更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」そんなに触られたかったんだ?①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


18時33分、仕事で疲れた体を引きずるようにして
いつもの車両に乗り込む。
社会人になって3ヶ月…毎日の帰宅ラッシュにも
そろそろ慣れはじめてきていた。
車内に入って正面の開かないドアの脇に立つ。
そこがいつもの私のポジションだ。
完全に許容量をオーバーしている電車のドアが
無理矢理閉められ、ゆっくり動き出す。
普段と変わらない日常。
帰ったらシャワー浴びてビール飲んでご飯食べて寝よう。
そんなことを考えていた。
ふと、背後に妙な違和感を感じた。


おしりに何かが触れる感覚…人の手だ。
…ち、痴漢!?
思わず体が硬直する。
見知らぬ男の片手が柔らかく包み込むように
私のおしりをスカートごしに撫でている。
あきらかに気のせいなんかじゃない。
どうしよう…怖い…気持ち悪い…
私は視線だけをそっと動かして下を見た。
男は片手でおしりを撫で、もう片方の手に持った鞄を
私の体に密着させている。
横の人間に気付かれないように隠しているのだろう。
車内は身動きがとれないほどに混雑していたが、
私は何とか手を後ろにやり男の手を払いのけた。
しかし男は触ることをやめてくれはしない。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
顔をあげればドアにうつる相手の顔が見えるはずだ。
ちら、と視線だけで見上げると、
男の鼻から下だけが見えた。
30代のどこにでもいる普通のサラリーマン…
男の口元がニヤリと笑った気がした。
その瞬間、スカートの裾が持ち上がり男の手が
直に足に触れた。体がびくっと跳ねる。
男の手には遠慮も躊躇もまったく感じられない。
その手が徐々に前に周り
、太もも全体をしつこく這いまわる。
5本の指がまるでそれだけの生き物のように
内ももをすーっと這いあがり、
下着に到達した。


嘘、やだ…っ!
そんなの、聞いてない!
以前痴漢に遭ったことのある友達が
「おしりを触られた」とは言っていた。
でもスカートの中に手を入れられるなんて
…いやだ…怖い…
ついに下着の上から指が押しあてられた。
「ひっ」
思わず小さく声が漏れる。
周りに気付かれてはいないだろうか…。
恥ずかしさのあまり俯いて必死に耐える。
誰か助けて…!
しかしそんな心の叫びが伝わるはずもなく…
1本の指が後ろから前、前から後ろへと
何度も往復する。
核心に触れるたびに小さな息が漏れる。
私は立っているのがやっとだった。
もう何も考えることはできなかった。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
男は私が抵抗できないと知って調子に乗ったのか
指の動きをどんどんエスカレートさせていった。
爪をたて、突起の部分をひっかくようにして
擦りあげる。相手が上手いのか、
自分がおかしいのか、
私は不覚にも感じてしまっていた。
背後から回された男の腕にしがみつきながら、
次々に迫り来る快感に耐える。
既に液が溢れ出てきていた。
その濡れた感触は下着ごしに
男の手にも伝わっているだろう。
恥ずかしくて、情けなくて、
でも気持ちよくて…もっと昇りつめたい、
そう思ったときふいに男の手が離れた。


電車が駅に着いたらしい。
背中のほうでドアの開く音がして、
急に外の喧騒が流れこんできた。
私はまだ頭がボーっとしていて
そのまま立ち尽くしてしまっていると、
耳元で初めて聞く男の声がした。
「続きはまた明日ね」
私は中途半端に放りだされた状態で
3駅をやりすごし、
やがて自分の降りる駅に着くと
いつもと同じ道を歩いて帰宅した。
男の声が耳にこびりついている。
続きはまた明日…
怖かった。泣きそうだった。
けれど…
下着の上からしか触れてこなかった。
丁寧で、けして乱暴にしてはこなかった。
私はおかしいのかもしれない。
また触られてもいい、触ってほしいと
思ってしまっている自分がいた。
とりあえずは早く家に帰って、
疼く下半身を慰めたくて仕方なかった。
そして…きっと明日も
同じ電車に乗ってしまうのだろう。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
昨日は仕事で疲れていたはずなのに、
興奮していたせいかろくに眠れなかった。
家に帰ってすぐ下着を脱ぐと、
まるでお漏らししたかのように
ぐっしょりと濡れてしまっている。
そしてその後、男の指の動きを思い出しながら
2回もしてしまった。私おかしいのかな…。
昨日のことを思い出してしまい、思わず赤面する。
いけないいけない!
仕事中に何てこと考えちゃってんの私!
こんな日は時間がたつのが
早く感じられるのは何でだろう。
気がつくともう帰る時間だった。


18時33分、いつもと同じ車両に
当たり前のように乗り込む。
この中に昨日の男がいる…?
さりげなく辺りに視線を向けるが
いるかどうかはわからない。
私はいつものポジションに立つ。
すでに興奮している。
今日は昨日より少しだけ
短めのスカートをはいてきていた。
ああ、何やってんだろ私…。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

ガタンガタン…電車が動き出す。
昨日の男はまだ現れない。
もしかしたら今日は現れないかもしれない。
ちょっとだけ期待してしまった自分が
恥ずかしくなり、同時に安心したときだった。
「そんなに触られたかったんだ?」
聞き覚えのある低くかすれた声
…昨日の男だ。
言うが早いか男は肩を使ってゆっくりと
角に私を押し込め、昨日と同じ態勢になる。
男の手が背後から下半身にのび…ると思っていた。
しかし予想ははずれた。
男の手はシャツの裾から侵入し、
ブラジャーを押し上げ、直に胸を包み込んだ。
Aカップのほとんど無い膨らみを
縦に横に揉みしだかれる。
手つきは丁寧だったが、
男は昨日よりずっと大胆だった。
「ひ…ゃぁ」
ため息と同時に小さな声が漏れる。
男の指が胸の小さな突起に触れたのだ。


やだ、他の人にばれちゃう…
けれど実際に周りの人はまったく
気付いてはいないようだった。
男は私の反応を楽しむように、つまんだり
つついたり、軽く爪を立てたりしてくる。
すでに下半身が熱く疼きはじめていた。
下も…触ってほしい…
それが男にも伝わったのだろうか。
男は胸を触るのをやめ、
今度はスカートの中に手がのびてくる。
私は、昨日とは違って強引な男の動きに
何だか少し怖くなってきて、手を振り払った。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

