更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「痴女」女子大生集団逆レイプ②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


さて前回の続きです。合宿では毎晩のように宴会をやり、
ナンパしてきた男を虐めてました。
何も知らない一回生は、最初かなり驚きますが
3日もすると根性が座り、まるで別人のようになります。
定番の王様ゲームも、のっけからオッパイ見せたり
キスしたりで、始まって10分もしないうちに
「○○のをフェラしてやれ!」だの
「レズってみろ!」という命令が飛び出します。
傑作なのは「透明人間とSEXしろ」というもので、
見えない男を相手に実際にやってるのと同じ状態を
再現させるんです。



この宴会芸が始まると、
もう異様な雰囲気で手がつけられない
乱痴気騒ぎになってました。
なにしろ何でも有りの恥知らず揃いでしたから、
見てる方が恥ずかしくなるほど熱演しちゃうんです。
それで何人かが2階に行くと(宴会は1階です)
後からゾロゾロとやってる最中の部屋に
押し掛けちゃうんですが、鈍い男だとまだ喜んでます
「次、私だからね」「じゃあ、私はその次~」
なんて言い出すのを聞いて、
ようやく何が起こってるんだ?って周りを見るんだけど、
もうその時は素っ裸になった私達が群がってて、
目の色を変えて舌舐めずりしてるんです。


それから先はヤリ放題にやりまくります。
感想のコーナーで、男が先にイクなんて考えられないとか
書いてあったけど、多勢に無勢じゃ興奮度が違うのか、
数人掛かりでフェラしてると先に降参しちゃいます。
私達はレイプしてる側なんで、先にイクと自尊心が傷付いて
「チッ・・」とか舌打ちしてました(笑)
自分より先にイカせたら「イッチョ上がりぃッ!」って、
射精させた事を自慢するんです。
犯した俺に投稿してる人だって、
無理にイカせるのは面白いんでしょう?それは女だって同じ。
出来れば年下の方が良いといのも同じです。
やっぱ松茸の「賞味期限」は新しいのが良いですね(笑)


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
バレー部では年に2回、夏期合宿と冬期合宿(どちらも1週間)
というのをやってました。
バレー部の全員が逆レイプに参加するのはこの2回だけで、
後は先輩の気分次第で不定期に遊ぶんです。
男を虐めてストレスを発散したい子だけが参加するんですが、
いつも頭を悩ませてたのが場所の確保でした。
なにしろ目的が目的だけに、それなりの広さがあって、
多少騒いでもバレる心配のない所なんて滅多に見つかりません。
その点、合宿に使ってたペンションは、
管理人さえ丸め込んでしまえば、
後は乱交パーティだろうが逆レイプだろうが、
好き放題に遊べます。
だから私達も、管理人のおじさん(50代)には、
毎年たっぷりとサービスしてました。


前に書いた「お金を握らせる」というのもそうだけど、
合宿の初日には、新入生を一緒にお風呂に入らせるんです。
これは自己紹介も兼ねいて、
湯船に浸かって見物しているおじさんの前で仁王立ち
(もちろん全裸)になり、自分のフルネームと出身校、
スリーサイズなんかを申告してから校歌(出身校の)を
歌わせます。根性試しなので、
後ろで二回生がずっと監視してるんですが、
中には歌詞をド忘れして思い出せない。。
なんて子もいました(笑)
新入りの自己紹介が終わると次は二回生。。
寄って集って背中を流してあげるんだけど、
ソープ嬢も顔負けするくらい強烈です。
おじさんの腕を股間に挟んで洗う子(二人掛かり)もいれば、
抱きついてオッパイを背中に押し付ける子もいます。
洗い終わったらフェラで抜いて、お風呂タイムは終了です。
お小遣いと称して渡していたのは1日5万円。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
一回生には乱交パーティを匂わせて、
合宿費用の上乗せに各自5千円を徴収してました。
六泊七日なので30万の出費になるんだけど、
前に書いたように、足りない分は風俗でバイト
(主に三回生)して捻出します。
余談ですが私も風俗(ヘルス)で働きました。。。
まあそんな事はともかく、
管理人のおじさんさえ追い出してしまえば、
あとは一階でも二階でも(かなり広い部屋)自由に
使えるという訳です。
剣道部の抜き大会では一人の持ち時間が2分、
掛け金は2千円の勝ち抜き戦きらしいけど、
私達もロシアンルーレットというのをやってました
(前に書いたような?)掛け金は3千円。。
持ち時間は一人10秒で、
入れてから腰を振り出すとカウント開始。
当然1周や2周で発射させるのは無理で、
全員に総取りのチャンスがあります。
ナンパした男(多くても5人)は、
ペンションの場所がバレないように、
わざと車で遠回りして連れてきます。。
途中でズバッと
「やらせてあげる代わりに目隠しさせて」と言って、
両目にガムテープを貼る念の入れようでした。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

ペンションに招き入れて、
淫乱女子大生の乱痴気騒ぎ(笑)が始まると、
例外なくデレーっと鼻の下を伸ばします。
でも、世の中そうそう天国ばかりじゃありません。
なにしろこっちは飢えた羊です。
まず最初は乱交パーティの1番手ですが、
30人近くもいると当然「お前とはやりたくないっ」
って子もいる訳で、そんな子が
「○○とやりたいんでしょ~。だったら先に私を満足させてよお」
「後でちゃんとやらせてあげるからさ~」って誘います。
お目当ての子とやりたさにSEXしても、
「まだいけるでしょ!今度は私としよ~」
「ほらぁ、頑張って~、次は本当に○○とさせてあげるからぁ」
と、生殺し状態で何回も絞り取ります。



「もう止めてくれ」って泣き出しても私達はやめません。
両手両足を押さえ付け、
2人掛かり3人掛かりでチンポや金玉をしゃぶり、
同時に舌を絡めてディープキスします。
唾液を呑ませながら、
乳首を舐めたりおまんこを押しつけたり、
とにかく何度でも回復させて一方的に楽しむんです。
夏期合宿から帰ってくると、
それまでお嬢様ヅラして澄ましてた子が、
顔色一つ変えずに「チンポ」だの「マンズリ」だのと、
卑猥な言葉を使えるようになってました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

