更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」 目の前で同じ事したらうれしい?②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


これは男からのメッセージだ。
今回のカセットテープには、
これに登場してくる”千春”なる人物が
私の名前を口にしている。
こうした証拠がありながら、
それでも私は認めたくなかった。
それほどまでにテープの中の千春は、
私の知っている千春とは程遠い存在だったのだ。
どうしても同一人物と思えない。
千春と重ねることができない。
「ビデオ」
では実際に映像で見たらどうなるのだろう。
千春に対する意識が変わるだろうか?
変わってしまうだろう。
恐らく私は千春を許さないだろう。
でも今現時点なら許せる。
自分でもまだ認めたくないからだ。
だからこそ「ビデオ」が届く前に
千春に知らせなければならない。
そして私はそれを見てはいけない。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
再び携帯電話の画面に目を移す。
アドレス帳の一番上にある千春の名前・・・
千春の携帯電話のアドレス帳・・
一番上は誰の名前だろう。
千春にとっての一番は誰なんだろう。
変わりたくは無い。千春を失いたくない。
目を閉じ千春を想い浮かべた。
そして・・・私は発信ボタンの2個隣にある
”OFF”ボタンを押した。


その日は平日にも関わらず私は自宅にいた。
先週の日曜日出社したための代休日だ。
私はどこにも出かける気になれず、
自宅で読書にふけっていた。
ふと窓の外から、聴きなれた声が聴こえて来た。
千春の声だ。
私のアパートの斜め向かいに住んでる
年配の女性と会話しているようだ。
私はここに住んで早4年目を迎えるが、
ほとんど会話した事がない。
無論挨拶程度はするが、
この女性の睨み付けるような目がどうも好きでなかった
その点千春は誰とでも仲良くなれる。
千春のそういう所が好きだった。


出会えるサイトが口コミでわかる!
(あれ今日は仕事お休み?)
(ううん、さぼり。ロクなもの食べてないと思うから何か作ってやろうかと思って。)
私の事だ。
千春とその女性はしばらく立ち話をしていた。
(・・千春ちゃん、男はあまり信じちゃだめよ・・
もし別れたら言って頂戴・・うちの息子紹介してあげる。
いい男よ~・・まだ独身なのよ。)
大きなお世話である。
千春に内緒話をしているようだが、全部聴こえている。
年寄りの内緒話は声が大きいので
あまり内緒にならないのが特徴だ。
(あはは、ありがとう。
まあ、ふられたらお願いします。)
しばらくして玄関のチャイムが鳴った。
千春がスーパーの買い物袋を下げていた。
スーツ姿のままだった。
「急にどうしたんだ?つうか全部聴こえてるぞ。」
「だと思った。お年寄りは耳が遠いでしょ?
だから自分の声も大きくなっちゃうの。
あれ何?やきもち焼いてるの?かわいいねえ。」
「あほか。お前こそなんだ?
俺に会いたくなったんだろ?」
「いや営業の途中で気分が悪くなって・・
まあいいや。さぼった。」
相変わらずの会話だった。
「たまには何か作ってあげる。つうか肉じゃがだけど。」
「なんで肉じゃがなの?」
「男は愛する人に”肉じゃが”
作ってもらうと嬉しいんでしょ?」
「まあ何でもうれしいよ。ところで作れるん?」
「当ったり前でしょー?まあ座って待っとけ!」
肉じゃがの材料と一緒に、
料理の本まで買ってくる所が千春らしい。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
私はベッドの上に腰掛け、台所に立つ千春を見ていた。
千春は時々隠れてレシピを見ているようだ。
ふと私は千春を試して見たくなった。
「千春。SEXしよう。」
千春が一瞬驚いたような表情をした。
私は普段こんな事は口にしない。
千春がどういう反応をするか見てみたかった。
「アホ!真昼間から何言ってんの? 
すぐ出来るから茶でもすすっとけ!」
そういって千春はペットボトルの緑茶を投げてよこした
やはりいつもの千春だ。私の知っている千春だ。
千春は肉じゃがが出来ると器に盛り、
先ほどの年配の女性の自宅へ届けに行った。
あの女性は夫に先立たれ今は一人暮らしの筈だ。
そういう事を知って千春は行動している。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

夜になり、千春を抱いた。いつもと同じ様に抱いた。
いつもと同じ様に恥じらいをみせる。
いつもと変わらぬ千春がそこにいた。
ビデオが届いたのはそれから2週間後の事だった。
前回のより一回り大きい茶封筒。
もう中身は見なくても解った。
部屋に戻り、ビデオテープを取り出した。
タイトルにはこう書かれていた。
「あなたの知らない世界」
意味は考えるまでもない、千春の事である。
私の知らない千春がこのテープに収まっている。
カセットテープの時とは比較にならない程、
鼓動が高まっている。
ビデオテープを持つ手が震える。
私はこれからこれを見る。
そしてある決断を下す事になるだろう。
言うまでも無く千春との”別れ”だ。
そう考えると涙がこぼれた。
テープを握り締めしばらく泣いた。
・・そして想いを断ち切るかのように、
ビデオデッキに挿入した。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

