更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」片思いの子が騎上位で腰振っていた・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


長崎は冗談っぽく俺らに笑いかけて、
さりげなく右手で向こう行けのポーズをした。
だけど俺は凍り付いて動けなかったけど
本宮が俺に「行こうぜ」
と言ってゆっくりドアからはなれた。


「ああっねえ・・ん?なに?」
「なんでもないって、ほら、気持ちいい?」
「ああっ・・んっ。。」
さすがにドアは閉めれなかったから、声だけ聞こえてた。
本宮にひきづられる様にして、隣の部屋に戻った。


で、俺はかなり酒がやな感じに回ってた。
頭がグワングワンしてて、何がショックなのかもよくわからない。
本宮が興奮した感じで
「見た?すげえ白いのな。肌。」
とか言ってたけど、とてももう我慢できない。
かといって帰れもしない。
精神的に追い詰められてた。


飯田は爆睡してるし。
本宮は興奮覚めやらぬ感じで
「なあ、もっかい見に行こうぜ!」
とか言ってるし。
頭の中がグワングワンしてた。
20分ぐらいたって、
何かわからないうちに隣から少し大きめの声が
聞こえるようになってきた。
「ああっアン!。。。。。。。ンッ!」
壁越しだから大きな部分だけだけど、
文乃ちゃんの声だと言う事はわかった。
そういう時って混乱してる上に余計なことだけに気がまわる。
ゴムとかってあるのかな?
文乃ちゃん気持ちいいのかな?
あああああああああああああああああああああ
どうしたらいいのか、わからない。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
そして、
そうだ。止めよう。。
とやっと気が付いた。
「ああっ!あんっ!あんっ」
って隣の部屋から聞こえる文乃ちゃんの気持ちよさそうな声が、
イッた時のような声で聞こえてから止めようと思ったのか、
その前なのか覚えてない。
多分、俺のことだから、聞こえて、
止めてもしょうがなくなってやっと
そう思ったんだと思った。


本宮が
「ヤベ、終わったかな」
と言いながら
凄くゆっくり立ち上がってる俺を見てた。
俺は隣の部屋に行って止めなきゃ。止めなきゃ。
と思って、動いてなかった。
最後の声から3分くらいして、向こうの部屋で動きがあった。
「・・・・からシャワーいってくるよ」
ドアが開いて、わざとらしく大きな声を出して、長崎が出てきた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
長崎は上半身Tシャツ、下半身素っ裸の奇妙な格好で
ちょっと恥ずかしそうにしながらこっちの部屋に
ゆっくり入ってきてこっちの部屋のシャツを
腰に巻いた。
長崎のちんこは萎えてて、
部屋が暗かったから見えなかった。
濡れてたように見えた。
どっちだろうってなぜか見てた
「お前ら見んなよ!」
「見んなよじゃねえよ!何やってんだよ!」
長崎は怒った振りをして本宮と話してたけど、すげえ自慢げだった。
すぐに
「やべえ、すげえ可愛い。濡れやすいし。腰がこう、くいって。」
「なんだよ。俺がやりたかったよ。。マジで。なんで覗かれててつづけんだよ。」
「やだよ、止めるわけねえじゃん。俺が付き合うんだし。やっべーすげえよかった。」
「で、悪いんだけど帰ってくれ。」
「は?帰れるわけねえじゃん。」
「窓から出てかえれって、今いるのばれたらやべえじゃん。なあ○」


「いや、でも終電が。」
とかいきなり振られて素の俺。
「じゃあ、絶対音立てんなよ。で、電車でたら帰ってくれ。俺シャワーあびないとヤバイし。」
それだけ言って長崎は風呂の方に言ってしまった。
本宮は
「なんだよおい。」
と切れ始めていた。
俺は訳わかんなくなって、
でも長崎ぶん殴って文乃ちゃんとやりたいとかって思うのはオスの本能か?とか思ってた。
すげえ不思議なのは、
だからと言って幻滅したわけじゃあなかった。
ずっと相談されてたし、
3年間も無論俺は好きだったんだけど友達だったし、
彼女が前の彼氏と別れて、凄く悲しんでたのも知ってた。
で、もう訳判んなくて、俺も横になって、始発を待つことにした。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
だけど寝れなくて。
やだなと思った。
隣には2人がいて、多分付き合うんだろう。
寝ちゃって朝出てけばいいや、と思った。
そのうちに本宮は寝ちゃって
俺だけ壁に頭を乗っけてボーっとしてた。
隣ではフェラしてるみたいで、長崎の声がした。
すぐに
「ああっ!」
と前より大きな声がして、
その声は前と違って壁越しにずっと聞こえてた。
「あんっ!ああっ。・・やっ!うんっ!んっ!」
喋ってる声は聞こえなかったけど、一回目より確実に反応のいい彼女の声が聞こえた。



「ああ!あんっ!もうやだー。うんっ!んっ!ああー、もう、気持ちいいよ!」
彼女はだんだん感極まった声を出していて、
長崎の声は聞こえなくても、彼女の声だけが壁越しに聞こえてた。
「うんっ。やっ。。。。くすくす。。。・・・・あんっ!」
本宮も目を覚まして、何気に聞いてるし。
「ヤベエ。すげえいい声出すな。文乃ちゃん。」
本宮が言って、続けて
「いってんのかな?マンコの具合どうだか聞きてえ、つうかヤリマンだな、あいつ」
と言った。
スイッチが入って立ち上がった。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

「おい!音出すなって」
って小声で言う本宮に
「ヤリマンじゃねえだろコラ」
と言って、荷物を取った。
部屋を出て、隣の部屋に行ってドアを開けた。
「あん!っあんっ!」
て声が聞こえてて
空けると、文乃ちゃんは騎乗位でベッドに横になってる長崎の胸板に手を当てて
腰を振りたくってた。
開けたとたん文乃ちゃんはこっちを見て
俺は
「長崎、けえるわ」
と言ってドアを閉めた。


玄関に行って、靴を履いて。出て。
夜中の4時じゃまだ一時間は電車は出ない。
何も考えられなかったし、駅で考えようと思った。
電車なのかなんなのかわかんないけど
駅で待ってた。
肩がたたかれて、文乃ちゃんがびえびえ泣いてた。
髪はばらばらで、服は慌てて着ただろう、Tシャツとスカート。
ヨレヨレだった。
荷物まで持って出てきてるのに
笑えるのが靴下はいてなかった。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

当然一回も泣いてる所なんて見たことなかったし
実際泣く場面じゃないよな。
泣きながら、何故か彼女は何回も謝って、俺を怒った。
俺は彼女が来ても何もいえなかった。
いっつも俺といる時は楽しそうな彼女が、
しゃくりあげて何度も言った。
「好きって一回も言ってくれないじゃん。なんで電話して来るんだよぅ」
彼女の肩を抱き、優しく
「好きだよ」
っていえないんだな。これが。いえりゃ世話ないか。
彼女は勝手に怒って、何度も俺の手を平手で叩いて、でも俺の手は離さなかった。
で、その日は帰ったよ。
彼女は笑うと可愛いし、
卒業した今も何故か一緒にいるよ。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」片思いの子が騎上位で腰振っていた・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