三回生の頃は本当に楽しい事ばかりでした。
なにしろ上にいるのは四回生だけで、
実質的にはサークルの中に怖い者なしという状態です。
私も三回生になったら(こんな酷い遊びや伝統は止めにしよう)
と思ってたんですが、実際に自分が三回生になってみると、
後輩を壊すのが面白くって、
結局なに一つ変えられませんでした。。
年に2回の合宿以外でも、
私達の無軌道ぶりは止まることを知りません。
例えば後輩の中に付き合ってる男がいると、
オマンコの毛を全部剃らせた上でやらせます。
その様子をテープに録音させて、
次の日にクラブハウスで楽しむんです。


「笑わないでね、サボリ防止だって先輩に剃らされちゃった」
「うぉッ!やらしいなぁ。この方がエロくて良いよ」
「やぁだ~、そんなに見ないでよお」
「へへへ、これからもずっと剃るのか?」
「そうよ、二回生になるまでだって。。ちょっと、
そんなに顔近づけて見ないで!」
という会話から男とやってる様子まで、
一部始終をサークルの全員で聞きます。
一週間以内に命令を実行しないと、
当然百叩きをやる恰好の理由という訳です。
私達の間では、まともな恋愛感情というのは二回生になるまでに、
かなり歪められてました。
単なるセックスフレンドとして、男と付き合うようになるんです。
言葉使いも下品で、
付き合ってる男とか彼なんて言い方はしません。
「今使ってるチンポ」と完全に物扱いです。
たぶん私達が付き合った男は
(バレー部ってのは、サセ子が多い)と思ったでしょう。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

なにしろ紹介された後輩が、
自分からしきりにHを誘います。
勿論それは先輩からの命令です。
年に2回の乱交(逆レイプ)だけでは満足出来ず、
一回生や二回生を使って色々と退屈しのぎをしてました。。
紹介する時に
「この子とやらせてあげようか?
私の言う事なら何でも聞くわよ」
と初めから男にけしかけた事もあります。
次の日、久美子(一回生)が持ってきた録音テープには、
馬鹿みたいに喜ぶ男の声がしっかり録音されてました。
「はぁ、、はぁ、、あぁん、あっ、あん、、はっ、はっ、はっ」
「くう~ たまんねぇな。
可愛い顔してるくせに、そこまでやんのかよ」
「はッ、はぁ、悪い?先輩とは、はッ、はぁ。
どんな体位でやってるの」
「俺はバックでするのが好きだな」
「あっ、あぁあん、もうイキそう」
「おぉ、いいぞ。締まる、もっと締めろぉ」
「んっぐ。。んっ、んっ。。ちゅッ、ぶちゅ~」
(フェラで立たせてる)「凄ぇ。。お前、凄ぇよ」
「ねぇ、もっとしようよぉ~、
まだまだ元気じゃない。私もっと欲しい~」


久美子は騎乗位で3回、後は彼の好きなバックで2回。
私が命令しておいた(5回以上抜く)と
(必ず騎乗位でやる)を実行しただけです。
彼女は一回生の中で一番清純そうに見えたんですが、
なんとなく自分の可愛さを鼻に掛けてるようなので、
チンポ狂いの淫乱ブタに仕込んでやりました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「痴女」女子大生集団逆レイプ①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


えーっと私も集団逆レイプの経験者です。
某女子大のバレー部に所属してました。
さすがに新入部員に生を強要するなんて無茶なことは
しませんでしたが、それでもかなりエグいことを
やってたもんです。
まず先輩が逆ナンパして「獲物」を連れてくるってのは同じ。
でも年齢は中学生から高校生っていうのが大半でした。
レイプの方法も、いきなりやるんじゃなくって、
最初はごく自然に乱交パーティみたいな感じです。



だから、連れてこられても初めのうちは喜んでます。
だけど気がつくと、いつの間にか10人くらいだったハズの
部員が20~30人に増えてて、
しかもなんていうか異様な雰囲気になってるんで、
泣き出したり暴れたりします。
そうなると、いよいよ集団逆レイプが始まる訳で、
1回生が総掛かりで押さえつけて無理やりに勃起させます。
オナニーするとこ見せたりおまんこ押しつけたり。
同時に乳首吸ったりフェラしたり・・
とにかく何が何でも勃起させます。
そのあたりのテクニックは、
風俗でバイトした経験のある先輩なんかが色々と
伝授してくれるんだけど、
お尻の穴にコールドクリーム塗って前立腺をマッサージなんて
序の口です。酷いのになると鼻の穴に恥垢を塗り込む。
なんてことまでしてました。これをやると絶対に立ちます。



それで、萎えちゃったのを無理やり勃起させると、
先輩がSEXしてまた一回生が群がって回復させて、
また別の先輩が。。という感じで繰り返します。
「○○はマンズリしろ、○○チンポしゃぶれ、
○○はオマンコで口塞いどけ」等々・・・
まあ1回生は「当て馬」みたいに扱われるんで、
経験済みだったりすると、
なんか損してるような気分になるんです。
聞くに耐えない下品な言葉使いは
バレー部の伝統的なもので、
私も2回生になった頃には完全に洗脳されてました。
でも、やっぱり処女の子とかだと
逃げ腰になっちゃうんで、
先輩にボコボコにされて泣きながら服従してました。
先輩が飽きてきたら、1回生にもSEXさせるんだけど、
嫌がったりしようもんならリンチです。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「おらおらぁ、花嫁修行だと思ってやりゃあいいんだよッ!」
なんて往復ビンタで気合い入れたり、
髪の毛掴んで引きずり廻したり。もう無茶苦茶。
だけど強制的にヤらせる場合でも、
生で中出しなんて絶対にしなかった。
だって遊びで妊娠させちゃうほど鬼じゃないもん。
でもアナルSEXを強要した
(やっぱり鬼かな?)時には生でやらせました。
感想のコーナーにも書いたけど、
慣れちゃえばけっこう楽しめるもんで、
今日はアレやるらしいって情報が入ると
「またゴム足り無くなるんじゃない?」とか
「何発目で泣き入るかなぁ」なんて、
平気な顔で怖い話してました。