テレビの電源をつけ、ビデオの画面に切り替える
そしてまもなく黒い画面が切り替わった。
女性の局部が画面いっぱいに映し出された。
そして・・
悲しい事にそれは見覚えのある形だった。
画面の横から見知らぬ男の顔が入って来た。
男はそのまま局部に顔をうずめていった。
執拗に舐めまわす男の舌、
濡れているのが唾液だけで無い事がわかる局部。
女は突然痙攣するように反応している。
そして悲しんでいるように喘ぐ女の声が聴こえる。


男は舐めるのを中断し、
ビデオカメラに手をのばしてきた。
カメラが固定から男の手に替わった。
画面が揺れる。
先ほどまで舐めまわしていた局部にカメラを近づける。
濡れて嫌らしく光るそれは、
恥ずかしげもなく画面いっぱいに映し出されていた。
カメラはそのまま上に移動する。
見覚えのある陰毛、見覚えのある胸。
そして見覚えのある顔・・
恥ずかしそうに笑って顔そむけるが間違いなく千春だった
「千春ちゃん恥ずかしいですかあ?」
男が千春に向かって話しかける。
「恥ずかしいですう・・」
笑って千春が答える。
その笑顔は悲しくなるほど綺麗だった。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

「高平さん、本当に誰にも見せないでね・・」
「ええーどうしよう・・彼氏に見せてあげたいなあ・・」
「だめだめだめ!ほんとにやめて?
ね?高平さんのオナニー用!」
「わかったわかった。
でもさ彼氏の前でもこういう姿みせてあげなよ。
可愛そうだよ。」
「良ちゃんは高平さんとは違うの!もうカメラ止めてよ~」
男は相変わらず私を挑発する。
この男は高平という名前のようだ。
千春との会話でも聞いたことの無い名前だった
惨めさと興奮が入り混じる。
私は高平の挑発に見事にのっている。


高平はそれを一番見たい筈であろう、
高平と千春のSEXを見ながら
私がマスターベーションをする姿をだ。
その暗示に掛かるようにわたしはズボンを脱ぎ始めた
・・そしてそれを予想してたかのように、
高平は千春にも同じ事を要求した。
「千春ちゃん。オナニーしてよ、これで。」
高平の手には小型のローターが握られていた。
高平は私に見せるかのように画面のまえで揺らしてみせた。
無論私はこのような類を
千春とのSEXで使用したことなどない。
そういうSEXを一番嫌がるのは千春だと思っていたからだ。
「えぇ~・・・カメラの前では恥ずかしいなあ・・」
千春が発した言葉からは、
既に経験があると言う事が推測できる。
千春が男の前でそんな事をするのであろうか?


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

「いいじゃん。俺もこれ見てオナニーするんだからさ。お互い様。」
「ええ・・じゃあ高平さんもそこでして!ね?して?」
千春の甘えた声が許せなかった。
しかし心のどこかで
千春のそんな姿を見てみたい気がしていた・・・
「わかった。するからさ。早くしてよ。」
千春はベッドの上で壁にもたれかかる様に座った。
そしてカメラの前で再び足を広げていった。
千春が自らの手でローターを局部に当てた。
そして自らの手でそのスイッチを入れた。
その瞬間小さな機械音が聞こえて来た。
千春は苦悶に似た表情に変化した。
カメラはその全てをレンズに収めていた。
「あぁぁ・・高平さんも・・・
早く・・早くして?・・ぁあ・・」
「わかった。イク時は言ってね。
すごい興奮するね。かわいいよ千春ちゃん。」
高平の息遣いが聴こえてきた。画面が揺れ始めた。


出会えるサイトが口コミでわかる!

千春の声がだんだんと大きくなってゆく。
千春が腰を上下しはじめる、
こんな姿を見るのも初めてだった。
「あ・・いくぅ・・いきそう・・」
「ほら良ちゃんは?
いつもみたいに謝りながらイって。」
「アァァァァァ・・!りょーちゃん!
ごめんねりょーちゃん!アァァイクゥゥゥ!!」
カメラの前で千春が絶頂を迎えた。
ひとつ解ったことがある。
千春は私とのSEXで絶頂を迎えたことはない。
悲しいかなそれを画面を通じて理解した。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」 目の前で同じ事したらうれしい?

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


千春との出会いは今から4年半前になる。
同じ専門学校で同じクラスになったのがきっかけだ。
出会った頃の千春にはいわゆる”色気”というものを
感じた事がなかった。
この頃の女性は高校時代には禁止されていたであろう
あらゆる策を講じ色気を装う。
しかし千春にはそれが無かった。
活発でいつも明るく、化粧もしない。
そんな飾らない千春が私にはたまらなく魅力的だった。
私の他にも千春に想いを寄せる奴らはいたが、
それを巧みに笑ってあしらうのも千春ならではの技だ。
千春とつきあう事になったのはそれから1年後の事だった。
付き合ってからも千春は変わらなかった。
いつも友達のような感覚。でもそれが又嬉しかった。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
千春とのSEXは週に一~二回程度。
週末に私の家に泊まりに来る。
SEXの時の千春は普段と打って変って静かになり、
恥じらいさえも見せる。
普段”性”を感じさせない千春が性を見せる瞬間。
この時だけは”女性”の表情なる。
私だけしか知らない表情だ。
そう思うとたまらなく愛しくなり、
私自身、優越感にさえ浸ってしまう。
そして又、いつもの千春に戻ってゆく。
上京した私は都内にワンルームのアパートを借りていた。
狭い部屋だったが、
千春と二人で過ごすには十分な広さだった。
千春といる時はいつまでもこんな日が
続けばいいと思っていた。他に何も望まなかった。


