更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[寝取られ] 『彼氏の許可もないのに逝っちゃうの?』②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


ユカは寝かされてます。
Bはそのまま人さし指はアナル、親指をオ○ンコに入れて
激しく動かしてます。
Aはかわいいユカにチンポを咥えさせながらクリを触ってます。。。
ユカはチンポを咥えたままですが・・・。どうやらまた逝ったみたい。
B『ユカちゃんHすぎw』
A『しょうがないよなぁ、気持ちいいんだから?』
ユカ『ん、ん、』←チンポを咥えたまま・・・・。
咥えてる音なのか、オ○ンコの音なのか・・・。
とにかく、ブチャブチャ、グチャグチャ響いてます。


ええ加減、2人に弄ばれたあと、いよいよ挿入・・・。
Aの上にまたがりユカは下から突き上げられ・・・。
下からAがユカを強く抱きしめディープキス
おしりがこちら向きなのでグッチョングッチョンいいながら
ユカのオ○ンコにチ○ポが突き刺さっているのが丸見えでした
それだけでも大興奮なんですが。
BがAのチ○ポで埋まってるオ○ンコに
指をかけグーと広げました。
ユカ『やん、なに・・・、この感じ・・・』
ユカ『気持ちいい・・・、奥まで感じる・・』
なんて、メロメロでした。
ユカはもう夢中で『A君、A君・・』とAの名を呼びながら
アンアン喘いでます。



ユカは『A君、A君・・・』とAの名をよびながら喘いでます。
するとAは身体を反転させ頭側をこちらにしました。
そして、ユカの状態を上げ、こちらから正面が見えるようにしました。
A『彼氏をみて』とまたユカにこちらを見るように命じます。
下からAのチ○ポに突き上げられながら、
うつろな目でこちらをみてます。
Bは後ろからユカの胸を揉みまくってます。
時折、乳首なんかを刺激しながら・・・。
ユカ『あん、あ、またいっちゃいそう・・・』
ユカ『A君、A君・・・、またいっちゃうよー・・・。』
また、Aの名を連呼してます・・・。
俺は他人の名を愛おしそうに叫ぶ彼女にチ○ポが裂けそうです。
でも、もっと興奮するようAがうながします。
A『俺の名前じゃなく彼氏の名前にしな』
ユカ『あん、あ、は、はい・・・』
もうAの奴隷ですね・・・。


ユカ『○○○~、○○○~、気持ちいいよ・・・』
俺は黙ってユカを見つめてます・・・。
冷静な表情とは裏腹に、他人のチ○ポに突かれ
他人に胸を揉みまくられている彼女が自分の名を呼びながら
喘いでいる姿は刺激的すぎで、感動でした。。。
ユカ『あ、だめ、ああ、ほんとに逝っちゃう~、逝っちゃうよー』
B『彼氏に逝っていいか聞けよ』
ユカ『○○○・・・、逝っていい?、逝っていい?』
俺は答えませんでした・・・。
ユカ『逝っていいの~、ねえ、い、逝っていい~・・・』
それでも放っておいたら
ユカ『もうだめ~、逝っちゃうよ、逝っちゃうよ、ああ~』
と、我慢が出来なくなってきたみたいです。
A『彼氏の許可もないのに逝っちゃうの?』
ユカ『ご、ごめんなさい・・・、ごめんなさい・・・。』
ユカ『だめ~、いく~』
その逝きそうな寸前にBがユカの髪を引っ張り状態をそらし
ユカの身体がこちらからよく見えるようにしました。
B『彼氏のまえで彼氏の許可もないのに
他人のチ○ポで逝くなんて、ほんと淫乱やなあ』
Bの罵声と同時に
ユカ『あ、はう、ああ、ああ、あう』
と、逝っちゃったみたいです。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
さすがに立て続けに逝ったのでぐったりしちゃいましたが
AもBもまだ逝ってないのでまだ終わりそうにありません。
ぐったりしてるユカをむりやり4つんばいにしました。
B『俺のも気持ちよくしてよ』
ユカの口にチ○ポをねじ込みます。
ジュプジュプ音がなり響きます・・・。
Aはそのままバックから挿入体勢です。
ユカ『ん~、ああん・・・』
Aのが入れられました。
思わず口を離しちゃったユカにまたBがいいます。
B『なにやってんだよ、
大好きなチンポだろしっかりくわえてろよ』
最初、ABに説明したときには最初なのでただするだけでいいよ
と言っておいたのですが。状況からユカを責めてるみたいです。
まあ、俺にとってはありがたかったわけだが・・・。
ユカ『ごめんなさい・・・。あん、ああん』
B『だから、しっかりくわえろって』
ユカ『ああ、は、はい~、』
後ろから突かれ、我慢できずに口を離しそうになりながらも
けなげに、一生懸命Bのチ○ポをくわえるユカ・・・。
A『ほんとスケベだな、ユカ?、なあ?』
ユカは答えずチ○ポをくわえてます。
A『なんとか言えよ、淫乱』
ユカは口をはなし答えました。
『は、はい、すいません・・・』
A『答えろよ』
ユカ『ん、ん、・・・』
A『わたしはチ○ポが大好きですって言え』
A『早く言えよ』
ユカ『は、はい~、ああ、わ、私はあん、あチ○ポが大好きです』
とうとう言わされました。けなげにも答えたユカ・・・。
かわいい、と、思って感激してたら。
B『なに、休んでんだよ』と・・・。
ユカ『はい、あん、す、すいません』
ユカ・・・。お前はいい女だよ・・・。
俺、ほんと感動した。。。