ちなみに逆レイプで抜く回数は平均すると12~13発です。
私達が満足するまで絶対にやめないんで、
どんなに根性座ってる子でも、二桁越えると
「もうやめてくれ!」とか「助けてくれぇ!」って、
情けない声で悲鳴上げてました。
大勢の女の子に犯して貰えるなんて、
まるで天国みたいと思ってる人もいるようですが、
本当にやられると地獄です。
まいこさんが書いてたように、
ストレス発散のためにやる男いじめなんだから・・・


私がいたバレー部では、今の時期になると
一回生の調教を始めます。
先輩の命令には絶対服従する「奴隷」に改造しちゃうんです。
どんな事をすると思いますか?年に1度の行楽シーズンだから、
サークルのメンバーの中には必ずと言っていいほど、
家には誰も居ないくなるっていうのがあるでしょ。
そういう家を使って「裏ビデオ鑑賞会」を開きます。
一回生には練習だと騙して、絶対に全員参加す
るようにって通達しておくんです。それで、
ビデオ見て興奮してきたら、
オナニーやらせたりレズらせたりするんだけど、
いきなりやらせるんじゃなくて、
まずは完全に壊れてる二回生の何人かに、
お手本を見せてやれって命令するんです。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「あ、あはぁ・・あはぁあ・・
はひっ、はひッ・・・いひぃいッ!!」
「おおっ、おぉう・・んっぉ、、
んっぉ、うぉ・・んおぉッ!!」
骨の随まで「先輩は神様!!」
ってのを叩き込まれてる連中だから、
ついさっきまで見てた裏ビデオと同じくらい
本気印でオナります(笑)そうやって、
集団心理で追い込んでおくと、
一回生もすっかりその気になって、
バレー部伝統の羞恥責めもやり易い。
「おーおー、年期入ってるよコイツ!」
「嬉しそうに、鼻の穴膨らませてるじゃん」
「どお?見られながらやるってのもオツなもんでしょ~」
「パパが見たら、ショック死しちゃうかもねぇ」
周りで見物しながら囃し立てるもんだから、
もう頭の中は真っ白。
形だけのオナニーで終わらせるつもりだったのが、
どうせ女の子ばかりだし、一人でするより興奮するし・・
まあいいかって、いつのまにか本気になって
(もっと見て、もっと罵ってぇえ!!)と変態入っちゃいます。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
「○○雅美、マンズリやらせて貰いますッ!」
先輩に指名されてオナる時は、
必ずこんな風に挨拶させられました。
オナニーじゃなくて「マンズリ」もしこの時
「・・マ・・マン・・ズリ」
なんて口籠ったりしようもんなら、もう大変!!
顔の形が変わるんじゃないか?ってくらいぶん殴られて、
徹底的に言葉使いを矯正されるんです。
「○○雅美のマンコは、高2の時にチンポ経験しましたッ」
初体験の告白なんかもこの通り・・・



毎年恒例の夏期合宿の時には、
一回生を逆レイプに参加させると決まってて、
それまでの間に色々と上下関係を叩き込んでました。
 前に書いたGWの裏ビデオ鑑賞会もそうですが、
そりゃあ一回生にとっては辛いしごきばかりです。
よくやったのが連帯責任と言って、
スリッパでお尻を百叩きするというもの・・
なかなか壮観な眺めですよ。下半身だけ脱いで、
丸出しの尻がズラ~っと四つん這いに並んでるってのは。。
その尻を力任せにしばき上げるんです。
理由なんて誰かが集合時間に遅刻したとか、
最近気合いが入ってないとか何とでも付けられます。
ズラ~と並んだ尻を、無差別ににぶっ叩くんです。
手加減なしに殴っては、スリッパをバトン替わりにして
次々に気が済むまで続けます。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

しごき役が交代して叩かれるたびに、
一回生は「有り難う御座います!!」と言って、
叩き易いように思いっきりお尻を突き出さなければなりません。
もっと怖いのは、顧問の先生(男性)が
そういうのを黙認してたって事です。
見て見ぬフリどころか、
時々鼻の下を延ばして見物しに来てました(笑)
だから私達も、百叩きだけは大っぴらにやってたんだけど、
たまに意地悪して
「あのぉすみません、遠慮して貰えますか?」って言うと
「ああ、そうだな・・・あまりやり過ぎるなよ・・」って、
なんだか名残惜しそうでした。
他にもサボリ防止とか言って、
彼氏のいる奴にはおまんこの毛を全部剃らせたり、
女子校上がりだったりするとレズビアンの経験者が多いので
(私もそうでした)練習後の退屈しのぎにレズらせたりしてました。


流石にそれは先生に見せられないので、
バレないように見張り役なんか立てて厳重警戒でした。
夏期合宿の時には泊まり込みの荷物の中に、
コンドームを何箱も忍ばせていったもんです。
場所は某有名な海岸から徒歩で20分くらい・・・
さらに15分ほど北に歩けば繁華街という場所に、
かなり大きなペンションがあって(毎年契約してる)
そこで一週間泊まり込みの合宿でした。
夜になると、ほとんど人通りが無くなってしまうので、
少しくらい騒いでも周りには絶対聞こえません。
当然、その中で逆レイプが行われていたといても、
誰にもバレる心配は無いという訳です。
管理人のおじさんにはお金を握らせて、
夜中には帰って来ないように言い含めてました。
たぶん(こいつら、男を連れ込みたいんだな)
くらいにしか思ってなかったと思います。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

だけどその管理人さんは、
とっても「物分かりの良い人でしたから、
学校に報告するなんて野暮なことはしません(笑)
有志の何人かが、
ほんのちょっと風俗でバイトして作ったお金です。
きっと今でも、何も知らずに受け取ってるでしょう。
何も知らないのは一回生も同じです。
砂浜での10キロマラソン,腕立て200千本レシーブ
それこそ血反吐を吐くまでしごき抜かれてる頃・・
二回生,三回生の中から選ばれたナンパ組は、
手頃な獲物を求め水着姿で海岸をうろつきます。
手頃というのは、女には不自由してないって感じの
イケてるタイプの男です。
かなり露出度が高い水着なので、しばらく歩き回ってると、
何人もの男が声を掛けてきます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女教師」大好きな女教師と父親

