更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女教師] 先生はね、不良たちの慰み者になってるの・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


引っ越しました、千尋──

そう書かれた手紙の住所を頼りに、
稲垣智生は妹の千尋に会うため、
電車を乗り継いである田舎町までやってきた。
今年、二十四歳になる妹は、この町で高校の教師をしており、
実家にはせいぜい、年に一、二度しか帰って来ないので、
兄妹は久方ぶりの再会となる。
「えーと、どっちへ行けば良いんだろう」
右も左も分からぬ土地ゆえ、智生はまず、
手紙の住所がどの辺りにあるのか、通
りすがりの女学生に尋ねてみた。
「すいません。ちょっと、お尋ねしたいんですが」
「なんでしょう」
女学生はきわめて品の良さそうな風で、
いわゆるお嬢さまタイプである。
智生は失礼のないよう、丁寧な口調を心がけた。


「この住所に行きたいんですが、お分かりになりますか?」
「あら、これは・・・私の自宅近くです。
失礼ですが、貴方様は一体、
何用でこの町へお見えになったんですか?」
女学生は智生を不審者とでも思ったのか、
やや警戒心を持った感じの物言いである。
「実は、僕の妹がこの町で教職に就いており、
最近、引越しをしたらしいんです。
電話がない場所のようで、手紙一枚寄越しただけで、
他には何の音沙汰も無いんで、わざわざ会いに来たんですよ」
別に疚しい所は無いので、智生は訳をありのまま話した。
すると、女学生は目を丸めて言うのである。


「それでは、貴方様は、千尋──
いえ、稲垣先生のお兄様──」
「妹の事を知っているのですか?」
「知っているも何も・・・
稲垣先生は、私の学校の先生ですもの」
女学生は智生に一歩、近づき、ふふふと笑い声を上げた。
良く見ると彼女は陶磁器のような滑らかな肌をした、
中々の美少女だった。
「実は稲垣先生の引越し先は、
私の実家が経営しているアパートなのです。
先生と懇意にさせて貰ってるので、
特にお願いして住んで頂いているのです。
だって、私、先生の事、大好きなんですもの」
そう言うと女学生は頬を赤らめた。
どうやら妹はこの町でしっかりやっているらしい。
智生も思わず口元が緩む。


「それじゃあ、案内をお願いできますか。
妹に会っておきたいので」
「ええ。私と一緒に来てください。
先生は今ごろ、お部屋に帰っているはずですから」
制服の襞スカートをひらりと舞わせつつ、
女学生は智生の腕を取った。今時の娘である。
随分と積極的だなと智生は思った。
「私、新藤奈美。お兄様のご尊名、
おうかがいしても宜しいかしら」
「僕は稲垣智生。東京でしがないサラリーマンをやってます」
「まあ、東京ですって。格好良いわ」
奈美と名乗った女学生は、智生の腕に胸を押し付けてきた。
一見、か細く見える体だが、奈美の乳房はそれなりに大きく、
柔らかかった。世間で言う所の、青い果実とは大違いである。


「稲垣先生・・・実は、千尋先生って呼ばせて頂いてるんですけど、
本当にいつも私は目
をかけてもらってるの。私も先生の事は、姉のように慕っています。
だから、ねえ・・・貴方様の事を、お兄様って呼んでもいいかしら?」
妹が姉と慕われているのであれば、
自分が兄と呼ばれても構わないだろうと、智生は即座に頷いた。
「いいよ」
「良かった!私、一人っ子で兄弟がいないから・・・
賑やかなのが好きなの」
奈美は智生にしなだれかかりながら、妖しく腕を絡めてきた。
嗜みのある者であれば、思わず顔をしかめそうなほど、
二人は寄り添った。幸い、
田舎町ゆえ通りすがる人も少なく、その素行を咎められる事もないが、
常識ある大人が女学生に腕を取られて、
鼻の下を伸ばしていては、いかにもだらしがない。
しかし、智生は歩きにくそうにしながらも、
奈美の手を払おうとはしなかった。


五分ほど歩いた後、田舎町には到底、
似つかわしくない豪邸が現れた。
敷地は二百坪もあろうか、和風に設えられた豪奢な邸宅だった。
「ここが、私の家です」
「凄いね。大豪邸だ」
思わずため息が漏れるほどの素晴らしい家の造りに、
智生は羨望の眼差しを送った。
「私の家、建築会社をしてるんです」
「どうりで。立派なお家だね」
「広いばかりで、お掃除が面倒くさいんですけどね、
うふふ・・・」
二人は豪邸の前をやり過ごし、
隣接する宿舎のような建物に足を向けた。
こちらは先ほどと違い、随分、古びた建物である。