しばらくして千春が就職活動を行うようになった。
無論私も同様である。
交際してから初めて千春の化粧姿を見た。
驚く程綺麗だった。
スポーツで鍛えられた見事なプロポーションは
リクルートスーツがよく似合っていた。
思えば、その頃から千春は普段から
”性”を見せる”女性”に
なっていったのではないかと思う。
私はまた大きな優越感に浸りながら、
その反面この頃から不安を感じるようになっていた。
そして事実この不安は的中する事になる。


出会えるサイトが口コミでわかる!
「付き合ってどれ位?」
千春との交際期間を聞かれると
私は迷わず「3年」と答える。正確には”3年半”だ。
しかし私はその”半”を認めたくなかった。
この半年間は千春との交際期間には加えたくなかった。
一年半前に遡り、ここからの半年間は、
私にとって絶えがたい苦痛の毎日だった。
千春との別れを考えたのはこの期間だけだった。
4月を迎え、二人は共に就職することになった。
4社目にしてようやく内定をもらった私に比べ、
優秀だった千春は一発で第一志望の
大手人材派遣会社に就職が決まった。
週に一度千春は泊まりに来る。
そのペースは就職しても変わらなかった。
変わったのは私の千春対する意識だ。
スーツ姿の千春を見ると
どうしても欲情が湧いてきてしまう。
化粧した千春の表情にどうしても”性”を感じてしまう


玄関で出迎え、
そのままベッドに押し倒すこともあった。
しかし、会う度色気が増してくる来る千春に対して
私は益々不安になっていった。
こんな事を他人に話してもただの
”のろけ話”にしか聞こえないだろう。
事実二人は愛し合っていたし、
千春も男の気配など微塵も感じなかった。
無論私も浮気などしていない。
それでも恋人の事を不安に感じるのは
至極自然な感情であると思う。
愛していればこそだ。
さらに時が過ぎ、お互い入社2年目に迎えた頃の事だ。
窓の外を見渡せば桜も散り始めた頃、
その手紙は届いた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

差出人は不明、消印も無い。
ポストに無造作に投げ込まれたようなそれは、
明らかに直接投函されたものだ。
茶封筒に若干のふくらみがあった。
中には一通の手紙とカセットテープが入っていた。
不思議に思い、すぐにその場で手紙を開いた。
「お前は何も知らない」
たった一行だけ記されていた。
しかしそのたった一行は、
私を疑心暗鬼に陥らせるには十分過ぎた。
とっさに千春の事が頭に浮かんだのだ。
嫌な予感がした。
私は同封されていたカセットテープを手に取り、
部屋へ入った。
部屋に入り、もう一度手紙を眺める。
しかし、やはりそれ以上の事は書いていない。
「何も知らない」とはどういう事なのだ。
千春の事だろうか?
どうしても千春と結びつけてしまう自分がそこにいた
そしてその真実がこのカセットの中にあるはずだった
しかし、音楽を聴かない私は
これを再生する機器を持ち合わせていなかった。
そんなの千春に頼めば済む話だったが、
なぜか頼めなかった。
自分でまず確認したかったのかもしれない。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

私は近くのリサイクルショップまで
出掛け3000円でヘッドフォンラジカセを購入した。
自宅までの帰り道が遠く感じられた。
不安でどうしようもない自分がいる。
自宅へ到着するなり飛びつくようにカセットを掴み
買ってきたばかりのヘッドフォンラジカセに挿入した
ヘッドフォンを付け、高鳴る鼓動を抑えながら、
静かに再生ボタンを押した。
突然激しい息遣いが耳に飛び込んできた。
明らかに男と女が入り混じった息遣いだ。
「・・・あぁ・・・もう・・
きそう・・・あぁ・・いきそう・・」
雑音が入り混じり、
男が何か話かけるがよく聞き取れない。
「・・さん・・しないで・・はあん」
「あぁん・・んん・・・・い・・いくううう!!」
急に女の声が高く大きくなった。
その後男がまた何やら話し掛けているようだが、
よく聞き取る事が出来ない。
女も甘えた声で受け答えしているようだ。


およそ5分程の内容だったが、
私はつかのまの安堵感を得たような気がした。
この女の声は断じて千春では無い。
千春の声はもっと低い、
そしてこの様な甘えた声など出さなかった。
少なくとも私とのSEXでは。
しかし、なぜこれを私の所に送ってきたのか?
「何も知らない」とはどういう意味だ?
届け先を間違えたのでは無いか?
さまざまな考えを巡らせながらも、
一抹の不安は拭い去ることが出来なかった。
しかし、何の確証もなしに
千春を責めることはできない。
いや聞くことすら許されないだろう。
きっと千春は傷つくはずだ。
わたしの知っている千春はそういう女性だ。
こうして不安は消えないまま、
それでも忘れる事にした。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

