更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」 私の膣内(ナカ)に出してください①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


最近、妻の裕子が綺麗になった。
洋服もしぐさも以前に増して女らしく、
フェロモンを出しているというか・・。
妻は37才だが5才は若く見え、
夫が言うのもなんだが上品で貞淑な感じの美人である。
そんな妻が最近は牝の匂いを発散しているように感じ、
不審に思い始めたのだ。
娘も中学2年になり手が離れている今、
妻はテニススクールに通っている。
もし妻に男がいるとすれば
そのスクールの関係者ぐらいしか考えられない。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
そう思っていた矢先、
近所に住む会社の同僚から気になる噂を聞いた。
「あのテニススクールに松木っていうコーチがいるらしいんだけど、
とんでもない人妻キラーなんだって。
 スクールの経営者が本業らしいんだけど、
テニスもプロ級の腕前で
ハンサムなもんだから誘われたら奥さん達も喜んでついていって、
その日のうちにヤラレてしまうらしい。
 近くの白石さんの奥さんも犠牲者で、
そのコーチの子供を身ごもったっていうからひどいよね。
 旦那さんはまだ知らないんだが
俺の奥さんが相談されてわかったんだけどね・・」
それを聞いて顔が蒼ざめた。
同時に妻がコーチにめちゃくちゃにされていることを想像して
興奮していたのも事実だった。
「裕子がまさか・・。でもわからないぞ・・。」


出会えるサイトが口コミでわかる!
そう思った私はある平日の日、妻には内緒で休みを取り、
会社に出かけたふりをして妻を監視することにした。
その日、妻がテニススクールに行く後をつけた。
2時間後、妻はスクールから出てきた。
何事もなく帰途につく妻を見て安心しタバコを一服
吸ってから立ち去ろうとしかけたそのとき、あっと驚いた。
コーチがテニススクールから出てきて何処かへ行こうとした。
まさか・・・
私も気づかれないようにかなり離れて後をつけ始めた。
この道は・・・間違いない。
嫌な予感が現実のものとなりつつある。
コーチは先に帰った妻の足跡を追うように歩いてゆく。
そして・・・
我が家についたコーチが周りを気にしながら
チャイムを鳴らすと妻が戸を少し開け顔を出した。
そしてなんと妻は自宅にコーチを入れた。
 「こうなったらすべてを見届けてやる」
そう思い、私は10分ほどたってから、
二人にわからないよう家に入ったのだ。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

家に入り、愕然とした。明らかにコーチが妻を責める言葉と
妻の聞いたこともないようなみだらな声が
聞こえてきたからだ。
声がする部屋は娘の部屋だった。
なんと妻はあろうことか、
中学生の娘のベッドの上で娘の制服を身につけたまま、
コーチの巨大なペニスに貫かれ、嬌声をあげていたのだ。
「いやらしいお母さんだな。裕子さんは。
娘の制服を着て、娘のベッドをこんないやらしい液で
汚しちゃって。どうなんだっ!」
「あっ、あっ、だめっ、あっ、
こ、娘のことは、言わないでっ」
「裕子さん。今日は排卵日だよね。
その証拠に今日はほらっ、ねっとりした液が出てるよ
生理の周期も全部聞いて知っているんだから
ごまかしようもないけどね。
裕子さんは、排卵日の生ハメはスリルがあって、
いつもより感じるんだったよなぁ」
「は、はいっ、今日はっ、危ない日、ですっ、あぁっ」
松木は裕子の足を肩にかけ垂直に
ペニスを膣に突き刺すように、
ワイルドな屈曲位でピストン運動を繰り返していた。
ゆっくりと、変わらないリズムで深く、
大きく腰を動かし続けていた。
ぐっと深く腰を沈めたかと思うと、今度は裕子の唇を奪った。
ディープキスをしながら人妻の子宮口を
こじあけるように深くペニスを貫いている。
「んっ、んっ、んっ、んあっ、あっ」
両方の乳首をピンと立てて、
ビクッビクッビクッと妻の体が痙攣し、
とうとう気をやってしまった。
松木はペニスを抜いた。妻の愛液がぬらーっと糸を引いた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

「裕子さん。どうかな。
正上位しか知らないような
旦那さんとのセックスは幼稚なもんだろう。
本物の牡はね、こうして牝を征服するんだよ。
裕子さんも本物の牡に征服されたいだろう?」
「・・・えっ、あ、はい・・」
 妻の目は完全に牝のそれになっていた。
「じゃあ今度こそ本当に征服してあげよう。
今日は裕子さんを完全に僕のものにするから
覚悟するんだよ。いいね?」
「・・はい・・・・・裕子を・・
あなたの・・ものにして・・・」
というと自分からディープキスをした。
そのやりとりを見て私はとても切なくなった。
あの貞淑な妻が、
こんなにも簡単に他の男のものになるのか・・・
それから2時間に渡って松木は思う存分
妻を「使って」楽しんだ。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

ソープ嬢でもしないようないやらしいフェラチオプレイ
これ以上ないほど高く尻をかかげさせてのバックスタイル、
屈曲位で膣襞を蹂躙しながらディープキスで唾液交換、
娘の勉強机で体を支えながらの立ちバック・・・・
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」 結婚してるんでしょ? いいんですか?

