更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」妻のみならず長女まで②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


十分に妻の気持ちを引き寄せたYは一気に攻めに出たようだった
ある夜、いつものように娘たちが寝静まったあとの
リビングで飲みながらのこと酒に酔ったふりをしたYは
冗談とも本気ともつかぬ顔をして
『実は奥さんみたいな女性がタイプなんですよね』と言った。
妻は恥ずかしそうにしながらも嬉しそうに
『お世辞でもありがと』と答えた。
『お世辞なんかじゃないよ』
沈黙のあとYは妻の横へ座りなおし、
強引に妻の肩を抱き寄せてみた。
『酔ってるでしょ?』
『少しだけね』
『でも本心だよ』
『少なくともオレはそう思ってる』
妻は嬉しいとも恥ずかしいともいえぬ表情でYを見つめる。
Yはさらに妻を抱き締め軽く唇を奪った。
こわばる妻に『旦那さんに悪いことしたね』とだけ言った。
妻は無言だったがYの胸元からは離れようとはしなかったらしい。
Yは『これはみんなみは内緒だけど今度ランチでも行こうよ』
と妻の手を握りながら言う。
妻は少し罪悪感を感じた表情をしたが、
しばらく間をあけて『絶対に二人だけの秘密だよね?
子供たちにも知れたら何て言われるか』
『心配しなくていいよ。バレるようなドジなことはしないから』
こうして二人は昼間ながらも密会をすることになったらしい。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

12月の終わり。
その日私は仕事納めで最終便ででも我が家に帰るつもりでいた。
Yが妻とのランチデートをその日に設定したのも
全てを知ってのことだった。
クリスマスイブの夜、突然にYは我が家を訪ねた。
授業でもない日の週末の突然の訪問に驚く3人に
『クリスマスプレゼントを持って来たよ』
と言っては娘たちにプレゼントを手渡す。
その夜も4人で賑やかな夜を過ごしたあと
娘たちがそれぞれの部屋へ向かっうと、
Yはおもむろに妻へのプレゼントを取り出す。
『私にまで?ありがと』と少女のような瞳をして受けとる。
『開けてみていい?』
『気に入ってくれるといいけどね』とY。
その中には下着が入っていた。
それも妻がつけたことのないような過激な下着が。
思いもよらない中身に妻は動揺したが
『今度のランチデートは必ずそれを着けてくること、いいね』
とY。私が知る限り妻は白や水色、
ピンクなどの薄い色のそれほど過激なデザインではものを
好んで着けていた。Yが妻にプレゼントしたのは
真っ赤なTバックの上下だった。
それも前後ともが透けて見えるようなものだった。
帰り際にYは『必ずあれを着けて来いよ』
と少し命令口調で言い残したらしい。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

ランチデートは軽いフレンチの店だった。
昼間からワインを開け、ただでさえ浮かれた妻とYの会話は弾んだ
店を出た二人は腕を組み歩いた。
Yはごく自然に妻をホテルへと誘う。
妻は拒否はしなかった。
拒否しないどころか妻にはそれを待っていた節さえある。
二人は歩いてラブホテルへと入った。
そして部屋に入るなり妻の着ていたコートを脱がせ、
立ったまま妻を抱き寄せた。
いきなり深いキスをしながらYの両手は妻のスカートを捲りあげ、
妻の尻を鷲掴みにするように揉みあげた。
Yにはすぐにパンスト越しながらも
妻があの下着を着けてきたことを確認できたが、
そのことに気がつかないふりをした。
一気にパンストを下ろし、妻の豊かな尻をさらに激しく揉みながら
下着の中へ手を入れていく。
すでに妻の蜜壺は蜜液で溢れていたようだ。
Yはそれを確認すると
『いやらしい奥さんだ。もうこんなにお〇〇こを濡らして』
と、わざと卑猥に妻を責めるかのように呟く。
そんな言葉に妻が感じているのは分かったYは
さらに自分の熱くなった肉棒に妻の手を導いて、
『もぉこんなになってるのは〇〇のせいだよ』
と妻の名前を呼び捨てにし、さらに冷淡な目を妻に向けて
『しゃぶれよ』と命令する。
妻はまるで操り人形のように膝まづき、
Yのベルトへ手をかけた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