またしばらく時が経った。
千春との交際は相変わらず変わらない。
そして前の出来事を忘れかけていた時、
再び一通の茶封筒が届いた。
そして今度はカセットテープだけが同封されていた
また再び強い不安に襲われた。
そして部屋に戻るなり一目散に押し入れに向かう。
一度聞いただけで使わなくなった、
ヘッドフォンラジカセがそこにあった。
イジェクトボタンを押すと、
そこには見覚えのあるカセットテープが入っていた。
それを取り出し、
今届いたばかりのテープと交換する。
聴かない方が良いかもしれない。
思い浮かべるのは千春の事ばかりだった。
それでも私はこの再生ボタンを押した。
また同じような激しい息遣いが聞こえてきた。
違うのはその音質だった。
以前のと比べ、驚く程鮮明に聴き取れた。
それは悲しい程に鮮明だった。


「なあ?どう?もうイキそう?」
「あぁん・・んん、はあ・・も、もう少し・・」
「千春はほんっとすけべな子だねえ・・
見てみホラ、マンコがバイブ咥えちゃってるよ。」
「はぁん・・そういう事言わないで・・・あぁ・・」
「ほらほらクリちゃんにも当たってるよ。イキそう??」
「ん、はぁ・・うん・・・はぁ・・いきそう・・・」
「千春は悪い子だねえ・・彼氏が泣いちゃうよ?
ホライク前に彼氏の名前言ってごらん。
い・つ・も・みたいに。」
「はぁ・・りょ、りょーちゃん・・・ああいくう・・」
「”良ちゃんごめんね”だろ?ほらやめちゃうよ?」
「あぁぁぁ・・意地悪しないで・・
ごめんね良ちゃん・・ごめんねえあぁぁぁぁぁ!」
男がわざと私に伝わる様に話しているのは
火を見るより明らかだった。
それに比べ千春はまったく気づいていないようだ。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

少し間が空いて、聞き覚えのある音が聴こえてきた。
千春が男のそれを咥えている音だ。
男はわざと聴こえるように近くでやらせている。
そして音を立てさせている。
再び男が喋りはじめた。
「ああ・・千春・・今度ビデオ撮ろうぜ・・」
「んん・・んんん・・」
「いいだろ?千春と会えない時に
それでオナニーするんだよ。」
男は千春に咥えさせたまま喋っているようだ。
「よし・・いいぞ・・
上にまたがってくれ・・・自分で入れるんだぞ。」
男は明らかに私を挑発している。
しかも私の事をすべて見抜かれているようだった。
テープの中で繰り広げられる様々な淫らな行為は
私と千春の間では経験した事が無い事ばかりだった。
それを知ってて男はやっているのだ。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

気が付くと涙がこぼれていた。
これは間違いなく千春だった。
そして私の知らない千春だった。
私の名を叫び絶頂に達した千春の声は悲しい程鮮明で
激しく、そしてヘッドフォンを通し
悲しい程興奮している自分がそこにいた。
カセットテープを2度に渡り、
私の自宅に届けたのはこの男に間違いなかった。
無論前回のテープに出てきた女も
千春だったのは言うまでもない。
しかし、なぜ私の家を知っているのか?
そして千春はあんな甘えた声を出す女だったのか?
すぐに千春に問い詰めるべきだった。
そうしなければならなかった。
私は携帯電話を手に取った。
言うまでも無く千春を呼び出す為だ。
アドレス帳の一番上に千春の名前がある。
しかし、なぜか発信ボタンを押す事が出来なかった
最後に男が発した”ビデオ”という
言葉が頭に残っていた・・
おそらく男はこれも届けるだろう。
その為にわざわざこの言葉を選んだのだ。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「女性の告白」 欲しいよな? 犯して下さいって言ってごらん

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


私はちょっとM系でレイプ願望とかあるんですが、
趣味の合う人とメールで知りあい、
軽い調教やチャットHを楽しんでましたがついに
実際に会いました。
今回は電車に乗って痴漢しようってことになり、
駅のホームで待ち合わせることに。
めちゃくちゃ緊張して手も震えてる状態で待っていると、
彼が来ました。
お互いにちらっと見ただけで、
側に並んで電車を待って…打ち合わせ通り
満員電車に乗り込み、向かい合わせに密着しました。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
電車が動き出すと彼はコートの中に
手を入れて右手で私の腰を抱き、
左手で腰の辺りやお尻を撫でて来ました。
死ぬほど緊張してたけど心地よくて
体がぽかぽかしてきたな…と思っていると
手がミニスカートの中に入って来ました。
あそこ全体を揉まれ、気持ちよくてふぅ、と思わずため息。


出会えるサイトが口コミでわかる!
ここでちょっと我に返って周りを
窺ったのですが大丈夫な様子。ばれるのいやですもんね。
すると、彼はパンストを破き、
下着の股の部分から手を入れてきました。
直接触れられた時は
、ビクッとしてしまうくらい衝撃でした。
自分でもすごく濡れてるのわかるから、
恥ずかしくて俯いたまま彼に
くっついてると、クリを直接ぐりぐりされ、
めちゃくちゃ感じてしまって
彼の上着の裾を握りしめて声を我慢したんですけど…。
中に指をゆっくり入れられた時は
思わず声が出てしまいました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

でも周囲の事なんてかまってられないくらい
感じちゃって、指を出し入れしながらクリを
ぐりぐりされて、
彼にしがみついて必死で耐えてるって感じでした。
もうだめ~って状態が続きましたが、
指が抜かれて、降りる駅に着いて
いました。ふらふらしながら改札を出て、
とある人気のないビルの階段の踊り場へ。
そこで抱きしめられ、
キスをしました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