いざとなったら逃げられると思っていた。
優しくて紳士的なイメージを勝手に
作り上げていたのかもしれない。けど…
男は体全体で私を押さえこんでいて、
男より小さい私は完全に角に隠れてしまっていた
逃げ場はすでにどこにも無かった。
後悔してももう遅い。
いつの間にか男は両手で触っている。
鞄で隠す必要はもうないのだろう。
腰を掴まれ引き寄せられ、
10本の指が下着の上から愛撫する。
「ん…っ」
息が荒くなる。
男の腕にしがみつく手のひらにも
じっとりと汗をかいていた。
やがて男は片手で下着を横にずらし、
直接触れてきた。
うそ、やだ、ここ電車っ
信じられない状況だったが、
私はされるがままになるしかなかった。


「こんなになっちゃって…いけない子だ」
すでに液が太ももにまでつたってきていた。
硬くなった部分を指の腹でこねくり回され
つままれ、爪を立てられ…
私は電車内だということも忘れて叫びそうになった
「ぁ…ぅぁ…」
あとちょっと、というところでふいに手が離れる
電車がゆっくり停車する。
「今日はここまでだね」
男が私の耳元でそう囁き、
するり、と腕を抜こうとした。
咄嗟のことだった。
私は男の手を掴み、顔を上げ、ドアごしに男を見た。
「行かないで…」
私はほとんど無意識につぶやいていた。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」後ろ手に手錠をはめられて・・・

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


友達と飲んだ夏の夜の帰り道、私はほろ酔い気分でスクーターを走らせていた。
「近くだし大丈夫だよね」でも、左折した瞬間、対向車線に白バイが!
「やばー…」案の定、白バイはUターンして追い掛けてきた。
若い警察官が威圧的に近付いてくる。「お前飲んでるな!?」
「すいません…」私は自分のしたことと警官の口調に怖くなって、
涙がにじんできた。「未成年じゃないな!?免許見せて!
通行の邪魔だからこっちへ!」
言われるままにすぐそばの公園に引っ張られてゆく。
「ごめんなさい…見逃してください!
免許がなかったら仕事できないし…」
「見逃す?何言ってんだ?
しかもこんな時間にそんな格好でふらついて…」
私はその時暑かったから、キャミにミニスカートという
無防備な姿だった。怖くて情けなくて、
ただ震えながら謝り続けていた。


若い警官も私が泣いているのを見て、
まだ慣れてなくて緊張しているのか、
ごくりと唾を飲み込む音がした。
警官は一見事務的に切符にペンを走らせていたけど、
ふいに懐中電灯で私を照らした。
「…!?」眩しくて目を閉じた瞬間、
すごい力で腕をつかまれ引きずられた。
抵抗する間もなく、トンネル型の遊具の中に押し込まれる
両手を上にあげさせられ、冷たい金属で固定された。
「これって手錠?」
そこでやっと自分がされていることがわかった。
「お前がそんな服着て挑発するからだよ!
見逃してもらいたかったらおとなしくしてろ!」
警官はキャミをたくしあげると乳首を舌で転がした。
私は恐怖でされるがままになっていた。
警官の舌がお臍を伝って下のほうに移動していき、
スカートをまくってショーツの上から
何度も激しく舐めあげられた。「んっ…あっ、やだ…」

[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
恐怖と悔しさで泣きじゃくりながらも私は声を出してしまった
警官はじれったそうにベルトをはずすと、
ショーツははいたまま横にずらし、
固くなったものを荒々しく挿入してきた。
「あっ、あっ、やめてっ…」
犯されているのに声が出てしまう。
「感じてるのか?見逃してやるんだからもっと声出せ」
「でかい胸見せて挑発しやがって」
「体使って見逃してもらいたかったんだろ」
警官はそんなことをつぶやきながら、
乳首をいやらしく転がしたり、ディープキスしたりしてきた。
私は気絶しそうなくらい怖いのに、
体はこれ以上なく感じまくっていた。
警官の動きはどんどん早くなっていく
「おらおら、イクぞ!」
「あんっ、い、いっちゃううっ」
私がイクのを見届けると、警官はオチンチンを抜いて、
胸の上にたっぷりと吐き出した。
呆然としている私を後ろから抱き寄せ、
髪を撫でながら耳元で囁いた
「免許証は確認したからな…明日もこの時間ここに来るんだぞ…」


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
若い警官に犯されたあの日から、
私は毎晩のように体をもて遊ばれ続けていた。
怖いしくやしいのに、心のどこかでは
快楽を求めちゃってる自分がいて、
わざと服も露出が高いものを選んで着て行ったりして、
もしかしたら自分は変態なのかなって思ったりした。
今夜もあの公園で待っていると、
警官が乗った車が近づいてきた。
よかった、今日は外じゃないんだ…
でも車の中だったらもっといやらしいことされちゃうのかな
って思うと怖いような複雑な気持ちで、
私はうつむいて車に乗り込んだ。


警官はいつもと違って私服で威圧感がなくって、
私はほっとした。
「今日もちゃんと来たね、いい子だね」
警官はそう言いながら、私のミニスカートの下の太股を
いやらしくなでた。
そのまま車を走らせながら、
警官はズボンのチャックをおろすとアレを私に見せつけた。
「わかってるね?」
私は一瞬戸惑ったけど、素直に言うことを聞かないと
後でひどいことをされるんじゃないかと思って、
黙ってフェラチオをはじめた。
警官のモノはもうすごく固くなっていて、
フェラを始めたらさらに大きくなった。
「うっ…いいぞ…」警官は待ちきれないといった感じで、
街のはずれの林の中に車をとめた。
助手席のシートを倒されて、服は着たまま大股開きにさせられた
警官はそれがお気に入りなのか、
私の片手に手錠をはめて、車内の手すりに固定した。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
「そうゆう格好がよく似合うね…」耳元でささやきながら、
太股やあそこのまわりをくすぐられる。
Tシャツとブラをめくりあげらるて、
胸の谷間に警官がアレをはさんできた。
わしづかみにされて何度もこすられる。
痛くて涙がにじんできた。
私が泣いているのを見ると警官は嬉しそうに
ショーツを途中までおろすと、あそこを指でいやらしく開いて
用意してあった懐中電灯で照らした。
「もうグチョグチョだね。きれいなピンク色だよ」
そう言いながら舌の先でクリをつついたり、
穴に舌をつっこんだり、
オチンチンの先をクリにこすりつけたりしてきた。
「あっ、ああんっ…お願いです…もう許してください…」
口ではそんなこと言ってても、
あそこはこれ以上ないってくらい濡れまくっていた。

[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

警官はいやらしい笑みを浮かべながら、
携帯のカメラで私の感じまくっている姿を撮影していた。
「自分でオマンコ開いて、オチンチン入れてくださいって言ってごらん」
「いやあっ…」
「言えないならこないだの違反は見逃してあげれないよ」
警官はもうオチンチンの先っぽを
ちょっとだけ入れたり出したりして誘っている。
早く入れていっぱい突いてほしい…!
毎晩のようにいやらしいことをされて、
もう体は敏感になりまくっていた。
「お巡りさんの…オチンチン…私のオマンコに入れてくださいっ…」