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


これは僕が高3の時の話

僕は実家を離れて1人隣県の高校に通ってました
高校からアパートまでは結構遠くて自転車で30分くらいの距離
3年の春頃、その通学路の途中にコンビニ
(青と白のストライプの制服)が一軒できた
既に他のコンビニは何軒かあったけど通学路からは離れていて
そこができてからはや登校の途中や
学校帰りにほぼ毎日寄っていた
道沿いで便利っていうのもあったけど
一番の理由はその店の店長さんに会うのが目的だったから

名前は寛子さん、当時32歳
イメージとしては木村佳乃
(髪はセミロングで緩くウェーブがかかってた)を
想像してもらえたらピッタリだと思う
朝買い物に行くと大抵彼女がレジにいて、
控えめににっこり笑って接客してくれる
その薬指にはシンプルな銀の指輪がはめられていた


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
僕の密かな楽しみ
彼女は制服の下にTシャツは胸元のゆったりしたもの、
Yシャツは開襟のものが多かった お弁当を買った時、
彼女は専用の茶色の袋をカウンターの下の方から取り出す
前屈みになる彼女の胸元が緩み、期待通り薄暗い服の中に
たわわな胸の膨らみとブラジャーが見える
(大抵はブラジャーの一部、カップとカップをつなぐ部分と
そこについたリボンが見えた)
僕はそれが見たいがためにお腹が減ってなくても弁当を買い
(じっくり見られるようにできるだけ客の波が切れた時を狙って)
別の店員がレジにいるときは彼女に交代するまで待ったりした


寛子さんと関係をもつキッカケは向こうからだった
ある時、弁当を買った僕に彼女は周りに聞こえないように
「いつもありがとう、これ良かったら食べてね」
とコロッケを添えてくれた
常連だからサービスしてくれたんだと結構嬉しかった
それ以前は話もしたことがなかったのに次の日からは
レジの間に少しずつ会話するようになった
彼女の僕に対する接客は声や態度が明らかに
他のお客さんとは違っていたと思う(少なくとも僕はそう思った)
随分仲良くなり夏休み直前だったと思う
レジで商品と一緒に小さなメモをもらった
「突然ごめんなさい。他の場所で会えませんか」
携帯番号と時間と場所が書いてあった


出会えるサイトが口コミでわかる!
メモの指定はその日の夜、コンビニから
自転車だと20分くらい走ったところ
峠道の手前にあるトイレと駐車場だけの小さな休憩所だった
僕は全速力でアパートに帰るとすぐに着替え、
まだ何時間も余裕があるのに必死で自転車をこいで行き、
落ち着かずウロウロしながら彼女を待った
辺りが暗くなって時間を少し回ってから
一台の軽自動車が駐車場に入ってきた
いつも制服にジーンズを履いてるところしか
見たことなかった寛子さんがブラウスとロングスカートの
私服姿で降りてきた
「ごめんね待たせて。ありがとう」
僕は大した言葉も返せないまま、
寛子さんにうながされてベンチに座った
「ここまで来るの大変だった? ごめんね」
話しかけてくる寛子さんに僕は短く答えたり
相槌を打つくらいだった 普段レジの合間に話すような無難な話
学校の話、店の話とかしたと思う
暗くなっても延々そんな話が続いたけど
一瞬間が空いて会話が途切れた しばらく2人とも黙ったまま
そして寛子さんは何も言わずに僕に抱きついてきた


「おばさんなんかキライ?」
僕は寛子さんをおばさんなんて思ったことはなかった
そんなことない好きだと言い、僕も寛子さんを抱きしめた
駐車場には照明があったと思うけどベンチの周りはほとんど真っ暗
その真っ暗の中で寛子さんの顔が近づいてきて、キスした
軽くキスした後、彼女が舌を入れてきたので
僕も負けずに舌を絡ませた
(舌を入れてのキスは初めてだった)
キスが終わっても寛子さんは僕に抱きついたままで
僕も固まったように彼女の体を抱いていた
寛子さんが手をほどいたので僕もそれに習った
彼女は僕の手を取って立ち上がるとトイレの方へと導いた


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

寛子さんに導かれるままに僕は障害者用の
広いトイレに入った 立ったままキス
股間に彼女の手が触れ、そのままズボンの上から
僕のモノをしごきだした 優しく握られた僕のモノ
はあまりの気持ちよさにすぐ硬くなった
触っていいだと理解した僕は
彼女のお尻をスカート越しに撫で回した
「気持ちいい?」
寛子さんが聞いてきたけど僕は返事ができなかった
寛子さんの手が止まって僕の耳元で囁いた
「好きにしていいよ」
寛子さんは僕を洋式便器に座らせると前に立ち、
直立不動の状態で天井を仰ぐように上を向いて目を閉じた
大人の女性が完全に無防備な状態で立っていた


僕は寛子さんのブラウスのボタンを外し、
いつも覗き見ていたブラジャーに包まれた胸を
片手で、それから両手で好きなだけ揉んで柔らかさを味わった
ブラジャーを強引にずり上げようとしたら
寛子さんは自分でホックを外してくれた
初めて生で見る女性の乳首を興味津々で指でいじり、
何回も舐めた 寛子さんは譫言みたいに「
〇〇クン…〇〇クン…」と呟いていた
またお尻を撫でる
「ちょっと待って…」
寛子さんはロングスカートをつまむと自分で裾を託し上げ始めた
寛子さんがバサッとスカートの中に手を入れ、
彼女の綺麗な生足が露出した ロングスカートの裾を
胸元で抱えるように持ち上げ、
寛子さんは僕に白いパンティーを見せつけた


