更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「処女喪失」田舎女子の処女

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


大学に入ったばかりでしかもほとんど男子の工学部。
まったく期待してなかったGWだったが
かなりおいしい体験をしてしまった。
二ヶ月たつが思い出すたびに
びんびんになってしまうくらいだ。
始まりは入学式からつるむようになった仁。
こいつは宮崎から福岡の大学に来ていた。
仁がGW予定がないなら実家に置いてきた荷物を
取りにいくので一緒に行かないかと言ってきた。
予定もないし即OK。初心者マークの仁の運転は
かなり怖かったが、
関東出身の俺には初めての九州観光なので
大分、宮崎と楽しいドライブになった。
仁はかなりの金持ちらしく入学祝いに
新車を買ってもらうほど。
行きの車内でも実家では祖父が使っていた離れが
自分の部屋になり、高校時代もヤリまくったとか
自慢話をかなり聞かされた。
半信半疑で聞いていたがその日のうちに証明される事になる。


仁の家に着き缶ビールを飲むと寝てしまった俺達は
夜中の二時くらいに起き、眠れそうになかったので
24時間のカラオケに行くことにした。
勢いで一時間歌ったが男二人で盛り上がることもなく
とりあえず精算。宮崎は田舎でナンパは存在せず、
声を掛けても100パー無視と聞いていたので
そういう期待もせず、なんとなくロビーでタバコを
ふかしているとトイレからミニスカのかわいい子が
俺達の目の前を通っていった。
その子の入っていった部屋を確認して仁のほうを見ると
仁も行こうぜって顔してにやにや。
一回部屋の前を素通りすると女の子が三人で
歌い疲れたのかソファーで寝てる。だめ元でいく事に。
ドアを開けるとまず一人の子の大また開きのパンティ
丸見えで俺の理性はぶっ飛んだ。
実は高校時代はえっちの経験はあるが
真面目に付き合った彼女との一人だけ。
ナンパ経験はゼロ。行きの車の中では経験は
10人位と仁に言ってた手前もう行くしかないって感じ。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
むちゃくちゃ驚かれて悲鳴みたいな声を出されたが
カラオケなので外には聞かれずにセーフ。
仁の言ってた通りナンパとかされた事ないらしく
「出て行ってよ」とか「私達そういうんじゃないから」
とか 冷たかったが仁が一緒に遊んでくれたらカラオケ代
出してあげるよと言うと態度が一変。
「いっぱい食べたり飲んだりもしたよー」
とか結構いい感じ。
女の子はきぃちゃん。岡ちゃん。きむちゃん
。岡ちゃんがリーダー的な子できむちゃんは綺麗系、
きぃちゃんはかわいい系。
色々話していると仁とは地元の話題で盛り上がっていたが
俺には理解不能。宮崎弁って始めて聞いた。
みんなミニスカでギャルぽいがいまいちダサい服。
それも田舎の女の子って感じで余計に萌えた。
四時近くになりみんなハイテンションになってきたので
そろそろ勝負時と
「どうせもう歌わないんだし俺のうち行こうよ。」
と仁が切り出した。きぃちゃんが少し渋っていたが
みんな家は遠いらしく行くとこもないし
俺達はそれまでH系な話題は避けて結構真面目な大学生を
強調していたので女の子達もなんとか同意。



きぃちゃんも最後まで「私帰ろっかなぁ」
って言ってたけど
「家がバレてるんだから襲ったら捕まるし絶対なんにもしないよ」
って言葉に納得したみたい。
仁にこっそり「どうする?」と聞くと
「もちろんヤルよ。とりあえずゴムも部屋にあるし
大丈夫だからまかせろよ」と自信満々。
部屋に着くと男子の部屋に興味津々の女子達は机の引き出しを
勝手に見たり「エロ本隠してるんでしょー」
とか向こうからエロトーク。
仁が缶酎ハイを取りに言ってる間に昼間教えてもらってた
エロ本のありかを教えてあげると
女子達はキャーキャー言いながら見てた。
本が素人のハメ撮りとか乱交系の雑誌だったのもいい流れ。
「こんなの全部20歳くらいの人なんでしょー」
と聞くので
「東京じゃ今はもう中三の卒業位までに100パー経験するよ」
とか
「高校生だとみんな一回位はクラブのパーティーで乱交とかやってるよ」
と標準語で俺が嘘の妄想トークすると信じてる様子。笑。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
そのころにはみんなパンティーが見えてるのは
気にしてないくらいラフな感じで、
最初にきぃちゃんが眠たいと言って来た。
岡ちゃんときむちゃんはまだ寝ないってことだったので
隣の部屋の仁のベッドにきぃちゃんが眠りにいく。
きぃちゃんが抜けると残りの二人のエロトークが過激になった。
二人は経験は四人とあるが
「きぃちゃんは最近初体験が済んだばっかりで
マジに純粋な子だから、きぃちゃんには手を出さないでね」
という事。
その言葉をきっかけに仁が
「きぃちゃんには手を出さないでねって事は二人にはいいの?」
って聞くと二人は顔を見合わせて
「ゴム買って来るならね」ってOKの言葉。
即効仁が隠してたゴムを取り出すと二人は笑い出し
「全然真面目じゃないじゃーん」
って笑いながら向こうももうヤリモード。
俺はきぃちゃん狙いだったのでちょっと残念だったが
二人も文句なくいい感じの子だし
もう下半身も爆発寸前だったのできむちゃんに覆いかかった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
きむちゃんも実は待ちきれなかったみたいで
D-KISSするとすぐに舌をからませ、
俺の下半身を触ってきて速攻ズボンを下ろしてきた。
隣では仁と岡ちゃんが同じ展開。
その時仁のアレを見たがおへそまで伸びて
マジ始めて見るデカさ。岡ちゃんときむちゃんが
お互い声とか聞かれるのが恥ずかしいって言ったので
仁がエロビデオを大音量で掛けた。
部屋にはビデオのあえぎ声が鳴り響く中D-KISS再開。
きむちゃんの紐パンの紐をはずしクリ攻撃。
「んんっ・・ぅんんん」
って言ってた声がだんだん大きくなってきて
「あーん、ぃぃよーもっと・・・」
ってどんどん恥ずかしさも薄れてきたのか淫らなあえぎ声になってきた。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