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


その日は、土曜日の夜から教えてもらうことになっていて、
昼間友達と渋谷へ行き遊んでから家に帰りました。
母は一泊二日の同窓会で熱海に行っており、その夜は先生私の父しかいませんでした。
僕はその朝10時に家を出て5時に帰ってくると父に言い残し遊びに行きました。
しかし、あいにくの雨だったため、予定を切り上げ1時ごろ帰宅してみると、
家の中から聞き覚えのある女の人の声がしました。
なぜか胸がどきどきして静かに家に入ってみると、
そこには何故かあの僕が大好きな祥子先生がいました。
そして僕の父も同じ部屋にいました。
祥子先生は僕の父にバックからされているところでした。
思わず息をのみました。
あの清楚で、男を知らなそうにみえた先生が、後ろから腰を抱えられて、
その真っ白なお尻に父のカリの張ったどす黒い肉茎がぬらぬらと光りながら出し入れされていました。


先生は上半身を座布団の上につっぷして、お尻を高く抱えあげられて貫かれており、
ちょうど隣の部屋からはその横からの姿がすべて見えました。
先生のそんな姿にも興奮しましたが、
今までに見たことのなかったオスとしての父の姿も僕を興奮させました。
先生の顔は上気してほんのり赤くなっており、少し感じているように見えました。
次々と休む間もなく繰り出される父の剛刀に先生はなす術もなく、
快楽の瞬間を告げる声をさんざん上げさせられました。
途中でいきかかったときに、その剛刀をわざと引きぬかれ、
じらされた挙げ句に、父は先生に命令しました。
「祥子先生、いきたかったら、いかせてくださいとお願いしてみろ!」という父の言葉に、
最初は無言の抵抗をしていました。
しかし父のテクニックはすごかったらしく、言うことを聞かないとみると
父はその黒光りする一物を、清楚な彼女のあそこにゆっくりと出し入れを繰り返しつつ、
耳を舐め、背中を舐め、腋の下を舐め、じっくりじっくりと先生が興奮してくるのを待ちました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
そして先生の喘ぎ声が徐々に大きくなり、
興奮がピークに達するころ父はさっと一物を抜いてしまうのでした。
そんなことをたびたび続けているうちに、
とうとう先生のほうが先にギブアップしてしまいました。
何故か、いやらしい父の攻めに大好きな先生が屈してしまったようで
何とも言えない複雑な気分だったと同時に
僕の息子も興奮してパンパンに張ってしまいました。
きつく結んだその口元からは、いつのまにか快感に翻弄される先生のあえぎ声と、
よだれが垂れてきていました。
最初は両手でしっかりと顔を前に上げていた先生も、
最後のほうになるとその綺麗な髪も顔にかかり、上半身をぺたっと床に付けていました。
そして、ついにその一言を、あの先生が言うところを耳にしてしまいました。
先生は消え入りそうな声で「いかせてください!!」と
父に言ってしまいました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
いつもの先生からはとても想像もつかない言葉でした。
目がとろんとして、今にも眠ってしまいそうな先生に、父は容赦のない攻めを開始しました。
まずはバックから先生のそのまーるくて白いお尻をわし掴みして、
父の一物はお尻の穴から、前の穴へとぬらぬらとテカリながらわざと何度もスライドさせます。
先生もその心地良さに耐え切れず自分から腰を使ってしまうと、
「ほう、淫乱な先生だな」と言葉攻めにあいます。
その度に顔を耳まで真っ赤にして動きを止めますが、それにもまして快感は凄いらしく、
時折ビクンビクンと腰が動いてしまいます。
さんざんじらし攻めを食らった後、
そしてとうとう父の黒光りするえらの張ったモノがズブズブと先生の中に消えていきました。
その瞬間「ああああああああっ・・・・・・・」と
切ない声を上げて先生はいってしまいました。
にもかかわらず、父の一物は先にも増してズンズンズシズシと先生を攻め続けるのです。
鳥肌が立ってきました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
先生がいってしまった後もかなり持続し、
先生は吹っ飛んでしまった意識がまた戻ってきて、
「ああっ・・ああっ・・ああっ・・ああっ・・ああっ・・ああっ・・
うっ・・くっ・・だめっ・・また・・また・・ああああああああっっ!!」
と次々と押し寄せる快楽の波に完全に翻弄されていました。
掛けていためがねも片方ずり落ちて、
何ともいやらしい雰囲気でした。
左手一本で先生の白く引き締まった腰を抱え、
さらに父は右手で先生のクリトリスをいじっているようで、
先生はもう何を言っているのかわからない感じでした。
「ああっ・・ああっ・・ううっ・・ああっ・・いっ・・いっ・・うぐぐぐぐっ」
父は目が中を泳いでいる先生を仰向けにすると、さっと一物を入れ、
そのひしゃげたお0んこに突き刺しました。
先生は完全に意識が飛ぶ寸前で、よだれが右の口の端から垂れており、
顔は真っ赤で目は虚ろでした。
筋肉隆々とした父の腰はいやらしく先生に打ち付けられており波のように浮かんでは沈み、
沈んでは浮かびして先生いをを何度も何度もいかせました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

そしてついにそのときが迫ってきました。
M字に足を開いて先生の首に抱きつき「中で出すぞ!!」
と大きな声で言いました。
もういきそうな寸前で中出しという言葉を耳にして、
先生は「ダメダメッ!!イヤッ!!」と
父の胸を突き飛ばそうと必死になってがんばっています。
一瞬上に逃げたか、と思った瞬間父が先生の両腕を掴み
すばやく腰を入れ先生の割れ目にモノを沈め込みます。
「ウウウッッ」と思わずうなる先生にお仕置きのような
速いピストンを繰り返しメロメロにしようとします。
また耳元で「中に出すよ!」と言い、
先生はその言葉に敏感に反応して「イヤッ!!!」と言って腰を引き逃げ出します。
すかさず父は追いかけていって腰を沈め、快速ピストンの嵐です。
隣の部屋で見ていた僕は
このときすでに何発も抜いてしまっていました。
しかし、その白い肌をプルプル揺らして逃げようとする姿は興奮を誘いました。
父はわざとそうして楽しんでいるようでした。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

