれるような強烈な快感が下半身から全身に響きます。
自分を全然コントロールできません。
私は後ろ手に括られお尻に卑猥なバイブを嵌められた恰好で悶えながら、
一気に絶頂に達してしまいました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

それから、しばらくして彼はまだ泣き顔の私の手をほどき服を脱がせて、
やさしく抱いてくれました。私は泣かされた分、
いつもより思い切り甘えました。
全身で絡み合い、互いの性器をしゃぶりあって、
彼は「やっぱり本物がいい?」と笑いながら、
やっと待望のおち○ち○でもう一度私をいかせてくれて、
ミルクをいっぱい注いでくれたのです。
(私はやっぱり、熱い体温のある本物がいいです。)
今思えば、確かに気持ち良かったけれど、
焦らして半泣きにまで追い込むなんてヒドイですよね
(と言いながら、甘えている私って…?)。
一生忘れられない二十歳記念泣きべそエッチでした。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「レイプ・調教」いいですよ。なります、奴隷②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


こうして、メンバーのほとんどが私の口を犯し終わった頃、
とうとう挿入のときがやってきました。
仰向けになり、股を広げ、マンぐり返しの格好になった私のおまんこに、
男の人のおちんちんが入ってきます。
私「あんっ、おちんちん、気持ちいいです。もっと、もっと動いてください!」
男性「んー、もうちょっとエロいこといって。それなら動いてあげる」
私「私のいやらしいおまんこを、そのおちんちんでいじめてください!
私のおまんこに、ザーメンたくさん中出ししてください!」
そういうと、彼は思いっきり腰を降り始めました。
私「ああんっ、ああっはっああんっ、気持ちいい、気持ちいですっ」


高校の頃は、コンドームをつけていたので、
生のおちんちんは、これが初めてでした。
初めての生おちんちんは、想像以上に気持ちのいいもので
高校時代、避妊だとかいって生でしなかったのが馬鹿らしく思えてきました。
そしてしばらくして、彼は私の中で射精しました。
おまんこの奥に、熱いものが出てるのがわかり、とても心地の良い気分になれました。
彼がおちんちんを抜くと、すぐに別の人がおちんちんを入れてきました。
しかし、相手にする人数はまだまだたくさんいます。
そこで私は、あることを思いつきました。
私「あの、もし嫌じゃなければ、お尻の穴使ってください」
これにはさすがのみなさんもびっくりしていましたが、
私は、高校の頃、アナルセックスも経験していたので大丈夫だといい、
アナルを使ってもらうように頼みました。
人数が多いので、前と後ろに同時に入れてのセックスです。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
私「あっあっあっあふっああんっあああっ!!! 
おちんちん、気持ちいの、もっと、もっとぉ」
もう私は、約束のことはどうでもよくなってました。
今はただ、みんなに犯して貰いたくて腰をふるのが精一杯でした。
男性「なら、エロいこといってよ、変態さん」
私「そう、私は、変態さんです。裸で泳ぐのが大好きな変態さんです。」
男性「そうそう。そんな変態さんにはお仕置きだ」
私「お仕置き、いっぱいしてください。いっぱいいっぱいいじめてください」
我ながらとてつもなく恥ずかしいことをいっていると思いました。
でも、言葉にすればするほど、快感が全身を駆け上って、
さらに私をエッチな気分にさせるんです。
「ああんっあっあっ、中に、中にください、お願いします、中に出してください!」
「は……あひ……ま、またイっちゃいました……」
「やだ、抜かないでください、中に出して、私を妊娠させてください!」
「ああ、イく、またイっちゃう、イっちゃいますぅ!」
交代ずつ、私はみなさんに犯されました。
もう、ただ気持ちよくなることで、頭がいっぱいでした。
このときは、本気で赤ちゃんができてもいいとさえ思ってたんです。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
私「あ……はぁ、はぁ、あっ……んぅ……」
全員終わったのか、私を犯す人はいなくなりました。
私のほうは、何度もイったせいか、体中の力が抜け、立つことも出来ませんでした。
私「あの……これで、約束守ってくれますよね……」
男性A「悪いけど、まだ無理だね。
これから、俺たちの奴隷になってくれるなら、考えてあげてもいいよ」
私「奴隷……? ……いいですよ。なります、奴隷」
男性A「なら、奴隷の儀式だ」
そういうと、彼は私の口におちんちんを押し込んできました。
またフェラチオでもさせられるのかと思い、
おちんちんを舐めると、なんだか生暖かいものが。
それは、彼のおしっこでした。
一瞬びっくりしましたが、これが、奴隷になる儀式だと気付き、
抵抗するのをやめ、彼のおしっこを飲むことに集中しました。
気がつくとわたしは、自分から彼の腰に腕を回し、
必死になっておしっこを飲んでいました。
おしっこ自体は別においしいものではありません。
ただ、おしっこを飲むという異常な行為が、私を興奮させていました。
おしっこを終え、おちんちんを抜いた彼は私に質問をしてきました。
男性A「あとのメンバーのおしっこ、全員のを飲むのと、
みんなにおしっこ体中にかけられるの、どっちがいい?」
私は、身体にかけてもらうほうを選びました。
口に出されただけでも興奮してしまったのに、体中にかけられたら、
いったいどうなるか怖いながらも興味がありました。
わたしは大の字に寝かされると、いっせいにおしっこをかけられました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

顔を、胸を、脚を、いろんなところを、生暖かい液体が流れていきました。
さすがに全員一緒は無理なので、交代で私におしっこをかけられました。
時折うつぶせにさせられ、背中やお尻にもおしっこをかけられました。
このとき私は、とてもうれしい気持ちでいっぱいでした。
おしっこをかけられて気持ちよくなっていたのもありますが、
たくさんの男の人に犯してもらうのが、
こんなに気持ちのいいことだとは知らなかったので、とても幸せな気分でした。


次のスイミングクラブの日から、私は水着を持ってこなくなりました。
みんな知っているので、裸で泳ぐことを隠す必要もないと思ったからです。
それに、エッチをするのに、水着を着ていても邪魔なだけだからです。
今も私は、スイミングクラブに行くたびに、みなさんに犯してもらってます。
奴隷になれというのは、私に、好きなときにエッチさせろというものでした。
もちろん私は、大喜びで奴隷を努めさせてもらってます。
結局私の秘密は、もっと大勢の人に犯してもらうために、
自分からバラしてしまいました。
最初はコンドームを持ってくる人もいましたが、
中出しが病みつきになった私は、コンドームを禁止し、
エッチの時は必ず中出ししてもらうようにしています。
さらには、いつのまにか私の口はみなさんの便所代わりになっていて、
おしっこをするときは、私の口に出すのが決まりになっています。
私は、おしっこを飲むのは大好きになってるので、
喜んでみなさんのおしっこを飲ませていただいてます。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

生理中や、危険日が重なった時は、水泳教室は休みますし、
誰にも会わないようにしていますですが、
もしも危険日に出されたらと思うと、興奮が止まりません。
ちょうど今度の危険日と、スイミングスクールの日が重なります。
その日私は、みなさんに危険日だということを明かし、
私を本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと頼むつもりです。
もしも妊娠したらと、今から期待で胸が一杯です。
本当は、妊娠したくて仕方ありません。
今度はどんな快感が得られるのか、楽しみで楽しみで仕方ないのです。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。