「いつも乱交してるの?」と聞くと「乱交はないけど、
岡ちゃんのうちの隣の部屋同士でなら何回かやったよね
」って答え。宮崎のラブホは車で入るところが多いらしく、
高校生はもっぱら親が留守の家に何組か集まってのエッチが
主流らしい。岡ちゃんが隣で
「仁君のアレむちゃくちゃでかいじゃん」
って言うもんだからきむちゃんもちょっと
気になる様子。俺は「仁のをふたりで舐めてみなよ」
というと
「おもしろそー」
ともうエロ全開のきむちゃんはふたりのほうへ。
俺はおま○こ二個を鑑賞するつもりだったが
ふと隣の部屋のきぃちゃんが気になりこっそりと覗いてみた
するとオレンジの薄暗い光の中掛け布団の下半身あたりが
ごそごそ動いている。
かなり大きなAVの音と友達のあえぎ声。
絶対オナニーしてると確信した俺は飛び込むように布団の中へ。



「友達のあえぎ声聞きながらオナニーかい。
きぃちゃんもエッチなんだね。」
俺は布団に入ると速攻下半身に手を回し
きぃちゃんにできるだけ卑猥にささやいた。
きぃちゃんはオナニーがばれたのがかなり恥ずかしいらしく
黙りこんだまま涙目で俺を見つめるだけ。
もう理性がぶっ飛んでた俺は
強引にきぃちゃんにキスをし舌をむりやりきぃの唇の中へ
同時に胸を撫で回しながらパンティの隙間から
右手でおま○こチェック。
思ったとおりもう濡れ濡れで
「ここまできたら楽しもうぜ」
っていうと可愛くうなずいた。
そうしてるとこっちに気付いた三人が全裸で
こっちの部屋に。岡ちゃんが
「あーー!!!きぃもヤル?きぃがやるんだったら
彼にはちゃんと内緒にしててあげるよ」
とナイスフォローw。



[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

もう後戻りできる雰囲気ではなく
きぃも観念したように小さな声で
「絶対ひーくん(たぶん彼)には言わないでね」
と言うと
「こんな事いえるわけないじゃん」
と言いながら三人ともベッドにあがりこんできた。
酔っ払ってかなりエロくなってた俺達は
彼女達が帰った七時くらいまでの間、
きぃちゃんへの四人攻めから始まり、
レズ、Wフェラ、トリプルフェラ、
ありとあらゆる体位をやりつくした。
途中からは生で入れてもOKな雰囲気になり
俺はきぃちゃんで四発他の子は二発ずつ抜いた。
一番の収穫はきぃちゃんが処女だった事。
他の女の子達も気付いていてあえて黙っていた雰囲気だったが
俺が最初に挿入して突きまくった時かなり痛がっていたし
ティッシュにもピンクっぽい跡が。
たぶん友達に初体験は済んだと言ってたので
いまさら嘘とも言えなかったのだろう。
彼氏が最近できたと聞いていたがその彼より先に
きぃちゃんの処女を奪った事は
今思い出してもアレがビンビンになる。
もちろん夏休みまた宮崎に行くつもりだ。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」同窓会のあとで③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


俺は祐子ちゃんを抱き寄せ、思いっきり動き、
祐子ちゃんの中でいきました。
また股間のあたりがぬれ、
祐子ちゃんも体をガクガクさせたので
いったみたいでした。
俺はいれたまま祐子ちゃんにキスをして、
「ごめん、中にだしちゃった」って言うと、
「いいよ。」って言ってくれました。
周りを見ると、光一はさおりちゃんの背中にだしてました。
昇は綾ちゃんの顔にだしてました。
伸二は民子ちゃんに正常位でいれてました。
俺はまたやりたくなったので動くと、
祐子ちゃんもまた喘ぎ始めました。
祐子ちゃんを抱き上げ、
お互い座った状態で上下に動きました。
キスをしたり乳首を舐めたりしました。
いきそうになったので祐子ちゃんを寝かせ、
激しく動こうとすると祐子ちゃんは「いく~」
と言ってガクガクなりました。
俺も激しく腰を動かし、祐子ちゃんの顔に出しました。
祐子ちゃんはちんぽをしゃぶってれました。


周りを見ると、昇と光一が交代してやってました。
昇はさおりちゃんのお腹にだしてました。
昇と目が合い、昇と交代しました。
俺は昇の精子をふき取り、
さおりちゃんにキスをしました。
昇を見ると、いきなり祐子ちゃんにいれてました。
俺はさおりちゃんの体を撫で回したあと、
マンコに指をいれ、キスしようとすると、
さおりちゃんが俺に抱きついてきました。
そしてキスしてきて、俺の耳元で
「ずっと好きだったの」っていわれました。
なんか急に興奮して思いっきり指を動かしました。
さおりちゃんは体をそり上げ、激しく乱れ、
潮を吹いていってしまいました。
そしてちんぽをいれて動きました。
いくときにはさおりちゃんの顔にかけました。
伸二と民子ちゃんも終わったみたいで、
昇と祐子ちゃんと終わってました。
少し休んでいると光一が綾ちゃんを足を開かせ持ち上げ
「潮吹かせて」と俺に言ってきました。
すると昇も綾ちゃんを抱えるのを手伝い、
俺は綾ちゃんのマンコに指をいれました。
光一が「みんな、綾ちゃんの一番恥ずかしいところを見て」
っと言うと、綾ちゃんはすごい興奮ぎみの顔をしていました


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
昇と光一も綾ちゃんの乳首を舐めたり、
キスしたりしていました。
俺は思いっきり指を動かすと、
綾ちゃんはあえぎまくり、体を暴れさせました。
すると、体を反らせ、潮を吹きました。
「もう一回吹くまで」と光一が言うので、
もう一度吹くまで続けました。
綾ちゃんは「だめ、こわれちゃう」
って言いましたが、二度目を吹きました。
グッタリしてました。すると昇が
「今度はさおりちゃんだ」っと言うと、
同じようにさおりちゃんを抱えあげました。
さおりちゃんは、かなり恥ずかしそうにしてました
その顔がそそりました。
俺は「伸二、クリトリスこすって」
っと伸二を呼んでさせました。
さおりちゃんは、狂ったように暴れ、
潮を吹いていってしまいました。
体をビクンビクンさせていました。
こうなるとみんなのが見たくなり、
次は祐子ちゃんです。
俺もかなり腕が疲れてましたが、執念でやりました。
祐子ちゃんは中だししたので、
指で精子を出してからやりました。
今度は伸二と光一が抱きあげ、
昇がクリトリスをこすりました。
祐子ちゃんも狂ったように暴れ、
潮を吹いていってしまいました。最後は民子ちゃんです。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
民子ちゃんは伸二しか味わってなかったので
、抱き上げたあとみんなで体中を舐めまわしました。
そして潮を吹かせました。
民子ちゃんも二回吹かせました。
またみんなやりたくなってきたので、
俺は民子ちゃんとやりました。
民子ちゃんは細くて、可愛くて、
胸はないけどその乳首がたまらなく可愛くて、
いれて動いている時、お尻を撫で回して、
お尻の穴を触ると、「はう」っていいました。
指をいれると、喘ぎ方がかわりました。
お尻に指を入れたまま動いていると、
「だめ、いく」と言う声で、
民子ちゃんは言ってしまいました。
俺もいきそうになり、
民子ちゃんの顔にだしました。
民子ちゃんを光一にわたし、
俺は綾ちゃんとやりました。
綾ちゃんと正常位でやってると、
誰かに尻の穴を舐められました。
周りを見ると、光一と昇はふたりで
民子ちゃんに前後を責めていて、
伸二はさおりちゃんとやっていました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
ふりむくと祐子ちゃんでした。
俺もいきそうになり、綾ちゃんの顔にかけました。
綾ちゃんの顔にかけると、
祐子ちゃんがしゃぶってきました。
そして祐子ちゃんに倒され、
祐子ちゃんは俺の上にまたがり、
自らちんぽをいれました。
さすがに俺もまだ勃起せず、時間がかかりました。
すると綾ちゃんが俺の顔をまたいで、
マンコを押し付けてきました。
祐子ちゃんと綾ちゃんは腰を動かしだしました。
ちょっとすると光一と昇が来て、
二人にフェラチオさせていました。
光一が綾ちゃんを抱き上げ、
向こうに連れて行き、やり始めました。
俺は祐子ちゃんを抱き寄せ、正常位で中にだしました。
綾ちゃんには光一と伸二でやってました。
民子ちゃんに昇がやってました。
祐子ちゃんは寝転んだままでした。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