そして3度目の正直、がっちりと腰を掴んだ父は、
今までに無い勢いでムチャクチャニ腰を振り、
先生が叫んで逃げようとするのをがっちりとキャッチして、
油の乗ったその50過ぎの腰を”ドックドクドクドク”とうち振るわせて、
父の精子を先生の中に出してしまいました。
中出しに気付いた先生も何とか逃れようと必死でしたが、
自分の体重以上の重さをかけられては逃れることはできませんでした。
あれほど中出しを嫌がっていた先生もそのとどめの一撃に
最後の気を遣ってしまったみたいで、
時折ビクッと体を震わせて眠ってしまいました。
父が体を離した後からは、
見れども見れども溢れ出る白い樹液で一杯でした。
気を遣ってしまった先生の顔はサイコーにかわいかったです。
今度これをネタにして使って先生としてみよーっと。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「姉との体験」姉が・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


姉が店の友達と海外に旅行に行く前夜でした。
僕がいつも入れてる姉の部屋の貯金箱を姉と開けると
もう5万円近くも貯まっていました。小遣いの足しにするそうです。
姉は楽しみらしく、かなりテンションが高く
一緒にワイワイと荷造りを手伝っていました。
「う~ん、もう忘れ物ないかな・・・」って姉が考えてる時に
「あっバイブは?」僕は冗談で言いました。「バカ!そんなの持って行くわけないでしょ」
「いや、もし我慢できなくなった時に・・・」
「もう!我慢できなくなるのは、あんたでしょ!」
「えっ・・いや別にそんなこと・・・」
「ん?何?そんなこと・・の続きは?ない?ある?」
「・・・・ある。」姉は爆笑しました。


「じゃあさ、お風呂入って親が寝た時間ぐらいに私の部屋においでよ」
「えっ?なんで?」
「手伝ってくれた御礼をしてあげるって言ってんの!いらないんだったらいいよ・・・」
「あ、いや・・・お風呂行ってきます!」
風呂から出た僕は姉のテンションが
下がってない事を祈りながら11時過ぎまで待ちました。
親が居間から寝室に移動してるのを確認した後
姉の部屋をノックして入りました。
姉は旅行に一緒に行く友達と携帯で話していて
ますますテンション上がってました。


少し待った後電話を切った姉が僕に言いました。
「やっぱ寂しい?」
「・・・うん。そりゃ寂しいよ・・」
「でもたったの1週間よ、アッと言う間だって」
そう言いながら姉は僕の座る座椅子に
ハイハイしながら近づいて来ました。
姉はうつむいた僕のアゴを指で持ち
顔を上げさせると「チュッ」と軽くキスをして
「そんな寂しそうな顔されると、ちょっとうれしい・・・」
そう言ってもう1度キスしてきました。
僕は姉の背中に手を回して、おもいっきり抱き付きました。



[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
姉は僕の口に舌を入れたり、僕の下唇を吸ったりしました。
僕が舌を出すとそれをくわえ姉の口の中で2つの舌が
ねちょねちょと姉が僕の股間に手を伸ばしズボンの上から
おちんちんを握りました。
「もうビンビンじゃない、このスケベ」
「そんな事言ったって・・・」
僕のパンツを降ろしおちんちんを取り出すと
半剥けの皮をゆっくりと最後まで剥き
「あっ我慢汁出てきた~」と姉が言いました。
それを指ですくうと、自分でもビックリしるぐらい糸が伸びました。絡み合いました。
「ベットに行こ」って言われ
ベットで横になると、いきなり両足首を持ち上げられ
「ちんぐり返し」の格好をさせられました。
「え?何?」って驚きもありましたが
姉の舌先がアナルに触れた時には
「あっ、あ~」って声を出してよがってました。



アナル周辺をかぶりつくように吸ったり
チロチロと舌先を転がしたり
アナルから玉袋まで何往復も舌を走らせたり
僕はまるで女の子のようにあえいでいました。
姉は舌先をおちんちんの根元からカリの裏筋へと移動して
チロチロ舐めるだけで中々くわえてくれません・・・


じらされて僕は我慢できなくなり
「おねぇちゃんお願いっ・・もう我慢できないよ~っ」
「じゃあ食べちゃおっかな~」
「うん・・・食べて、食べてっ」
「!?」
姉がベットから降りたので「え?」と驚き見てみると
こちらに背中を向けてジャージを脱いでいました。
そしてパンツも降ろすと小ぶりな白いお尻が顔を出しました。
「じゃあ下の口で食べちゃお~」
そう言いながらベットに上がって来ました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
下半身だけ裸の姉の格好が妙にいやらしく
姉は僕の顔をまたがると69の形になりました。
いきなり現われたマンコを指で開くともう濡れていて
開いたワレメが糸を引いていた。
僕は親指でクリを愛撫しながらマンコにしゃぶりついた。
姉はおちんちんを咥えながら、気持ちよさそうに声を出していた。
姉はおちんちんを握ると、その真上にまたがり
腰を沈めてゆっくりと挿入しました。
「んん~・・すごく硬い~」
根元までマンコで咥え込むと、自分の両ヒザを両手で抱えながら
腰をゆっくりと上下に動かしました。
「んっ・・あん・・どう?気持ちいいでしょ?」
「うん・・・気持ちいいよっ」
「イク時は言ってね」
そう言うと、また腰を動かし始めました。


姉のマンコにおちんちんが出入りしてるのを見て
上を見上げると苦しそうな、そして気持ち良さそうな
表情をしてる姉の顔がありました。
「あ~~っイキそう・・・」って言うと腰の動きが速くなりました。
「あーっ出る出る出る出るっ!」って言った瞬間
姉はマンコからおちんちんを抜き口で咥えようとしましたが
間に合わず自分の腹にビュッビュと射精してしまいました。
僕がぐったりしていると姉が
「そのまま動かないで、こぼれるから」と
ティッシュで腹の上のザーメンを拭き取ってくれました。
そして情けない事に僕はそのまま眠ってしまいました・・・
数分後目が覚めた時姉はお風呂に行っていていませんでした。

正月の3日の事です。
朝から両親は実家に帰っており姉と2人きりでした。
朝10時ぐらいから僕は居間で
年賀状の仕分け作業をやっていました。
しばらくすると姉が起きて来たので年賀状を見ながら
雑談をしていました。