片手でオマンコを開いてあえぎながら言うと、
警官は満足そうにオチンチンを奥まで突っ込むと激しく突いた。
「嫌がってる顔もかわいいね」
「もう何回も出し入れしてるから二人は恋人同士だね」
警官はいつもの威圧的な態度じゃないかわりに、
色々と気持ち悪いことをねちっこく言いながら責めてきた。
「オマンコ気持ちいいですって言ってみろ」
「んっ、やぁっ!オマンコ気持ちいいっ…」
「チンポ大好きです」


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

いやらしい言葉を言わされているところも、
ぜんぶムービーで撮られていた。
「あ~気持ちいい、出すよ」
そう言ってオチンチンを抜くと口に突っ込んできて、
一滴残さず全部飲まされた。
今度は後ろ手に手錠をはめられて、
胸をもんだりクリをいじられながらバックで激しく突かれた。
屈辱的な格好なのに気を失いそうなくらい感じてしまう。
その後も私が上になって腰を振らされたり、
明け方まで何度も体位を変えて犯され続けた。
「罰金分の奉仕をしてもらうからな」顔や胸や、
体中をザーメンだらけにされてぐったりしている私の耳に
警官の声が悪魔のように聞こえた…。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」普通の主婦をマゾ夫婦に変える・・・③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


夫婦の支配
これは人権屋から見れば大騒ぎになるのかもしれない
夫婦が離婚するときに夫婦の交渉があったか
無かったかなども問題になるらしい
それほど夫婦の性交渉とは重要かつ
神聖なものなのかもしれない
それを禁止する喜び
言葉に尽くせない喜びだ
J子の間抜け亭主はまんまと庸子の調教に嵌っている
センズリ亭主にするよう庸子に注文をつけたのだが、
庸子の調教能力というのは才能というほかない
J子もほぼ調教が進んだ
夫婦の交渉も禁止することに成功した
亭主と性交を続けられると、変な癖でもついたら大変だ


いくら言葉で誓っても、隠れてやるかもしれない
庸子が貞操帯を強要してくれた
しかし、まだ完結していない
下駄をはくまでわからない
ここまできたらさらに、緻密に
徹底的に落すことが必定だ
庸子はJ子をもっと徹底的に調教したいと言い出した
J子はなかなかいい女だ、庸子もいい女だが、
どうもJ子がマゾ女として愛されることにいささか
嫉妬のような、複雑な気持ちがあるようだ
庸子は俺の意思を通りこして、
色んな男に抱かせて調教したいと言い出した。
J子だけは俺専用の射精壷にしたいと思っていただけに
躊躇したが、お世話になっている庸子からの申し出だ
断るわけにもいかない



[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
庸子にあのヤクザ男の話をした
庸子は目を輝かせて
「その男も参加させよーよ」
俺はヤクザ男にJ子を抱かせる気はなかったが、
なにせ庸子の申し出だ
そしてヤクザ男と庸子と3人で酒を呑んだ
あのサディストのヤクザ男でさえ、
庸子の手コキの話がでると
「俺も一度やってもらいてぇな・・・」
それからJ子の話をするとヤクザ男は
興味深そうに話に乗った
結局、ヤクザ男が性に飢えたチンピラを3名連れて
輪姦プレイをするような話になってしまった・・・・
そして3日後、庸子はマゾ夫婦を呼び出した


庸子は奮い立った
それは庸子がかつてSM女王様をやっていたときに
使い慣れたSMホテルの一室を利用してもプレイだった。
ヤクザ男と俺は例によって色々な道具を用意して部屋で待った
最初に到着したのはマゾ夫婦だ
間抜け亭主はヤクザ風男の様相に恐れをなして下を向いている
そのうち、橇を入れた若いチンピラが
3人がやがやしながら入ってきた。
そして最後に女王様の登場だ
庸子はチンピラたちを見ると
「あんたたち溜まってるんだって?」
チンピラどもは少々照れくさそうな仕草だった
庸子は浴室へJ子を連れて行き、貞操帯を外した
そしてシャワーを浴びさせた
そして戻るとこんどはマゾ亭主に
「あんた臭いからシャワー浴びなよ汚いからさ」
マゾ亭主はそそくさとシャワーを浴びて
バスタオルを巻いて出てきた
当然庸子はマゾ亭主にバスタオルを取るよう命じた
庸子はJ子に男たちにシャワーを浴びさせて
手伝ってやるよう指示した。
その言葉を聞いただけでマゾ亭主は
オ○ン○ンを立たせてしまった
庸子はその直立した愚息を軽く2~3度摩り


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「もう立ってんのあんたマゾだもんね フフフフ」
最後に俺がシャワーでJ子に洗ってもらった
勿論息子は口で洗わせた
全員が揃うと一人のチンピラ男が
「おい、趣味なんだろうお前女房抱かせて
センズリすんだろう はははは マゾか」
庸子はJ子に
「J子、ほら、マンズリ見て欲しいんだろうお願いしなよ」
チンピラたちは「おおー」声があがった
そして庸子はチンピラたちへ
「オモチャにするのは後よ マンズリさせるんだから」
J子への調教は行き届いている様子だ
J子は正座して深々と頭をさげて
オナニーのお許しを懇願した
庸子はJ子にお願いをさせておいて意地悪をする
「あんたマンズリ見せたいの恥ずかしくないの
 情けない女だね あはははは」
そしてヤクザ男が用意しあった張型とローションを
J子の前に投げたなんともいえない光景だ
人妻が人前で自慰をするために張型にローションを塗る姿
全員の陰部が硬直し始めた 庸子はマゾ亭主に
あまり見せたくないと言い出し、
マゾ亭主を部屋の端へ行くよう命じた
しばらく己の指で陰部を弄んでいたJ子が
いよいよ張型をゆっくり挿入した そして出し入れをする
俺は人妻に自慰をさせるのが好きで、
落すと決まって人妻に自慰をさせるのでこのシーンは見慣れている