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

大きな花を形どったレースにかわいく小さなリボン
後ろに手を回すとお尻の部分にあるはずの布地はなく
お尻の割れ目近くに辛うじて小さなレース地があるだけだった
寛子さんの足を撫で上げ、
肉付きのいいお尻の弾力は心地よかったけど
すでに眼前にある
「その部分」に今すぐにでも触れたくて我慢できなかった
僕は内股を撫でてからそのまま
寛子さんのスジの部分を撫で上げた
「はぁあっ……っ」
指で擦ると寛子さんの口からその度に喘ぎ声が漏れた


指先でパンティーを擦るうちに
明らかに股間のその部分の布地が湿ってくるのがわかった
寛子さんはスカートをしっかり抱えたまま
ブルブルと体を振るわせていた
薬指にはいつもの指輪がちゃんとはめられていた
はぁはぁと荒い息を漏らしながら僕を見下ろす寛子さん
僕は多分この辺りがクリトリスかなと
彼女の反応を見ながら指で探った
「あんっ!」
一際大きな反応のあった場所に指を激しく擦りつけながら
僕は彼女に向かって 何の前振りもなく
「結婚してるんでしょ? いいんですか?」と聞いた
寛子さんの顔が一変に真っ赤に火照っていくのがわかった
寛子さんはスカートの裾を噛み、
涙を流しながら必死に喘ぎ声を我慢していた


みんなで探すクチコミ出会いサイト

「それ言わないで…お願い」
寛子さんが泣き崩れるようにすがりつき、
そのまま僕のベルトに手をかけた
彼女はチャックを下ろすとトランクス越しにも分かるくらい
勃起した僕のモノを握って上下に擦った
しかしそれは最初の時とは違って
どこか無造作で段取りめいたものに感じた
寛子さんは我慢できないようにトランクスの中に
手を突っ込むとモノを取り出して
立ち上がるとまた自分でスカートに手を入れて
決心したように一呼吸してから一気にパンティーを下ろした


寛子さんはパンティーから足を抜いて、
もう片方の足にそれを引っ掛けたまま
ロングスカートも脱がずに便器に座った僕の上に跨ろうとした
僕のモノはスカートの中に隠されてしまい、
寛子さんは裾から手を入れて僕のを握ると
ゆっくり腰を落としてきた 先が柔らかい肌に
当たったかと思うとそれを裂いて一気にヌルヌルと
湿った寛子さんの中へ入った
「あぁああああっ!!」
貫通された寛子さんが泣くように喘いだ
(本当に泣いているように聞こえた)
後は寛子さんの為すがままだった
僕に跨った状態で激しく上下に前後に腰を振り、
僕は初めてのセックスの快楽を少しでも
長引かせようと必死に耐えたけど
すぐに果てて寛子さんの子宮めがけて
溜まっていた液をめいいっぱい注ぎ込んでしまった


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

寛子さんは何かねだるように僕を立たせると
スカートを腰まで捲って便器に手を突いた
「お願い…〇〇クンお願い」
お尻を僕に向かって突き上げて後ろからを求められ
僕はようやく初めて女性のその部分を確認した
僕は彼女の腰に手を当てて後ろから繰り返し繰り返し突いた
あのコンビニで毎日ニコニコと明るく迎えてくれた
年上の綺麗な女性を誰もこない山道の便所の中で
服を着せたまま後ろから激しく犯した
「あぁぁっ、お願い許してぇぇっ!」
寛子さんは便器にしがみつき、
自分から誘惑した高校生に犯され泣いた
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
彼女は何度もそう繰り返した


結局その状態で僕は2回出した
さすがにもう立たなくなった僕は寛子さんの後ろにへたり込み
便器の上で仰向けに果てた寛子さんのお尻にもたれかかった
それからも寛子さんとは何度も会い、
その度に「性の手ほどき」を受けた
僕のアパートには一度も来なかったけど、
ホテルはほとんど使わずに 初めてしたトイレや
人のこない山の上の公園や雑木林、
冬の真昼に海岸脇の廃墟でしたこともあった
気が引けて携帯電話には一度も電話せず、
専らレジでのメモのやり取りが連絡手段だった
何度会っても寛子さんの家族に関しては聞けなかったし
彼女も話さなかった ただ指輪はいつでも必ずはめていた
大学も近くだったので関係はしばらく続いたけど、
寛子さんが店に出てくる機会が減り
ある時「ごめんなさい。ありがとう」という
言葉から始まる手紙を渡された
手紙に書かれた内容から
寛子さんの正直な気持ちを初めて知った気がした
僕も返事を書いて渡し、この関係は終わった
しばらくすると少し離れた場所の道路の反対側に
同じコンビニできて 結局関係が終わって数年もしないうちに
閉店してしまった 閉店の日が最後にあった日になった。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」 ゴメンもうビンビンだわ・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


そのままバックでつきあげながらもミキのことを捜していた。
暗がりで発見したミキはすでに友達に入れられている状態で、
口を手で被って喘いでいた。
俺はクミコをバックのまま動かし、
ミキちゃんと友達のほうに近付いていった。
シートの上で正常位で友達はミキちゃんをハメていた。
形のいいプルンとしたオッパイがブルブル揺れていた。
友達は俺に気付くとミキちゃんの乳首を舐めて俺報を見ていた