お店は年末年始は特にいそがしくて
「お正月料金」で割高なのに姫初めをするための
お客さんが大勢来るそうです。
この日も姉は夕方から仕事が入っていました。



しばらくするとお腹が減ってきたので
おせち料理をつまみながら2人でTVを見ていました。
すると姉がTVの前に置いたままだった
金ぱく入りの日本酒の一升瓶を持って来たので
2人とも日本酒は苦手ですがチビチビとやってました。
最初はTVを見ながらうだうだとしゃべってましが
やっぱり途中で風俗の話になり・・
「○○○は姫初めもう済ました?」
「えっ、当然まだだけど・・・」
「やっぱり?」
「やっぱりって言われても・・・」
「ハハハッ・・じゃあ、おねぇちゃんが初姫になっちゃおっかな~」
「い、いや、でも給料もう使っちゃったしなぁ」
「いいよそんなの、おねぇちゃんからのお年玉って事で」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
姉に腕を引っ張られてコタツから
2人掛けのソファーに移動しました。
正直、普段家族で過ごしている居間だったので
あまり気持ち的には乗り気ではありませんでした。
姉に脱がしてもらい下半身裸になった時も
慣れのせいか、寒さのせいかおちんちんはピクリともせず
すごく小さく縮んでいました。
それを見た姉は
「フフッいつ見ても、かわいいおちんちんね~」



指でつまみ親指の腹でおちんちんの裏筋をこすりながら
「私包茎のほうが見た目かわいくって好きなの」
そう言ってまるでペットを見ているかの様な目で見ていました。

でも年末からオナニーしてなかったので
ムクムクッと一気に勃起して半剥け状態に・・・
「あ~っもう~・・戻してやる~っ」
無理やり皮を戻され亀頭のワレメが少しだけ
顔を出した情けない姿になってしまいました。



そのワレメを舌の先でチロチロしていた姉が
「ん~、ちょっと臭うよ~」
「そんなのしょうがないよ・・・」

姉が亀頭部分をくわえると、まるで皮を伸ばすかのように
口の中で強く吸い付いてきました。
おちんちんを口から出すと今度は先だけをくわえ
チューッ、チューッと赤ちゃんのように吸いだしました。
すごく気持ち良くて、ちょっと痛くて
僕は全身の力が抜け「うぅ~、うぅ~っ」ってただうなっていました。



今度は根元まで深くくわえ込み
根元から亀頭の先までをゆっくりとピストン運動
そのうち姉の口の中で皮が完全に剥けたのがわかりました。
亀頭部分中心のフェラになった時には快感は頂点になり
「あーっ出るよ、出るっ・・いい?いい?」
そのまま姉の口の中に大量に射精してしまいました。
指で強くしごき最後まで搾り出してくれた姉は
洗面台にうがいをしに行きました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

下半身剥き出しのままソファーでぐったりしてると
姉が部屋に戻って来ました。
「フフッ、だいじょうぶ?」
「・・うん。気持ち良かったぁ・・」
「そう?・・・あ~私も初Hしちゃおかな~」
「え?」
「なんか少し酔ってるせいかムラムラしちゃって・・」
そう言って寝転んでる僕の横に姉が立ち
ちょっと照れたような顔で僕を見下ろしていました。


では最後にクリスマスの日の話を・・・

実は僕はバイト仲間の中で好きな人がいて
姉にも色々と相談にのってもらっていました。
12月中旬の頃クリスマスが近いって事で告白しても
成功しやすいんじゃないか・・・などと自分の都合の良いように
考えて友達のすすめもあり勇気を出して告白しました。
・・・が見事に撃沈(笑)
クリスマスの日は友達に誘われ風俗へ


その後居酒屋に行き家に帰ると夜中の2時30分過ぎでした。
部屋に入ると僕の机の上にチョコエッグが2つ置いてありました。
僕はうれしくなりそれを持ってすぐ姉の部屋に行きました。
寝ているかもしれないのでそっとドアを空けると
姉は布団に入りファッション雑誌を見ていました。
「おかえり・・」
「あ、これありがとう」



「持ってないのが当たればいいね」
「うん、一緒に食べようよ」
すると姉は布団をめくり場所を詰めてくれたので
姉の隣にもぐり込み一緒にチョコを食べました。
僕の体は完全に冷え切っていたので足を太ももで挟んだり
手でゴシゴシしたりして暖めてくれました。
「んん?このニオイは・・・」
「あっ・・これは居酒屋の後サウナに・・」
「ふ~ん、そうなんだ」

[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

姉の手は股間へと移動してすでに硬くなってる
おちんちんを刺激しています。
上着をまくり上げて僕の乳首にチュッチュッとキスしたり
軽く噛んだり・・・姉のいい香りの髪に酔いながら
はぁはぁと悶えていました。
パンツからおちんちんを取り出すと手コキしながら
乳首を舐められ僕は
「あぁ・・おねぇちゃん気持ちいいよ・・」
「まだ出しちゃダメよ、布団に付いちゃうから・・」
そう言って姉は布団の中にもぐって行きました。



布団の中でおちんちんを咥えて頭を動かすたびに
盛り上がった布団が上下に動いていて
それを見ながら僕は中で姉がやっているのを想像していました。
僕はなぜか姉と布団の中で手を握ったままで
段々気持ち良くなってきて手を少し強く握ると
姉の頭の動きが速くなりそのまま口の中に射精してしまいました。



姉が布団の中から顔を出した時には
もう口の中にはザーメンはありませんでした。
その後チャコエッグのおまけを一緒に組み立てて
僕は部屋に戻りました。
風俗に行ったままの体で姉にフェラしてもらい
部屋に戻ってからかなり罪悪感に襲われました・・・
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「姉との体験」姉が・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


絶対に内緒と約束してたんですが
誰かに聞いて欲しくて・・・
姉はヘルスで働いてます。
僕が気付いたのは・・・
居酒屋でバイトのはずの姉の金遣いが荒くなった。
携帯を2台持っている。
ヘルスに行った帰りの時と姉から同じ匂いがした。
たまたま2人で夕食に居酒屋に行った時
問い詰めると、やっぱりそうだった・・・
最初の頃はもう姉が汚いおっさんのを
しゃぶってるかと思うと気持ち悪くて・・・
でも店の話や、変わった客の話を聞いているうちに
なんか感覚が麻痺して慣れました。
店は一応関西ですがそれ以上はかんべんです。
でも姉は僕が親にこの事をチクるかも・・・
って心配らしくて口止めのかわりに
僕のをしゃぶってやるって言い出しました。
もちろん断りました・・・最初は