しかし、いつもても興奮するものだ
特に人妻に自慰で狂わせるのはたまらない興奮だ
いくらなんでも張型をあまりにも早く出し入れする
ハシタナイ自慰姿までは見せたくはないのだろう
しかし、どうしてもついつい出し入れが
早くなってしまう そして、ハッと気がつき
ゆっくり出し入れするがまた暫くすると早くなってしまう
そしてだんだん悶え声から言ってはならない言葉を
口にするようになる
やはり自慰を見て欲しいという願望があるのだろう
「ああああ、見てて 早く出し入れするから、ちゃんと見てて」
などと叫ぶのである こんな姿を見たら普通の男なら
我慢できずその場でセンズリをしてしまうだろう
案の定、チンピラ男たちは愚息をゆるやかに摩りながら見ている
庸子は
「あんたたちセンズリでいかないでよ 
まだ、これからなんだから 長いんだから」
やがて喘ぎは激しさを増した
J子は
「いきそうだから、見てて 自分でいくから、見てて」
すっかり理性を失っている
これも庸子の調教のたまものだろう
しかし、庸子は徹底した寸止めを命じながら
延々と自慰を強要させる
理性を寸分でも残さないためだ
完全に理性を失わせ、淫乱な人妻にして輪姦させるためだ
庸子はJ子への嫉妬のような不思議な気持ちが
妥協を許さない行為へと駆り立てているのだろう
J子は完全に屈服した
「なんでも言う事きくからイカせて もうだめ、おかしくなっちゃう」
「もっと、おかしくなんなよ あんた自分でやってんだからさ」
嬉しい、見てもらってうれしい、
出し入れ早いのが好きなどとあられもない言葉を
何度も何度も口にしながら・・・・・・・・
そして激しい絶頂のお許しが出た
絶頂の直前でひときわ出し入れが早くなったかと思うと、
明らかに絶頂とわかるヒクつきととも急に出し入れをゆっくりさせ
張型を入れぱなしでぐったりとした
そして張型を抜くと、
まるで中出しした後のように白い淫液が
陰部の周りに飛びちっている
それからJ子は操り人形のようになった
庸子の命令で自らチンピラ男たちにオモチャとして
遊んでくださいなどとお願いをする
チンピラ男たちはバイブや張型を
入れたり出したりして遊びはじめた
そして、もう一度、今度は指だけで自慰をしろと言い出し
勿論、J子はお礼を言って自慰をした
その後バイブで自慰をさせたり、
チンピラ男たちの思いつく遊びをしている
興奮したチンピラ男は美しくも淫乱なJ子の夫に嫉妬した


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
そして、マゾ亭主の髪の毛を掴み
「おまえ、この女とやったことあるんだろう
コノヤロウ!一生、センズリしてろ!このやろう!」
ピンタをして苦やしがった
庸子が「でも、もうさせないから大丈夫よ」
支離滅裂な状態になった
そこで庸子がチンピラ男に近づき、手コキをはじめた
庸子の手コキに男はうっとりしている
玉、前立腺、カリをバランスよく摩りあげる
男はすぐに射精を懇願した
すると庸子は
「J子、ほら股開いて、出したいんだってほら、
お願いしなさい」
庸子は冷酷にもJ子にはセックスの快感なしに
膣内射精だけさせるつもりだ
そしてチンピラ男はあわてるようにJ子の上に乗っかり
陰部をおしあてて慌てて出し入れした
4~5回も出し入れすると射精してしまった
J子に奴隷扱いであることを知らしめるための行為だ
それから何度も、何度もチンピラ男たちは
J子の蜜壷のあの感触を味わい、
心置きなく膣内で射精をした
一度射精をすると陰部をシャワーで洗うよう命じ、
次から次へと射精壷として自ら中出しをお願いするJ子
「中で出して、中じゃないと嫌!」
などと庸子に調教で習ったように叫ぶ
チンピラ男たちは何度も何度も膣内で射精


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

ヤクザ男はJ子の美貌に惹かれたのだろう
間抜け亭主に激しい嫉妬を感じているようだ
人の心は悩ましい
J子を自分のものだけにしたいという気持ちと
誰にでも抱かれる女に落したいという気持ちが交差する
そこで寝取る場合は亭主とだけはさせない
いい女と結婚した間抜け亭主には罰として
セックスそのものを完全に禁止することで妥協するわけだ
よく、マゾ亭主もアナルなどを調教するなどという話がでてくる
しかし、マゾ亭主の快楽など眼中にないのだ
セックスを禁止することにある
だから自慰をさせて処理させ、
それを喜びとするように調教するのが目的だ
マゾ亭主のセン○リなど興味もないし、見たくもない
ただ、隠れて女の肌を味わうことは許せない
マゾ男や調教によりマゾになった間抜けな亭主どもは、
それを好むようになる
寝取り、寝取られのセオリーのようなもんだ
ケツを掘って欲しいマゾ男はマゾというよりナルシストだ
女装癖があるのも同じだ
こんな変態はSMクラブで相手にしてもらへばいい
庸子もヤクザ男も、そして俺も、
寝取る寝取られの本質を見ている
だから、真の寝取られマゾ性癖の男は
離れられなくなるというわけだ
そうした男に調教するためにJ
子の間抜け亭主をいたぶるわけだ
ヤクザ男も庸子も阿吽の呼吸で調教をリレーする


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

寝取る方も寝取られる方も異なる意味で嫉妬を抱く
寝取る方はいままで好きなようにいい女を
抱いてきたマゾ亭主に償いとして
セックス行為を取り上げる
マゾ亭主はもともと自慰癖のある男が多いから、
セックスを取り上げられ、
妻を他人に抱かれる嫉妬で興奮する
そして、そうした興奮でないと自慰ができないようになる
さらに、そうした被虐自慰をセックス行為そのものより
好むようになる互いに超越し合う倒錯の世界がそこにある
やがてマゾ亭主はセックスを禁止されないと興奮しなくなる
いい年をしてオ○ニーで処理することに自ら興奮してしまう
完全に調教がすんだら意地悪もする
あれだけ厳しくセックスを禁止しておいて、
急にそれには触れないようにする
すると自らセックス禁止を命じて欲しいなどと言い出す
セックスを許可しても自慰で処理しますなどと言い出す
だから寝取りプレーは面白くて止められない
J子の亭主も何度、ヤクザ男や庸子、
そして俺に誓ったことだろうか


もう後戻りはできない
ヤクザ男は間抜けマゾ亭主をいたぶり続けた
マゾ亭主は正座しておでこを床にこすり付けて
お願いやお礼をした
寝取ってもうらうお願い
寝取ってもらったお礼
俺やヤクザ男は元々マニアックなプレイは好まない
他人の女を好きにすることが目的だからだ
しかし、この日のヤクザ男は違っていた
J子といういい女を抱いてきたマゾ亭主が
よほど憎くかったのだろう
J子を抱く前に口で濡らせたり、
口による中出し後のお清めを命じた
J子の陰部を口でお掃除するマゾ亭主
マゾ亭主は恍惚としてお清めしながら自慰をはじめた
ヤクザ男はそれがまた許せない
凄みのあるかすれ声でマゾ亭主を怒鳴りつけた
自慰をするなということだ
J子にセ○ズリをする男は嫌いだろうとか
ヤクザ男は発狂寸前だった