その後もユカはAには『もっと腰をあげろ』だとか
『肛門まで丸見えだ』など言われながら突かれまくり・・・。
Bには口を離すなと言われているにもかかわらず
『ほんとチ○ポ好きよな』と罵られてます。
それでも、身体に迫ってくる快感には勝てないようで・・・。
なにを言われても『ん、ん』
とくわえたまま頭をうんうんとうなずいたり
『は、はい・・・』と従順に応えてます。
俺はずっと見ていたいなんて思っていましたが。。。
そろそろユカの体力も限界が近いような
気(彼氏としての勝手な勘ですが)がしたので
A、Bにユカには気づかれないよう、
『そろそろ』と目配せをしました
Aは一気にバックから強烈に突きだしました。
A『ユカ、もっとケツをこっちに打ち付けろよ』
と、言いながら腰が落ちそうになるユカのおしりを
何度も叩いたり、
ギューッとおしりを握って上にあげたりしてます。
ユカ『あっあ~、ああ、ああ・・・』
ユカは耐えきれずBのチ○ポから口を離してしまいました。
ユカの乱れっぷりがよかったので、
『そのまま・・・』と心の中で思っていました。
すると想いが通じたのかBはさっきまでの
『離すなよ』とは言わず


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
そのままで、ただ下がっていくユカの顔を持ち上げて
B『もっと感じてる顔をみせろよ』
『なんだその顔は、スケベすぎ』
と罵ります。ナイスBと心で感謝をしましたw。
ユカは苦痛にもにたような顔で
『あんっ、あああん』と喘いでいます。
やがて
A『そろそろ、逝くぞ、なあ、逝くぞ』といいながら
さらに激しく腰を打ち付けます。
ユカ『ああん、だめ、壊れる、ああん、ああん』
A『逝くぞ、逝くぞ~』『い、逝くっ』
Aはチ○ポを抜くとユカを強引に仰向けにしに
A『ユカ、こっち向け』といって大量に精子を発射しました。
Aは顔射しようとしたのですが、ユカが少し動いたのと
Aの精子の勢いがありすぎて、
ほとんどがベッドにでてしまいました。ちと残念な俺・・・。