興奮しつつ、俺もクミコを正常位にして突きまくった。
クミコは大きな声で喘いだ。
俺も興奮して動かしまくった。
でもそれはクミコに対してではなく
騎上位で腰を動かしているミキを見てだった。
「クミコちゃん喘ぎまくってんじゃん」友達が言った。
俺は複雑な気持で「ミキちゃんも凄いじゃん」
と言って喘いでるミキちゃんを見ていた。
「あああん…ああんあっんんん」
「うふっんん…ああああん」
二人の女の子の喘ぎ声がおおきくなった。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

「ああっヤバい、俺もう出るわ」
と言って友達がミキちゃんからチンポを抜いて離れた。
友達はミキちゃんの口にチンポをもっていき
頭を抑えて動かし始めた。
俺の目の前に、だらしなく開かれた脚の奥の
ミキちゃんのマンコが現れた。
ちょうど火にあたってばっちり丸見えだった。
おとなしそうな顔に似合わず
ビチャビチャになったマンコだった。
興奮した俺もチンポをクミコにくわえさせ、
ミキちゃんのマンコに指を入れクリを舐めた。
友達が射精する前に俺はクミコの口におもいっきり出した
ミキのマンコを舐めながら。
友達は出るといいながら、クミコのマンコに入れ、
しばらくしてぐったりしているミキの口に
チンコをいれ猛然と腰を動かして出した。
俺はミキのマンコを舐めながら見ていた。


「ああまじで気持いいわ、クミコちゃんと、もうちょい
ハメたかったんだけど、さすがにもたんかったわ」
友達はミキちゃんの口からチンポを抜いて言った。
「ああ」俺はミキちゃんの顔を見ながらそう言った。
ミキちゃんは口のまわりに精子をつけたまま、
ボーッとしていた。
「とりあえず体洗いに行こうや」
「そうだな、のこりの2人も気になるし」
俺はミキちゃんの水着を手にとり肩をかして、
テントに向かって歩いた。


出会えるサイトが口コミでわかる!

俺は興奮したせいか、大分酔いは醒めてきていた。
しかしミキちゃんはまだベロベロで肩を
かしても真直ぐ歩けずフラフラしながら歩いてきた。
テントの近くの蛇口にホースをつないで、体を洗った。
焚き火もなく真っ暗だったが、月の光りでうっすら見える
ミキちゃんの体をボディーソープで優しく洗い流した。
友達はすでにクミコにフェラチオをさせていて、
クミコのかすかな喘ぎ声が聞こえた。テントに人影はなく、
ふと車を見ると俺達のバンに明かりが見えた。
バスタオルを体に巻いてミキちゃんを連れてバンに向かった。


バンに着くとすでに「あああん」という声が漏れていた。
一応ノックするとドアが開いた。
リクライニングされた車内に4人が裸でいた。
ドアを開けた友達はトモコにバックで入れている状態だった
アヤはフェラチオの真っ最中で
チンポのしゃぶりながらこっちを見た。
「もうミキちゃんとやった?」
友達がトモコに入れながら聞いてきた。
「いや、俺はクミコとやった。ミキちゃんは○○がやって、
今はクミコちゃんとやってるよ」
「まじで?俺達も今2回戦始めたところなんだよ。
この2人3Pの経験あるんだと。意外にヤリマンだよ」


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

「こっちにきてとりあえず入れてみ。結構いいぜ」
アヤにフェラさせながら友達が言った。
ミキはすでにオッパイを揉まれて始めいた。
俺は車内に入るとアヤのマンコに指を入れ動かした
「あああん、いいっ、ああん」
「こいつまじそうとう淫乱だよ」
あやのマンコはすでにビチョビチョで指を入れると
卑猥な音をたてた。すると友達はアヤから離れミキに
「はい、しゃぶって」といってチンポを向けた。
もう一人の友達も「ミキちゃんのマンコ御開張~」
といって俺達に開い見せた。
明るい中で見るミキのマンコはすでに濡れており
ピンクのビラビラが光っていた。
ミキは友達のチンポにフェラをし、
マンコを舐められヨガっていた。
俺は(俺がやりたいんだよ)と思いつつトモコにフェラをさせ
アヤを攻めていた。


俺は硬くなったチンポをアヤのマンコに入れた。
クミコのとは違いゆるめだが濡れ片がはんぱでなく
チンポに絡み付くようで気持よかった。
アヤは「気持いいあんあん」とか、
とにかく普段と一緒でよく喘いだ。
ミキはチンポをくわえながら、指でいじられていた。
「俺が先に入れるから」
「いや俺が先だって」友達2人はそれぞれ言い張ったが
すぐに1人がミキに挿入した
「あああっ」ミキは激しく声を出した。
「やべえ、ミキちゃんのマンコ超いいよ」
友達は腰を振りながら言った。
「ミキちゃん気持いい?」
「…気持いいよ…ああん」
ミキは悶えながら言った。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

俺はアヤからトモコに移動してトモコにバックから激しく突いた
トモコは一番のエロのようで、腰を振りまくってきた。
俺達はそれぞれの3人とやり始めた。アヤと
友達は背面騎上位になり友達が「ほら見てみ、
アヤのマンコにチンチン入れてる所」
と言ってゆっくり動かした。
アヤは恥ずかしがる事もなく腰を振った。
「私、アヤとクミコのオマンコは見た事あるよ、
前に3Pしたとき見た」トモコが言った。
「マジで?」
「トモコも見せなさいよ~」
アヤがヨガりながら言ったので、
俺は同じ体勢になって結合部を見せた。
恥ずかしいのと興奮したのが一緒になって
俺はゆっくりチンポを動かした。