そろそろ限界かなと思って休んでいると
、さおりちゃんが来て、
俺のちんぽを握りながらキスしてきました。
断ろうと思ったら、「して」っと言ってきたので
さおりちゃんを上に乗せて、やりました。
途中でさおりちゃんはビクビクしてたので
いったみたいでしたが、それでもずっと動いてくれました。
いきそうになったので「もういく」って言ったのですが
さおりちゃんはどけてくれず、ずっと動いていました。
本当にいきそうになって、
「もうだめ」って言うと、さおりちゃんはキスしてきました。
俺はさおりちゃんの中でいきました。
俺とさおりちゃんと祐子ちゃんはそこでやめました。
とりあえずティッシュで拭いて、服を着ました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

それを見た光一は「やめるん?」
って言ってましたが、続けていました。
昇とやり終えた民子ちゃんがやめようとすると
、光一が捕まえて、またやってました。
俺らはその光景を見てました。
側から見てると、
俺らはすごいことをやってたんだなあ、と実感しました。
それから5分くらいやってました。
光一たちはまだやりたかったようですが、
俺らがやめたのでやめたそうです。
床はフローリングだったので雑巾で拭いて、
綺麗にしました。(微妙)
呑み屋を経営してる友達には
エッチなことをやってたのはバレてましたが、
あそこまでひどいことをやったのは
バレれませんでした。
その頃、夜の11時でした。
とりあえず呑み屋をでて解散しようと思ったら、
昇が「これからみんなでホテル行かない?」
って言い出しました。
綾ちゃん以外の女の子3人は今日は帰るといいだし
明日またやることになりました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

家の方向が祐子ちゃんと同じだったので、
いっしょに帰ったのですが、
祐子ちゃんの中に中だしさせたのは俺だけだったそうで
昔、俺のことが好きだったそうです。
詳しく書きましたが、
あとみんなで思い出として一部始終を書き留めておきました
それを見ながら思い出しながら書き込みました。
次の日の乱交のあと、
さおりちゃんに告白され付き合いましたが、
現在は、祐子ちゃんと付き合っています。
今でもよく乱交しますし、ビデオ撮ってます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」同窓会のあとで②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


次はレベル2です。王様はさおりちゃんで、
昇と綾ちゃんで「乳首を20秒づつ舐め合う」でした。
すると綾ちゃんは服を捲り上げ、胸を出しました。
俺が綾ちゃんの後ろから服をずれないように持ち、
昇は舐め始めた。
「ああ、ああ。」と声を出していました。みんな大興奮。
今度は綾ちゃんが昇の乳首を舐めた。
次は光一の王様で、「女二人が男の乳首を舐める」でした。
二人と書いてあるので女を二人選びました。
俺と祐子ちゃんとさおりちゃんでした。
俺は「マジで?俺乳首よわいのに。誰?これ書いたの。」
って聞くと、祐子ちゃんが「はーーーい。」と答えた。
時間は書いてないので20秒ってことになり、
俺は服を捲り上げると、「せいので行くよ?」「うん。」
と祐子ちゃんとさおりちゃん。
俺は本当に乳首が弱く、かなり感じました。


次はさおりちゃんが王様で、光一と綾ちゃんで、
「マンコを20秒舐める」でした。
綾ちゃんは「これレベル3じゃないの?いいけど。」
とズボンとパンティを脱ぎ始めた。
さおりちゃんは「本当にするの?」
と信じられない表情をしていた。
男の目線は綾ちゃんの下半身にくぎ付け。
光一はガッツポーズをした。
伸二が「舐めやすいように抱き上げといてやるよ」
と伸二は綾ちゃんのとこにいったので俺もいった。
俺と伸二で綾ちゃんの太ももを持ち、抱えあげた。
綾ちゃんのマンコは丸見え。みんな大興奮。
「いやん。恥ずかしいから早くして。」
と綾ちゃん。
光一はゆっくり顔を近づけ、マンコに吸い付いた。
綾ちゃんは首を振りながら「あんあん」
よがってました。
俺はあの綾ちゃんがみんなの前でよがってるのが、
すごく興奮した。
20秒終わると、綾ちゃんはハアハア言っていた。
光一は「マジもう我慢できん」
って言い出したけど、なんとか抑えた。
ゆっくりおろし、綾ちゃんはパンティだけはいた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
次は俺が王様で、「ちんぽを20回しゃぶる」
で、昇と民子ちゃんでした。
民子ちゃんは嫌がったけど、
みんなの押しもあってやりました。
昇が自分でちんぽを出したけど、
ギンギンに立ってました。
ちょっとぎこちない感じでしゃぶってました。
次が祐子ちゃんが王様で、光一とさおりちゃんで
「マンコを10秒なめる」でした。
さおりちゃんは、「絶対いや!」と言って、
一切脱ごうとしませんでした。
すると伸二が、「みんなやったんだからやれよ!」
と、無理やり脱がそうとしました。
それでもさおりちゃんは嫌がったんですが、
昇も加わり、昇が手を抑え、伸二が脱がしました。
伸二と昇が無理やり足を開かせ、
「光一、今だ」っと言い、
光一はさおりちゃんのマンコを舐めだした。
時間を計るのを忘れてて時計を見たけど、
10秒過ぎても舐めるのをやめません。


