更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。②「処女喪失」

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


wwwsx11.jpgwwwssx12.jpg


結局、妻とセックスできたのは水曜の夜だった。
それまでも毎晩求めていたのだが、
妻に拒まれその度に手で抜いてもらっていた。
私たちのセックスは、私が淡白なのと
妻が恥ずかしがり屋のためとても静かなものだ。
いつも正常位で行い、妻は声をまったく出さない。
絶頂の瞬間に声が漏れる程度である。
その日は私が興奮していたこともあって
二度もしてしまったのだが、
妻は一度もイクことができなかった。
まだ妻の体が完全に回復していないのかと思い
悪いことをしたと思ったが、
「あなた、愛してるわ」
とキスをされると安心して私はそのまま寝入ってしまった。


しかし夜中にふと目を覚ますと、隣の妻の様子がおかしい。
体をまっすぐに伸ばしたままうつぶせになり、
顔を枕にうずめたまま細かく体を揺すっているのである。
「はあ…はあ…」妻の息遣いが聞こえる。
布団の中からかすかにくちゅくちゅと音がする。
「あ…あぁっっはあっ!」
聞き覚えのある妻の絶頂の声と共に静かになり、
しばらくすると妻はバスルームに消えて行った。
妻のオナニーを見たのは初めてだった。


次の土曜日がやってきた。
妻は先週と同じように身繕いを済ませると、
「これからKさんに…種付けして…もらいに行ってきます…」
とあいさつし、家を出て行った。
私は急いで居間のビデオデッキにテープを挿入すると、
食い入るように画面を見つめた。
左手の薬指に光る結婚指輪以外、
何一つ身にまとっていない妻の姿が映し出された。
妻は私が最初の男であり、
私以外の男とは直接裸を見たことも見せたこともありません。
だから私のすることや私の体が当たり前だと
思い込んでいたのですが、このビデオには、
それがまったくの間違いであり、
すべてにおいて新しい経験をさせられる妻が
記録されていました。


部屋の中央にマットレスが敷いてありライトが照らしています。
そしてカメラは部屋の角に据え付けてあるようです。
そしてなんと、反対側、対角線上の角にもう一台のカメラが
マットレスを狙っています。Kはビデオを2本撮影し、
1本を私に渡すために、もう一本を自分のために残すようです。
ダビングする時間を省くためだけにもう一台カメラを用意し、
それどころか撮影用ライトまで購入するとは、
気の入れようが伺えます。
これほど明るいところでセックスをするのは妻も初めてですが
Kの性欲を満たすための行為に口出しをしない約束なので
大目に見るしかありません。


マットレスの真中に全裸の妻が正座しています。
そしてカメラに向かって、
おそらくKに吹きこまれたあいさつをしました。
「…き、今日からKさんに…理恵の子宮に…た、
種付けをしてもらいます。
一日も早く妊娠できるよう…一生懸命…がんばります…。」
すると妻は反対側を向き、
向こう側のカメラに向かってもあいさつしました。
「今日からKさんの…せ、性欲処理を…お世話いたします…。
Kさんの…ペ…ニスを…喜ばせるために…
一生懸命がんばります。よろしくお願いします。」
言い終わると向こう側のカメラに向かって
三つ指ついてふかぶかと頭を下げました。


すると扉が開き、トランクス一枚のKが入ってきました。
おそらくドアの隙間から覗いて
タイミングをはかっていたのでしょう。
Kが部屋に入ってくると、
妻の体は緊張のあまり硬直していますが、
目線はKの体に釘付けになっていました。Kの体は見事です
がっしりした筋肉質で180cmある身長が
ノッポに見えません。腹も引き締まっており、
医者の不養生を軽蔑するといつも言っていましたが、
口だけでなくしっかりと自己管理をしているようです。
男から見るとほれぼれするようなたくましい肉体も、
153センチしかない妻にとっては恐竜に迫られるような
恐怖を感じさせているようでした。


怯えて固まっている妻を、Kはやさしく抱きしめました。
耳元で、内容までは聞こえませんが、
とてもやさしい口調で何かを囁きながら
妻の髪や肩に軽く触っています。
妻の緊張が徐々に解けていくと、キスを交わし、
胸や太ももを愛撫し始めました。
しかし、Kが妻の右手を自分の股間に導いたとき、
妻はひっと叫んで手を引っ込めると、
両手で顔を覆って泣き出してしまいました。
すでに大きくなっていたKのペニスは
トランクスの上から頭を突き出しています。
標準より小さ目の私のペニスを普通だと思っていた妻には、
いきなり2倍近いものに遭遇して
また恐ろしくなったしまったのです。