私は唾液を飲まされるのが好きなので
彼は煙草の味のする唾液をたくさん
流し込んでくれました。
それを飲む自分の喉がごくん、と鳴るのに興奮して
とろ~んとなっちゃって…。
すると彼は耳元で「やらしいな、お前…、
電車の中で指入れられてあんなに
びしょびしょにして…
俺の指こんなになっちゃったよ」と言ってふやけた
指を見せました。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

恥ずかしがる私に「もう我慢できないだろ?」と言い
彼はしゃがんでパンストをビリビリに破き始めました。
その音を聞いていると、ああ、犯されるんだ…と
思って体中が熱くなって…。
手すりにちょっと腰掛けた状態で足を開かされ、
下着をずらして入れられました。
その直前彼が耳元で
「犯すよ。」と囁き、
その一言で私はおかしくなりそうに感じてしまいました
今日会ったばかりのほとんど何も知らない人に
こんなところで犯されてるって思うと
もう全てがどうでもいい、と思えるほどの快感で、
喘ぎまくりました。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

しばらくすると彼は私から離れ、
私を床に座らせ、足を開かせて
自分で下着をずらすように言いました。
言われたとおりにすると、
彼は「すげぇやらしい…
犯して下さいって言ってるみたいだよ。」
と言ってそのまま私を見ていました。
恥ずかしいのと興奮で
もう頭の中はぐちゃぐちゃでした。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

それから彼は自分のものでクリをこすりながら、
「欲しいよな? 犯して下さいって言ってごらん」
と…。
私は消えちゃいそうな声で犯して下さい、
と言いました。
その後はがんがん突かれて死ぬほど感じました。
あまり記憶もないですが、
ホテルに連れて行かれて
また可愛がってもらいました。
もう離れられなくなりそうです。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」 電灯に照らされたマンコを隠そうともしない(最終話)

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「うわぁ・・・、すっごい、やらしいよ?二人とも」
ずっと黙ってみてたS子が言った。
S子は、寄りかかるA美を支えつつ、
A美のうなじや乳房を愛撫していた。
「ね、A美。見て。○○とMの指が、
同時にA美の中に入ってるんだよ・・? わかる?」
と、今度はA美に話し掛ける。
「・・・・・うん」
半目を開けて俺たちの指が入っているその部分を見ながら
頷くA美。
すっかり足はガニ股に開きっぱなしで、
閉じようとしていない。
が、顔は相変わらず真っ赤だった。
「A美。痛くないか?」と問いかける俺。A美は、
「・・・・ううん・・・・平気・・・・」と返事をした。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
それを見たMが続きを始めた。
「じゃあ、俺の指の先を追うように動いてみろ」とM。
「ああ」と俺。
しかし、マンコの中で野郎の指とくっつけているのは、
なんだか妙な気分だ。
「上の壁を触ってみろ。ぷつぷつしたところがあるだろ?」
俺は膣中で指を曲げ、上のマン壁を触ってみた。
・・・・確かに、ざらざらというか、ぷつぷつした感触だ。
「ここが結構感じるところなんだ。なあ、A美」
とMが指で膣壁をぬるぬるしながら、A美に向かって聞いた。
A美は、少し腰をよじりながら、
感じるのを我慢するように眉をひそめて
「んっ・・・・・うん・・・」と返事をした。
なんともそそるA美の顔に、俺は半萎えかけていた
チンポがぐぐっと勃起するのを感じた。
A美の膣内は不規則に締まり、
俺たちの指を握るように動いていた。
クリトリスは包皮が剥けて、
ピンク色から若干赤くなりながらてらてらと光っていた。
そしてアヌスは、俺とMの指で一杯になったA美の膣から
流れ出た愛液で、べとべとに なっていた。


出会えるサイトが口コミでわかる!
「でな・・・、ここが・・・」といいつつ、
Mがなにかを探るように指を動かし始めた。
「人差し指だと、若干ムズいな・・・・、ここだっけ?」
と、Mが膣中で指をぐいっと押した。
「ひあっっ!! あうっ!」A美の声が裏返った。
「そうそう、ここ、ここ」
とMがそのポイントをぐりぐり刺激する。
「はあうっ!・・・あんっ・・・だめっ・・・!」
A美は我慢できない感じで、
俺たちの手を押さえるように手を当てながら、
膝をぎゅっと閉じかけた。
「○○、ここだ。俺の指先の部分を触ってみろ」
Mに言われるがままに、Mの指先を探り当て、
Mと交代するように指先をその部分にあてがった。
A美のひざが小刻みに震えていた。
俺がぐいっと指を押すと、
なんだか他とはちょっと違うような感触に出会った。
同時に「あぅっ!」と喘ぐA美。
「・・・なんか、ぷっくりしてる・・・?」と俺が言うと、
MがA美の膣内から指を抜いた。
「そうそう、そこそこ、そこをもっとぐりぐりしてみろ」
ぐりぐり・・・。
「いやぁっ!・・んんっ・・・
あぅっ!・・だめっ・・やっ・・!」
ポイントを刺激するたびに、くいっくいっと締まるA美の膣。
これ以上ないほど、A美の顔が真っ赤になる。
そして、A美のアエギ声も一段高くなり、
俺は興奮しつつも、嬉しくなった。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