(千尋のやつ、こんな所に住んでいるのか?)
智生が顔をしかめるのを見て、奈美が言った。
「あ、見た目はボロですけど、
中味は綺麗なんですよ。さあ、どうぞ」
建物の入り口には、新藤建設社員寮と書かれており、
しかも今時、プレハブで平屋建て。
本当にこんな所に妹がいるのかと、
智生は疑いたくなった。
「こちらです」
奈美に案内されて中に入ると、なるほど彼女の言う通り
建て付けはしっかりしていて、
清掃も行き届いている感じである。部屋はいくつかあるが、
そのほとんどは使われていないようだった。
ただ不思議なのは、人の出入りはあっても、
生活臭が無い──そんな雰囲気が、建物全体に漂う事である。


「妹の部屋は?」
「ああ、今の時間だったら・・・多分、あそこですわ」
建物の中央を抜ける廊下の、
一番向こうを指差して、奈美は言った。
「今の時間?」
「ええ。先生は時間によって、居る部屋が違うんです」
意味が分からない。
智生は何となく胸の内で渦巻きつつある不安に駆られ、
奈美の指差す部屋の扉を空けてみた。すると──


「なっ──」
叫ぼうとして、智生は声を詰まらせた。
部屋の中は十畳ほどの和室。空調は効いてい
るが、部屋の中には熱気がムンムンと張り詰めている。
そして、部屋のど真ん中には、見紛うこと無き妹の千尋が
素っ裸で天井から吊るされていた。
その上、千尋の周りには高校生くらいの少年が三人もいて
おまけに皆、裸であった。
この状況から言って、妹が彼らに辱めを受けた、
若しくは受けているという図式が浮かびあがる。
実際、両手を縛られ、
罪人のように吊るし上げられている千尋の股間からは、
やけに粘っこい液体が流れ出ており、
それらは太ももの辺りにまで幾筋もの跡を残していた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「ち、千尋!」
その声を聞き、ぐったりとしていた千尋が我に返った。
そして、陵辱された妹を見て顔面蒼白となる兄の姿を見て、
悲鳴を上げたのである。
「兄さん!イヤッ!どうしてここに・・・」
「待ってろ、今、助けてやる」
そう言って一歩、足を前に出した智生の肩を、
後ろにいた奈美が抑えた。
「待って、お兄様。これは、千尋先生の望んだ事なの」
「何だって?バカを言うな」
「本当よ。ねえ、千尋先生。お話して差し上げたら?」
奈美は智生の体にしがみつき、低い声で促した。


「お願い、兄さんは関係ないでしょう。
奈美さん、もうこれ以上の辱めは──」
千尋は目に一杯、涙を浮かべていた。
久しぶりの兄との再会が、こんな惨めな事にな
ろうとは、思いもよらなかったに違いない。
その内、裸の少年の一人が前に出てきて、
「奈美さん。なんです、この人」
「千尋先生のお兄様よ。そして、私のお兄様でもあるわ」
と言う奈美を見て、頷くのであった。
「新しいオモチャですね」
「そうよ。でも、こっちは私専用・・・
あなたたちは、今までどおり千尋先生で遊んでいなさいね」
いつしか奈美の手が、
智生のズボンからベルトを抜こうとしていた。
そして逞しい男性自身の形を確かめるように、
細い指が悩ましく動く。


「ちょっと、君」
「奈美って呼んでくださらない?お兄様」
ベルトを抜き、ズボンのチャックを下ろされた時、
智生は妹の悲鳴を聞いた。
「いや、やめて!兄さんがいるのよ!」
「いいじゃねえかよ、先生」
三人の少年が、千尋を囲んでいる。
しかも全員、立派な男根を滾らせて、
千尋の女を征服すべく、その先端から涎を垂らしていた。
「あっちは、奈美さんに楽しませてもらえるさ」
「だから先生、覚悟するんだ」
「いやあ・・・」
千尋は三人から乳房、腰、尻と撫でられ、
熟れ切った女体をくなくなと捻らせた。
彼等の言葉遣いから、その関係は師弟、
すなわち教師と生徒という事がうかがえる。
そうなると、千尋は生徒から辱めを受けているという事だ。
智生は一瞬、自分の周りで起こっている出来事が、
夢か現か分からなくなった。