これは去年の話なんですが。
俺は今年卒業したばっかで大学では
バスケのサークルに入ってました。
部員は同年代が10人で総勢50だから
そこそこ規模は大きいサークルだったな。
大学自体も体育会系だったし。
んでもってサークルは
真面目部員がA組(レギュラー+幾人か)
他がBとC組に分かれてました。
マネージャーは各学年1人か2人位でしたね。
女子部員の中で怪我しちゃった子とかがやってたり。


俺はB組とA組行ったり来たりの準レギュラークラスでした。
1年の時から4年の時まで。つまり1年の時は期待の新人。
その後鳴かず飛ばず(怪我したから)
B組とかC組はどっちかって言うと大会とかじゃなく
趣味でってノリ。A組はそこそこ強かったこともあって
結構気合はいってました。
そこで俺は怪我してからもA組入りを目指し
リハビリとか頑張ったのでつが。
なんでかっつうとマネの文乃ちゃんがいたからです。
完全学園ノリだが、
俺自身はあんまり女性と付き合ったこととかないんで
(言い訳すればもててはいた)
レギュラーになって、相手して欲しいみたいな。
今考えるにさくっと告白すりゃいいんだが。。


ほら、大学になるとスポーツの出来不出来なんか
モテに関係ないじゃん?
マメな奴が勝つみたいな。ただ俺はマメじゃなかったし、
マネは他にそこそこ可愛い子とかいたけど、
結局付き合ってるのはレギュラークラスとだし。
上手くなれば振り向いてもらえるみたいな。
淡い恋心でした。
彼女の何が好きだったって
彼女はスラッっとしてて、
髪が黒く長くて異常にストレートの髪をポニーにしてて(
今時大学生でポニーっすよ)
凄く清潔感があったから。
ほら、時々いるっしょ。
スポーツやった後汗かいてるほうが綺麗なタイプ。
そういう子だった。
汗かいた後のうなじとかにドカンと
1年の時やられたのですよ。胸は控えめだったけど。。

[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
あと彼女は真面目だった。
同級で(学科は違ったけど)
俺と同じ日にサークル入って、
同じように1年で怪我した。
彼女の方は怪我が癒えた後は
C組兼マネージャーみたいなことをやってた。
バスケ好きだったんだね。
俺は諦めずB組でやってたけど同じ怪我組って事で
彼女とは良く喋ってた。
彼女はバイトと掛け持ちでも怪我してる最中で
もサークルは殆ど休まなかったし、
そのおかげで俺はだるい授業の後とかでも
必ずサークルには休まずに出席してた。



んなわけで1年の頃から恋心だったんですけど
2年の頃彼女は先輩と付き合い始めた。
無論レギュラーな。
まあ彼女はサークルの華でしたから。
俺が必死にレギュラー目指したわけもわかるっしょ?
彼女はますます綺麗になったし、
毎日楽しそうに笑う彼女を見るのは辛かったけど
とにかく頑張った。
んでもって鳴かず飛ばずのまま俺も3年後半。
その間に彼女とはますます仲良くなって、
最初は固かった彼女も俺に
よく相談してくるようになった。
バスケの話、恋人の話・・は辛かったけど。
で、その頃彼女はその彼氏と別れたのよ。
きっかけは彼氏の浮気で。
俺切れたね。
で、
「そんな彼氏と別れて俺と付き合ってくれよ!」
(言えなかった)
「イイ奴って絶対にいるよ。」(こっち言った)


で、彼女は俺の忠告どおり、
彼氏と別れてフリーになったわけだ。
そして俺と親密度をグングン上げればいいんだが、
フリーになったことで当然周りがほっておかなくなった
やぶ蛇。皆スゲエ勢いで誘う誘う。
俺の近くで女の子が
「文乃ちゃん、日曜の合コンいく?」
とか。男どももドカンドカンさそう。
彼女は俺の
「いろんな奴がいて、いい奴だって一杯いるよ。
彼氏ばっかり見ることはないよ」
っていう別れる前での電話通り
それ以降は合コンにもたまに
参加したりしてたみたいだった。
と言うかその俺が言ったセリフの「いいやつ」ってのは
俺のことでしかありえないわけだが。
心臓に悪い。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
それまでは飲み会も適度って感じだったのが、
サークルの飲み会も最後までいるようになった。
フリーになって気がゆるんだってのもあるんだろうね。
ただ一週間に一度彼女からかかってくるか
俺がかけていた電話で新しい男ってのは
出ていないっていうのだけは確認してた。
で、彼女が飲み会に最後まで出るって事は
俺も出るって事なわけだw。 心配だし。
で酔いつぶれたら介抱とか考えてたんだけど
そんなことにもならなかった。
ただその頃からサークル内で飲みが終わると
よく長崎って奴の家に皆で
泊まるみたいなことになってたんだけど
それに文乃ちゃんも参加するようになってた。
そこの家一人暮らしの癖に2部屋、
風呂トイレ別(家賃10万以上)
で女の子も溜まりやすかったのよ。
当然俺も文乃ちゃんがいるときは参加して雑魚寝な
で、4年になって就職活動前に飲もうって時の話。
(前振り長っ!)


その日の飲みは10人くらい参加で、
結局2次会終わって長崎の家に行ったのは5人だった
俺、長崎、飯田、本宮、文乃ちゃん。
その日文乃ちゃんは珍しく女の子一人になっても残ってた
(まあ俺と話してたんだが)
他の子は良くあったんだけど女の子一人っていうのは
文乃ちゃんは初めてだったと思う。
まあその日は散々飲んだのでいつも通り5人で
一部屋に雑魚寝した。
で、寝始めたんだけど、
寝て一時間も経たない、夜中の二時頃だったと思うけど
肩をトントンと叩いて起こされた。
起きると男3人。しかもニヤニヤしてる。
「ん?」
とか言うと、本宮が部屋の一点を指差した。


見ると文乃ちゃんが掛かってた布を全部はがしちゃってた
暑かったからな。
で、上のブラウスの胸の部分が開いてて、
ブラが見えてる。そんで
スカートの前の部分だけ不自然にめくり上げられてた。
俺はボーっとして
「え?」
とかいうと
3人が全力で俺の口塞いで隣の部屋に連れてった。
「何?」
「バッカ声だすなよ!」
「いやんなこといわれても。」
「やっとあそこまでやったんだぞ。」
聞いてみると長崎がトイレ行こうと起きたら文乃ちゃんが
毛布取っちゃってたと。
で、最初は次に起きた飯田と眺めてたんだけど、
本宮が起きてスカートを徐々にめくってみたと。
そういうことか。