俺は、そこをぐりぐりしつづけながら、Mに聞いた。
「すげーよ、M。これって、Gスポットってヤツ?」
「さあ、どうだろ? でも、A美には、
感じるピンポイントがあるってことだな。
それより、そんなにソコばっかやんなって。
感覚がバカになっちゃうから」
「おっと、そっか」
「ほかのところも責めながら、
ポイントポイントでそこを使うんだよ」
俺は、Mの言うとおり、
膣中ではポイントをずらして膣壁を責めつつ、
もう一方の手で クリトリスを弄り始めた。
「はっ!・・・やあっ・・・
いいっ・・・・あっ・・んぁ・・」
A美は体をよじらせながら、徐々に仰向けに倒れこんだ。
支えていたS子がA美を静かに寝かせると、
俺たちの後ろに回りこんで座った。
「じゃ、俺も協力すっか」Mはそういうと、
A美の足を再び広げ、M字開脚の姿勢にさせた。
その後、後ろに回って、俺の腕の隙間から手を伸ばし、
A美のアナルに指を差し入れた。
「ぅあっ・・・はあっんっっ!・・
やんっ・・・やっ・・・!」
A美がさらに高い声を上げた。
「いいか、アナルは、入り口の刺激を重点的にするんだぞ。
あまり壁をぐりぐりやっても気持ち悪いだけだ。
入れるときは素早く、抜くときはゆっくり、
排便の気持ちよさを再現 してやるんだ。
そうすると恥ずかしさも相まって、興奮倍増だぞ」
Mはそう解説しながらアナルから指を出し入れしていた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

「あんっ・・・はあっ・・・
や・・・もぅ・・・もうっ・・・!」
俺とMにクリトリス、Gスポット、アナルの3点攻めを受け、
よがりまくっているA美が絶頂に近づいてきたようだ。
それを見たMが言った。
「○○。いよいよやるか」「おう」それに俺が呼応する。
「さっきのポイントを指の先だけで前後にぐりぐりするんだ。
手のひらまで上にあげるなよ。
指だけだ。その動きだけ集中しろ。爪立てんなよ」
そういいつつ、MはA美の下腹部に手を当てた。
俺は、若干要領を得ないまま、
指の先だけを膣壁に埋め込ませて、膣中で一気に動かした。


「ああっっ!!・・・はあっ!!・・・
あっ・・・そんな・・の・・・だめっ・・だめぇっ!」
思わず、半身起き上がったA美の手がアソコ伸びる。
足も閉じようとするが、
俺とMの腕にじゃまされて閉じられない。
「あんっ!・・・・・はんっ!・・・・・
やだっ・・・感じ・・すぎる・・ぅ・!!
 だめ・・ってばっ・・っ!・・・やーっ・・・ああんっ!」
次第にA美の腰がうねるように上下に動き始めた。
俺は、できる限り高速に膣壁を擦っていた。
次第に奥のふくらみが大きくなっていくような
気がした。膣中全体でも、きゅきゅっ きゅっと
不規則にうごめき始めていた。
「やべっ・・・・つりそう・・・」と俺。
俺の指も限界に近づいていた。
「止めんなよ、○○。つっても続けろ」とM。
つっても続けろって、そんな無茶な。
しかしここまで来たら、A美の潮吹きを是非みたい。
俺はその一心で、手のひらにつる寸前の
嫌な緊張を感じながらも懸命に指を動かした。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

すると、いきなりチンポに刺激が来た!
俺は「うおっ!」と声を上げながら、股間を見た。
S子が俺のチンポを握りしめていた。
「S子っ、急になんだよ!」S子に振り向く俺。
でも指は止めない。
「だって・・・・、
アタシも興奮してきちゃったんだもん・・・」
S子はとろんとした目で、自分のアソコを弄っていた。
「A美ってば・・・すごい・・・・。
 ね・・出ちゃうの? もうすぐ?」
S子がA美の痴態を凝視しながら誰ともなしに聞いた。
俺は「ああ」とだけ生返事をして、
再びA美の責めに集中した。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

A美の腰がカクカクっと不規則に動き、
絶頂が近いことを俺たちに伝えていた。
「あっ・・・や・・・やだぁっ・・・・
もう・・きそ・・ぅ・・・はんっ・・ぅんっ・・」
「イキそう? A美、なんか出そうか?」
「あんっ・・・はぅっ・・・う・・うん・・
うんっ・・・、やっ・・・でもっ・・やぁん・・」
「遠慮しないでいいぞ、思いっきり出しちゃえっ!」
俺は渾身の力を指先に集中して、さらに強く擦った!
「やっ・・・ぃやっ・・・・ああっ・・・
で・・・でちゃ・・・・あんっ・・・・
いやあっ・・・ああっ・・
あああっっ・・あああっっ!!!」
A美が真っ赤な顔を手で覆いながら、
ふるふるっと首を横に振った。・・・と同時に
びゅっ・・・ぶしゅっ・・・
びゅっ・・・びゅるっ・・・・ぴゅっ・・・・!
生暖かい液体がA美のマンコから
勢いよく飛び出していった。
そして、俺も・・・
びゅっ・・びゅっ・・・どくっ・・!
S子にずっと擦られて限界ぎりぎりだった、
俺のチンポから、勢い良くスペルマが
A美の股に向かって飛んでいった。
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・っ・・・・」
A美は俺たちからやっと解放された。
しかし、顔は手で覆ったままだった。
やりすぎたかな? と心配になった俺は、
A美の側まで近づいて「大丈夫か?」と尋ねた。
「・・・・・・・・はずかしいのっ・・・」
A美はカワイイ声で答えた。
俺は思わずA美を抱きしめた。
その後、いつのまにか、MとS子がハメていた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