さおりちゃんは、「あ、いや、もう10秒過ぎたでしょ!」
っと言っても全然やめず、手足を抑えてた伸二は、
「もう無理」っていいながら服を捲り上げ、
乳首にしゃぶりつきました。
想像どおり、白くて綺麗な体でした。
もう止まらないなっと思い、
俺も参加しようと思ったら、
綾ちゃんがさおりちゃんの手足を抑えていた昇のとこに行き
昇にキスをしました。
昇は綾ちゃんを押し倒し、
キスをしながらズボンを脱がし始めました。
嫌がってたさおりちゃんを見ると、二人に体を舐められながら
「あんあん」あえいでいました。
その時、祐子ちゃんが俺のとこにきて、
キスをしてきました。
祐子ちゃんの手は俺の下半身を触っていた。
俺も、祐子ちゃんだし、それよりもう我慢できなかったし
祐子ちゃんの股間を触りながら舌を絡ませまくりました。
祐子ちゃんとキスしてる、
かわいい、最高、っと思いながら夢中でした。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
キスをしながら祐子ちゃんを寝かせ、
祐子ちゃんの衣服を脱がした。超綺麗な体で、
胸もCはありました。
パンティだけになり、パンティに手をいれようとすると
「○も脱いで」っと言うので脱いだ。
そしてパンティに手を入れ、
キスしながらマンコを触った。
祐子ちゃんも俺のちんぽを触っていました。
夢中でそのまま首筋や乳首を舐めると、
祐子ちゃんは「あんあん」あえいでいました。
その時、周りを見ると、昇と綾ちゃんは、
綾ちゃんが全裸で昇は下だけ脱いで、
シックスナインをやっていました。
綾ちゃんもかなり綺麗な体でした。
光一は、全裸のさおりちゃんにキスをしながら
マンコを触っていた。
伸二は、部屋の隅の方で民子ちゃんにキスをしていた。
民子ちゃんもそんなに嫌そうではなかったと思います。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

俺は、祐子ちゃんのマンコが見たくて、
パンティを脱がし、足を開くと、
マンコにしゃぶりついた。
祐子ちゃんは「あんあん」あえぎながら、
体をピクピクさせてました。
しばらく舐め、お尻の穴も舐めました。
そのまま祐子ちゃんの口まで舐めていき、
キスをして、祐子ちゃんの顔にちんぽを持っていくと
祐子ちゃんはしゃぶってくれました。
すると、すぐそばで四つんばいになって
光一のをフェラしてるさおりちゃんのお尻があったので
さおりちゃんのマンコにしゃぶりついた。
舐め始めると、足を開き、お尻を突き出してきました。
最初は嫌がってたのに本当はエッチなんだなと思いました。
マンコを舐めながらお尻をなでまわし、
お尻の穴も舐めました。
さおりちゃんの下半身はクネクネよがっていました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
さおりちゃんのマンコに指を入れ、
ぐちゅぐちゅさせると、フェラチオしながら
「んーんー」言っていました。
その横には、昇が仰向けになった綾ちゃんの上に乗り
フェラチオさせていて、綾ちゃんのマンコがあったので
舐めました。
綾ちゃんのマンコにも指を入れ、
ぐちょぐちょさせました。
自慢ではないですが、
俺は潮吹かせるのは得意だったので、
思い切って綾ちゃんのマンコを攻撃すると、
「んーんー」と言いながら体をクネクネさせたあと、
腰を浮き上がらせ、潮を吹きました。
さおりちゃんも潮を吹かせてやろうと思いましたが
俺も祐子ちゃんのフェラチオにいきそうになったので、
フェラチオをやめさせ、祐子ちゃんにキスしながら
祐子ちゃんのマンコに指を入れた。
ぐちょぐちょさせると、祐子ちゃんも大声で
「あんあん」言って、体をクネらせた。
反対の手で祐子ちゃんの胸を触りながら
マンコの手を激しくすると、
いっそう声が激しくなり、
胸を触ってる俺の手を強く掴み、
腰を浮かして潮を吹いた。
結構の量でした。祐子ちゃんにキスをして、
「気持ちよかった?」っと聞くと、
「最高」って言ってくれました。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

周りを見ると、
光一はさおりちゃんにバックからいれてやってました。
昇と綾ちゃんも正常位でやってました。
伸二と民子ちゃんはお互いのを触りあっていました。
俺はそのまま正常位で、祐子ちゃんにいれました。
やっぱり大きい声で、
「あんあん」あえいでいました。
祐子ちゃんにキスしながら動きました。
すぐそばにバックからいれられ、
よがってるさおりちゃんの顔があったので、
動きながらキスをしました。
さおりちゃんは俺を抱きしめてきました。
その時、祐子ちゃんが俺の乳首を舐めてきました。
俺は乳首が弱いので、いっきにいきそうになりました。
何とか耐えて、
また祐子ちゃんにキスをしようとすると、
いったみたいで俺の股間がぬれて、
「はう!」っと言ってガクガクしてました。
俺はやめず動きつづけると、
祐子ちゃんはすぐに喘ぎ始めました。
俺ももういきそうかなと思った時、
「ああ、ああ、またいきそう」って言ったので、
「俺もいきそう」って言うと、
「いっしょにいこ。中でいいよ。」って言いました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」同窓会のあとで①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


今年の春、同窓会の後、男4人、女4人で友達が経営してる、
呑み屋に行った時の話です。
いつもつるんでいた、俺と光一、昇、伸二の4人は、
同窓会が終わって、これからどうするか迷っていました。
そこに、綾ちゃん、祐子ちゃん、さおりちゃん、
民子ちゃんの女の子4人組みが、
二次会行こう、と誘ってきました。
俺はかなり喜びました。
小学校の同窓会で、俺の地元は田舎で全員、
ガキの頃からの付き合いでしたので、
別に何の期待も持っていませんでした。
でも、久しぶりに会った彼女らは、
予想もつかなかったくらい綺麗になっていました。