「いや~んやっぱりエロいね」アヤが言った。
ミキは見ているものの何も言わずハメられていた。
「ねぇ、ミキのも見せてよ~」
トモコがヨガりながら言った。
「ダメ、嫌だよ」ミキは顔を伏せて言った。
「そうよ、私達の見たじゃん」アヤも続いて言った。
「見せろ、見せちゃえ」友達が言うと、
「じゃあ御開張~」と言ってミキを持ち上げ脚を開いた。
そのまま細長いチンポをあてがい、挿入した。
「すご~い」「ミキの始めて見た」
女達は嬉しそうに言った。
ミキは「恥ずかしい、見ないで」と隠そうとしたが
友達が手を抑えて、腰を振った。
「ああん いや、恥ずかしい」
「すごいね、ミキちゃん丸見えだよ」
恥ずかしがるミキに皆が視線を送り卑猥な言葉を言った。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

「ミキちゃん丸見えだって」
「ミキ、オチンチン入ってるよ」
「ダメだって。見ないで」
「でもマン汁すごいよ」
「ミキのオマンコきれいだよ」
「クリトリスびんびんじゃん」
友達がミキのクリトリスを触りながら言った。
「あんあん」
「ほら気持いいんだろ?言ってみ」
「…気持いい」
「どこが?」
「ほら言ってみて」
「…オマンコ」
「オマンコになにが入ってて気持いいの?」
「…オチンチンが入って、気持いい、ああああん」
「ミキエロ~い」
ミキは「オマンコ」「オチンチン」とか
卑猥な言葉を言わされながら一段とヨガりはじめた。


バンの後ろのドアからクミコを連れて友達が戻って来た
「なんだよ、すげえなぁヤリまくりじゃん」
「今皆で見せあいしてたんだよ、
いまミキちゃんでクライマックスだね」
「マジ?じゃあクミコも…」
友達はクミコを最後尾に座らせ、
後ろからM字開脚をして、クミコのマンコを見せた。
さっきは暗くて見えなかったが、
日焼けした肌としていない白い肌がエロく、
さっきまでやっていたからだろう、
マンコのビラビラは大きく開き濡れていた。
「いいね、めちゃエロい。やらして」
とアヤとやっていた友達がクミコにチンポを入れた
アヤはクミコを連れて来た友達に外に連れ出され、
バックではめられた。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

俺達は代わる代わる相手を変えてハメまくった。
二人にフェラチオさせたり、女同士で乳首を舐めさせ、
入れているチンポやマンコを舐めさせたり、
まさにヤリタイ放題で、女の子もそれを楽しんで、
自分からフェラチオをしてきた。
ただ俺だけはまだミキとはやっていなかった。
皆にヤラれるミキを見ながら、
他の3人とやりまくっていた。


やり始めてかなりの時間が経っていたと思う。
クミコは二人に攻められ口とお尻に射精され
ぐったりと横になった。
トモコは一番最初にダウンし、アヤは手マンをされ
「イクイクイク」と連呼し痙攣し横になった。
ミキは正常位で入れられたまま
最後は口にチンポを入れられ射精された。
俺はまだ出してなくて、ミキのやっているのを見ていた
友達がミキからはなれ、全員がやり終わったのを確認して
俺はミキに近付いた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ミキを中央に寄せて脚を開いた。
マンコはもうグチャグチャだった。
俺はおもいっきりマンコを舐めた。
グチョグチョのマンコをさらに舐めまくった
俺はやっとミキとできる事にかなり興奮していて、
「ミキ、マンコ濡れ過ぎだよ」といって、
わざと音を激しくたてて舐めた。
友達も女の子も「最後の一戦が始まりました」
とかいって俺達を見ていた。
69になり勃起したチンポを動かした。
手マンでグチョグチョにかき回しながら、
クリトリスを吸いまくった。
「いやああん、あああ、あん、んんっ」激しく喘ぐミキ。
「凄いよミキ。マン汁溢れてて出てくるじゃん」
「ミキが一番エロくない?さっきも今も丸見えすぎ」
ミキは反応することもできず、ただ喘ぎまくっていた。


俺は皆に見せつけるように、ミキを攻めた。
そして「チンチン入れてって言って」「チンチン入れて」
「ミキのマンコに入れてって言って」
「…ミキのマンコにチンチン入れて」
俺はチンポをマンコにあて、正常位で挿入した。
「ああっ、あんあん」
ミキはおれにしがみついて激しくよがった。
ミキにキスをしながら俺は激しく腰を動かした。
ビチョグチョ、と音がした。
俺は興奮してミキの耳もとで「オマンコ見てって皆に言って」
とか「オチンチン気持いいって言って」と言った。
ミキは躊躇わずそれらを言い、腰を振った。
皆も興奮してミキと俺のあそこを見たりしていた。
そしてクミコに玉とアナルを舐められ、
俺は立ち上がってミキの体に射精した。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」 ゴメンもうビンビンだわ・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