でもケンカした時や、ムカついた時に
ポロっと言ってしまうかもしれないって・・・
そうなれば一生親に顔を見せられないって・・・
僕はこの事がバレて姉がどこかへ行ってしまうと困るので
絶対に誰にも言わないって心に誓ったのです。
いつも断ってはいましたが
その事を想像してオナニーしてました。
本当はすごく興奮していたんです。
僕の部屋でバイオハザードをやってた時です。
姉が部屋に入ってきました。
姉はバイオは怖いからとやらないけど
僕がプレイしてるのを見るのは好きなようでした。途中でゲームを中断して雑談してた時
今日もさわってくれないかなと想像してると
ビンビンに勃起してしまいました。
そしてちょうどその時姉が
僕の股間に手を伸ばしてきたのです。



「あっ」と姉は一瞬手を戻しました。
「なんで起ってるの!?」って驚いてましたが
笑いながらもう一度僕の股間に手をやり
ジャージの上から握ると手を上下に動かしました。
ジーッと僕の表情を見てくるので、恥かしくて壁の方を見てました。
そのスキにズボンとパンツのゴムの部分を
同時に引っ張られ勃起したチンチンが顔を出しました。
僕は一瞬抵抗しましたが、姉が無理矢理くわえ込みました。
もう僕は何も出来ません。
姉の髪の毛でくわえてる所は見えませんでしたが
姉は頭を上下に動かして僕はそのまま射精してしまったのです。
姉はザーメンをティッシュに出した後
「これで絶対に親には言わないって約束だよ」って言いました。
でも今では僕の方から頼んで
店の半額の金を払い、しゃぶってもらってます。
アナルが気持ちいいのを教えてもらったのも姉です。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
アナルを舐められるって事自体
想像もした事なかったんですが
「これはお客さんにも大人気」とか言ってやってくれました。
すごく恥かしい格好をさせられましたが
舌先をとがらせチロチロとやったり、
チューッと吸いついてみたり・・・
思わず声が出てしまいました。1回6500円でも結構つらくて
姉は別に約束守るならいいよって言ってくれるけど
それではお願いしにくいので毎回払ってます。
1度両親がいない時に風呂場に来てもらい
僕は全裸、姉はトレーナーの上下姿でプレイしました。
でもシャワーの水しぶきで服が濡れるからと
姉は脱衣室に戻り
「ついでだから、一緒に入っちゃお~」って全裸で入ってきました。
石鹸を上手に泡立てて、僕のおちんちんに塗ると
やさしくゆっくりと包茎の皮を剥いてくれて
亀頭の部分を丁寧に洗ってくれました。



そのまま手を股間の奥にまわし、中指でアナルもやさしく
洗いながらマッサージ・・・
この時初めてアナルが気持ち良く感じた瞬間です。
正直に「気持ちいい」って言うと
シャワーで泡を洗い流した後
湯船の淵に両手を着くように言われ、両手を着き
大きく足を広げ、すごく恥かしい格好をさせられました。
姉が後ろに回り込み、両手でお尻の肉を開いて
そこに顔を埋めるとアナルを舐めながら
「これはお客さんにも大人気」って言いました。
アナルを舐めながら、手を前に回して手コキされると
僕は思わず声を出しながらイッてしまいました・・・
湯船につかりながら、隣で体を洗う姉を見てると
またドキドキしてきて勃起してしまいました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
今までは姉を女性だという意識はなかったのですが・・・
体を洗った後、姉も湯船に僕と向かい合わせで入ってきたので
風呂のお湯が大量にザバーッとあふれました。
僕はなんとなく条件反射で湯船から出ようと
立ち上がると勃起したおちんちんがちょうど姉の顔の前に・・・
「お客さん元気ね」と姉は冗談を言い
湯船から出ようとする僕のヒザを押さえました。
僕はそのまま淵に腰掛けると
再び姉がおちんちんをくわえてフェラチオを始めました。
強く吸い付きながら頭を上下に動かし
いやらしい音が風呂場に響いていました。
僕は思わず手を伸ばし姉のおっぱいをさわっても
姉は何も言いませんでした。
すぐに勃起した乳首をコリコリした後
調子に乗ってお湯の中に手を入れて、まんこに指を伸ばしました。



そのまま指でまんこの肉を開き中指で触れると
お湯の中でも「ぬるっ」っていう感触がわかりました。
姉は濡れていたのです。
急に姉がおちんちんを握ったまま立ち上がったので
僕は「やりすぎたか?」って思いながら姉を見上げると
「入れちゃおっか?」
「・・・えっ」
「なんだか、入れたくなっちゃった。
 別にいいでしょ?もうここまで来たら・・・」
「・・・うん。」
姉は僕に背中を向けるとお尻を突き出し
「ねぇ私のも舐めてよ」と言いました。
僕はお尻の割れ目を両手で開き顔を突っ込み
クリトリスを中心に舌先を尖らせ舐めまくりました。



アナルに舌を移動させるとビクッと反応
やはり姉もアナルは感じるようです。
再び、まんこに舌をずらし舐めていると
ピチャピチャと音が鳴り出しました。
まんこから口を離すとツツーと愛液が糸を引き
割れ目周辺がヌメヌメになっていた。
僕が淵に腰掛けると姉が僕と抱き合うような形で
おちんちんの上にまたがって来ました。
姉はおちんちんを握りまんこにあてがいながら
「初めてだよね?」
「・・・うん」
姉が腰をクイッと降ろすとヌルンと亀頭部分が入り
そのままゆっくりと根元まで締め付けながら入っていった。
姉と僕は抱き合いながら
姉がゆっくりと腰を動かしていて
「はぁ・・はぁ・・はぁん」っていう熱い息遣いが
僕の耳元で感じられた。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