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

そしてJ子の手を縛り、何度も、何度も胎内に精を注いだ
輪姦願望のあるJ子はそれで感じた 狂った
まして手練手管の寝取り男であるヤクザ男の激しいセックスだ
射精すると回復までの間はバイブで攻めあげた
何時間も攻撃は続く
そしてJ子もヤクザ男もクタクタになると
庸子にどうしたら惨めにセンズリさせられるか意見を聞いた
庸子はオナホールをもっているからこれでさせたらと答えた
そしてマゾ亭主はオナホールで自慰を始めたが
気持ちよさそうだと言う事でヤクザ男はオナホールを取り上げた
そして自分の手でしろと
このリンチまがいのプレイにマゾ亭主は
興奮し理性を失って自慰で果てた
一応関係者にJ子とついでにマゾ亭主の調教を依頼し、
一通りを終えた俺は、ゆっくりJ子の肌を楽しむことができる
ほっとした
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」普通の主婦をマゾ夫婦に変える・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


自分の友人だと間抜けな亭主に紹介する。
そして、決めた時間に俺がJ子の携帯に電話する
そして、少しの間だが、どうしても出かけなくてはならなくなったと
それで庸子と旦那の二人きりにするわけだ
俺は駅まで来て待っていた
J子は駅にやってきて、言われたとおりにしたという
40分後に間抜け旦那と庸子のいる家に
俺とJ子で踏み込むというシナリオだ。
そして、庸子が強引に誘惑しておいて、俺たちが登場すると
庸子は旦那に誘惑されたという事になっている


考えてみれば哀れな亭主だ・・・・・・・・・
そして、約束の時間になった。
J子と俺は急いで家の中に入ってリビングまで行った
さすが庸子だ
旦那は裸で庸子が手こきをしている最中だった
そこで俺が
「おい、庸子に何した!」と怒鳴る
すると庸子は
「犯されそうになったの、だから、だから手でして
そうしか仕方がなかったのよ」
亭主はうろたえた
「違う、そっ、そんな、よ、庸子さん、ちっちがう」
J子は
「あなた、何やってんのよ」
もう亭主は言い訳もなかった
一人裸なのだから(笑 そこで、俺は
「お前!それならいい
お前は俺と庸子の言う事はなんでも聞け!
俺もJ子の身体を好きにするいいな文句ねぇな!」


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
庸子は
「まったく変態なんだから 一人で裸になって祖チンさらして
J子さん ご主人は私がすこし調教するわよ
○夫! いいわね」 J子は落としている。
あとは間抜け亭主を庸子が落とせば
マゾ奴隷夫婦の出来上がりだ。
J子に惨めなマゾ亭主の姿を知らしめるために、
庸子には間抜け亭主の調教は
ビデオに収録するよう依頼した。
庸子にはお礼をすることになっている。
まぁ、J子を完全に俺の所有物にするのだから
そのぐらいは仕方が無いだろう・・・・・・
庸子はSMホテルを予約して、そこで調教した。
勿論、浮気な痴漢行為をしたことになっている
間抜け亭主は断るすべもない。
ビデオは回る・・・・・・・・・
庸子の調教はさすがと言う他ない


34歳といえどもスレンダーで色白の長い脚、
俺も脚フェチなのでたまらない映像だ。
デニムのミニスカート姿でナマ脚がそそる
庸子はシャワーを浴びてから間抜け亭主に
シャワーを浴びるよう命じた。
庸子は再びデニムのミニスカ姿だ
間抜け亭主を少し見下ろす感じで調教が始まる
庸子は椅子に座り、間抜け亭主を前に正座させた
それだと、パンティーが見えるようだ。
おそらくそれも庸子の計算づくなのだろう
庸子は足で間抜け亭主のバスタオルを剥ぎ取った
黙ってじっと間抜け亭主の祖チンを見つめている
間抜け亭主は目の前の庸子の脚の先にある
真っ白のパンティーをチラ、チラと見ている
当然、これで間抜け亭主の祖チンはそそり立ってきた


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「あら、あんた立っちゃってるじゃない
何考えてんのよ
ちょっと、手で隠さないで見せなさい」
そんな言葉責めで間抜け亭主は
ようけい興奮してきたのだろうか、ぴんぴんに立ってきた
「あははははは」
庸子はまるであざけ笑うように間抜け亭主を馬鹿にして笑う
やはり、この間抜け亭主は間違いなくマゾだ・・・・・・・・・
「あんた、チンチン立てちゃって、変態じゃないの
皮かぶってる?
嫌だわ あはははは
ちょっと、立って、見せてみなさいよ
ほら、もっと近くにきて」
間抜け亭主は庸子の前で立って、
ぴんぴんのチンチンを庸子の目の前にさらした
庸子はそっと手で間抜け亭主の性器を触る
じれったく触れるという感じだ
暫くすると間抜け亭主は声を少し出した
感じているようだ


庸子は指で輪を描き、間抜け亭主のぴんぴんに立った
チンチンをゆっくりと上下に摩りだした。
そして、片方の手で玉袋をゆっくりと揉むように、
つまむように摩る
それだけで間抜け亭主は
「あああ、でっ、出ちゃう」
庸子は手を離した
「何馬鹿なこといってんのよ
何が出るよ あんた、早漏だね
ちょっと摩っただけで あははは
小学生だってもっと持つわよ 変態君」
間抜け亭主は悶えている
「あんた、やって欲しいの? そう、でもね
なんであたしがあんたの祖チンを
手コキしなきゃいけないのよ 自分でしさなさい ほら」
「じっ、自分って、そっ、そんな」
「自分で摩るよのよ センズリ、よくやるでしょう 
あんたは マゾなんだから 早くやんなよ」



[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
「そっ、そんな、でっ、できませんよ 」
「ダメよ、早くやって
奥さんやらせてくれないから溜まっちゃってるんでしょう
ほら、オナニーしなさいよ
あたしが言い出したことに逆らうの
あたしに恥かかせるつもり!」
「いっ、いえ、そっ、そんな」
「なら、やんな ほら、早く」
間抜け亭主は庸子の目の前でセンズリを始めた
「あんた、さっきからあたしのスカートの中見てるでしょう
変態 センズリしたかったんでしょう
正直に言いなさい
正直にいったら見せてあげるわよ
あはははは ほら、変態君」
間抜け亭主、いや、
マゾ亭主は庸子にオナニーがしたかったと告白した。
「じゃ、床に横になって ほら、早く」
マゾ亭主が横になると、
庸子はデニムのミニスカート姿のまま、顔を跨いだ