「こわい…こわい~…」
怯えて涙をぽろぽろと流して固まってしまった妻を
Kはまたやさしく抱きしめました。
そして片手でトランクスを脱ぎ始めました。
ますます怯える妻をKはまるで
始めからやりなおすように髪をなで耳元で何かを
囁きながら徐々に愛撫を強めていきます。
やがて妻の緊張も取れてきて、
妻の股間をKの指がまさぐる頃にはすっかり興奮し、
はあはあと息を荒げながら
体をくねらせるまでになりました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
しばらくして、いよいよKが妻の両足を大きく
広げさせのしかかってきました。
妻は興奮し上気して真っ赤になった顔を
カメラに向けました。涙目の妻がカメラを見つめています。
そして唇の動きが
「あなた…ごめんなさい…」
と告げました。
妻からのこのメッセージをカメラ越しに受け取った時、
私の中に衝撃が走りました。
今行われている行為は私たち二人が
共に暮らして行くためであり、
私が提案して妻に半ば強引に承諾させたことです。
なのに妻は私に対して不貞を働いているという
気持ちを拭い切れない…
精神的にも肉体的にもすべての負担を妻が背負っている
それは妻が女に生まれたためだ。


女であるために、妻は品格や清廉な心を汚され
見たくもない新しい世界に無理やり放りこまれている。
男の私はといえばただ悶々としているだけだ。
(理恵、本当にすまない…)
私は暴れ出したいほどの気持ちに襲われた。
しかし同時に、その強い感情が瞬時に
どす黒い性的興奮へと変わっていくのを感じた。
そう、妻の心が、体が、汚される…そのことに。
そして何もできない自分自身に。
禁断の快楽、背徳の興奮…ずっと胸に渦巻いていたもの、
強い嫉妬による興奮、
その快楽に自分は既にはまり込んでいることを
そのとき自覚してしまったのです。
しかも今現在この瞬間もこのビデオと同じことが
Kのマンションで行われている。
そう思うと脳が沸騰するような感覚に襲われ、
眼でテレビを飲み込もうとするように
画面にかじりつきました。


画面では、Kがゆっくりと腰を進めています。
が、次の瞬間妻が悲鳴をあげました。
「うっ…ぐっ…ああっいたいっ!…駄目ぇ、
ああ駄目、いたいっ!…ああ、
ちょっとやめて、お願いお願い~!」
Kのペニスは大きすぎて妻の膣内に挿入できず
亀頭が入り口で止まってしまうようです。
あまりに妻が痛がるのでKは一旦離れると
「これが一番痛くない形だよ。
理恵さんのペースでゆっくりと入れられるからね」
と言って自分が下になり妻の体を乗せ上げました。


妻はこの体位は生まれて初めてで、
戸惑いと恥ずかしさでおどおどしていま
したが、やがて息を止めて目をつぶると、
ペニスに手を添えて真上を向けさせると
ゆっくりと体重をかけ始めました。 ゆっくり、少しずつ。
時々Kが軽く突き出したりして協力します。
痛みのあまり「ひゃっ」
と小さく悲鳴を上げて腰を持ち上げてしまっては、
またペニスの先に座りこむ努力をしていき…
それでも亀頭が埋まったあたりまでで
どうしても止まってしまいます。ずいぶん時間をかけましたが
とうとうあるときKの突き上げと妻の意を決した座り込みの
タイミングが一致していきなり
ズズズッとKのペニスが半分近くまで入り込みました。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「っあああっっ!!」
一瞬鋭い声で悲鳴をあげると妻は、
目を見開き、大きく開いた口ではあはあ息をしながら
Kの胸に両手をついてゆっくりと
前傾姿勢になりました
次にKが下からまた腰を送り込むと、
今度はどんどん入って行きます。妻は
「あはっ!…あはっ!…」
とその都度苦しそうな悲鳴をあげますが
痛くはなさそうでした。そして2・3度の突きで
Kの大きなペニスはすべて妻の中に
収まってしまいました。
Kは妻を抱き寄せて上半身も密着させると、
大仕事をした子供をほめてあげ
るように両手で頭や背中を撫で回しながら、
額や頬や耳元に「チュッチュッ
チュッ」と短い音を立ててキスを始めました。
二人は体をゆらゆらと揺らして、
股間の密着を馴染ませています。


しばらくすると妻の興奮がだんだん大きくなっていって
たまらなくなったように自分から
Kの唇に激しいキスをし始めました。
激しく呼吸を乱しながら、
乱暴に舌をKの口の中に押し込もうとしています。
私は妻がこれほど自分から積極的に振舞うのを
初めて見たので興奮しました。ディープキスは、
したことはあってもされたことは一度もありません。
これから起こることに対する期待が
ますます膨らんできて、
心臓が破裂しそうなほどに強い鼓動が
体の中から聞こえ続けていました。


やがてKが妻の上半身を持ち上げ、
「理恵さん、さあ」
と言うと腰を振るようにうながしましたが、
妻は「はあぁ…」と溜息とも悲鳴ともつかない声を
あげるとまたKの体の上に突っ伏してしまいました。
Kの耳元に小声で何かささやいています。
おそらく、自分は男性の上に乗る
のが初めてでどうすれば良いのか
わからないことを告白しているのでしょう。
Kは「うん…うん…わかった…」
とうなずきまた妻の上半身を起こさせると
、両手で妻の腰を掴み、妻の体を動かし始めました。
しばらく上下に動かすと手を離し、
妻が自分の意志で動くようにさせます。
動きが悪いとまた手を貸して動きを教え、
また妻にやらせます。