[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

俺が急に起きるとやばいのと一緒に楽しもうとのことで
起こしたとの事。皆酒はいってるからかすげえハイテンション
だけど目が笑ってません。
俺「いや、やばくねえ?」
「ざけんなよ。チャンスだろ!」
「バーカ!」
「カーバ!」
俺は彼女を好きとか皆知らないので皆目が爛々としてた。
ただ、その時どうかしてたんだけど、俺もすげえ興奮してた
彼女の色っぽい姿なんて夏合宿の時の水着とか、
祭の時の浴衣とか。
こんな直接的なのは初めてだったし、お酒はいってたし。
で、皆と一緒に参加してしまった。
正直しなければ良かったと思ったよ。
今でも思う。ただ凄い興奮したね。


それで文乃ちゃんの寝てる部屋に戻った。
とりあえず4人で囲むのはやばいし、
さすがに人の雰囲気ありすぎでばれそう。
で、本宮と長崎が2人がかりでちょっとずつ脱がしてった
スカートはめくるより外しちゃえって
感じで横のホックを外して、
ギリギリまでめくり上げた。
上もちょっとづつね。
俺は見てただけだったけど凄く興奮してた。
そのうち長崎が
「もうやばい。我慢できない。
起こして口説いてやっちまう」
とか言い出した。
俺は流石に言い出そうと思ったけど、
起こしたら彼女は怒り出すだろうし、
それで終わればいいと思った。


他の奴らもそこまで根性はなかったし、
長崎が
「ちょっと隣の部屋言ってて。マジで口説いてみるから」
って言葉に不満を言いながらも隣の部屋に行った。
俺はきっと叫ばれて終わりだとか思ってた。
で、隣の部屋行って、
すぐ声とか聞こえてくるかと思ったらそうでもない。
長崎が起こして、2人で喋ってる声は聞こえてくる。
最初の文乃ちゃんの
「え?あー」
って声と長崎の
「皆帰っちゃってさあ」
って声は大きかったから聞こえたけど
それ以降聞こえない。
俺は気が気でないのに
他の2人は
「眠い」
とか言って寝ようとする。
お前らはいいけど俺はよくない!
長崎が皆帰ったとか言うって事も聞いてない!


悶々としながら隣の部屋にいたんだけど、
他の2人にそんな姿も見せられなかった。
すげえイライラしながら隣の部屋を気にして、
眠そうな2人と喋ってた。
「あいつもよくやるよなー」
「はは」(乾いた笑い)
とか就職の話とか。そんな話聞いてる余裕はない。
隣で何が起こってるか知りたくて仕方なかった。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

何も出来ないでいて20分ぐらいたった頃、
飯田がしょんべんとか言って立ってった。
もちろん音立てんなよ!と本宮が言った為、
すげえゆっくり。トイレのドア空けるのも時間かけてた。
部屋でイライラしてまってたら本
宮がゆっくり手を振ってきた。
当然真っ先に行く俺。
手を振ったのは飯田だ。
振られていったのが俺と本宮。ゴメン。
飯田「やっべーーーーよ!マジでやってるよ。マズクね?」
俺「は?」
飯田「見てみろ、見てみろ。
絶対見つかんなよ!俺部屋戻るって。」
俺はヤバイと思いながらもう一部屋の前に
ゆっくりハイハイみたいな格好で近づいて
ちょっとあいてるドアから覗いた。

本宮は俺の上で、俺は膝をついて覗き込んだ。
「んんうっ。んっ!んっ!つっうんっ!」
とか言う声が小さく聞こえてた。部屋の方が暗いから
(廊下は小さい電気がついてた)
最初はよく見えなかったんだけどだんだん見え始めた。
本宮は俺より高い位置だったから先に見えたみたいで
「うわ、やべーってこれ。」
って小さい声で俺に言った。
見えるようになって、見ると、
部屋の真中ぐらいの皆が雑魚寝するところで、
長崎が文乃ちゃんの足を持ち上げて腰を叩きつけてた。
あああああああああああああああ。
やべえって、どうすんだって。
喉が渇いてしょうがなくて、
ショックで思わず手を付きそうになった。

[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

「ああっ!あんっ。。やっ・・・ふんっ」
とか文乃ちゃんは全然嫌そうじゃなかった。
長崎は必死になってて、まだ酔っ払ってるなって
感じのハイテンションだった。
文乃ちゃんの顔はドアから離れていて、
声だけが聞こえていて、
胸から下だけが俺から見えていた。
下半身は裸で、ブラは押し上げられていた。
見てたら
長崎は一回動きを止めて、
文乃ちゃんもそれで声を止めてはーはー言ってた。
と思ったら長崎は足を持ち替えて
又小刻みに押し付け始めた。
「あっあっあっあっああっあんっ!」
と文乃ちゃんがいい様に反応するのを
楽しんでるみたいだった。
本宮もすげえ興奮してて俺に
「ヤベーってやってるよ、」
とかぶつぶつ言ってた。
長崎は足を思いっきり広げて文
乃ちゃんの腰を突きまくってた。
「あっ!ねえっ。。
恥ずかしいよ長崎くん。あっ!うんっ!」
少しして本宮が俺にぶつぶつ言ってた声に
ドアに近かった長崎が気づいた用だった。
腰の動きは止めなかったけど、
ゆっくりドアの方に顔を向けて、
長崎はちょっと照れくさそうに俺らを見た。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「童貞卒業」不良女相手に童貞卒業②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


地面に座り込んでる綾香をヤンキー女が
一気に押さえにかかると
「いやっ!いやっ!絶対いや~・・・やめてっ」と叫んだが
あっというまに地面に大の字に押さえ付けられ
足を持ち上げられると、小ぶりな尻が見えた。
座り込んでいた為か尻には便所のタイルの形が
少し赤くなって残っていた。
リーダーにズボンを脱がされドンと押されると
足首まで下がったズボンでバランスを崩し僕は倒れた。
倒れた目の前には綾香の尻があった。


ヤンキー女達が綾香の両足を大きく開くと綾香は
「やめてっ!お願い!やめてっ」と言いながら
自分のマンコを手で隠した。
その手もすぐに払いのけられ、薄い陰毛にワレメが見えた。
気持ちとは裏腹に僕のチンポはまた勃起していて
「どうせ男はやりたいだけなんだろ」とか言って
リーダーが僕の服をつかみ体を起こした。
僕は「やりたくて、やるんじゃないんだ」と自分に言い聞かせ
正常位の体制で押さえられ、腰をくねらせて抵抗する
女の両足の間に移動した。