僕はだんだん我慢ができなくなり姉のお尻の肉を
ワシづかみして上下に動かせると
姉は腰の動きのスピードをあげました。
僕はもう我慢の限界が来て
「おねぇちゃんっ・・・もう出そう!」って叫ぶと
「いいよっ・・・このまま出しちゃって」
そう言うと腰の動きを1段と早めたので
僕は思いっきり姉に抱きつきながら射精してしまいました。
しばらく抱き合ったままグッタリしながら
お互いに自然と軽くキスをしました。
「どう?初めての感想は?」って言いながら
姉はすぐにシャワーを浴び
ヤンキー座りの格好でまんこにシャワーをかけ
中に出した精子を洗い流していた・・・
その光景にすごく現実感を感じた・・・。



メールって本当に便利です。
言葉じゃなかなか言いにくい事でも伝えられる・・・
「今日大丈夫?」
「OK~」
するとその日の夜には僕の部屋に来てくれます。
僕はアルバイトをしている身なので
金銭的には月に1度ぐらいしか頼めないのですが・・・
帰りが遅いので帰宅してお風呂に入った後
だいたい12時過ぎに部屋に来てくれます。
疲れているのに悪いなぁと思い姉が休みの日の前日とかに
なるべく頼むようにしています。



姉が部屋に来ると、しばらくは店の話や愚痴などを
聞きながら雑談しています。
そして話す事が1段落した頃
座椅子に座っている僕の隣に座り、
最初はちょっと照れくさそうにしながら
手の平全体で僕の股間をゆっくりとさすります。
僕は座椅子の角度を調整して楽な態勢になります。
姉が僕の上着を下から首までまくり上げると
片方の乳首を指で刺激しながら
もう片方の乳首を舐めたり、軽く噛んだりします。
なぜか僕の乳首が立つとすごくうれしそうにします。
姉が僕のズボンのゴムに手をやると僕は腰を浮かせ
そのまま足首あたりまでトランクスと一緒に脱ぎます。
大きく両足を開くとその間に姉が座って
脚の付け根や、玉袋周辺に舌をはわせながらじらされ
僕が「はやくっ」って感じで姉を見た時に
姉と目が合うとすごく恥ずかしくなります。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

姉が根元をつまみながらゆっくりと亀頭部分をくわえて
ゆっくりと亀頭部分だけを口でピストンさせると
包茎の皮がめくれていきます。
「このほうが気持ちいいんでしょ?」
姉はそう言ってくわえると手でしごきながら
頭を上下に動かして、段々スピードをはやめて
僕はそのまま口の中に射精しました。
姉はそれをティッシュに出すと
なぜかそれを持って部屋を出て行きます。
お金は直接渡すのも何かいやな感じなので
次の日とかに姉の部屋に用意した貯金箱に入れてます。
両親の前とかでは昔からの姉のままなので
逆に姉が恐ろしく思える時もあります・・・




両親がカラオケ教室に通っていて
夜両親がいなくて、姉がいる時はよく2人で居酒屋に行きます。
その時の話題はやっぱりお店の話で、変態オヤジの話なんかをしてくれます。
大抵の客は必要以上に乳首を舐めるため逆に痛くなるらしいです。
でも中にはうまい人もいて、イクまではなくとも
かなり本気で感じてしまう事もあるらしい・・・
それじゃ中途半端ばかりで欲求不満にならないの?
って聞いてみると、普段は次のお客さんが来るまで時間があると
寝たり本を読んだりしてるけど、そんな時は店のオプションで
使うために渡された個人専用のピンクローターを使って
1人エッチをするって言ってました。
あれだと5分もあればイク事ができるって言ってました。
僕は「へぇ~」って話を聞いていましたが
内心ではやっぱり興奮してしまい軽く勃起してました。


少しお酒を飲んでいたので、その勢いに任せて
「あ~・・・今日あたりどうかな・・」って言うと
「ハハハッそう言うと思った~」
すっかり下心はバレていました・・・
家に戻ると姉が先にお風呂に入りました。
姉がお風呂から出てくると居間でテレビを見ていた僕に
「お風呂からあがったら私の部屋においで」って言いました。
僕は急いで風呂に入り念入りに体を洗い
バスタオルを首にかけたまま姉の部屋に入りました。



部屋に入ると姉はお店の出勤表みたいなのを
自分の手帳に書き込む作業をやっていて
「もう出てきたの?ちょっと待ってて・・・」
「ちゃんと洗ってきた?」
「え、うん・・・」
僕は姉のベットに腰掛けて姉の作業を見ていました。
作業が終わると姉は自分のハンドバッグから
小さな紙袋を取り出して僕に
「はい、これ。」って渡してきました。
中にはハンカチに包まれたピンクローターが入っていたのです。
「あんたさー、たまには私も気持ち良くさせてよね~」


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

姉が僕の隣に座るとスイッチの入れ方を教えてくれ
部屋の電気を薄暗くした後、ベットに横になりました。
僕はビィ~ンと震えるバイブを姉のパジャマ(ジャージ)の上から
乳首に軽く当てると姉が自分で上着を持ち上げて
おっぱいを出したので直接乳首に当てると
「はぁん・・」とやらしい声を出しました。
僕が下半身へと移動すると
姉は自分でパジャマの下を脱ぎました。
そして僕が姉のパンツを脱がせて両足を開くと
縦スジからいやらしいビラビラがはみ出たまんこがありました。
指で開いてみるともうヌルヌルで透明な液体が垂れてました。
クリの皮を剥くと薄ピンクのBB弾のようなクリトリスが
顔を出したのでそこにバイブを軽く当てると
ビクッ!と姉の体全身が震えて姉は足を閉じました。


姉の両足をもう1度開きバイブを当てると
「気持ちいい~うん、そこ、そこ・・・」って言うので
クリを中心にバイブを当ててゆっくり動かしていました。
僕はもう我慢汁が大量に出ているのが自分でもわかるぐらいに
興奮しながら、姉のよがる姿を見ていました。
「あっイク!イキそう、イキそうっ・・・」って叫んだので
バイブをクリに当てたまま動かさないで押さえていると
ビクビクッ!と下半身を痙攣させて姉はイキました。
しばらく姉はぐったりしていました。
その後は69の形でフェラしてもらい
僕は姉のお尻をかかえて、まんこに吸い付きながら
口の中に射精しました・・・
結局この時は、お金は払わなくていい事になり
僕はちょっと得した気分になり
姉もストレス発散できたかな?って勝手に納得しました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
53位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。