4人とも昔から可愛く、もてていました。
俺も4人とも可愛いので好きで
、特に祐子ちゃんのことが好きでした。
綾ちゃんはスタイルがよく、美人で可愛くて、
同級生のアイドルでした。
祐子ちゃんもスタイル抜群で、美人で、色白で、
目がややつりあがってる感じで、
眉毛と目が少し離れてて、それが逆に可愛く、
笑うとかなり可愛い子です。
友達の中にはブサイクって言う人もいますが、
俺は超好みでした。
さおりちゃんもそれなりのスタイルで、
二人に比べると背は低いのですが、美人で、
色白で、すの時は人形のように可愛い子です。
民子ちゃんはかなり細身で、胸も無く、
色黒だけど、美人で、ロリっぽく可愛い子です。
女の子達が誘ってきたのは
昇がいたからだと思います。
昇は昔一番もててたから。昇に感謝です。
8人で友達が経営してる呑み屋に行き、
みんなで飲んで盛り上がっていました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
飲み始めて1時間くらい経って、
民子ちゃんが「眠たくなってきた。
そろそろ帰ろうかな。」と言い出しました。
その呑み屋の2階は、
10人でもねれるくらいの広さの部屋なのですが
俺らは友達なので、
よく休憩に使わせてもらっていました。
俺は「じゃあ、2階で休む?」と聞くと、
民子ちゃんは「ううん、でも・・・。」
そこで綾が「2階借りれるんだったら2階で飲もうよ
それなら眠たくなっても寝れるじゃん。」
と言いました。
民子ちゃん以外全員一致で2階に上がることになり
民子ちゃんも仕方なくいっしょに来ました。
2階でも盛り上がり、途中からエッチな話になりました
みんな酔っていたのもあり、
女の子達も今までの経験の話をしました。
女の子はみんなこの春で大学を卒業するのですが、
民子ちゃんは今まで高校でひとりと付き合い、
大学でひとりと付き合い、
普通にエッチをしたとのこと。
さおりちゃんは大学でひとりと付き合ったらしいのですが
ほとんど経験がなく、
エッチが気持ちいいと思ったことがないそうです。
問題は残りの二人です。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

男達全員が愕然とする経験でした。
祐子ちゃんは大学で知り合った彼氏と
普通に付き合っていたけど、
彼氏と彼氏の友達と部屋で飲んでいる時、
彼氏が襲ってきて、祐子の裸体を友達に見せびらかし、
3Pになってしまい、最初は嫌だったが、
二人に責められるのが快感だったらしく、
それ以来、彼氏の友達を呼んで3Pをしたり、
友達のカップルを呼んで彼氏を交換したりして、
複数プレイにはまってたらしい。
今はその彼氏と別れたので、全然やってないらしい
俺はかなりショックでした。
でも男どものアイドルの綾ちゃんは
もっとひどいんです。
大学で付き合ってた彼氏にふられ、やけになって、
合コン行きまくってた時の、
ある合コンで酔ったのもあり、
男の部屋で男4人、女2人で飲んだときに、
6Pになり、それがよかったらしく、
それ以来複数プレイにはまり、
乱交しまくっているらしい。
男達全員かなりショックを受けていました。
そんな話もあり、
民子ちゃんとさおりちゃんの反対を押し切り、
強引にくじ引き王様ゲームをやることになった。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
くじ引き王様ゲームとは、王様が決まったら、
王様がくじを引き、そこに書いてあることを、
王様が選んだ番号の人が従うというゲームです。
その時は特殊なやり方で、
男女のエッチな行為レベル1~3にわけ、
レベルひとつにつきひとり二枚づつ紙に
エッチな行為を書き1~4までの割り箸を
男女別々に用意し、男女交互に王様をやり、
4を引いた人が王様で、
レベル1からやっていくことになった。
でも、挿入は禁止ってことになったが、
男達はそうとうすごいことを書いてそうだった。
まずはレベル1からで、まず男側が王様です
4を引いたのは伸二。
伸二は男達にコソっと
「王様て最悪だな」と言った。
確かに王様はエッチな行為ができないから、
男から言えば引きたくないでしょう。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
伸二が引いた行為は、
「1分間ディープキス」
で答えた番号は男2番、女4番でした。
いきなり俺で、相手は綾ちゃんでした。
さすがに始めだし、人前なのでかなり緊張しましたが
伸二が「はい、あと10秒後から計るよ」というので
慌てて綾ちゃんと向かいあった。
かわいいいい、この口とキスできるんだと思うと、
嬉しかったが、この口で、
この顔で何本ものちんぽをと思うと、
なんか複雑な気持ちになった。
「大丈夫?」と聞くと、綾は「うん、
ちょっと恥ずかしいけど。」
俺は綾ちゃんの頬に手をあてた。
その時「スタート!」という声が聞こえた。
口を付けてから舌を入れるつもりだったけど、
綾ちゃんは舌を出して受身になっていたので、
俺も舌から行った。
1分が過ぎ、キスが終わって気づいたのですが、
キスの最中抱きしめあっていました。
次は民子が王様で行為は「20回胸を揉む」で光一と、
さおりちゃんでした。
「この行為書いたの絶対男よな。」
と伸二が言った。確かに。
光一はさおりちゃんの後ろにまわり、
20回揉んだ。さおりちゃんはかなり恥ずかしそうでした。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

次は俺が王様で、行為は「キスする」で、
伸二と祐子ちゃんでした。
俺は少し悔しかった。すると伸二が俺らにそっと、
「俺、祐子嫌いなんだよな。」と言うと、
祐子ちゃんに近づき、チュっとキスをした。
レベル1はもう終わろうという意見がでたが、
とりあえずは全員が何かをしたらってことで、続けた。
まだ何もやってないのは昇と、
民子ちゃんです。
次は綾ちゃんが王様で、俺と祐子ちゃんで、
「顔をまたにはさんで20秒」でした。
「どっちがやる?」って聞くと
、祐子ちゃんが「私が顔でもいい?」というので、
了解した。祐子ちゃんはしゃがみこみ、目をつむった。
俺は股を押し付けはさんだ。ズボンをはいているが、
ちんぽが祐子ちゃんの顔に。
みるみる勃起していく。
20秒終わると祐子ちゃんは
「勃起してるよ。」っと微笑んだ。
次の王様は光一で、昇と民子ちゃんで、
「キスをする」でした。「丁度これでレベル1終わりだ。」
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「熟女」同級生の母親に奉仕させる(最終回)

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


いまから思えば、二人の子を産み、
四十路に近づいていたヒロキの母親のアソコは、
同年代の女に比べてまだまだ十分に若いとはいえ
それでも若い女に比べりゃ歳相応に緩かったのは事実だ。
それでも絶頂に達したときの締め付けは、
指の骨が砕けるかと思ったほどで、
しかもその肉襞のうごめきは俺の指を奥へ奥へと、
子宮に向かって吸い込まんとしていて、
女の肉体のもつ貪欲さが指からびんびん、伝わってきた
とにかくその締め付けが痛くてかなわず、
俺は断末魔のように二本の指をばたばたもがかせた。
それがエクスタシーのさなかにあるヒロキの
母親の性感帯を著しく、刺激したらしい。
うおうっ、と獣のような声で咆哮して、一段と激しく弓ぞった。
俺の目の前に、ヒロキの母親の陰毛に覆われた下腹部が、
突き出されるように間近にせまってきた。
すえたような女の臭いがつんと、鼻についた。
びくん。大きく痙攣するとヒロキの母親は、
今度はか細く頼りなげに「ああっ」と喘いで、
腰をがくんと落とした。