閉じたままのマンコのスジを指で開き、亀頭の先をあてた。
マンコは想像以上にやわらかく、陰毛はふわふわしてた。
入れる穴がわからなかったが、チンポを押し付けながら
下の方に移動させると、ぐにゅって感じで亀頭が入った。
その瞬間、女は「いーーーっ!痛いっ痛いっ」と
軽くブリッジしてる感じになった。
少し間を置いてからゆっくり腰を動かし出した。
女は腰で突くたびに体全体で揺れた。
「・・くっ・・・ううっ」とかすれた声をたまに出した。
地面に両ヒザを付いてるのでヒザが痛いのと
女を押さえてるヤンキー女達の視線に
なぜか急に恥ずかしくなり、あまり気持ち良くなかった。
僕は女に覆い被さるようにし、地面に両手をつき腰を振った。
僕の顔の下には顔を真っ赤にした苦しそうな女の顔があり
「はぁっ・・はっ・・はっ・・くっ」って言う息遣いが聞こえ
僕は無我夢中で腰を振った。
「おっ、動きが速くなった」
「もうイクんじゃない?」
ヤンキー女の会話が聞こえた。
「あっ出る!」という感覚が急に来て僕はチンポを引き抜き
女の陰毛の上にドロリと射精した。
「うわぁ~濃いなぁ」
「きたなぁい~」
と、ヤンキー女達が覗き込み騒いだ。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「モクりに行こっかぁ」とリーダー女が言うと
ヤンキー女達はゾロゾロと便所から出て行った。
僕と残された2人は少し沈黙した後
「・・・ごめんな、ごめんな」と
2人に謝ったが返事はなく下を向いたままだった。
どうしていいかわからず、僕は便所から出た。
外にはタバコを吸いながらヤンキー女達が立っていた。
「あっ、出て来たよ」
「どうだった?○○○?」
「どんな感じだった?気持ち良かった?アハハハハッ」
「・・・もうやめてよ、こうゆう事は・・ヤバイよ」
「あんた何言ってんの?レイプしといて」
「ええっ!?やってないよ!」
「今さっき、やってたじゃない・・・黙っていてほしい?」
僕はレイプという言葉にかなりショックを受けた。



でもその後に別に脅迫とか、ゆすりなどはなかった。
たぶん自分達もかかわってるので、事を大きくしなかったのだろう。
僕は今まで通りパシリ・見張り役をして過ごした。
あの2人は髪を黒く染め、以前のようは派手さは消えた。
リーダー達数人は学校も休みがちになり
他のヤンキー女も受験や内申書を恐れてか
平和な日々が続いた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
僕はあの日の事を思い出し、毎日オナニーした。
学校であの2人を見るたびに興奮した。
そうしてる間に理沙っていう女が好きになった。
毎日理沙の事ばかりを考えてた。
本当に好きだったのかわからない
ただ、やりたいだけだったかもしれない・・・
いじめていた男を相手にするわけもないし
自分の中では完全にあきらめていた。
中学を卒業して卒アルで電話番号を見つけるまでは・・・
僕は心臓が張り裂ける気分で電話した。
「話があるから来て欲しい」と言うと
「私だけ?綾香は?」とかなり不安な様子。
ヤンキーグループからの呼び出しと思ってるらしい。
とりあえず18時に
小学校の裏門に来るように約束した。
中学校の裏にある小学校まで自転車で行き待った。
しばらく待つと女はやって来た。
本当に僕1人で来るのか様子を見ていたらしい。
そして思いきって告白した。


答えは「ごめん、考えられない」でした。
当然の結果で覚悟していたがショックで、少しパニックになり
「もうあのグループとは関係ないから」とか
わけわかんない事を言って必死で説得した。
女は本当に迷惑そうで
「もうあの子らにも、○○○にも関わりたくないのよ!
 高校が始まったら全部忘れてやりなおしたいの」
僕は急に冷静を取り戻し、黙って下を向いてた・・・
「じゃあ1回だけ、あと1回だけやらしてあげるから
 もう私に関わらないで・・・お願い」
女はそうつぶやいた。
「え?いいよそんなの・・」
「・・・でも」
「ううん、いいよ。ごめんな、僕が悪いんだから・・・
 お互い良い高校生活になるといいよね」
「・・・うん」
僕達はそう言って別れた。
帰りにゆっくり自転車を走らせながら、ちょっと大人になった気分だった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
夜、僕は塾が終わってからまたあの
小学校の裏門で待っていた。
とうとう自分の欲望に勝てずに、恥を承知で理沙に電話したのです。
「あの・・この前の、あと1回だけっていうの
 ・・・やっぱりもうダメかな・・」
「・・・・はぁ?」
「・・・あの、あと1回だけ・・・」
「何考えてんの?」
「・・ごめん。」
長い沈黙の後
「・・・・・本当に最後って約束できる?」
「うん、絶対にコレが最後」
そう言って待ち合わせする事ができた。



少し待つと女は自転車でやって来た。
ピンクのダボダボジャージにコート姿
理沙は無言で近づいて来た。
「あ・・ほんとにいいの?」
「・・・・」
「・・・ダメならいいけど」
「・・・いいよ、別に。」
僕達は小学校に入り、体育館にある足元の小窓から体育館に入った。
非常灯の明かりを頼りに準備室に入った。
「・・ここでいい?」
「・・・別に」
窓からの外灯の明かりだけで、ほとんど見えない
黙って立っている女に近づき、僕は手を伸ばした。
「いいよ、自分で脱ぐから」
そう言うと自分でジャージとパンツを降ろし
跳び箱に手をつくと、尻をこっちに向けた。
僕はこの事務的な態度に少し抵抗があったが
女の後ろに立ちズボンを脱いだ。
「・・・あの・・まだ痛いの?」
「別に。もうあれから何回かやってるし・・・」
「あ、そうなんだ・・」
ちょっとショックだったけど、気にせずに僕はコートをめくった。
青白い光に照らされ白い小ぶりな尻がぼんやり見えた。
僕は地面にヒザを着いて少し冷たい尻をつかむと
尻の肉の間に顔を入れワレメに舌を伸ばし舐めた。
一瞬ビクッと尻が震えた。
シャンプーの香りがして、とてもやわらかく熱かった。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

両手で尻の肉を広げながら、顔を押し付け舐めまくった。
しつこく舐めていると明らかに自分の唾液とは別の
ぬるぬるした感じになり、舌の動きがスムーズになった。
濡れてるんだ・・・感じているんだ・・そう思うとすごく興奮した。
AVで見た男優のような舌の動きをさせると
微かにだが女の息遣いが荒くなったように感じた。
ピチャピチャといやらしい音が静かな部屋によく聞こえた。
「・・・もういいでしょ」
もう僕も我慢の限界だったので立ちあがり
チンポを握りマンコに近づけた。



チンポを当てながら押し付けると、
ぬるんって感じで亀頭まで入った。
「んんっ・・」女の出した声は明らかに気持ち良さそうな声だった。
でも2回ほど腰を動かしただけで急激に
快感が込み上げて来て我慢できずにチンポを引き抜き
闇の中へ射精してしまった・・・
女は跳び箱に手をつきながら振り向き
「何?イッたの?」
「ハァハァ・・・うん」
女は無言でジャージを手に取り履こうとした。
「あ、ちょっとまって!・・・」
「なに?」
「ちょっと今のは・・・も、もう1回だけ・・」
「1回って約束でしょ」
「・・・お願い、お願いしますっ」
「・・・・・・」
「・・・ほんっっとーにあと1回だけだからね?」