妻はそそり勃つYの肉棒を愛しそうに握り、
恍惚の表情で肉棒へ奉仕した。
妻は私との営みでは決してすすんで奉仕をしない。
私にはない若者の凶器のような肉棒を前に
妻は年上女の尽す姿を見せたらしい。
十分に奉仕をさせたあとに
Yはさらに命令口調で妻にこう言った。
『〇〇、いつもみたいにオナニー自分の指使ってしてみせろよ』
妻との会話の中で巧みに
妻が自慰をしていると聞き出していたのだ。
この話を聞いた時、私は愕然としたことを覚えている。
妻が自慰をしているとは想像すらしていなかった。
この話をYから聞かされた私は経験したことがないぐらいに
自分自身を熱くさせていた。
妻をベッドへ運ぶとYは再度命じた。
妻は従うように下着の上から自ら愛撫を行う。
時折、切なげな声を洩らしながら。
Yは冷蔵庫からビールを取り出して飲
みながら妻の自慰鑑賞を続けた。
妻はYに見られながら、
それに快感を得たかのように自らの指を敏感な部分へ
導き自慰を続ける。Yは自ら持ってきたバイブを取り出すと
妻の目の前に突きだし
『これ使ってオナニーしてみろよ』と命じた。
私との営みでは玩具は使用したことなく、
妻は玩具すら見るのは初めてだっただろう。
YはバイブのスイッチをONにして
股間に延びた妻の手に掴ます。
妻は何も言わずYの言うがままに従い、
バイブの先を自ら蜜壺へ導く。
妻の快楽に浸る声が部屋中に響き渡る。
Yはさらに『奥まで入れてみろ』と促す。
妻は絶叫に近い声を部屋に響かせながら自らの手を離そうとはせず
自らの手の動きに腰を合わせはじめる。
すべてがYの思惑どおりだったに違いない。
Yは徹底的に言葉で妻を責めた。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

その日、妻がYに操り人形のように操られて
男女の関係になったことは言うまでもない。
Yによると妻は自らYに跨り、自らの腰を自由に動かし、
自ら快楽に酔ったという。
そんなことは何も知らずに私は帰宅した。
Yの目的は、私が帰宅する日に妻を汚し、
妻の罪悪感と被虐心をあおりながら、自ら快楽へ貶めることだった
妻は完全にYの性玩具と化していた。
妻はさすがに最初は自宅での関係は拒否したようだが、
口奉仕に始まっり、次第にYの術中に嵌っていった。
娘たちが寝静まったあと、
リビングでは妻とYの肉欲の交歓が週に2回は行われた。
娘たちが学校へ出かけたあとに
朝から肉欲の交歓を行っていたのは言うまでもない。
妻はYが悦ぶことを自らの悦びと感じ、それを実行した。
またそれを自らの性として受け入れ、
それに悦びを感じるようななっていた。
妻の脳裏からはもう私の存在は消えてなくなっていただろう。
母親としての自覚や自制心は完全に崩壊し、
Yの前に膝まづく性奴隷と堕ちていたに違いない。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「調教」妻のみならず長女まで

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


連れ添って19年。二人の娘にも恵まれて
普通の幸せな家庭生活だったと思っていた。
何かの歯車が狂い始めたきっかけは、
妻と受験を控えた娘たちを残し1年半前に
私が地方に単身赴任になったことだろう。
それから約1年。妻へ対する疑念を感じるまで
何も疑ったことすらなかったのだが。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