「千尋、これは一体、どういう事なんだ。説明しろ」
「ごめんなさい、兄さん・・・
私、訳あって生き恥をかかされています・・・ああ・・・」
千尋の背後に居る少年が、
子供の手ぐらいありそうな、野太い張形を持っていた。
そして、千尋の尻の割れ目を指で開き、
手にした男根まがいで、小さなすぼまりを穿とうとする。
「いやあ、拡がっちゃう・・・やめて、やめて・・・」
千尋は歯をカチカチと噛み鳴らし、
頭をいやいやと振った。
しかし、野太い張形はズンと小さなすぼまりを侵し、
みるみる内に中へ入っていく。


「ああッ!こ、怖いわ!兄さん、見ないで・・・」
「千尋!」
小さな──本当に小さな排泄器官なのに、
張形を押し込まれるとそこはゴムのような伸縮性を見せた。
しかも、少年はそれを一旦、奥まで捻じ込んだ後、
リズムをつけて出し入れを始めた。
「ううッ・・・お尻は、本当に嫌なのよ・・・やめてぇ・・・」
千尋のすぼまりは時にめり込み、また漏斗のようにせり出した。
それを幾度か繰り返されると、少年たちが次第に興奮し始める。
「へへへ、あの澄ました千尋先生のケツの穴でやれるなんて、
少し前までは思いもよらな
かったけどよ、今はこうして拡張されちまって、ざまあねえな」
少年は、智生を横目で見た。
お前の妹の排泄器官を悪戯してるのだという悪意が、
その表情から見て取れた。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
「やだ、お兄様。ココが固くなってるわ」
奈美がズボンから智生の男根を取り出し、
五本の指でそうっと握った。
しかも三人の少年と同じように、
先端からは涎を垂らしている。
「うふふ・・・お兄様ったら、
千尋先生がお尻の穴を広げられる所を見て、
興奮なさったみたいよ。
皆、もっと先生を可愛がってあげて」
「よしきた」
奈美の煽りに少年が同調すると同時に、
千尋の甲高い悲鳴が上がった。
今、尻穴を弄っているのとは別の少年が、
千尋の陰核の皮を剥き、指で弾いていた。


「キャーッ!」
千尋はガクガクと膝を震わせ、今にもくず折れんばかり。
だが、天井から吊るされている身ゆえ、
倒れる事も出来なかった。
「へへ、毛を剃ってあるから、弄りやすいな」
「や、やめ・・・て・・・ふうっ・・・ああっ・・・」
少年はラジオのボリュームでも絞るよう
な感じで、千尋の陰核を弄ぶ。
しかも千尋の恥丘には、あ
るべきはずの若草が繁ってはいなかった。
青々とした剃り跡があるので、生まれついての無毛ではない
剃ったか、剃られたかの話である。


「こっちにも気をやってくれよな、先生」
「あうっ!うぐぐ・・・」
尻穴に張形を咥え込みながら、陰核を弄られる女教師──
おまけにその相手は、生徒である。
こんな淫らな話が、世にあろうか。
智生は男根に生ぬるい感触を得つつ、思った。
「はっ!き、君は、何をしてるんだ」
「何って・・・おしゃぶりですわ」
いつの間にか、奈美が剥き出しの男根を頬張っていた。
その様は、出会った時に見せた素性の良さは消え失せ、
まるで娼婦の如き姿だった。


「いいなあ、あんた。奈美さんにしゃぶってもらえて」
「本当だよ。俺たちなんて、手でしてもらった事も無いのに」
少年たちがそう言って笑った時、
陰核と尻穴を責められていた千尋が、
「い、いくッ!」
と叫んで、体を揺らした。
「お兄様も・・・ンッ・・・ご遠慮なさらずに・・・
ンン・・私のお口に出してね・・・」
奈美は唇でしごくように男根を擦った。
智生は訳もわからず、果てたばかりの妹の姿を見て、
自分も絶頂の兆しを感じ取った。
そして白濁液が放出されると、
奈美はゴクゴクと音を立てて、それを飲み干すのであった。

zzxcv3.jpgzzzzzzzxxccvvvv4.jpg

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
53位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。