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

良く見ると部屋の端にマットが10枚ぐらい積んであり
今度はそこに移動した。
女は積極的に横になり、もたついてる僕に
「はやくしてよ、寒いんだから」と言った。
近づくと股を開いたので、その間に入りすでに勃起したチンポを持った。
入れようとした時
「絶対外よ・・・中出しダメだからね」
グッとチンポを挿入すると
「うっん・・」とかわいい声を出した。
さっきまでの偉そうな口調とは全然違った。
正常位で足首を持ちながら腰を振ると
「うっ・・うっ・・んっ・・んんっ・・ぁん・・あん」
僕のチンポで感じてるんだ!と感動した。
僕は女に覆い被さり、女の顔の横に自分の顔を密着させ
腰をゆっくりと振った。
「はぁ・・はぁん・・あん・・うっ・・うぅん」
熱い吐息が耳に直接感じ取れた。
僕はキスをしようとしたが、顔を背けられた・・・
仕方なく僕は腰の動きのスピードを上げた。
女の上着の中に手をいて乳を揉みながら腰を振った。
だんだんと快感が登り詰めて来た。
「あ~もうイキそう・・・イク・・」僕は激しく腰を振った。
「はぁっ・・あッ・・あッ・・あっ」
「あーっ、イクッ・・イクッ!」
ビュッビュッ、ピューッ
陰毛からヘソに僕は射精した。
女は「はぁーっ、はぁー、はぁー」としばらく息が荒かった。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

部屋にあったタオルで精子を拭き取ると
僕はジャージを女に手渡しながら
「・・・ありがとう」って言った。
「・・本当ならお金もらうんだけど」
「えっ!?」
もしかして援交でもやっているのだろうか・・・
体育館を出ると女はタバコを吸いながら
僕の後を歩いていた。
裏門に着くと僕はもう1度
「ごめんな、ありがとう・・」と言った。
「じゃあ、もう電話してこないでよ」
「・・うん」
「絶対?」
「うん。」
こうして僕達は別れた。
援交するにまで落ちた理紗を見て
僕はキッパリとあきらめる決心がついたのでした。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「童貞卒業」不良女相手に童貞卒業①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


もう卒業したので告白します。
中学2年の頃からいじめにあってました。
うちの学校は女ヤンキーが多くて
なぜか僕が目を付けられ卒業するまでいじめられてました。
いじめと言ってもパシリや一発芸、見張り役などで
たまにボコられるぐらいでしたが・・・
でも3年になると服を脱がされ大笑いされたり
オナニーを命令された(もちろんそんな事できません)


土曜日の放課後でした。
5人に呼び出され便所に行くと、タバコを吸うので
見張り役をやれと言われ、
その後また服を脱がされギャーギャー騒いでた。
「チンポたたせろ」とか言われたけど抵抗してた。
するとリーダー格の女が「○○、たたせてみせてよ」って
他の女に言うと「ヤダー汚いよ」とか言って笑ってました。
他の女がコレ使えば?って掃除用のゴム手袋を渡しました。
全員で大爆笑しながら、その女はゴム手袋を付けて
「え~どうやんの?こう?」とか言いながら
僕のチンポをつまみ手を動かせました。
便所に大の字にされ押さえられ、
みんなに見られながらやられても
気持ち良いわけがない、もちろん勃起もしない。
それなのに「出すなよ」とか「インポ野郎」とか言われて・・・



「皮剥いてみてよ」って誰かが言って
その女が「え~痛そう」とか言いながら半分ぐらい
皮を剥かれたけどマジ痛かったんで抵抗した。
結局バスの時間が来たから解散になり
1人一発ずつ腹にパンチや蹴りを入れられ
僕は吸殻の缶の後始末をして帰った。
夏休みは平和でした。
家まで電話がかかって来る事はなかったから。
でも夏休み明けはまたいじめられた。
しまもみんな見た目もパワーアップしてるし
なぜか人数も増えてた。
公園でたむろしてる時の見張り役は
よくパンチラが見れたから嫌いじゃなかった。
その頃からよくHしたとか、
しないとかの話題が出ていた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
ある時また授業中に呼び出しの手紙がまわって来た。
放課後に行くと女2人しかいなくて
いつもの公園じゃなく反対側の球技場の
スタンドに連れていかれた。
その2人はあまりかわいくはないけど
茶髪・化粧でごまかしている感じ
どういう神経科かしらんけどまわりがみんな初Hしてて
あせってるらしく、
処女じゃカッコ悪いし話についていけない
とか言って、やらせてやるかわりに私らはナンパされて
初Hしたって事にするから絶対に誰にも言うなって言われた



公園の球技場にある障害者用の便所に3人で入った。
2人はいつもの威勢はなく緊張してる感じだった。
ズボンを脱がされたけど全然勃起しなくて
「どうやったら立つ?」って言われて
「口で・・」って答えると
「調子のんな!」って腹にパンチされた。
2枚のハンカチをつなげて、それで僕に目隠しすると
しばらくの沈黙の後、2人の内の誰かがチンポをくわえた。
すごく気持ち良くて勃起すると
それを見た2人は硬さに驚き、
ツンツンさわりながら確認してた。
目隠しされたまま、バックの体位で入れられ
痛い、痛いと騒ぎながら大丈夫?大丈夫?ってもう1人が
ずっと言っていた。2人目と交代した時にイキそうになり
絶対に出る時は言えと言われてたから「出そう」と言うと
「ちょっとまって!」と急いで抜いて離れたので
自分でしごいて射精した。



たぶんすごい勢いで精子が出たと思うけど
それを見て2人とも騒いでいた。
「私らが便所から出て5分間は目隠しを外すな」って言うと
「絶対に内緒な、わかった?」と便所から出て行った。
すぐに目隠しを取ると便所の隅の方に血の付いた
ティッシュがまるめて捨ててあった。
帰りに公園でいつものグループに発見されまた見張り役をした
あの2人はいなかった。
そこに4人いたヤンキー女の内の1人が
何で呼び出してもいないのに公園にいるのか聞いてきた。
僕は絶対に内緒と言われてたので、必死で理由を考え
どうせ呼び出されると思い見張りに来たと説明した。
でも今までそんな事なかったし、完全に怪しまられて
チクるつもりだったんじゃないのかと、
髪の毛引っ張られたりパンチや蹴りを入れられながら
しつこく尋問してくるので僕はもうどうでもよくなり
全てを話してしまったのです。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
それを聞いてみんなは大笑いしながら
キモイ、キモイと連発してました。
あの2人は根っからの不良って感じじゃなく
勉強もそこそこ出来るし、格好だけでちょっと無理して
みんなに合わしてるって印象だった。
話題はあの2人の悪口に発展し、格好だけでムカつくとか
本当は勉強ができる隠れキリシタンなどと言っていて
結局2人は破門ってリーダー格の女が決めた。
2日後、昼休みにあの2人に呼び出され
閉鎖されてる屋上へ行く階段の踊り場でボコボコにされた。
2人は本当に怒って興奮していて、
でも今にも泣き出しそうな表情で
殴る蹴るを繰り返して、僕はただ謝る事しかできなかった。
今までのパンチや蹴りなどは
たいしたダメージじゃなかったけど
この時の2人は本気で初めて鼻血を出したほどだった・・・
ハンカチで顔を押さえなが教室に戻る途中に
リーダー格の女に呼び止められ、どうしたん?と聞かれたが
何も答えずに教室に戻った。