「理恵さん、いいよ…すごく気持ちいいよ…」
と声をかけながら。
大体妻がうまく動くようになると、
次に腰をグラインドさせます。右周りも
左周りも大回り小回りまでマスターさせ、
次に体をのけぞらせて股間を突き
出しながら腰を使うやり方や両足の裏を下に
つけるやり方や肩膝をついたやり方、
ペニスを収めたまま後ろ向きになる方法など
様々な体位を、それぞれに挿入の深さやスピードの
バリエーションもつけさせるように
教え込んでいきました。
興奮しきっている妻は
Kのいいなりになり必死に取り組んでいました。


妻が私以外の男に性技を仕込まれている…
Kの性欲処理のためには必要なことだし、
覚悟はしていましたが、その光景を目の当たりにすると、
見る見るうちに技を覚えさせられ成長させられていく
妻はまるで遠くの存在に感じ、
激しい嫉妬と興奮を感じました。
最後にKが
「理恵さんの一番気持ち良い動き方を探してごらん」
というと、ある程度慣れてきた妻はいろんな動きを
自分の体に試し、最終的には少し前傾になり
クリトリスのあたりを前後に小さくぐりぐりと
Kの陰毛にこすりつけるような動きをして
「ああ…ああ…」とあえぎ声をあげました。
そしてKが「いいよ。それじゃあ理恵さん。
俺を思いっきり感じさせてよ。
いろんな動きで俺を犯してよ。ほら」と言うと
、妻は髪を振り乱しながら覚
えたての色々な技を披露し始めました。
それはまるで踊り狂う夢遊病者のようで、
声も出さずに静かに抱かれる妻しか知らない私は
圧倒されてしまいました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
様々な動きを駆使し、懸命に妻はKを犯しています。
だいぶ経った頃、
妻は私とのセックスではまず聞かれない喘ぎ声を
あげ始め ました。
「ああ…は~…あっああ、
…ああ…うっ、はあ~…あああん…」
「理恵さん、可愛いよ。…すごく可愛い声だよ。
…もっともっと可愛い声を…もっと聞かせてよ、
…感じちゃうよ」
Kの言葉を聞くとますます妻の声が
大きくなり、徐々に腰振りダンスのスピードが
上がってきました。
「イクんだね?もうイキたいんだね?」
とKが聞くとうんうんと首を縦に振ります。


完全無料の男女のふれあいの場※18禁
「理恵!イッてごらん!ホラ理恵!
一番気持ち良いやり方で!理恵の一番可愛い声を聞かせて!」
呼び捨てで命じられると、
妻は体位を変えてKの胸に両手をつき、
股間を前後に擦りつける動きに切り替えました。
さっきと違うのは、倍のスピードで腰を振っていることです。
「あっあっあっあっあっ…」
自らの腰の動きに合わせて細かい喘ぎ声を響かせます。
Kの性欲処理の世話をする…膣内に精液を採集する…
もはやこのセックス本来の目的を忘れ、
妻は自らの快楽を極めるためだけに、
もう戻れない道を全力疾走していました。
「あっあっあっ……っあーーっ!、
あーーっあああーーーっ!」
妻が顔を天井に向けて背中を反らせました。
イキ始めた妻にまたKが声をかけます。
「理恵!イクんだ!理恵!
イキますと言って、思いきりイクんだ!」
「あああーーーっ!……ああ、…イキます!
…り、理恵、イキます!…イキ…ますぅ…」
声を絞り出し体をのけぞらせて遂に妻は
激しく絶頂を極める姿を晒してしまいました。


艶めかしく胸を突き出すように背を反らしたまま全
身を硬直させ、妻はこちらのカメラを見つめていました。
濡れ乱れて頬にかかる髪、血が噴き出さんばかりに
真っ赤な顔に汗だくの壮絶な表情、
その瞳はうつろで、涙を一杯に湛えて輝いていました。
私の人生で見てきたあらゆるものの中で、
この時の妻の姿ほど圧倒的に
美しいものを見たことがありません。
まもなく弛緩した妻がKの上半身に倒れこみました。
大きく呼吸をしながらも動けなくなってしまい、
Kが腰を揺すりたててもビ
クビクッと痙攣するだけです。
妻のあまりの激しい絶頂に小休止を入れることにしたKは
大きく勃起して いるペニスをずるりと引き抜くと、
妻の体をやさしく横たえ、ティッシュで
妻の股間を拭ってあげました。
すると急に驚いた声で、
「あれ?血がついてる!理恵さん、大丈夫?」
なんとティッシュが赤色に、いえ、
妻の分泌した大量の愛液と混ざりあって
ピンク色に染まっていたのです。
差し出された物をぼんやりとした目で見た妻は
「…いやだぁ、もう……いやぁん…」
と言うとうつぶせになって顔を隠してしまいました。

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。