Aのすべてのものがでるやいなや
今度はBが正常位で挿入しました。
Aの精子を口元にうけながら『ハァハァ・・・』と
目を閉じていたユカでしたが。
Bにチ○ポを入れられ、『あう、ああん、だめ・・・』
『もう・・・、だめ、だって・・・』
とうわごとのように言ってます。。。
でもBはそんなこと気にもせず
B『ヌルヌルで気持ちいい~』『淫乱のマ○コは最高だね』
なんて言いながら腰を振ってます。
やがてチ○ポを綺麗に拭き取ったAが
二人の所へ寄ってきました。
そしてユカの頭を股間の当たりに置き上から見てます。
A『ユカ、Bに気持ちよくしてもらえよ』
ユカ『ん、ん、あん、ああ』
もう言葉になってません。
A『B、この好き者、もっと気持ちよくしてやれよ』
Aもユカの限界が近いのを察知したのでしょうね、上手に
Bに逝けサインをだしてくれましたw。
B『よ~し、ユカの好きなチ○ポもっと奥まで入れてやるよ』
と、激しくピストンしてます。
ユカ『あん、ああん、だめ、逝っちゃう~、逝っちゃうよぉ~』
B『一緒に逝ってやるよ』
さらに激しくなったB、ユカも腰を浮かせあんあん喘いでいます。
Aがユカの手を握りました。
ユカもその手をギュッっと握っています。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
ユカ『逝くっ、逝くっ、だめ、ああ、ああ』
B『俺も逝くぞ、逝くぞ、ん、ユカ、逝くぞ』
いよいよ、クライマックスです。『ん~~』と言いながら
Bは激しく腰を動かしチ○ポを抜きました・・・。
Aはグタッっとしたユカの上体を起こし
こちらに正面を向かせてます。
B『ユカ、ユカ』Bは名前を呼びながら。
こちらに正面を向かされ座っているユカの顔に
激しくブチマケます。
ユカの顔に大量に出されたBの精子は
頬を伝いピッチャっと太ももまで垂れています。
そして、ユカは寝かされました・・・。


ベッドの上でぐったりしているユカは時々、
ビクッっと身体を痙攣させますが。
ぐったりしたままで動きません。
A、Bが声をかけようとしましたが、
俺が止めました(ちょっと訳があって、後で分かりますw)
A『どうだった?、あれでよかったかなぁ?』
B『なんかいっぱい言っちゃったけど、よかったかなぁ?』
二人ともやってる最中とはまったく違うwww。
心配ばかりしてますw。
俺『よかったよ、ユカがよかったなら、また頼むから』と
笑顔でいいました。。。
そんなことより実は俺は汚されるだけ汚され、ベッドの上で
寝ているユカをはやく抱きたくて、抱きたくてw。
俺『いいよ、もう帰ってもらっても、もう遅いし』
A『でも、ユカちゃんあんなだし・・・』
俺『いい、いい、俺がいっとくからw、ね』


やっとの思いで二人を帰し部屋に・・・。
まだ、ユカはぐったりしています。
しばらくその姿をみていましたが、精子にまみれ、
、遊ばれるだけ遊ばれ汚れた彼女が、ものすごく美しく
愛おしく見えます。
俺は他人の精子が自分につくことも気にせず(
普段なら絶対いやw)ユカに抱きつきます。
俺『ユカ、かわいかったよ・・・。大好き』
ん、とユカも目を開けなんともいえない表情で
俺を見つめます・・・。
ユカ『わたしも・・・、こんななっちゃったけど・・・』
俺『ううん、ほんとに好き。絶対、離さんから』
俺はA、Bの精子も全く気にせず
ユカに挿入し身体を密着させキスをしました。
挿入した後、腰を動かさず、
ただただ抱き合いながらキスをしたのは
何時ぶりでしょうか?
やがて、ユカの中で果て、
お互いにそのまま寝ました・・・・。
朝起きて冷静になった俺は精子まみれの
自分に吐きそうになりながら
あわてて、シャワーを浴びました。。。
ユカは気持ちよさそうにまだ寝てました・・・・。
いやー、ほんとに興奮しました。
付き合ってこんな二人だからHしまくりで、
マンネリしてきた頃に知人のスワップの話を聞いたのが
きっかけです。お互いの感想としては
『よかった』で共通してますw。
また、前よりラブラブになり、
本当によかったっておもってます。

ppppppllook1.jpgpppplllllok2.jpg

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。