また呼び出しがあったので放課後に公園に行くと
あの2人が地面に正座させられていて
その周りをヤンキー女が5人立っていた。
「生意気だ」「調子乗るな」と蹴りを入れられ
2人は下を向いたまま、
髪の毛で顔は見えないが泣いているようだった。
僕が来たのを見てヤンキー女が
「おっ、お前らの大好きな○○○君が来たよ」
「じゃあ場所移動しよっか」とリーダーが言った。
向かった場所はあの障害者用の便所だった。
便所に入ると2人はまた地面に正座をさせられ
「あんたらここで○○○とHしたんやろ?」
「キャハハハッ、何考えてんの?」
「マジ、キモイよお前ら・・」と罵声を浴びせられてる。
僕は2人が気の毒に見え、全て話した事を後悔した。



「おまけに調子乗って、昼休みに○○○をボコッたし」
「お前らどう責任とんの?え?」
「調子乗ってんじゃねぇよ!」
ヤンキー女が2人の背中に蹴りを入れた。
制服の背中には靴の足型がクッキリと残った。
「あ、別に僕は大丈夫だからっ・・・」
僕はたまらずヤンキー女を止めに入った。
「お前も勘違いすんなぁ!お前の為にやってんじゃないよ」
ドンと押されよろめく僕を見て、
笑い声が便所にうるさいほど響いた。
「さぁ○○○にどう責任とんの?」
「・・・責任って言われても・・」
「慰謝料だよ、慰謝料!○○○、いくら欲しいの?」
「そんなのいらないよ・・・もうやめてよ」
「バカ、お前が言わなきゃウチらじゃ恐喝になるでしょ
 被害者のお前が決めなきゃどうすんの!」
「・・ほんと勘弁してよ、
受験もあるし僕は問題起こしたくないんだよ」
「・・ったく、もういいよ。どいてろ!」
そう言って僕を突き飛ばすと2人の女に蹴りを入れ
2人はそのまま横に倒れ、
同時に他のヤンキー女も暴行に加わった。
2人は頭を抱えながら黙って耐えていた。
スカートがめくれパンツが見えても、直そうともせずに
ヒザと頭を抱えて耐えていた・・・


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

でも1人のヤンキー女がパンツに手をかけた時
「いやぁぁっー」と激しく体をねじり抵抗した。
他の女が押え付けパンツをずらすと、
足をバタバタとさせたが
それがかえって脱ぎやすくなり、あっさりとパンツが脱げ
真っ白な桃のような尻が露出した。
もう1人もパンツを脱がされると白のパンツと
ピンクのチェック柄の2枚のパンツはハサミでズタズタにされ
「あ~あ、お前らノーパンで帰るの?」とリーダーが言い
みんなが笑った。その時にリーダーと目が合ってしまい
「そうだ、お前らもう1回○○○とHしてよ
 じゃあ許してあげるよ」そう言うと
みんなが笑いながら僕を押え付け、ズボンを脱がしにかかった。



「ちょ、ちょっとまって!やめてって・・・」
全員に押さえられ便座に座らされると
ズボンとパンツを一気におろされた。
その瞬間、女達の笑い声が一瞬止まった・・・
僕はもう勃起してたんです。
「わぁっ、こいつもう立ってるよ!」
「何考えてんのー、さいあく~」
今までも脱がされた事あったけど
あの2人以外に勃起したチンポを見られたのは初めてだった。
「なんだ○○○、やる気まんまんだね」
「ち、違うよコレは・・・違うって」
リーダーが嫌がる女を髪を引っ張り立たせると
障害者用の手すりにしがみつかせ、尻をこっちに突き出させた
女の両足に各1人ずつ付き両足を押さえると
リーダーがスカートを腰までめくりあげた。
何も付けてない白い尻が僕の目の前に飛び出た。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

「お願い!やめてっ」
足を閉じしゃがむが、また抱え起こされて
「もう1回やったんだし別にいいでしょ」
女の腰を押さえながら
「ほら○○○っ、はやく入れなよ!」
バックの体制で女は押さえられている。
「いやだよ、できないって・・」
もう1人の女は地面にしゃがんで下を向いたままだ。
足を押さえていた女が自分の目の前にある尻に手を伸ばし
「はい、もうやっちゃいなって」
と、尻の肉を広げた。
縦スジが開かれ薄いピンクのマンコがいやらしく口を開けた。
尻を動かし抵抗するとパンッと尻を叩かれ
やがてあきらめたのか、マンコを開いたまま動かなくなった。


「ダメだ・・できないよ」
「チンポ立たせて何言ってんの?どうせやりたいんでしょ」
他の女が僕の両腕をつかみ、僕を移動させ近づけた。
もうチンポとマンコの距離は15㎝ぐらいだ。
僕のチンポはギンギンに勃起して自分の腹の方にそそり立ってる
「理沙、あんた自分でチンポ入れなよ・・・ほら、はやく!」
リーダーがそう言うと、女は自分の股の間から手を伸ばし
僕のチンポを軽く握った。そして上を向いてるチンポを
ググッと下におろすと、自分のマンコにゆっくりと押し当てた。
僕は無意識に腰を押し、亀頭部分を入れてしまった。
「うっ、痛いっ・・まだ痛いのっ」
「いいから全部入れなよ、大丈夫だから」
マンコは僕のチンポに吸い付く様に咥え込み締め付けた。


マンコの中は熱くてヌメッとした感じ
チンポの根元まで入れると、気持ち良くて自然と腰が動き
僕の腰の動きに合わせて
「うっ・・ううっ・・くっ・・」と苦しそうな声を出した。
僕が腰を動かすと、僕の両腕をつかんでいた女は
手を離し一歩後ろにさがった。
と、同時に僕の腰の動きは速くなった。
ヤンキー女達の笑い声はなくなり沈黙の中
「いっ・・うっ・・んっ・・ぁんん」と
女の声だけが響いていた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

僕は女の腰を持ち腰を振った。
すべすべの初めての女の肌の感触に感動し
一気に気持ち良さが頂点にのぼりつめ
「あ~っ・・っく~」と声にならない声を上げた時
「お願い!外に、外に出してっ!」と女が叫んだ。
「○○○っ!中に出すなよ」リーダーの女も言った。
僕は腰を引きチンポを抜いたが
抜く瞬間のマンコの入り口が亀頭を締め付け
抜いたと同時にピューッピュッと精子が飛んだ。