Mもかなり興奮していたので、
S子への責めは激しかった。
激しくペニスを突きたてながら、
S子の唇にしゃぶりつき、右手で乳首を弄りつつ、
左手をS子のアナルに入れていた。
肩と肘で上半身を支えながらそんな動きをしている
のだから、さすがスーパーテク(w)の持ち主だった。
俺たちも、そんなMとS子のハメを見て、
すぐに第二ラウンドに突入。
最後は、俺がA美にMがS子に
それぞれ仲良く中田氏して、お開きとなった。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「乱交」 電灯に照らされたマンコを隠そうともしない⑦

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


6Pした日からしばらくたって、
俺はMに「潮吹きのやりかた」について聞きに行った。
あの日、俺の彼女のA美が3人の男(+1人の女)に
一気に開発されたことについて、
さほど嫉妬心や怒りは生まれなかった。
A美がAの巨根を欲しがったことについても、
「大きすぎるのもイヤ。○○のが一番いい」
というA美の言葉や
「Aのはね~。激しくすると奥突かれてちょっと痛いんだ」
というS子の言葉で、気にしなくなっていた(w)


しかし、Mは例外だ。
あいつの指マンによる潮吹きは衝撃的だった。
あいつのキスでも、A美もS子も撃沈されている。
いつまた、Mのスーパーテクにやられるとも限らん。
その前にあいつのテクを盗んでおかなければ。
なにせ、あれから俺の指マンでは、
未だにA美を潮吹きさせることができんのだ(泣


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

「A美をつれて来い」
開口一番Mは言った。
「なんで?」と俺。
「当たり前だろ、マンコの中なんて一人一人違うんだから。
一般的なテク教えたって仕方ないだろ?」
 A美がいれば、実践しながら教えてやるから」
「また、お前やんの!?」
「そうだよ? なんかまずい? A美が嫌がってるとか?」
「いや・・・。そんなことないけど」
「なにかあんのか?」
「(お前のテクを何度も何度も味あわせたくないんだYO!)」
「?」
「いや・・・。A美に聞いてみるよ」
「おう。俺もヒマじゃないから、日が決まったら教えろよな」
その後、俺はA美を説得し、
なんとかMの潮吹き講座に連れて行くことを了承させた。


A美は、潮吹きの事実を覚えていないらしかった。
ただMの指テク、舌テクは、
「わけわかんなくなるほど気持ちよかった」
とAAAの評価だった。
当日、近くの居酒屋に集合。
どこから嗅ぎつけたかなぜかS子もいた。
「潮吹き、みたーい!」の一言で、S子の存在理由が知れたw。
いい具合に酔っ払ってきた頃に、
俺のアパートに場所を移し、飲み会を続行した。
A美は、MとS子(+俺)に口説かれていた。
しかし、A美はなかなか従おうとはしなかった。
6PでMにいいように弄られていたとしても、
S子のようにほいほいと彼氏の前で
彼氏以外の男に痴態を見せるような女ではなかった。A
美にとっては、やはり6Pは特別中の特別のことだったのだ。


出会えるサイトが口コミでわかる!

しかし、A美もついに根負けし、半ばむりやり、
S子とMに服を剥かれていった。
下着まで行ったところで、「
あたしだけじゃヤダ。みんなも服を脱いでよ」とA美が主張し、
俺たちは、あっさり服を脱いだ。S子も速攻で服を脱いだ。
A美は唖然としていた。
それで観念したのか、さして抵抗もなく、
A美からブラとパンティーが脱がされていった。
体育座りのまま小さくなりつつ、
いつになく恥ずかしがるA美に、俺は早くも勃起していた。
「おい、○○先走ってんぞ」とMがからかった。
しかしMも十分勃起していた。
S子がA美の後ろに回りこんで、しゃがんだ。
そして、S子の「ご開帳~」と言葉とともに、
A美の足がS子の手によってぱっくり開かれていった。
「やーん・・・」と言いながら、
アソコを手で隠すA美。すかさずMに払われる。
後ろのS子にも、うなじを舐められ、
徐々に色っぽい声を出すA美だった。


「さて、はじめに言っておくが、
潮吹きができる女だからといって、
いつでもできるわけじゃないし、痛がったらやめるんだぞ。
ここらへんは、基本的心構えだ」と
俺にレクチャーを始めるM。
「それから、潮吹き自体が目的じゃダメ。
女の子を究極的に気持ちよくさせるのが第一だ。
それの結果として潮吹きがあるんだ」
すっかり教師気分のM。こくこくとA美のうしろで頷くS子。
S子は潮吹きできない女らしい。お漏らし体質のクセに意外だ。
「だから、まずA美を気持ちよくさせなきゃな」
と言うが早いか、MはおもむろにA美の唇を奪った。
「んんっ・・・あむっ・・・・んんっ・・!」
A美がびっくりしながらも、Mの舌を受け入れると、
ひそめていた眉が次第にゆるくなっていき、
声も苦しくも色っぽくなり始めた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