俺が大学1年の夏。俺は地方から上京していたので、
約3ヶ月ぶりに夏休みを利用して帰郷した。
地元には中学のときからの友達がが3人、
同じ地元の大学へ進学していて、
久しぶりの再会だし夏の定番、
海に遊びに行こうと計画をたてていてくれた。
中学のときから、夏になればよく海に遊びに行っていて
高校のころは3~4日かけて穴場の浜などを
捜していろいろな所へ出かけていった。男子高だったのもあり
その頃から海に行くのも男だけで行っていて、
今回も男3人で友達の見つけた穴場の海に車で向かった。
目的の場所は、有名な海水浴場からかなり離れた場所にあり、
海の家はもちろん、自動販売機さえなく、
民家も浜辺からは目に入る所にはないような、
静かできれいな浜だった。


浜辺に下りて、持参した荷物を降ろした後、
2人づつにわかれて、1組が現地で、テント等の準備、
もう1組が、そこから一番近く
(って、車で20分はあったよう)のスーパーに買い物に出かけた
俺は現地準備組で、1年ぶりにテントを組み立てたり
食材や酒をセッティングしたり、
友達とゲラゲラ笑いながら過ごした。
1時間半ほどして、買い物組みが帰ってきた。
その後ろにもう1台車が一緒に入ってきた。
うしろの車から4人の女が出て来て、
友人と仲良く話しながらテントに歩いてきた。
4人とも自分達と同じくらいの年齢で、
大きなクーラーボックスや、荷物をかかえていた。
びっくりしている俺達に友人がその女の子達を紹介した。
どうやら、スーパーの駐車場で荷物を積んでいる所に出くわして
それを手伝ったらしく、混んでる海水浴場から、
空いている浜辺を捜していたらしい。
で、それならとゆうことで、誘ったとのことだった。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
その子達は俺達の隣の県の大学に通う学生で、
学年が俺達の1つ上で
同じサークルの仲間とゆうことだった。
その中の一人だけ年が上なのがミキ、小柄で、
ショートカットが似合うトモコ、背が高く、
テンションが高めのアヤ、チューブトップで、
編み込んだ髪と、よく日焼けした肌のクミコとゆう4人だった
なんだか急な展開だったのだが、
「やっぱり女がいるってのはいいもんだ」とか言いながら
すぐに荷物を降ろすのを手伝った。
女の子達はアウトドアの経験があまりないらしく、
テキパキと準備していく俺達をみて感心していた。
俺達も普段以上の男らしさで、あれこれと動き回った。


4人の性格は、ミキ 一番年上だが、
ゆったり、のんびりしている。
トモコ 小さいながら、てきぱきと働き、しっかりしている。
アヤ とにかくよく話す。でもうるさくはない。
クミコ 見た目は派手だが、手際がよく、しっかりしている。
テントを組んで、荷物の整理が終わってのが、3時過ぎ頃だった
準備が整って、ようやく泳ごうとゆうことになって、
それぞれの車で着替えて水着になった。
女の子達は全員ビキニだった。
アヤが「一昨日に皆で買いに行ったんだよ~」ト言った。
俺達は「うおおおお~」とか言って拍手して冷やかした。
夏マジックも多少あったが、
4人ともめちゃくちゃかわいかった。


出会えるサイトが口コミでわかる!
久しぶりの海に女4人、バカみたいになって遊んだ。
どの子がいいとかはあったが、
8人で皆で一緒になってずっと遊んでいた。
6時ちかくなって、そろそろ
晩飯の用意をしようとゆうことになり、
準備を始めた。女の子たちが買っていた材料もふくめ
食べきれない程の食材があり、それぞれが分担して調理した。
バーベキューを始めるころには少し暗くなり始めていた。
バーベキューと釜茹でした鶏肉とビール、ウォッカ、
テキーラ、カンチューハイ等で相当もりあがった。
アヤはその時もよくしゃべり、トモコ、クミコは
率先して酒を作り、ミキはのんびりと飲んでいた。
俺達も相当飲んだ。


食べ物は大方なくなったが、酒だけはバカみたいに
買ってあったので、酔っ払いながらずっと飲んでた。
俺達も、飯を作る途中からT シャツを着ていて
、女の子達もTシャツや、軽く上にはおっていた。
酒は死ぬ程持ってきていたので、全然なくならなかった
俺達は全員が飲む方だったので、
ガンガン飲んで飲ませていた。
それでも大分飲んで酔っぱらってきた頃、友人が、
「俺達は酔っぱらってよく全裸で泳いでたんだぞ」
と言い始めた。
「ええーマジで~」とかなんとか、多分アヤが言った。
「マジだよ、ってゆうか夜になったらいつも
スッポンポンになってたぞ」
俺達は昔に本当に夜の海で全裸になって泳いでいた。
「うそ~イヤダ~」 「ほんとに?」
とかなんとか彼女達が言った。
「いや、ほんとだよ。毎回そんなもんだよ」
って俺は言った。
「えっ、今からもなるの?」


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ミキが驚いたような感じで言ったのを聞いて、
「ん、なるよ」と言って俺は海パンを下ろした。
「キャアァァァ」女の子たちが悲鳴をあげた。
俺は酔っぱらっていたんだろう。
するとほかの3人海パンを下ろした。
「いや、マジでやるって」とか言ってた。
俺達4人は真っ裸になって女の子達の前に立った。
チンチンは立ってなくて、少し寒くて小さくなっていたけど
全然恥ずかしくなかった。
「も~やだっ、しまってよ~」ってクミコが言ってたが、
「全然OKじゃん?楽しいくねえ?」
っていいながら、俺の友達がクミコのそばに座って
身体を触り始めた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