私が我が家に帰れるのは出張などとかこつけても
多くてせいぜい月に2回程度。そんな折り、
私と入れ替わりに我が家にやってきたのは
長女の家庭教師として派遣されてきた某有名大学に通う
Yだった。久しぶりに我が家に帰った私は
『ちゃんと勉強頑張ってるかい?家庭教師の先生はどうなの?』
と長女に訊いてみた。
次女が横からニコニコ笑い顔を浮かべて
『お姉ちゃん頑張ってるよ。Y先生もこみち似で超カッコイイしね』
と口を挟む。『もこみちって?』
『お父さんもこみちも知らないの?』
『…』
『もこみち超カッコイイよね~?お姉ちゃん』
どうやらYという家庭教師は芸能人の速水もこみちに似た
今風のイケメンらしいことは娘二人の説明により理解できた。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

Yは月曜と木曜の週に2日我が家を訪れていた
それほど時間が経たないうちに次第に
Yと打ち解けていった我が家の3人は夕食を共にするようになる
Yが地方から出てきた学生だったので
外食やコンビニのお弁当を食べてばかりいるのは
身体にも悪いからという妻の計らいでもあった。
娘たちもYと過ごせる時間が長くなったことは
嬉しかったに違いない。その話は私も聞いていたが、
女所帯に一人でも男がいるのは心強いだろうし、
なによりもYのおかげで娘たちが積極的に
勉強に励んでくれるようになったということに安堵を感じていた
Yが我が家に出入りするようになって半年ほど過ぎるまで
私とYの面識はなかった。何故ならYが我が家へ来るのは
平日だけだったので、赴任先から週末に帰宅する私とは
接点がなかったから。
『次に帰る時にY先生も一緒に食事しないかい?
お世話になってるのにまだ顔すら合わしたこともないし』
と私は妻に提案をしてみた。
『そうね…Y先生にも都合があるだろうし聞いてみておくわ』
と妻は答えた。
それから暫くして、我が家4人とYの食事会が行われた。
娘たちから聞いていたように確かに
Yは背丈も高くスマートで今風の青年だった。
難関大学の学生の生真面目さは微塵も感じさせない
どちらかと言うと遊びなれた男に見えた
私とYは無難な挨拶のあと無難な会話に終始した。
娘たちとYの楽しげに話す様子を見て
私が思っていた以上に我が家の3人と打ち解けているように思えた
『今度ね、Y先生に遊びに連れて行ってもらうの』
と娘たちは大はしゃぎしていた。
『二人ともかい?』
『先生、下の子まで面倒見て貰って申し訳ないですね』
とYに頭を下げた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

そんな感じで私とYの初対面は終わった。
私がYと再び顔を会わすのはそれからまた半年以上先のことになる
Yは長女の勉強を終えたあとも娘たちとのお喋りや
一緒にテレビを見ながら深夜まで我が家に居るようになっていた。
妻も気を効かせて簡単なビールのつまみを作り、
晩酌の相手をしているようだった。
Yは電車に乗って来ていたため、
終電を乗り過してしまった夜には
我が家に泊まるようにもなっていたらしい。
さすがにこの件は私の耳に入るとまずいと思ったのか
3人で口裏を合わせ、事件が発覚するまで
私の耳に入ることはなかった。Yの我が家への宿泊は
いつしか毎回に近いようになっていたらしい。
翌朝に娘たちが学校へ出かけたあとも、
妻と二人でゆっくりと朝食をとり我が家をあとにしていた。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

後日にYと再会した時の話によると、
この頃には妻は男としてのYを意識しはじめていたはずだという。
母親役を演じながらも自分に好意を寄せる
妻の心内を手に取るように理解できたらしい。
Yはさすがに女の扱いに慣れていた。
相手をその気にさせる術はもてる男ならではの
嗅覚とセンスなんだろうと思った。
Yは完全に妻の気持ちを手玉に取っていた。
わざと長女と接近しているように見せかけ、
妻の女としての性をもてあそんでいたのだ。
世間話をしながらも話を誘導し、
妻と私の夜の営みのことを聞き出す中で、
妻の性癖までを見事に言いあてて妻の反応を確かめていたようだ。
Yは妻はすでに自分の掌の中にあったと言いきる。
男女の関係はないまでも、
妻の女としての心はすでにYに堕ちていたに違いない。
Yは十分に時間をかけて妻が
自ら堕ちていくのを待つだけの余裕があった。
当時妻は40才だったが、
親子ほど歳の離れた男に堕ちるのには
そう時間がかからなかったようだ。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」こんなにも大胆に、 あんなおっさんのものを⑦