ヒロキの母親も、あの歳になりゃ夫婦生活だって
間遠だっただろうな。
そんななか、アソコの中を指でかき回されたら、
そりゃあたまんねえよな?
下着越しにアソコを舐め繰り回されて、
すでに火のついた肉体なんだ。
白い裸身をほの赤くほてらせて、
ヒロキの母親は再び失神しちまったよ。
死んじまったのかと思うほど安らかな表情になって
あれほど荒かった吐息も嘘のように穏やかになって
ぐったり全身虚脱させてな。
ヒロキの母親が失神すると同時に、
アソコの締め付けが緩んだ。
俺はすかさず指を引っこ抜き、
骨が砕けてないかどうかまじまじと見ちまったよ。
俺の指、ヒロキの母親のオマムコ汁で、
ぬらぬら光ってた。
ヒロキよぉ、おめえの母ちゃんのマムコ汁、
こんなにねばねばしてるんだぜ?すっぱい
臭い、ぷんぷんさせてよぉ・・・・・・。


それにしても、本当に不思議な感触だった。
今までに触ったことがない、柔らかく、温かく、
何よりも「気持ちいい」、そんな感触だった。
もう、たまんねえぜ。チンポ入れたくて、たまんねえぜ
お前ら、想像できるか?
紺野美沙子みたいな美熟女が、
無防備に失神してるんだぜ?
上半身、裸でよぉ。こげ茶色の
乳首、ぴっこりかたくさせてよ。
スカート、腰の辺りまで捲くりあがって、
足先に脱がされたパンティ、ひっかけてよ。
むっちりした太ももの付け根には陰毛が黒々と
茂ってるんだぜ?頬には涙のあとがあって、
乱れた髪の毛が数条、まとわりついていてよ。
なあヒロキ、お前だって母ちゃんのこんな姿見たら、
勃起しちまうよなぁ。え?俺はもう我慢
できねえから、お前の母ちゃん、いただいちまうぜ・・・・・・。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
俺は、部屋着のズボンとパンツを一気に
ひざの辺りまで下ろした。
チンポが臍につかんばかりに首をもたげている。
ひざでにじり寄るようにして、俺はヒロキの母親の
だらりとだらしなく開いた太ももの間に身を進めた。
そして、腰を重ね合わせ、
自分の陰毛とヒロキの母親の陰毛を
すり合わせるようにして、
チンポをヒロキの母親の股間に押し当てた。
ねっちょり濡れた柔らかい肉感が、
チンポの先っぽの、亀の口あたりに触れ、
俺はゾクゾクと快感を感じた。だが押し当てても、
恥骨の固い部分が亀頭に触れるのみで、
お目当てのアソコに、ぬるっと挿入される気配がない。
俺はあせったね。何で入らないのか、
さっきまでいじくってたアソコがどこにあるのか、
ドーテーだった俺には皆目見当がつかなかった。
同時に、右手の使えないのが
これほどもどかしく思えたことがなかった。
なにせ左手は自分の上半身を支えるのが精一杯だった
右手が自由に動けば、アソコの位置を触って確認して
自分のチンポを握って誘導できたのにな。
やむを得ず、目くらめっぽうに腰をつきたてた。


とにかく俺は、やたらめったら、腰を突きたてた。
ぐったりとしたヒロキの母親の美しい顔と、
いい匂いがたまらなかった。
俺のチンポの先は湿った粘膜部と陰毛の感触ばかりで
中に入る気配が一向にない。
あせったぜ?ほんとに。
亀頭がこすれるし、女の肉体にのしかかって
興奮しきってるしで、
もうチンポは先走り液出しまくりなんだ。
普通だったらもう、いっちまってたぜ?
だけどよ、ここんところ毎日お口で奉仕してもらって
鍛えられてたから、なんとかもってるんだ。
それでもこのままじゃ、
ヒロキの母親の白い下腹の上に射精しちまうのが関の山だ
あせってあせって、一層がむしゃらに腰を突きたてたね。


突然、びくんとヒロキの母親が大きく痙攣した。
眉間にきゅっと皺がより、
穏やかだった吐息が荒々しくなった。
失神してエクスタシーの世界をさまよってた魂が、
この世に戻ってきたらしい。
無理もないよな。
チンポの先で、自分の敏感なところをつんつん、
激しく突きたてられてるんだぜ?
多分、いまから推測すると俺のチンポの先は、
ヒロキの母親の、陰毛茂るデルタ地帯の
鋭角部からマムコの上部にかけての、
クリトリスの辺りを突いていたんだろうな。
はあはあはあはあ、苦しげに喘ぎながら、時に
「うっ・・・・・・うっ・・・・・」
と、全身ぴくんぴくんさせるんだ。
まだきっと、頭の中が朦朧としているんだろう
しかたねえよな。熟れきった肉体でありながら、
旦那との関係も間遠になってるんだ。
そんな中、2回も失神しちゃったら、
もう何がなんだかわかんねえよな?


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
ヒロキの母親は苦悶の表情の合間に、
恍惚とした、神々しいまでの
淫らな表情を見せた。
やがて、閉じていた目を開いた。
とろんとして、甘い視線だった。
だが、俺と目が合うと、
トロンとしたヒロキの母親の目が急に
ギョッとしたように大きく見開かれた。
そして、えっと息を呑んで、
首を左右に振ってあたりを見回す。
「な、なんなの?」
とっさには、いまの状況を
把握し切れなかったようだ
が、すぐに思い出したらしい。
自分の恥ずかしいところを下着越しに舐めまわされて
イッてしまったことを。
さらに指を入れられかき回されて、
再び失神してしまったことを。
そして、
いままさに自分が犯されようとしている現実に
気がついたようだ。


このときのヒロキの母親の抵抗は、
いままでに見たことのない激しさだった。
貞操を奪われまいとする女の本能から来る激しさだった。
「やだやだやだぁっ」
ヒロキの母親の片手は俺の頭に、
もう片手は俺の胸に、そしてぎゅっと俺を
押しのけようとした。
このときのヒロキの母親の表情、
いや、形相は、目が釣り
あがり、口は歯をむいていて、真っ赤に顔を染めて、
首には太い筋がたち、
鬼気迫る凄惨なものだった。
「あっち、いってよぉ・・・・・・」
俺は背を反らせる苦しい姿勢を余儀なくされた。
右手が自由だったら、
この女の両腕を押さえ込めるのに・・・・・・。
それでも俺は、腰だけは執拗に振り続けていた。