俺は気付いたらそうとう酔っぱらっていたみたいで、
ぼんやりしながらを見ていた。
でも、それをきにして、俺達は女の子達に向かっていき、
「見せろよ~」とかなんとか言っていた。
しばらくして、ミキが「じゃあ皆に見せるからっ。
ちょっと待ってよ」と酔っ払いながら言った。
なんとなくその言葉に押されて俺達は
「は~い」とか言って固まった。
彼女達はなにやら話し始め、ワアッと笑った後、
俺達の方を向いて水着を取り始めた。


ドキドキしながら凝視していると全員が裸になった。
4人は恥ずかしそうに女どうしでもりあがっている。
俺達も興奮しながらも、
ビビって「静かにしないと」とか言ってた。
もう日が落ちて暗くなっていて、
バーベキューの火と携帯用のランプが2つしかないので、
はっきりとは見えないけど4人が裸になっているのは確認できた
なぜか、友人の2人は
「うおおお~」と言いながら海に走って行った。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

俺もものすごく興奮しててんだが、
なぜか身体が硬直して動かなかった。
「バカだね~あいつら~」と言って夜の海に
全裸で飛び込んだ友人をみながら皆で笑っていた。
飛び込んだ2人は30秒もしないいうちに上がってきて
「さみい~死ぬー」っていいながら。
俺達がおこした焚き火にあたった。
全員でゲラゲラ笑いながら焚き火の前に集まって笑った。
焚き火にあたって見える女の子の裸はエロかった。
さっきまで平気だったチンポがむくむくと立ち始めた。


立ち始めたチン子をなんとか抑えながら、
皆で集まってゲラゲラ笑っていた。クミコが俺の隣にきた
かすかな明かりの中にうつるクミコの裸は
プルプル動くオッパイがやけにエロかった。
隣には、トモコがいて、友人によりかかって
ぶつぶつ言ってた。
アヤは裸のままで酒を持ってきて俺達にくばった。


裸でいるのが当たり前のように振る舞っていた。
でもチンコは反応し始めていて、
まぁそれもどうでのよかったんだが、
ミキが俺の前に座って、友達と話し始めたとき、
炎に照らされて、ミキのアソコがチラチラと見えた。
俺は作業中もずっとミキが気になっていたので、
照らされてチラチラ見えるミキのアソコを凝視していた。
薄暗い中なので、あそこといっても、何となく見える
ような感じなのだが、
俺は我慢するほど興奮して勃起が治まらなかった。
すると、俺のとなりにいるクミコが
「えーっもしかして立ってる?」と言い始めた。
俺は焦って何か言わなくちぁと思ったんだが、
あまりにも興奮して言えないでいると
ミキの隣に座っていた友達が
「ゴメンもうビンビンだわ」
って言ってチンポを見せた。
「きゃああああああ」と言って驚く女達。
友達はかまわずチンチンを女の子に見せ始めた。
「いやだあ=」と」
恥ずかしがっていた女達もじょじょになれ始めた時、
その友人が隣にいるミキの肩を抱いて
「ミキちゃん俺いただいちゃうから」って皆に言った。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

俺は酔っぱらいながらも、
「ちょっと待て」と思ったんだが、
いかんせん酔いが回り始めていたので、
クミコによっかかれて、ボーッとそれを聞いていた。
ミキちゃんは、嫌ともなんとも言わないで
友達に体を支えられるようにしてぼんやりしていた。
すると、トモコと友達が「そいじゃあまかせたわ」
って言って手を引いて暗がりに消えていった。
アヤと友達はごねてるようすだったが、
アヤはしっかりと友達のチンコを握り、
上下に動かしながら、「私たちも行こうよ」と
言って友達とテントのほうに歩いて行った。



残された俺達2組は少し離れた所にいた。
しばらくすると「あっ…んん」
とゆう喘ぎ声が聞こえてきた。
もちろんミキちゃんの声で
それはじょじょに大きくなっていった。
俺はミキちゃんのことが気になってしょうがなかった。
しかし隣にいるクミコと激しくキスをしていた。
チンコはビンビンに立っていて
それをクミコに握らせておっぱいを揉みまくっていた。
少し離れた所から、「チンポしゃぶって」と言う
友達の声が聞こえ「んんっん」
というミキちゃんの声が聞こえた。
うす暗いさきでミキちゃんが、
頭を上下に動かすのがぼんやりと見えた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

クミコはそんなことには気付かず
「あんっ…あああん」と喘いでいた。
クミコにチンコをしゃぶらせつつ、
俺はミキのことが気になってしかたなかた。
クミコとの行為より、かすかに見えるミキの裸と喘ぎ声に
興奮していた。しかし目の前にあるクミコにも
興奮していたのは確かで、
69をした後バックでクミコに挿入した。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「熟女」 母の口だけの抵抗も最後まで続かなかった・・・③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


そして母は僕の1メートルくらい前に移動させられた。
そうこうしている間にC子がプレハブの中から何かをもってきた。
それは真っ黒なバイブだった。
「や・・やめて!そんなの嫌!嫌よ!!」
母はそれを見て絶叫した。
「何言ってんだよ。ほんとはいれてもらいたいんだろ?」
「いやっ!いやぁ!やめて!やめてぇ!!」
「子供の前でわめくなよ。」
母は大股を開かされたままバイブを挿入された。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
そしてAははじめはゆっくりと・・
そして次第に早くそれを出し入れし始めた。
母の顔は真っ赤になっていた。眉間にしわを寄せて口を閉ざし
悩ましげに首をくねらせていった。
「おばさん感じてるだろ?」
母はかぶりを振った。
しかし・・その表情は・・
明らかに押し寄せてくる快感を殺しているといった表情だった。
Aのバイブの出し入れが一段と早くなった。
母は一段と切なそうな表情になり
首の動きが大きくなった。
「おら!感じているなら感じてるっていえよ!」
それでも母は無言で首をふった。しかしその数秒後・・