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


沁みの出来たショーツの奥がヒクヒクと蠢くので、
視線を上げると社長の手がしっかり女房の胸に伸びていた
外れそうなブラの上から親指と人差し指で
こねる様に刺激している。そのリズムに合わせるように
ヒクヒクが起きていた。目をぎゅっと閉じて、
苦しそうに口をあけている妻の顔が
さらなる刺激を期待しているようだ。
俺はショーツをぐいっと引っ張り、
ちょうどアソコに布を食い込ませた。
その脇から白濁した液がにじみ出ている。
「すんごい、いい、気持ち良いよ~」
我を忘れてダイレクトに快感を口にする妻。
それを聞いて社長はブラをサラリと外してしまった。
上向き加減の乳首が完全にエレクトしている。
社長はそれを思いきりねじりながら引っ張った。
「ああああああ!!」
女房は乱暴にされることをむしろ喜んでいるような声を上げた
 俺がたまらず女房のショーツを脱がすと
「なぁ」と社長が媚びるような声で話しかけた。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

「奥さんを縛ってみたいんだよ」
ハァハァと荒い息を吐きながら、社長は言った。
たしかに妻にはMの素質?
はあるかもしれないなと正直感じていた。
でも妻はどうなんだろう…
と悩む間もなく社長は妻にダイレクトに問い掛けた。
 「いいよね」
しわがれた低音の声は静かだが迫力に満ちていた。
首筋から肩口に唇を這わされ、
ひしゃげてしまうほど乳首をこねられた妻は
「オゥオゥ…」と言葉にならない声を絞り出しながら、
2、3度首を縦に振った。
社長は妻を俺に預けるようにして立ち上がり、
すでに何度も使ったであろう道具をベッドの下から取り出した
社長は手にした麻縄を手際良く女房の体に巻きつけて行く。
あっと言う間に妻は体の自由を奪われ、
同時に呼吸を乱しながら頬をどんどん紅潮させていく。
未体験のプレイによって女房と俺の欲望が
どんどん膨張していくようだ。恐るべし禿社長…。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

後手に縛られた妻をベッドの上で正座させた社長。た
ぶん前の愛人とは散々SMごっこしてたん
だろうなと思わせるほど、いろんな道具を持っていた。
竹細工の洗濯バサミ。子供の頃、うちにあ
ったような気がするが、あんなの久しぶりに見た。
「奥さん、一番敏感な乳首を挟んでやるからな」
社長は上気した顔で、妻を見下ろしながらそう言
うと、縄と縄の間の乳房を掴んで、洗濯バサミをつけた。
「いやぁ、、ああ、だめだめ、、」
社長が洗濯バサミを弾くと堪らず女房が声を上げる。どうみて
も痛そうなのだが、社長が『気持ち良いんだろ』と言うと『
うん、うん、気持ち良いぃ』ってオウ
ム返しのように答えた。
これって、言わされてるわけじゃないのか?と思った程だ。
俺はそのとき、社長にも
しっかりお仕置きしなきゃいけないと思った。
何故って、あんまり楽そうだったからだ。
俺にも縛り方を教えろと社長に迫り、
しぶしぶレクチャーしながら社長はきっちり縛られた。
縄の賽の目から社長の余った肉が小山を無数に作っている。
かなりキモイ。。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