下ではマゾ亭主が庸子のミニスカの中の
真っ白いパンティーを見ながら、センズリをしている
男なら誰でもスカートの下から真っ白のパンティーを
じっと見れるなど、夢と言う他ない
庸子は膝立ちにして、
近くでパンティーが見えるようにしたり、
また、立ってみたりしている。
マゾ亭主はこの調教で、直ぐにイキそうだと訴えた
しかし、庸子はそう簡単に射精を許すわけがない
何故なら、目的は調教にあるからだ
庸子は色々なポーズで挑発した
マゾ亭主を今度は正座させてセンズリさせ、
目の前でしゃがんでパンティーが
見えるようにして言葉責めを繰り返す
また、マゾ亭主を立たせて手の動きと
マゾ亭主の目をじっとみつめてみたり
そして、また横にさせて、顔を跨ぐ
そんな自慰をさせておいて、射精は延々と許さない
かれこれ1時間半が過ぎた

[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

マゾ亭主のチンコはお先走りでぐちゃぐちゃになってなお
センズリを続けている
「ほら、幸せですっていいなさい
あんた、嬉しいでしょう
ほら、お礼ぐらい言ってもらわないと」
まぁこれだけパンチラサービスでオナクラみたいなことを
させてもらってるんだからマゾ亭主も
お礼ぐらい言うのは当然だろう
マゾ亭主は完全に屈服した
オナニーさせてもらって嬉しいとか、自分はマゾだとか
理性を失い、もうろうとしながら射精の許可を懇願し続けた
「そう、じゃぁ、一回出させてあげてもいいけど、
それで終わりじゃないから これからよ いいわね、
あんた、センズリ奴隷になる誓いをしなさい
そしたらイカせてあげてもいいわ 変態君」
まんまとマゾ亭主は庸子にセンズリ奴隷になることを誓った
「あんた、センズリ奴隷だからセックスはなしよ
いいわね ほら、イキなさい 汚いの出して 変態君」
マゾ亭主はまるで女の絶頂のように声を上げて射精した
庸子は馬鹿にして笑いだした
それがマゾ亭主にはよけい興奮したようだ
庸子はティッシュの箱をマゾ亭主の前に投げた
「汚いから自分で始末してよ 変態君」
幾ら興奮したとはいえども、女性の前で自慰をして
その後始末する気持ちはなんともいえない自己嫌悪に陥るだろう



庸子はこんどはデニムのミニスカのまま、
黒のオーバーニーソをつけたそそる姿だ
「変態君、あんたセンズリ奴隷なんだから
もう一回やってよほら」
いくらなんでも直ぐにはできないマゾ亭主
そこで庸子はオナホールを出した
「たたない?
ならこれでやって、これだとできるから
ほら、やんなさい変態君」
庸子は徹底的に自慰調教を施した
ビデオは3時間ですぐ切れたが、
マゾ亭主は惨めにも庸子のスカートの中を見ながら
オナホールでまた寸止めセンズリをしたという。
そして、その後ももう一回自慰を強制して
その日の調教は終わったまずまずの出来だ


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

平行調教
間抜けなマゾ亭主は庸子が調教している
今度は庸子と一緒にJ子を改めて調教する
多少高いギャラを払うものの、
庸子の調教には脱帽しているさすがだ・・・・・・・・
あの調教ビデオをJ子に見せる手もあるが、
無様な間抜け亭主の姿を見せて完全に俺の支配下に置くという
筋書きだが、ともすると、
間抜け亭主の無様な姿に失望して離婚までされてはかなわない。
俺にとっては人妻でいてもらわないと寝取る意味というものがない
だから庸子のサポートは重要なのだ
俺一人だけではJ子夫婦を支配下に治めることは
そう簡単には行かないなだろう
それゆえ、庸子は重要なパートナーだ
庸子もそのことをよく熟知しており、
高いギャラは当然要求してくる。
話はずれるが、庸子は性感の経験があるので
庸子の手コキは物凄くいい。
たいていの男なら虜にされてしまう
上手すぎる手コキ性感を身につけた庸子だから、
同棲している男は常に手コキを求めてくるそうだ。
したがってセックスレスになる
つまり、庸子の同棲相手もマゾということだ
庸子には浮気をしてもいいから手コキをして欲しいという
セックスより庸子の性感手コキがいいというわけだ
この俺も何度か庸子に性感手コキをしてもらったが、
男の生理を知り尽くした庸子の手コキは
寸止めのタイミングが絶妙だ男なら狂わされてしまう


同棲男はあれを毎日のように経験しているのだから
セックスなどどうでもよくなるのだろう
ひたすら庸子の性感手コキを懇願するという
庸子も同棲しているぐらいなのでその男は好きなのだが
セックスレスなので当然恋人を別にどんどん作る
好きになると別の男と同棲するが、好きであるが故に尽くしたくなる
そこで性感手コキをして男が虜になる
そしてまたセックスレスと浮気公認の繰り返しだと言う
同棲男たちは寝取られマゾとはまた違うのだそうだ
何故なら自慰を好むのではなく、
ひたすら庸子の手を愛しているというわけだ
性という世界は不思議という一言だ


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

J子の調教に庸子を駆り出すにはわけがある。
女性には女性にしなかわからないぎりぎりのところを
引き出すというか、落すというか
調教というより性の操作とでもいうべきか・・・・・・・
庸子と俺の共同調教は阿吽の呼吸ですすめられた
調教というのは主が二人いるではスムーズに進まない
片方があるシナリオに向かって調教すれば片方はサポートし
いわば演出をするわけだ
女性のマゾはナルシスト的な要素が強い
見られる
犯される
そんな妄想の中で絶頂を迎えるわけだ
みだらな姿をさらけ出させるには
庸子のサポートが極めて有効である


調教はレズプレイではない
女が女に弄ばれて感じるわけではない
私も女だからわかっているのよ
感じてるんでしょう
隠さないでいいのよ
といった効果があるわけだ
それを引き出す庸子の調教ぶりは
天才的というほかない
しかし、あくまで庸子はマゾ男を調教するのが
得意で、仕事としてもやっていたわけだ
マゾ女にしたてるのには自慰調教は有力だが、
人によっては自慰を見られるだけでは感じないタイプもいる
どうも男の自慰と女の自慰は別ものらしい
J子は自慰調教でかなり乱れ、落ちた
弱点はわかっている


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

まずは俺が徹底的な寸止め自慰調教を行う
それを冷ややかな目でじっと見つめる庸子
そしてたまに言葉で責める
他人の前で張り型を激しく出し入れして絶頂を
懇願する人妻これにはいつもながらそそられる
だから人妻支配はやめられない
途中かれ庸子にバトンタッチする
庸子はJ子にどこをどうすると感じるのか
徹底的に告白させながら張り型寸止め自慰を
強制してゆく
そして、すべてを聞き出してから
あのヒダヒダを張り型に装着した