出会えるサイトが口コミでわかる!
「もうやめ・・あっ・あはぁ!!」
漏れかけた吐息をはっとして途中でとめた。
)しかし・・今の声は・・完全に感じている声だった。
無論それをAは聞き逃さなかった。
「おい!何声出してるんだよ!気持ちいいんだろ?」
しかしそれでも母はかぶりをふった。そしてまた沈黙した。
Aはいったんバイブを抜いた。
母は大きく息を吐き出し・・一瞬安堵の表情を見せた。
その瞬間Aはバイブのスイッチをいれた。
ウィ―――ンという音とともに母の悲鳴があがった。
「いやっ!いやっ!もういやぁ!あ!あっ!あぁーっ!」
母の悲鳴が最期まで終わらないうちに
今度はスイッチの入ったバイブが挿入された。
「いや!あっ!あぁ!あん!」
そして母の喘ぎはもうとめられなかった。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

バイブの動きにあわせて母は歓喜の声をあげた。
そのあえぎかたは隠れて見たAVそのままだった。
母のその姿を見て僕はショックだった。
こんな目にあって・・どうしてそんな声をあげられるんだ・・
僕のショックなどおかまいなしで母はよがった。
「あっ!あっ!あっ!」
母の身体が大きくのけぞりだし声が大きくなった。
「あっ・・あっ・・あぁっ!あ・・あぁ!!」
母の身体が反り返りまさに声を張り上げようとした瞬間
Aはバイブをぬいた。
その時は分らなかった・・しかし・・後で思うに
Aはちょうど母がいく寸前でとめたのだ。
そして母は自由にされた。
しかしもう母は自分の身体を隠そうとはしなかった。
いく寸前でとめられて・・
切なそうに泣いてあお向けに倒れこんだ。
身体中が小刻みに震えていた・・。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

しかし息はあらく時々はっ・・はっと
色っぽい声をあげていた。
僕はもう母を正視できなかった。
しばらくその様子をうかがっていたAは
母の足元に立って言った。
「やって欲しいんなら自分から股開きな。」
母の泣き声が大きくなった。
が・・しかし・・母申し訳なさそうには足を開いた。
「なんだよそれは。
もっと自分で膝抱えてしてくださいって広げるんだよ」
僕の身体に衝撃がはしった。


母はAに言われるままに大股を開き、
更に両足をひきあげて膝に手を添えた。
母はついに屈服したのだ。
母であること、大人であることの
理性も押し寄せる快感には勝てなかったのか
今でこそ母の気持ちも分かるがその時はなんでだよ!
って気持ちのほうがはるかに強かった。
母は自分がしていることを理解してかしらずにか号泣した。
しかしその両足はしっかりと開かれていた・・ 。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

「子供の見てる前でなんてかっこうだい。」
Aは勝ち誇ったように言い放った。
「い・・言わないで」
「おばさんがして欲しいって股開いたんだから
レイプじゃないよなぁ。」
そう言ってAは母におおいかぶさってキスをした。
母はそれを受け入れた。
そして愛撫をはじめた。
Aの手が母の胸やあそこに触れるたびに母は吐息をもらした。
それはまるで恋人同士のようなセックスだった。


「いれて欲しいか?」Aは母の秘部をまさぐりながら言った。
「ほ・・欲しい・・」母はかの泣くような声でつぶやいた。
「どこに何が欲しいか言ってみろ」
「そ・・そんなこと・・あっ・・あっ・・」
「言えよ」
「あぁ・・いれて・・いれて・・・」
これ以上を言わせるのは無理と判断したのか
Aは母の両足をつかんで思いっきり広げた。
「じゃあいれてやるよ」
そしてとうとう母のあそこにAのモノが挿入された。



[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

「あっ・・あぁ~~~ん!」
Aは母をよつんばいにさせ
母の顔を僕に見えるようにして腰をふった。
その顔はもう母ではなく一匹のメスだった。
母は腰の動きにあわせて歓喜の声をあげた。
そのたびに乳房が揺れる。
他の6人はその様子を固唾を飲んで見守っていた。
「○○!ちゃんと見ろよ!」
僕の名前に母は少し反応した。
「ご・・ごめんなさい・・ごめんなさい・・」
誰の・・何に対する謝罪なのか
母は涙ながらに懺悔を繰り返した。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

そしてAは母をあおむけにして僕に背をむけた。
母の両足をもちあげて挿入した。
僕の前でAの尻が上下しその下には母の尻がある。
Aのモノが母のあそこにはいっているのが丸見えだった。
「これで子供ができたら俺は○○のお父さんになっちまう」
「いや・・中はやめ・・あっ・・あっ・・あぁぁ!!」
母の口だけの抵抗も最後まで続かなかった。
Aは思いっきり母の中に射精した。
自分のモノをひっこぬくと
母の上体を起こしてそれをくわえさせた。
母はもう何の抵抗もなくそれをしゃぶった・・。
全てが終わり僕と母は
彼等に連れられて自分の家(アパート)へ戻った。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
50位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。