つんつん、つんつん。
俺の固く熱いチンポの先が、
ヒロキの母親のデリケートな部分をノックする。
ヒッとヒロキの母親は声を引きつらせて、
「やだぁ、やだぁ、やめてよぉ・・・・・・」
狂ったように爪を立てやがって、
額と胸に爪が食い込んで痛ぇのなんの。
だがこの痛みが、俺の興奮を一層狂気にかきたて、
さらに俺は腰を振った。
つん。つん。
俺のチンポが触れると、
「や・・・・・・だぁっ・・・・・・」
ヒロキの母親は激しく俺を拒絶して、
チンポから逃げようと腰を上へとにじりあげる。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
「いやよいやよも好きのうち」
なんていうが、女が「いや」とか
「だめ」って言うときは大概、
OKなんだよな。むしろ、
「もっとやって」ってなニュアンスの
場合のほうが多い。
だけど「やだ」とか「やめて」ってのは、
心底拒絶しているわけだ。
ガキの俺はそこまで知らなかったが、
だが本気で拒絶されていることはよくわかった。
なにしろあの美しい顔がここまで般若のように
なってるわけだからな。


俺、満身創痍だよ。
顔や身体に爪を立てられ、
右腕はくんずほぐれつでジンジン痛むし。
だがそんなことはもはやお構いなしだった。
全身の五感と言う五感がすべてチンポに結集して
俺はただの獣となって、意思といえばただひとつ
このチンポを女のマムコにぶち込む
ことだけだった。
きっと、もうこの時点ではヒロキの母親でなくても
よかったのだろう。
自分の肉親以外の女だったら、
なんでもよかったんじゃないか?
それぐらい、理性がぶっ飛んで、
ただの獣になっていた。ヒロキの母親は、
本能的に獣を拒絶していたんだろうな。


「やだょ・・・・・・やだ、やだ・・・・・・」
目に涙を浮かべるヒロキの母親に、
俺のチンポは非道にもますます、いきり立つ。
そして、
マムコをもとめてヒロキの母親の股間に首を伸ばす
ぐにゅっと湿った、生暖かい粘膜と、
恥骨の固い感触。じゃりっとした、陰毛。
その都度、ヒロキの母親は目を剥き
「ひっ」
と息を呑んで、腰を上方へとにじるように逃す。
逃げよう、逃げようともがいて、
ヒロキの母親は脚をばたつかせるようにしながら、
膝を立てる。
だが、それがよくなかった。
膝をまげ、むっちりした白い太ももが立ち、
ヒロキの母親の脚がはしたなくもMの字に
開かれたなってしまった。
それは、ヒロキの母親のマムコが、
男を受け入れやすい角度になってしまったことを
意味する。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

目を血走らせて激しく抵抗するヒロキの母親と、
それをものともせず 獣のように狂って腰を振る俺が
「あぐぅぅっ!」
期せずして同時に、本能的なまでに生々しい咆哮をした
俺のチンポがとうとう、
ヒロキの母親のもっともデリケートな部分を捉えたのだ
そして、
すでに過剰なまでの愛撫とエクスタシーでほぐされ
濡れそぼっていたその部分は、
俺の亀頭があてがわれると、あっけないまでにヌルッと
俺のチンポを根本まで食らい込んだ。
柔らかくぬるぬるした肉襞を引き裂いていく感触が、
俺の亀頭を襲う。
そして奥まで達すると、俺のチンポは、
信じられないほど熱くほてった
女の柔肉で包まれていた。
ヒロキ、俺のチンポとうとう、
おめえの母ちゃんの中に入っちまった。
温かくって、柔らかくって、
ぬめぬめして、ジンジン気持ちいいぜ・・・・・・


俺はしばらく目を閉じて、
クラスメートの母親のマムコの感触を堪能したよ。
微妙な圧力で締め付ける、肉襞の感触をね。
それにしても、進退窮まったとは、
こういうことをいうのかね。
背筋がゾクゾク、
脳天に突き上げるような快感が
チンポから沸き起こってくる。
たまんねえ、腰振りてえ。
腰振ってピストンして、もっともっとチンポ、マムコの
肉襞にこすりつけてえ。
でもよ、じっとしててもこんなに気持ちいいんだ。
こすりつけたら、あっという間に射精しちまうよ。
なあ、
ヒロキ、俺どうしたらいいんだ?え?・・・・・・・



俺、チンポだけでなく下腹部全体が
切ないまでに熱くジンジンなって、
おもわず目を開けた。
そしたら、
ヒロキの母親のうつろな顔が目に入った。
焦点の定まらない目は驚愕したときのように見開かれ
目じりから涙が耳に向かってこぼれている。
そして濡れた唇もまた大きく開いて、
「ああ・・・・・・ああ・・・・・ああ・・・・・」
震える声が漏れている。
しかしそれは決して官能的な響きはなく、
絶望に満ちた、哀しげな啼き声だった。
俺を押しのけていた両腕は硬直してわなわなと震え
俺が軽く上体を揺さぶると
力なく崩れ落ちた。
俺がそうして上体を揺さぶったので
その振動が二人の結合部に伝わり、
「うう・・・・・・」
苦しげにヒロキの母親がのどを鳴らし、
乳房がぶるんと揺れた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

ヒロキの母親は、呆けたようにうつろな表情だった。
俺が意を決して腰を一振り、ずんと押し付けると、
「うっ」
とのどを鳴らし、目を一層大きく見開いた。
涙がつっと、こぼれる。
おおきいおっぱいが波打ち、肉襞がきゅっと、
俺のチンポを締め付ける。
ううっ、と、俺も呻く。
俺の腰をきゅっと挟み込む、
ヒロキの母親のむっちりとした太ももの
柔らかい感触もたまらない。
だが、ヒロキの母親の表情はうつろなままだ。
俺がゆっくりとピストンしても、
突き上げるたびに「うっ」と呻き、目をカッと
見開くが、しかし目の焦点は一向に定まらない。
指を挿入され、
かき回されたときとは明らかに、反応が違っていた。
だが、そんなことは俺にはどうでもよかった。
俺は邪魔者でしかない自分の右腕を
不器用に身体の側面にもっていき、
ヒロキの母親の上に全身でのしかかった。
柔らかい乳房のつぶれる感触が俺の胸に感じられた。
俺は色気あふれる熟女の首筋に舌を這わせ、
左手は滑らかな太ももを撫で回し、
チンポは熱く煮えたぎった女性器の中にすっぽり納まり
俺は全身で友人の母親の肉体をむさぼった。
へへへ、ヒロキ、
お前の母ちゃんの肉体、とってもおいしいぜ・・・・