「ねぇ、これついてると狂っちゃうわね
あははは ほら、入れてやるわよ」
そして庸子がヒダヒダのゴムを装着した
張り型を激しく出し入れした
勿論、J子が絶頂をせがむと止めてしまう
まるで嫉妬に燃えた女のように庸子は厳しく
そして激しく心の中をすべて操作してゆくのだ
庸子の調教には冷酷さがある
徹底した冷酷さはマゾ性を引き出すのに
考えられないぐらいの威力を発揮する
J子はとうとう悶えながらもすべてを告白した
見知らぬ男たちに犯されたい
オナニーを男たちに見られたい
オモチャで弄ばれるのと感じちゃう
そんな叫びをまともな人妻が悶えながら告白したのだ
「あんたねスケベな女だねいいのよ、それで
あんたの旦那はマゾだよ
あたしの前でなんどもセンズリしたんだよ
させてくれってお願いしてセンズリしたんだよ
いやらしい変態だよ
あんなのとセックスするんじゃないよ二度とさせないよ
あんた知らない男に回されたいんだろう
やってやるよ
人妻をやりたい男なんていくらでもいるんだから
ほら、マンズリでイキなさい
あんたの望んでいる通りにしてあげるから誓いなさい」


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

庸子はJ子が絶頂を迎え、余韻を楽しんだあと、
女性用の皮製の貞操帯をつけた
「これつけるから、毎日洗えないといやだろう
れ外すときは男にやらせるときよ わかる
男っていっても変態マゾ亭主じゃないよ
あれにはセンズリしかさせないから
それが好きみたいだからね
あんたから男にお願いしないと外さないわかったね」
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」普通の主婦をマゾ夫婦に変える・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


俺が一人で居酒屋で呑んでいるとき、
たまたま隣に二人にお人妻がいた。
別に下心があったわけではないが、その人妻たちと話をした。
よくあるダイエットの話題で盛り上がった
しかし、もう一人の人妻は旦那から携帯に連絡が入り、
早々に帰宅した。
俺はチャンスかもしれんと思い、J子には
「時間が許すならもうちょっと話てゆきませんか?」
などと紳士面で誘った。
故意に食べ物の話をして、
寿司がすきだというのでちょっと強引に、
まるで銭に余裕があるかのように寿司屋へ誘った。


勿論初回は紳士で対応、そして安心させて、
携帯番号を聞き出すのに成功した。
わざと明日などと急がず、来週にでもと誘う
やはり人妻だ、夜はけっこうきついという。
そこで仕事の合間ということで、
昼間、ホテルのバイキングでも食べようと誘った。
そして、2回目はひたすら人妻の話を聞く
女は話を聞いてほしいものだ
決まって出る話題は亭主の愚痴だが
大人ぶってアドバイスをする
真面目な夫だが、融通が利かない男だという
俺が飼育する夫婦像にピッタリだなぁと思いつつ
愚痴を聞く
J子は強引に誘われると断れないタイプだと判ってきた。
そして、3回目のときに俺は強引にホテルへ連れて行った。
かなり強引だったやってしまえば・・・・・・・・・
虜にできるだろう


そんな自信から強引に誘うというより
無理やり連れて行ったという感じだ。
俺は人妻を誘うとき、いつでも対応できるように
七つ道具を持参している。
J子には徹底的に強引にすることにした。
ホテルに入ると
強引にシャワーへ連れて行った。
そして、強引さに弱い事を知った俺は
その弱みに付け込む。
服は俺が先に脱いで裸になる
勿論、この女を好きにできると思うから、
愚息は直立状態だ
それをわざと見せるように隠さない。
そして、じっとしているJ子の服を俺が脱がして行く
たまらん興奮だ

[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
シャワーを浴び、俺はJ子の身体の隅々を
シャワーを浴びながら弄ぶ
泣きそうな声を上げるJ子
そして、再びシャワーから出ると服を着るよう命じた
俺は着衣が好きだ、いきなり裸じゃ色気を感じない
俺はバスタオル一枚でベットで待つ
バイブ、張り型、ローション、
男の陰部につけるビラビラのゴムなどを
ベットの横に用意しておく・・・・・・・
J子は服を着て出てきたが
「こんな、いけない、私、帰ります」
などと言い出す


これはJ子の心ではないだろうと
勝手に判断して強引にベットへ押し倒す。
激しい抵抗はしないものの、やや抵抗するJ子
スカートの中に手を突っ込むと
シャワーを浴びた後のせいか、まだ十分に濡れていない
そこでローションをつけてJ子の股間を弄ぶ
時間をかけ、J子を抱きしめながら弄び続ける
ローションをつけてクリトリスを弄ぶと
たちまちJ子は声を上げた
こういう女は羞恥のどん底へ落としてやろうと
俺は張り型をJ子に見せた
「こういうのどうだ」
「そっ、そんなの使われた事ないです
 嫌、だめ」
俺は見ている前で張り型にローションを塗りたくり、
抵抗するJ子のバギナに張り型を突っ込む
そして、ゆっくりと抜き差しする
J子は道具で責められて経験がないらしい
「あああ、こんな道具で」
などと言いながらも序々に抵抗する力を失い、
これだけでひどく被虐的になって感じはじめた。
少しずつ張り型の出し入れを早くしてゆく
そこでローターを取り出し、クリトリスへあてがう
暫くすると、かなり早い出し入れをしていた
J子は「いっ、イキそう」などと理性を失いつつある
しかし、俺はイカせない

[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
調教しなければ一夜の契りで終わってしまうからだ
虜にしなければならない
寝取り男はつらいものだ
何度も寸止めで責める
J子は始めての道具責めで、しかも散々寸止めされ狂った
ころあいを見計らって、自分で張り型を出し入れさせた
これをさせればたいて落ちる
そして、J子はすでにためらないもなく、
張り型で自慰を見せる
言葉で責めていっそう被虐的にしてゆく
言葉攻めは最初はやさしく、
そしてだんだん露骨な言葉責めで調教してゆく
勿論、自慰すらも寸止めを命ずるのだ
J子は何度も絶頂をせがんだ
そして言葉責めはその都度露骨になってゆく
「そんなにマンズリ見られるのが好きか」
とりあえず、一度絶頂を迎えさせた
激しく出し入れして見せろと命じた


俺はそういうマンズリを見るのが好きなんだ
俺が好むことをしろ!と命じた
もうJ子は従順になっていた
物凄い早い出し入れをしながら
「イクくとこ見てて」などと叫びながら
自分で自分の陰部を責めるJ子
俺は頬を触ったり、太ももの内側をさわったりしながら
J子の絶頂を見届けた
それからはJ子は言いなりだった
俺はさらに今度はバイブで責め、
同じく、バイブでの自慰をさせたりして遊んだ
バイブでイッタあとはさすがに
「こんな女でよかったらいつでも見て」
などと忠誠の言葉を証した。