「・・・・・A美、絡まってる舌が見えるよ?」
とすぐ近くで見てたS子が言った。
「自分から動いてるじゃん・・・・結構積極的じゃない?」
と俺にいたずらっぽく
視線をくれながらA美に語りかける。
「ん・・・あん・・・あむっ・・・んん・・・」
A美とMはまだキスをやめようとしない。
S子は、つかんでいたA美のひざから手を離し、
A美の腰周辺を撫ではじめた。
ぴくっぴくっとA美の体が動く。
MもA美の乳房から乳首に向かって指を這わせていた。
とりあえず待っていた俺は、とうとう我慢できなくなり、
A美のマンコに指を触れた。
「はっ・・・! ああんっ!」とおもわず口を離すA美。
Mもそれに応じてキスをやめ、
A美の乳首を弄りつつ俺に言った。
「とりあえず、お前のいつもどおりにA美を責めてみな?」


俺は、とりあえずいつもどおりA美のマンコをクンニ。
すでに包皮がムケかかっている
A美のクリトリスを舌でそっと露出させ、
舌の先でころころと転がした。
「あっ・・・あんっ・・・やっっ・・・・ん」
と喘ぐA美。いつもどおりだ。
いや、いつもどおりではないか。乳首はAに弄られ、
首筋や腰、背中はS子に責められている。
A美の手は、下に敷かれたクッションの端を握り締めていた
クンニにたっぷり時間をかけ、
俺の口の周り一杯についたA美の愛液を手でぬぐうと、
中指でA美のマンコを弄りながら、愛液を指になすりつけ、
A美の膣中に指を入れていった。
「あんっ・・・・・はあぁぁ・・・っっ」
とA美が喘ぐ。
中指を全部入れた後、ゆっくりと出し入れ。
親指でクリトリスを刺激しながら、
徐々にスピードを高めていく。
「あっ・・・はんっ・・・あっ・・あっ・・・」
ストロークのリズムにあわせて喘ぐA美。
俺は、ふとMを見上げた。Mは俺と目線が合うと
「ふっ・・」とニヤつき、
「ダメだな、全然。なっちゃあいない」と言った。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

「お前、中で指をどうしてる?」と俺に聞くM。
「どおって・・・、こう」と言いながら、
そのままの形で指を抜き、Mに見せた。
指はまっすぐになっていて、
ちょうどFUCKOFFな形。
それを見たMは、呆れたような顔で首を振り、
A美の前に体を移動させた。
「じゃあ、俺がやってみるから、見てろよ」
と言って、A美のマンコに中指をなすりつけるM。
ぴくっと小さく反応するA美。
Mは顔を見上げ、A美を見ながら「いい?」
と聞いた。
一応礼儀は通すみたいだ。A美はちいさく頷いた。



[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

Mは、おもむろに中指を入れた。
A美の膣中にぬるんと入っていくMの指。すると
「んあっ」とA美が声を上げた。??
Mが指をストロークさせると、
すぐにA美が激しく喘ぎだした。
「あっ!? ああっ・・・やっ・・・・
やだっ・・・・あっはあっ・・!」
A美が女の子座りのように膝を閉じようとした。
腰も小さく前後に動き始める。
明らかに俺のときより感じている。なんで?
「あっ・・・あんっ・・・んぁっ
・・・やんっ・・・やっ・・・!」
A美は、さっきより顔を真っ赤にして、
Mの指に反応していた。膝もしっかり閉じている。
彼氏の目の前で、他の男の手によって、
激しく感じてしまう自分に恥ずかしがっているようだ。
そんなA美にMの非情な手がA美の膝をつかんだ。
Mのしたいことを察した俺も、もう一方の
A美のひざをつかみ、ぐいっと足を開かせた。
「ああっっ!! や、やんっ、やだっ」
A美の手がアソコを隠すように伸びた。すかさず
俺の手がA美の両手首をつかんで、隠すのを阻止した。


みんなで探すクチコミ出会いサイト

「ほら。感じ方が違うだろ?」とM。
「ああ、、、なにが違うんだ?
中でどうやってるんだよ、M」と俺が聞くと、Mが指を抜いた。
ちゅぽんという感じでマンコから抜かれるMの指。
Mの手のひらにA美の白いマン汁が溜まっていた。
「こう、だ」Mが指を鉤状に曲げた。
「こうやって、膣の上をぐりぐりするんだ」
といいながら、指を前後に動かす。
「それじゃ、傷つけちゃうんじゃないか?」
俺は驚きながら、尋ねた。
「バカ。指の腹でやるんだよ。もちろん、
爪は極限まで短くして、誤って傷つけないようにな」
「俺みたいにまっすぐじゃダメなのか」
「当たり前だろ。 同じ動きなら、
指よりチンコの方が勝つに決まってるだろが。
チンコでは出来ない動きをやるのが、
指マンの醍醐味だろ?」
Mの話を拝聴する俺。
「ただ、力任せにぐりぐりやってもダメだ。
責めるポイントが重要なんだ」とM。
俺が的を得ないでいると、
Mが今度は人差し指をA美のマンコの中に入れた。
「お前も、横から入れてみろ」とM。
俺は入るのか?と思いつつ、膣中に埋まっている
Mの右手の人差し指の横から左手の人差し指を
A美のマンコの中に埋めていった。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。