女の尻や太もも、そして足を押さえていた女の腕にも
精子が飛んだが、かまわず僕は手でしごいて射精した。
「うぎゃぁー!手に付いたーっ」と女は騒ぎ
理沙のスカートでゴシゴシと拭き取っていた。
理沙は尻に付いた精子をそのままにスカートを戻し
その場にしゃがみ込んでしまった。
僕も足首までずり落ちたパンツとズボンをあげ
ベルトを締めようとした時、リーダーが言った。
「何やってんの?まだ綾香がいるよ」
「えっ?・・・い、いや」
「綾香にもボコられたんでしょ、
2度と調子に乗らんように 教育しときゃなきゃね」
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「童貞卒業」初体験が3Pだった②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


しかし、俺の方はちょっとグロッキー。
ほぼ連チャンで2発も放出したうえに、
腕立て伏せみたいなピストンをしたので
かなり疲れてしまっていた。なので、Aの
「Bも早く、早く!」という煽りに
O「ちょっと待ってくれ。休ませて」と言って
仰向けになって寝ころんだ。
俺の興奮も落ち着いたためか、ティムポもみるみる萎んでいく。
AとBはこのティムポを見て、
「さっきと大きさが全然違うね。今の方がかわいいw」
と微妙な発言をしながら、
萎んで柔らかくなったティムポをいじりながら
じっくりと観察。
3人の興奮は、しばらくの間、沈静化していた。


俺が横になって休んでいるとき、Aが立ち上がろうと
床から腰を上げると同時にマムコからタラリと雫が。
愛液と少しの血がまざった、俺のザーメンだった。
このとき俺は、見たことのあるAVを思い出した。そしてAに
「ちょっと待って!そのまま、もう一回座ってくれ!」
と頼んだ。
裏ビデオに良くあるシチュエーションで、
中出し→男がティムポ抜く→マムコにズームアップ
→マムコから滴るザーメン→画面フェードアウト(END)
というのがあるが、それを思い出し、
マムコから滴るザーメンを
生で、超クローズアップで見たい衝動にかられてしまったのだ。


俺が慌てるように言ったのでAはちょっと驚いていたが、
俺の言うとおり座ってくれた。
A「何?どうしたの?」
俺は「マムコから精子がたれてきてる。拭いたほうがいいよ」
といいながらティッシュに手を伸ばし、
Aを仰向けに寝かせるようにして
足を広げた。Aはちょっとだけ恥ずかしがっていたが、
俺が半ば強引に足を開くと、体を預けてくれた。
そして、愛液と血とザーメンが付いたマムコをマジマジと観察。
凄かった。見ているだけで興奮した。
ビデオで見たのとそっくりな画が、ここにある!
俺はマムコに指を入れて、爪を立てないように、
指の腹で粘液をかき出してみた。
クチュという音がして、ドロリとしたものが流れ出る。。。。
が、Aが「ちょっと痛い」と言ったので、
2~3回しか指を出し入れ(愛液かき出し)できなかった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
このとき、Bも一緒に見ていたのだが
B「あたしのも、こうなってるんだ。。。。」
と言いながら観察していた。
俺は手に持ったティッシュでAのマムコを拭いてあげた。
A「ありがと。じゃあ、今度はBの番ね」
と、なぜかAが、俺とBをリード。w
Aのマムコから愛液をかき出したこともあり、
俺のティムポは元気を取り戻していた。
Aに言われるまま、Bは仰向けに寝て、受け入れ態勢を取る。
俺はBの股の間に入り、ティムポをBのマムコにあてがった。
しかし、ペッティングからちょっと時間が経っていたせいか、
Bのマムコはあまり濡れていない状態だった。
このままだと入らないと思ったので、
俺はBの胸を揉みながら乳首を吸った。
「あぁぁぁ」というBのあえぎ声。そしてさらに続ける。
さっきよりも、ちょっと強めに揉んだり吸ったりした。


Bに痛がる様子はなく、ずっと「うぅぅん」とか
「はぁぁぁ」と言ってよがっていた。
しばらく胸を攻めてからマムコに手を伸ばすと、
今度はしっかりと濡れている。俺はティムポを握り、
Bのマムコに再度あてがった。
そして、Aのときと同じようにゆっくりと挿入していく。
B「い、い、い、痛い。。。。」
Aのときとは違い、亀頭の先、3分の2程度しか入らない。
O「やっぱり痛い?」
B「うん。でも我慢する」と、
ちょっと苦悶の表情を浮かべていたが、
Bは、Aと俺のセックスを見ていたので、
挿入されるとどのくらい気持ちいいのか
知りたかったんだと思う。


再び挿入にチャレンジ。
Aのときよりもゆっくり挿入していく。
が、それでも痛がっていたため
少し入れては抜き、入れては抜き。。。。。と、時間をかけて
マムコを少しずつ広げていく(膜を破っていく?)
感じで挿入していった。
この間、約5分。Aは、痛がるBを心配そうに見ていた。
でも、俺は俺で、
どうにか入れてBを気持ちよくさせてやろうと必死。w
そしてとうとう、根元まで入れることができた!
入れたり出したりしているときは、
正直大変だったけど(Bの顔も険しかったし)、
奥までしっかりと入れてみれば、
マムコはやっぱり気持ちいい!
Aのときみたく失敗しないように、
亀頭の部分くらいまで腰を引き、
再度ゆっくりと挿入していく。
何度か腕立てピストンをしているうちに、
Bも痛がらなくなってきた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
しばらく腕立てピストンをしていると、
Bも感じてきたようで
「んんんん」「あぁぁぁぁ」と声を上げるようになった
俺の方も、マムコと亀頭がこすれる感じがたまらない。
マムコ自体が、Aのそれよりも狭く、
締めつけられる感じもまた良かった。
ティムポを沈めるたびにマムコから小さく聞こえる、
クシュという音もイヤらしくて心地いい。
しかも、これまでのプロセスで2発放出しているので
いきそうにもならない。Aは横から、
俺とBのセックスを興味津々の眼差しで眺めていた。
そんな、誰かに見られている状態も、
いい興奮材料になっていた。
腕立てピストンはちょっとキツかったが、
それでもマムコの気持ちよさには勝てず、
きばってピストンを続ける。
そして、だんだんといきそうになってきた。


Bに「いく。。。。。」といいながらピストンを続け、
Aのときと同じようにして、
「うぅっ」と言いながらBの中に大放出。
本格的にピストンを始めてから、
5分くらいはがんばっていたと思う。
でも、トータル3発目だったので、
いく瞬間の快感は、それほど大きくなかった。
どちらかというと、
ピストンでこすっているときのほうが気持ちよかった。
ティムポを抜くと、愛液と血とザーメンがからみついている。
Bは、やはり息を切らせながらボーっとしていた。
Bの意識がボーっとしているうちに、Aにもしたように、
Bのマムコから指でザーメンをかき出そうとしたが、
俺が吐き出したザーメン量が少なかったのか、
あまり出てこなかった。w
また、出血も少なかった。
俺はティッシュを取り、Bのマムコを拭いてあげた。