ヒロキの母親は、息子の同級生に肉体を弄ばれ、
貞操を奪われ、まるでひきつけをおこしたのか
瘧を病んだかのように、浅く早い、
不安定な呼吸を繰り返していた。
俺が一突きするときだけ
「うっ」
と呻いて、
後はその不安定な呼吸を繰り返すばかりだった。
重ね合わさる胸からヒロキの母親の
早鐘のような鼓動がダイレクトに
伝わってくる。
俺はヒロキの母親の首筋を吸い、
耳たぶを噛み、唇にキスをした。
そうこうして彼女に愛撫を続けるうち、
ヒロキの母親がその呼吸の
合間に何かをつぶやいていることに気づいた。


それは、声にならない、
吐息交じりの淡いつぶやきだった。
よく聞き取れず、
俺は自分の動きを止めて耳を澄ませた。
なんだか、
飼っているセキセイインコのおしゃべりを聞き取ろうと
しているような、
不思議な錯覚にとらわれたのを覚えてる。
「・・・・・・ゆ・・・して・・・・・
ゆる・・・して・・・・・・」
そう、言っているようだった。
おいおい、
今さら許してって哀願されたって、困るよ。
もうすっぽり、入っちまってるんだぜ?
もう、おばさんの身体で、
僕ちゃん筆おろししてもらっちゃったんだぜ?
思いっきり嗜虐的な気分になって、
力強くずんっと一突きすると、
「はぐうぅ!」
ヒロキの母親はのけぞった。
そしてまた不安定な呼吸に戻って、
「ああ・・・あああ・・・・・」
と声を漏らした。
「ああ・・・あああ・・・・あなた・・・・・・あなた・・・」


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

だが、初めて大人の体験をしてしまってる僕ちゃんも、やっぱり
まだまだガキだった。
このとき「あなた」といわれて
俺のことを呼んでるのかと思って
しまって、えっと声を出して硬直してしまった。
だが、うつろな目からとめどなく涙を流し、
わなわな震える唇からとめどなく
「あなた・・・・・・ゆるして・・・・・・」
とつぶやきを漏らしている様を見るにつけ、
なるほどと俺は得心した。


いかに息子の同級生に下着姿を見せ、
胸を触られちゅうちゅう吸われても、
そして天に向かって怒張しきったチンポをしごき、
あるいは自分の口に含んで
舐めまわしても、
ヒロキの母親はセックスにいたっていない以上、
不貞では
ないと自分に言い聞かせていたに違いない。
いやいやながらも相手の性欲を満たすために
手や口で奉仕することは、贖罪であって、
けっして夫を裏切る行為ではないと、
自分をだましだまし、
言い聞かせてきたに違いない。
たとえ身体が感じはじめていても、
最後の行為にいたらなければ、
それは貞操を守りきったことになると、
このいいところの奥様は自分に言い聞かせてきたのだ。
だからこそ、俺が指を入れようとしたとき
あそこまで頑強に抵抗したのだろうし、
俺の挿入を激しく拒んだのだろう。


俺、ぷっつん、切れた。
もう、我慢の、限界だった。
俺、狂ったように激しく、突きたてた。
ピストン、しちまった。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

突然激しく突き上げられて、ヒロキの母親は、
「ああ・・・・・ああ・・・・あああ・・・・」
激しく喘いだ。
それが絶望の「ああ」なのか、
官能の「ああ」なのか、すっかり壊れちまった
その表情からは読み取れなかった。
だが、俺がこみ上げる快感を抑えながら
繰り返すピストンに、明らかに反応
していた。両手は頼りなくあたりを這い、
やがて右手は上に伸びてベッドの端を
ぎゅっとつかみ、左手は俺の尻をぎゅっとつかんだ。
だが、喘いでいるのはヒロキの母親だけではない。
俺も、
「ああ・・・・・・」
と喘いだ。ただでさえ気持ちいい肉襞、
俺のチンポを奥へ奥へとくわえ込もうとす
るようにきゅっきゅっと蠕動するんだ。
俺、目を閉じた。星が、ちかちか瞼の裏を飛んだ。


ヒロキの母親の両脚が、俺の腰に巻きつく。
俺の腰、サルみたいにかくかく、
動きがとまんねえ。
やべぇ、やべぇよ。出ちまうよ。
「気持ち・・・・・いいよ・・・・
おばさんの、おま○こ・・・・・・」
呻くように耳元で言うと、
「はあっ!」
ヒロキの母親、弓なりにのけぞった。
ヒロキの母親、相変わらずうつろな表情。
目は見開かれ、涙はぽろぽろこぼれ、
口はわなわなと開いたまま。
だが、眉間が切なく皺よっている。
絶え間なく、
口から淫らな喘ぎ声が漏れ聞こえている。


ヒロキの母親と、目が合った。
見開かれた目がわずかに細められ、
俺の目を見つめたまま首を左右に、かすかに振った。
それはいやいやするような激しさではなかった。
いったいあのときヒロキの母親が
何を思い何を伝えようとしたのか、今でもわからない。
だが、俺、もうそれどころじゃなかった。
限界、だった。
ヒロキとそっくりな、そのきれいな形の目で
見つめられた瞬間、俺の魂が熱いほとばしりと
なって、チンポの先からびゅっと、
飛び出していったのだ。
「うぐぁ!」
俺は生まれてはじめて感じるエクスタシーに、
獣のように吼えた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

精液が、俺に気の狂うような快感を残して勢いよく、
びゅっびゅっとヒロキの母親の胎内へと
ぶちまけられた。
ヒロキの母親も、自分がくわえ込んでいるものが
ビクンビクン痙攣して、そこから熱いものが
己の中に射出されるのを、感じたのだろう。
「ひぁあっ!」
絶叫して、のけぞった。
ああ、このときの女の本能って、すごいよな。
男の精液を最後の一滴まで搾り出そうと、肉襞
が信じられないほどの吸引力で蠕動するんだ。
おれ、マスかいてるときよりも長く続く快感に
発狂しそうだった。
そして己のすべてを放出しきった瞬間、
なんともいえぬ心地よい虚脱感で、
熱い女の肉体に崩れ落ちた。
・・・・・・へへへ、ヒロキ、ごめんな。
お前の母ちゃんの中に、出しちまった。
どぴゅどぴゅって、いっぱい、出しちまった。
ごめんな・・・・・・。
でも、気持ちよかったぜ?・・・・・・・・・
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
53位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。