社長を縛り上げて転がしておき、
妻の方をいたぶる事にしよう。
俺は妻をベッドから下ろし、
ソファに座らせた。強制鑑賞プレイでギンギンに元気になった
分身を後手に縛られた女房にしゃ
ぶらせる。女房の顔が前後して、
ジュブルジュブルと唾液とカウパー液の混合する音がする。
社長は真っ赤な顔をして羨ましそうに横たわっていた。
社長のガマン汁も相当の量で、テント
の頂きには雨漏りのような沁みができている。
べしょべしょになった女房の口の周りが、生々しい。
(まるでアソコもこんなになってるのよと言わんばかりに)
案の定、下の毛が濡れそぼっていて、
まるで風呂上がりのようだ。俺も社長のマネをして女房
の乳房や乳首につけた洗濯バサミを指で弾いてみた。
悲しげな甘ったるい声を出していた妻が、
たまらず「ほしい、ねぇ、、して、、」
と哀願してきた。
「社長の目の前で犯して欲しいンだな!」
口を突いて出た乱暴な言葉に我ながらびっくりすると
同時に、何か良い気分だった。「『禿社長の前で犯して』
って言ってみろ!」勢いで言わせてしまった。(
ハゲは余計だったな…)


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

本来俺と女房は合法的な交わりをしているにすぎず、
むしろ禿社長にそれをタダで
見せてやってるわけだが、3人とも混乱してたんだと思う。
縛られた社長がベッドの上で
「むぅん、むぅん」と体を揺すって抗議した。
(別に猿轡とかしてたわけでもな
いんだけど、言葉にならなかったのかな)
 んな禿社長を尻目に俺は女房の尻に覆いかぶさるように
ドッキングした。縄がと
ても便利だとそのときわかった
後ろ手に縛った余りの縄を生かしてさらに激しく突
くことができる。体力的にもバランス的にも
楽な姿勢をとれるので、下から突き上げ
るようにガンガン責めた。女房はうわ言のように
「見られてるぅ、見られてるぅ」と
口走った。羞恥心が感度を確実に上げている。
社長の方も顔を真っ赤にして、握り拳
を作って、究極のオアズケに耐えている。
テントの先のよだれのシミが哀れなほど大きく拡大していた…。
あの日以来、俺達の関係はかなり複雑になるはずだった。
ところが不思議なことにそれぞれ
に吹っ切れて、すっきりした関係になった。
女房は自信に満ちて、どんどんきれいになった。
(社長の懐からかなり援助してもらってたこともあるんだけど…)
いろんなものの境界線がどんどん崩れていき、
いつのまにかあのマンションは俺達夫婦の住
居となり、社長の方が遠慮しながら遊びに来くるようになった。
いつも、アダルトグッズのお土産付きで…。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」こんなにも大胆に、 あんなおっさんのものを⑥

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「どう仕事慣れた?」仕事に慣れる暇も無く、
禿社長にセクハラされてるのだから世話無いわけなんだけど
一応探りを入れてみる。
「ううん、パソコンで打直すだけだと思ってたけど、
難しいわ。全然、はかどらない……、
ねぇねぇ、たとえばこの字なんて読むの?」見ると、
あのオッサンのいい加減な字が踊って
いた。ただでさえ汚い字なのに間違ってるし、
やれやれだ。
「これね、『意匠』(いしょう)の『匠』(しょう)だよ。
近いっていう字書いてるけどね」
「あっ、ほんとだ。変換できた。
でも『近』でもないような。変なのぉ」
こんな会話をしているうちに、
なんとなく気分が落ち着いた。
「ねぇ、もう少しかかりそうだから、
先にどこかで食べて帰ってもいいよ。
これ今日届けなきゃいけないし…」
(そんなことしたら、お前が食われちゃうんだってと思いつつ)
「わかった。じゃ、何か買ってくるよ。一緒に食おう」
俺は外に出たついでに、ICレコーダーにメッセージを付け加えた
これを女房と一緒に届ける算段だ。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

