更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[調教] さきちゃんがHしていた俺のベッドにふれてみた・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「ん~ じゃあイかなくていいからさ・・・今日の課題は・・・」
さきちゃんはベットに横になってこちらには背を向けている。
しりはここで初めて見えた。
ああ、あのしりをわしづかみにして、
後ろからバコバコついてやりてえ・・・
「ジャガジャガジャガジャガジャガジャガ・・・・・
ジャーン!!決まりましたあ!!
今日はフェラ特訓!!フェラ上手になろーぜぃ!!イッェー!!」
お前は脳みそあるのか?
「ほらほら、こっち向いて ほらほらほら」
「え~・・・・フェラってよくわかんない・・・苦手・・・・」
「だ~か~ら!!上手になろ~じゃん!!」
兄貴はベットに腰かけると、
さきちゃんは兄貴の股間に顔をうずめると・・・
半立ちの、半分以上皮のかぶった亀頭を、ぱくっとくわえた・・・・


「まず、舌で皮の中をえぐるようにして皮を剥いてみて」
「・・・・」
「そ、そうそうそう・・・」
「はい、まずエラの裏を舌できれ~におそうじ・・・」
「エラ?」
「ほらほら、亀頭はここで出っ張ってそこから細くなるだろ、
出っ張った所がエラ」
「やだ・・・」
「やだじゃない!!やれ!!」
いきなり兄貴はすごんだ。
さきちゃんはびくっとして、股間に顔をうずめた。
よく見えないが、たぶんエラをおそうじしているのだろう・・・
「よ~しよしよしよし・・・ああ~・・・きもっち・・・・ああ~」
「じゃあ、片手でタマをゆっくり揉む・・そうそう・・おお・・・」
「どうだ、硬くなってきたろ・・・・ああ~・・・・ああ~・・・」
「イテ!!歯をあてんなよ!!せっかく気持ち良くなってた
ところでさあ~ 気ーつけろよ!!もう!!」


「んじゃ、手で棒をシコシコしながらやってみて・・・・・
う~ん、ちょっとぎこちねーな。ま、シコシコは今後の課題だな・
そうだな、もっと吸うようにやってみ、そうそうそうそうそう・」
こちらからはさきちゃんの斜め後方であまりよく見えないが、
さきちゃんが一生懸命頭を動かし、
手をせわしく動かしているのがわかる・・・
チロリロリ~ン♪ ブイーン ブイーン
ふいに携帯が鳴りだした。
「んだよ、いいトコで・・・」
「あ、お母さんからだ・・・」
さきちゃんはフェラをやめると、
学校カバンの中から携帯を取り出した。
「あ、うん。お母さん?うん、今友達のトコ・・・」
しかし、全裸で四つん這いという格好のさきちゃん・・・・
ゴ、ゴクリ・・・・ここからはあそこと肛門がよく見える・・・
お、女の人のあそこと肛門ってこんななんだ・・・
兄貴はそーっとさきちゃんの背後に近付くと、いきなり
ズブリ
とやった・・・
「あああっ・・・やっ・・・・」
しかし、携帯をオフにしたのは叫んだ後だった。
「ちょ、ちょっと!!いきなり挿れないで!!」
「いいじゃん、いいじゃん」
「ちょっと、ゴムつけてるの!!」
「つけてる、つけてる」
「ウソ、つけてない!!つけて!!」
「うっせーな ねえよ、そんなもん」
「何言ってんの!!この前お金あげたじゃん!!」
「あ~ アレ・・・タバコ買った」
「ちょっと、抜いて!!抜いてよ!!もう!!」
しかし、兄貴はさきちゃんの腰をがっちり抱えて離さない。
「いいから。外出しすっから。
ほらほら、いくぞ!!ほらほらほらほらほら」


パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
チロリロリ~ン♪ ブイーン ブイーン
さきちゃんのお母さんは心配してまた電話をかけてきたようだ。
しかしさきちゃんは、猛然とバックから突かれ、
あえぎ声をあげている最中だった。
「ああっ!!あっ!・・・・・・あっ!・・あっ!・・・
いやあ・・・・あんンンンン」
シャカシャカシャカシャカ♪ ブイーン ブイーン
今度は違う携帯が鳴りだした。
兄貴の携帯らしい。
兄貴はいったんピストンをやめると、
ハーフパンツを引き寄せて携帯に出た。
さきちゃんは目をつむって肩で息をしている。
「おうおう。あ、おう。ああ。おうおう」
パアン!パアン!!と兄貴はさきちゃんを突き上げながら、
電話に出ている。
兄貴は相槌を打っているだけで何を話しているかわからない。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「はあっ・・・あっ・・・あっ・・・・」
さきちゃんは兄貴のストロークに合わせるように声を上げている・・
兄貴は体位を変えてさきちゃんと正常位でヤリはじめた。
「あーっ・・・あーっ・・・ほらほらほらほら、
出たり入ったり出たり入ったり・・・」
「いやっ・・・・あん・・・んん・・ああああぁぁぁぁぁ・・・」
ふいにガチャリとドアが開いた。
「よお!!」
「お、よっしー!!」
「おお、いいとこじゃん!!」
「あ~、もうちょいでイクから・・・・」
なんなんだあ!!突然第三の男登場!!
よっしーと呼ばれた男はあっという間に全裸になった。
すでにちんぽは半立ち。
よ「ほらほら、さきちゃん、おれんのなめてよ」
さ「いやいやいやっ!!・・ああ・・・あっ・・・あん・・・」
兄「よっしーには俺、世話んなってんのしってんだろ?
ずっと泊めてもらってさあ~ 
ちんぽなめるくらいまたやってやれよ!!」


よっしーはさきちゃんの顔にちんぽを押し付けている。
しかしさきちゃんは絶対に舐めようとしなかった。
よ「じゃあ、なめなくていいからさあ~ シコシコくらいしてよ」
兄「そんくらいできるだろ!!やれよ!!」
さきちゃんはよっしーのちんぽを握るとシコシコし始めた・・・
兄「あ、ヤベ・・・・イクわ、そろそろ・・・」
さ「いやっ・・・中に出さないでお願い!!」
兄「じゃ、顔に出すぞ!!口あけろよ!!いいな!!」
すぽん!!
ぴゅーどくどくどくどく・・・
兄「おい!!なんで口あけて飲まねーんだよ!!」
さ「いやっ!!いやああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
兄貴がさきちゃんの顔に出していると思ったら、
よっしーがすでに挿入していた。
思えば、さっき兄貴にかかってきた電話はよっしーからで、
兄貴は宿代代わりによっしーにやらせているらしかった。
しかもこれが初めてじゃないらしい。
兄「おい!!はえーよ!!いきなり挿入かよ!!」
よ「あ~・・・ きもっち・・・・ところでよう、
みっちー(兄) N女の制服着せろよ」
兄「ああ?」
よ「俺さあ、N女の子とHすんのは初めてでさ
 やっぱN女とヤってるって感じてーのよ」
兄「おうおう・・・じゃ、さきちゃんこれ着て・・・」
さ「やっ・・・精子付く!!ふいて!!」
兄「わーった、わーった!!」
よ「おお~っ!!俺、バカだけど
N女のさきちゃんとまたやってるぜ~ おい、みっちー!!
写メで撮ってくれよ!!証拠!!証拠!!」
兄「おうおう、今撮っから・・・」
さ「何やってんの!!やめてよ!!ああん・・・・・
いやっ!!やあああああ!!」


カシャッ
よ「なあ、さきちゃんみっちーのちんぽと
俺のちんぽどっちがいい?」
さ「痛い!!やめて!!」
よ「まあ、みっちーのより俺の方がずっとでけーからな。
さきちゃんのまんこ、俺にあうようにしてやっから!!」
さ「痛い・・・痛いよぉ・・・うっ・・・・・うっ・・・・・」
よ「おい、俺の方がいいって言えよ!じゃねーと中に出すぞ!!」
兄「おいおい!!俺もまだ中に出したことねーぞ!!おいっ!!」
さ「やめてください・・・お願い・・・」
よ「じゃあ、俺のちんぽの方がいいって言えよ!!」
さ「ミツル(兄)くんのより、吉田さんの方がいいです・・・・」
よ「ちげーだろ!!ミツルくんのちんぽより、
吉田さんのちんぽのほうが大きくて気持ちいいです、だ!!」
さ「ミツルくんのちんぽより、
吉田さんのちんぽのほうが大きくて気持ちいいです・・・」
よ「よーし!!ご褒美に中出しだ!!」
さ「いやああああああああっ!!」
兄「おいおいおいおい!!よっしー!!」
よ「中出ししたとこ、写メ撮れよ!!」
兄「しゃーねーなあ・・・・」