そして、俺は男の陰部につけるゴムのヒダヒダをつけた
J子はその様子を見て唾を飲み込んだ
そして挿入した
これで犯すと女は決まって狂う
男にとってゴムが多少快感を緩和するので長持ちする
逆に女のほうはヒダヒダが刺激になって物凄い快感と
犯されているという被虐感が強くなるようだ
何度もイカせたあと
おれはそのゴムをとった
「コンドームはもってないぞ」
J子はうなずく
そして、ナマのままJ子の蜜壷に進入した
たまらん心地よさと征服感だ
一切遠慮はしない
そのまま男の喜びをJ子の蜜壷の中で撒き散らした
危険日だの安全日だのと配慮する必要はない
行為が終わると
J子はオモチャでされて感じちゃったなどと言った
オモチャの虜になったようだ
これからこのJ子と夫婦そのものを支配するのが楽しみだ


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

正直言うと、J子は俺の好みのタイプだ。
他の女より魅力を強く感じるのだ。
こうなるとプレイというよりも、
己の所有物に独占したいと思うのが
男心というものではないだろうか
J子に限っては頻繁に呼び出しては
全力を挙げて調教している。
人間の肉体には限界がある
単純にセックスだけで女を特別の虜にするなど
プロの竿師やAV男優でも至難の技だろう。
やはり道具は重要だ。
道具を上手く使えば一方的に女を絶頂の渦に何度も
そして、何度も陥らせる事ができる。
絶頂地獄とでも言うべきか
そして、寸止めは有効だ
時間をたっぷりかけて執拗に責め続ける
俺は好みのタイプであるJ子には
徹底的に技を駆使した


考えつくことをやりまくった
会ってホテルへ行けば、道具で責め続ける
バイブと張り型の使い方が重要だ
前の小説にもあったようにバイブは
あてているだけでも振動があるので快感がある。
しかし、張り型は出し入れしなければ
快感を得ることはできない。
自慰をさせるには張り型でさせるのが
羞恥心を最大限に引き出す
自慰をさせるのは、
その姿を見たいという気持ちがあるだけではない
徹底的に理性を失わせ、
被虐的な倒錯の世界に身を置く事への
抵抗を無くすのが最大の目的だ。
調教する側は常に冷静でなければならない
そして調教される女は冷静さを失い
もうどうにでもしてという気持ちにさせ
貴方のモノにして
という気持ちにまで調教しなければ面白味もない
J子という俺好みの人妻を呼び出しては
激しい出し入れの張り型自慰を命じるのは喜びというほかない


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

徹底的に寸止めを命じて狂わせる
「くっ、狂っちゃう」とか
「こっ、こんなことしてたら変になっちゃう」
などと言い出す
勿論俺は
「狂え」と命ずる
そして、時には何度も自慰を繰り返させたりもする
絶頂の間際はひときは出し入れが激しくなり、
絶頂とともに出し入れが緩やかになるのがたまらない。
「そんな道具で興奮して恥ずかしくないのか」
などと言葉でも責める
プレイごとに男を喜ばせるセリフも覚えさせる
ゴムのヒダヒダを愚息に装着して犯すとかなり狂う
勿論これを愚息につけて最初に犯そうとしたときは
「そっ、そんなのつけて・・・」
「うっ、うそ、ああ、いや」
などと被虐的であった
それは効果的であったということだろう
そしてJ子が期待したように
それをつけて犯されると感じるらしい


執拗にJ子を頻繁に呼び出しては徹底的に調教し
犯し続けた
そして、俺が独占欲の強い男で
あることも序々ににおわせてきた
ある日J子に夫との性交渉を禁止したときも
J子は全く自然に
夫婦の性交渉はしない事を誓った。
こんないい女を抱けない間抜け亭主を思うと
喜びを感じる
J子に拒まれては夜な夜なセンズリで
処理するようになるだろう
J子の蜜壷は俺が独占するからだ
J子を責め、挙句の果てに
J子の膣内でナマで射精するときの喜びといったら
言葉に尽くせないものがある
ナマ同士でカリの部分を締め付けられ
その先の空間に吐き出すときの満足感


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

亭主がその喜びを体験するなど許せることではない
J子に何気に亭主にナマでさせたことがあるのか?
と聞いた
答えは
「まだ子供はいないから」
よし、よし
今までJ子を抱いてきたことは許せん事だが
まぁ いいか ナマではしていないというのだから
人妻を好きに調教し、
それから亭主までも調教するというのは至難の技だ。
しかし、俺には奥の手がある。
マゾ亭主を調教するのに
いつも活躍してもらうパートナーがいる。
J子はどうしても支配したい人妻だ、
パートナーに一役かってもらうことにした。
J子に関してはやや急いでいる自分がいた。
本当に気に入ったのだ。


さて、パートーナーとは女性なのだ。
仮に庸子としておこう
庸子は風俗の経験がある。
最初は性感、イメクラで働いていたが、
SMクラブのS女性は楽で金がいい
そこで庸子はSMクラブで
4年働いたと言う経験がある。
現在は34歳で、スレンダー、
身長は174センチ、なかなかいい女だ
いい女というより、かっこいい女という感じだ
俺さえも庸子に手コキをおねだりした事もあるほどだ


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

庸子は4年の間にほとんど毎日のように
客のマゾ男たちが自慰で果てる姿を見てきた。
そしてマゾとは贅沢なもので
、自分の好みのシチュエーションをしてもらわないと
ダメという勝手な性癖だ。
庸子は仕事がら男の特殊性癖をすべてを知り尽くしている
マゾ男はオナニー強制をされるのを心で望んでいる
そして女性に見てもらいながら射精まで行う。
それで満足するわけだ
SMプレイの色々は、
強制オナニーにいたるまでの
盛り上げるような演出効果にすぎない。
マゾは常に自分が主人公で、
ある種のナルシストなのだ。
しかし、寝取られマゾと言う性癖とは
若干種類が違うようだ。


ただ、共通しているのはセックス行為そのものより
自慰で処理することを好む事ではないだろうか。
庸子の前でひれ伏し、
男としてとても他人に言えないような行為
マスターベーションを命令してもらって、
いい年のオッサンたちがセンズリで
悶えて喜びの声をあげるわけだ。
数年で数千人の男たちが庸子の前で屈服し、
そして自慰で果てた。
このため庸子はまともに男というものを
見れなくなっている。
そうした心情がよけいサディスティックな面を形成し
女王様としても、痴女としても物凄いテクニックを
自然に身につけるまでに成長してしまったという経緯がある
さぁ、J子の亭主を庸子に調教させるわけだが、
このきっかけは以外に簡単だ。
J子に図らせて、庸子をJ子夫婦の家に遊びに行かせた。
J子はシナリオ通りに行動する。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。