コンビニで買った肉まんとピザまんを二人で食べながら、
(社長もさぞかし首を長くして、
書類を持ってくる妻を待ってることだろう…)と思った。
妻に社長の所在を確認させ、社長には内緒で俺も同行した
「俺、代わりに届けるから、ココでまっててくれ」
と妻に言うと、俺は社長
の部屋に向かった。インターホン越しに
「書類を届けに…」というと、
少し落胆した声が応えてドアが開いた。
 「きょ、、奥さんは?」
(きょーみちゃんって言おうとした禿)
<バシッ>俺は平手で禿頭を叩いて、今日の不始末を責めた
「奥さんが、そう言ったのか?!」
と社長はそればかりを気にしていた。
そういえば、妻は何も俺には言わなかったわけだが…。
 お仕置きするつもりが痛いとこ突かれたなと正直思った。
…が、しかし、かえってそれが俺にとっては好都合だった。
俺はついに妻をも交えたお仕置きに踏み切った。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?

俺は携帯で階下の妻を呼び出した。
書類の不備でも指摘されるのかと、
妻は社長の顔を伺うような恰好で部屋に入ってきた。
俺と社長は奥のベッドルームでソファに掛けたまま、
妻が中 に入ってくるのを待った。
「失礼しまぁす」
(ここが寝室であることは女房もわかっているの
で、さすがに躊躇していた)と言って、ドアが開いた。
 社長は引き攣った笑顔で「
やぁ、ま、掛けてよ」と言った。
この部屋は女房が禿社長にやられちゃったところだ。
ただ、俺が同席しているという決定的な違いがある。
社長の表情から何かを察したのか、妻は顔をこわばらせた。
 俺は二人に昼間の録音を聞かせてやった。
「え、うそ、、」と妻は言葉を詰らせ、耳を塞いで下を向いた
社長が「もうええやろ、わかった。悪かった」
と頭を下げた。女房にしてみれば俺がどこまで
知っているのか分らないわけで、
被害者で通そうと思えばそうできたはずだ。
「あなた、ごめんなさい。私、、」
泣いていた妻がついに重い口を開いた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。

予想外にも妻は社長とのことを懺悔しはじめた。
俺は怒り狂った夫を演じ、社長に掴みかかろうとする。
それを女房が泣きながら止めた。
「わかった。何でもお前の言う事を聞くから、
た、助けてくれ」社長が泣きを入れた。
すかさず俺 は
「俺の目の前で、あんたがやりたいと思ってたことができるんか」
と言った。 当然、それだけはイヤだと言ったのは女房の方だった
しかし、完全に倒錯した状況の中では、常識は全く通用しない。
 結局、女房は社長に促されてベッドの上に座り、
着ていた上着を脱がされた。白いブラを覆い隠すように
妻は細い腕を組んでいる。社長は後ろからその腕を撫でて、
スカートのホックに手をかけた。
女房がそれを拒もうとして腕を下げた瞬間、
ブラの肩紐がハラリと外れ乳房が半分こぼれかける。
既にブラのホックは外されていたのか。
異様な状況の中で、妻の生温かい吐息が時折、
声となり…。俺はゆっくり妻の足元に近づいた。


[18禁]ちょっと面白そうな出会いサイトを見つけました→クリック

俺は社長が外したスカートの
ホックの下のファスナーを一気に下げた
女房も観念したのか心持ち腰を浮かせる。
社長に上体を預けるような態勢になった妻。
俺はわざと荒々しく両脚を左右に押し広げた。
白いソックスを履いたままの生脚が妙に新鮮な感じだ。
 膝を立てさせてM字に開脚させたのは、
もちろん女房のアソコの反応を確かめるためで、
それを知ってか知らずか、
「いゃはぁ~~ん」と初めて声に表情を出した。
さすがに俺の目の前では声を押し殺していた妻だったが、
俺が参戦したことでタガが外れてしまったのか。
 湿っぽいショーツの中心を中指で線を引く様になぞると、
溢れ出てきたモノがしっかりと染
み込み、線状の沁みが出来た。気のせいか、
妻のクリトリスが以前よりも立派になっているよ
うだ。その下のヴァギナがヒクヒクと蠢くと…。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。