A「B、凄かったね。めちゃくちゃ感じてたみたいだよ」
O「Aも同じくらい感じてたぞw」
A「そう?wなんか私、マジマジと観察しちゃった。
生で見るセックスってすごいね。ところでB、大丈夫かな」
O「Aも終わった直後は喋れなかっただろ?
しばらくそっとしとけば大丈夫だよ」
Bのマムコを拭いたり、ティムポを拭いたりしたあと、
Bに話しかけてみた。
O「どうだった?大丈夫?」
B「痛かったけど、最後のほうはすごく気持ちよかった。
どっかに落ちていく感じがした。。。。」
当時の俺には「落ちていく感じ」という意味が
わからなかったが、とにかくBも気持ちよかったようだ。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
…………と、こんな感じで3人の初体験は終了しました。
最初の風呂から始まり、セックスが終わるまで、
90分弱くらいだったと思います。
3Pが終わったあとは、みんな大汗をかいていたので、
再度3人で風呂へ。このときはHなことはせず、
普通にシャワーをあびました。
まあ、お互いにティムポやマムコの観
察(至近距離で凝視したり、いじったり)は
仕合いましたけど。w
Bは、セックスのときはほとんど触らなかった玉袋を
調べるように観察。
いろいろ触られたもんだから、
このとき、また勃起しちゃいました。
出掛けていたAの親戚の帰りは、
次の日の夕方ということだったので、
この日はもちろんAの家にお泊まりです。
3人ともクタクタだったので、風呂から出たあとは
Aの部屋で3人、川の字になって爆睡。
次の日、起きたら昼近くでした。


精子を出しすぎたのか、
勃起時間が異常に長かったからなのかわかりませんが、
次の日、ティムポの付け根のあたり、
「蟻のとわたり」の部分が痛かったです。
あと、体全体でピストンしていたためか、
次の日の脱力感もすごかった。
昼過ぎに起きたとき、体のあちこちが筋肉痛。。。
彼女たちは、マムコに少しの痛みがあったみたいですが、
俺ほど疲れている様子はありませんでした。
当然ですが、3Pは3人だけの秘密となりました。
このあと、月に1~2回のペースで3Pしてました。
AとBの家は、
一人っ子でお母さん(Aの場合は叔母さん)が専業主婦。
俺の家は、
共稼ぎだけど姉
(当時学生で、いつ帰ってくるかわからない状態)が
いたので、誰かの家に、常に誰かがいる状態でした。
でも、3人の家の中で、
家に誰もいなくなるタイミングを逃さないようにして
3Pをしてました。お金がないし、
「高校生はホテルには入れない(3人だし)」
と思っていたので、ホテルには行けませんでした。
ときには、「夕方~夕食までの2時間、家に誰もいなくなる!」
という連絡がBからきて、
急いで3人で集まってセックスしたこともありました。
あのころは、3人が3人とも
「セックスを覚えた猿」になってたんでしょう。


回数を重ねるうちに、だんだんと技も覚えてきて、
2回目の3PのときはAとBにフェラもしてもらいましたが、
初めてのときは歯が当たって痛かったです。w
しかし、俺が毎回
「ああでもない、こうでもない」とレクチャーしたので、
彼女たちのフェラは回を重ねるごとに上達していきました。
何回めかのとき、口内発射もさせてもらいました。
AにもBにも、「にが~い」「くさ~い」と言われ、
飲んではもらえませんでしたが。w
でも不思議なのは、Bに最初に口内発射したときに
Bが言った「にが~い」「くさ~い」
という言葉をAも聞いていたのに、
Aが自ら「口で発射して」と言ったときにも
飲んでもらえなかったことです。
きっと思いのほか生臭かったのでしょう。w


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

その後、バック、騎乗位、座位などなど、
いろんな体位も試しました。
また、69やレズプレイありのオーラル3Pなども経験しました
俺がAに挿入しているとき、AがBのマムコを舐めるなど、
けっこうハードなこともしていました。
3Pのときは、基本的に1人に1発ずつ、
計2発は必ず放出してました。
3発以上というのは、あまりなかったです。
今考えると恐ろしいんですが、
やるときは「必ず」中出ししてました。
よく妊娠しなかったと思います。
もしかしたら俺のが薄いのかもしれませんね。w
今は必ずゴム付けてます。というか、俺が不安なので、
彼女が「今日は大丈夫」と言っても必ず付けてます。



3Pは、学年が上がった3年の夏頃まで、
やはり月1~2回のペースで「誰かの家で」やってました。
でも、受験勉強で忙しくなり始めたので、
この頃からAは参加しなくなりました。
で、10月ごろに入るとBも……という感じで、
自然と3Pはしなくなりました。
が、ときどきAと俺、Bと俺、という感じでの
個別対応はしてました。
しかし、回数的には圧倒的にBが多かったです。
個別対応のときは、
ホテルに行ったこともありました。
広い風呂でのローションプレイやセックスもまた
いいものでした
「ものは試し」と、
ホテルにあったゴムを付けてやったこともありましたが
「なんだこれ!全然気持ちよくない!」ということで、
ゴムを付けたのはそれ一回きりでした。
しかも、すぐにはずして思いっきり中出ししてました。
やっぱり若さって怖いです。


高校卒業後、
Aは新潟(実家がある)の大学に受かったので
新潟の方へ帰っていきました。
帰る前の記念にと、
久しぶりにAの家でやった3Pは今でもいい思い出です。
今から10年以上も前の話なので、
デジカメがなかったことが悔やまれます。
3人とも別々の大学へと進みましたが、
Bとは地元同士ということもあり、
たびたび会ってセックスしてました。
が、お互いにちゃんとした
彼氏、彼女ができてからは回数も減っていき、
いつのまにかやらなくなりました。当然ですね。w
ちなみに、大学に入ってからのBとのセックスのときは、
必ずゴムを付けてました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

AとBとのセックスは、
俺たちにとっては「カラオケ」とか
「ボーリング」とかと一緒で、
「いくつかある遊びのうちの1つ」
という感じでした。いわゆるセックスフレンドなんですが、
普通に遊ぶこともあったので、
厳密な意味でのセックスフレンドでは
なかったのではないかと、自分では思います。
昨年、高校の同窓会があったんですが、
そのときBと久しぶりに会いました。
お互い、最初は気まずかったけど、
俺が思い切って耳元で言った
「あのときは燃えたね」という言葉に、
照れくさそうに「そうだね」
と言ってくれました。その後は、普通に話せました。
残念なことに、Aは来ていませんでした。
さらに残念なことに、同窓会のあと
Bと何もありませんでした(ちょっと期待していた)。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。