よ「よーし!!イクぞ!!中にたっぷり出すからな!
N女のさきちゃんに中出しだ!!」
さ「うっ・・・うっ・・・もういやぁ・・・助けて・・・」
よ「あああっ!!あーっ!!あーっ!!あ~・・・・・
中で出しちゃった・・・すんげーきもっち!!」
兄「あ~あ・・・・」
よ「抜いて、精子出てきたところ撮れよ」
兄「へいへい・・・」
よ「あ~・・・・ちょっと待って・・・
今しぼってるから・・最後の一滴までさきちゃんに入れっから」
兄「ったくよぉ・・・」
よ「んじゃ、抜くわ。まんこから出てきたの撮れよ」
兄「撮りゃいんだろ・・・」


よっしーが抜いて兄貴がケータイを構えた瞬間、
さきちゃんががばっと起き上がり
バッシーン!!
平手で兄貴の携帯を吹っ飛ばした。
さきちゃんは泣きながら、怒っていた。
兄「おい!!何すんだよ!!」
さ「消してよ!!さっきのわたしの写真!!消してよ!!」
兄「ああ?」
さ「消せって言ってるだろぉ!!」
兄「ああ、わーった、わーった・・・ほら消したってば~・・」
よ「あ、てめ、何消してんだよ!!」


バッチーン!!
さきちゃんは今度はよっしーを思いっきり平手打ちした。
よ「てめっ!!何すんだ、このヤロ!!」
バッシーン!!
よっしーは反射的にさきちゃんをぶん殴った。
「ギャッ・・・」
と悲鳴をあげてさきちゃんはベットから吹っ飛んだ。
兄「おいっ!!よっしー!!てめ~っ、何やってんだよ!!」
よ「殴ったのはこいつが先だぜ!!」
兄「ヤっていいとは言ったけど、殴っていいとは言ってねーぜ!!」
よ「・・・・うっせーなあ!!知らねーよ!!」
兄「帰れよ!!」
よ「たりめーだろ!!あとなあ、おめーも中出ししとけよ!!
俺が妊娠させたなんてなったらメーワクだからよ!!」
そう吐き捨てるとよっしーは服を拾い上げ、ドアを思いっきり閉め、
ドカドカと出ていった。
さきちゃんはつっぷして嗚咽していた。
兄「俺がわりかった・・・・な、な・・・」
兄「シャワーで流そっか?」
さきちゃんは軽くうつむいた。
兄貴は自分の服とさきちゃんの制服を拾い上げると
さきちゃんを抱き起こすようにして二人で部屋を出ていった。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
俺はしばらく押し入れから出てこれなかった。
茫然自失、まさにその状態だった。
体が動かない。
しかし、ものすごい量の汗をかいているのはわかった。
(水分補給しなきゃな・・・)
俺がまず最初に思ったことだ。
ああっ!!
なんと俺はすでに射精していたのだった・・・
ようやく這い出た俺は、
すでに射精してしまっていた自分の情けなさ、
何もできなかった情けなさに打ちひしがれていたが、
じゃあ何をすればよかったのかはわからなかった。
いや、一つだけはっきりしていることは、
兄貴をボッコボコにするということだ。
俺は今まで感じたことのないやりきれなさに襲われつつ
とりあえずパンツをはき替えた。
さっきまでさきちゃんがHしていた俺のベッドにふれてみた。
さきちゃんの形に汗でぐっしょり濡れている。
俺のちんぽはそれだけでいきり立っていた。
それがあまりにも情けなく、泣けてきた。
さきちゃんが突っ伏して泣いていたところには、
フローリングに涙とあとよっしーの精子が落ちていた。
俺は、怒り、悲しみ、絶望、興奮、
ありとあらゆる感情がないまぜになって混乱していた。
ただ、その中で俺は黙々と涙と精子をふいた。
しかし、なぜかさきちゃんの涙と
よっしーの精子を同じティッシュでは拭けなかった。
二人が部屋を出ていってからどれほど時間が経っただろうか。
とても長い時間が経過したようにも思えたし、
まだほんの数分前のできごとだったような気もする。
今思えば、30分以上経過していたと思う。
俺は、さてやるか・・・と思い立ち上がり、部屋を出た。

mnbv123.jpgmnbv1234.jpg

エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
53位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。