更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女性の告白] 私はこの先取り返しのつかない所まで堕ちてゆくことでしょう・・・①

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「ただいま」
「あっ お姉ちゃん。ちょうどよかった…
今、浩や敏夫たちがきてるんだ。みんな、
お姉ちゃんの大ファンだし顔出してやってくんないかなあ…?」
「えっ ええ…」
「何だい、お姉ちゃん、今日はずいぶん元気ないじゃない?
せっかく、こんないい身体してんだから
服で隠してちゃもったいない。
もっとみんなに見てもらわなきゃ…」
「ああっ 雄ちゃん、もう苛めないで…」
私、白石由美、高校一年のごくふつうの女の子、ただ一つ、
今年小六になる弟の雄太の奴隷であることを除けば………。
つい彼氏のいない寂しさから自慰にふけっているところを
雄太に見られて以来、私はこの弟の言いなりに裸をさらし
口にも言い出せないような
恥ずかしい悪戯をされ続けているのです。
実の姉弟が肉の関係を持つ、
ふつうの感覚を持った人達にとって、
それは何とも 忌まわしい響きを持っているかもしれません
事実、私自身、初めて弟にそれを強要されたとき、
激しく抵抗しました。
けれど、何度もこの悪魔のような弟に弄ばれるうちに、
いつしか私の方がこの畜生道にももとる関係を
断ち切れなくなってしまったのです。


そして私は、理性の責めぎに怯えながらも、
弟の理不尽な調教を心待ちにする
そんな淫乱な女へと変貌していきました。
「まさか、逆らうなんてことないよね。
お姉ちゃん、僕の奴隷だもんねぇ…………」
雄太は私の身体をしっかり抱き寄せ、
手のひらで制服越しに私の乳首をいやらしく揉みほぐします
「いやんっ 触らないで…」
「へへ、震えちゃって……かわいいな。でもお姉ちゃん、
パンツぐっしょりだよ。おもらししちゃったのかなあ? 
それとも感じすぎてマンコ汁たらしてんのかな?
どうせ好き者なんだから、あまり無理すんなよ」
「ああ…っ それ以上言わないで…もう私を苛めないで…」
実の弟に猥雑な言葉でからかわれて、私はもういたたまれず
泣き出しそうな顔で許しを乞うばかりです。
「お姉ちゃんを苛めてたら、僕興奮してきちゃった。
そこに跪いて、僕のオチンチンしゃぶってよ。ねえっ、お姉ちゃん」
「ここでするの?」
「くどいよ。奴隷なら奴隷らしく御主人様の言うことは、
素直に訊くもんだよ。」
「 …………… 」
私は、あきらめきったように、弟の前にひざまずくと、
半ズボンのファスナーをおろし、
ブリーフの中から猛り立った肉棒を引き出して
、愛しげに頬ずりしながら、唇と舌を使って、
丁寧に愛撫してあげました。
「そう、その調子、うまいよっ 
お姉ちゃん、もっと裏スジの方をペロペロなめて…」
私は弟に促されるまま、彼の勢いよく勃起した肉茎を
両手に握りしめてシュッシュッとしごき、
亀頭の先を尿道口から裏の縫い合わせにかけて、
唾液をまぶすように舌の腹でペロペロと舐め回しました。
「うんうん、いい娘だ。それじゃ、パックリ喰わえこんでみよう…」
雄太に頭を撫でられながら、
私はいよいよ本格的に弟の一物にむしゃぶりつき、
淫らなフェラチオ奉仕にうつりました。
息苦しくなるほど喉の奥まで亀頭の先で突っつかれ、
顎が痛くなるのも構わず、実の弟の肉棒をおフェラしていると
何か自分が本当に奴隷になったような被虐的な気分になり、
アソコがジュンジュンうずいてしまいます。
「うおぅっ たまらん… お姉ちゃん、出ちゃうぅぅっ!」
「あんっ 出していいのよ…雄太の熱い精液をちょうだい…
お姉ちゃんが全部呑んであげるわ…」
そのとき、私の口の中で弟の節くれ立った怒張が
ビクンビクビクッと脈打つのが感じられ、
熱くネバッとした体液が容赦なく注ぎ込まれました。


私は息苦しさにゲホゲホと咳き込みながら、
口内いっぱいに拡がる苦い白濁液をゴクッゴクッと
喉をならして呑み干していくのです。
それは、私にとっては、たまらなく屈辱的で、
そして何とも言えぬ至福の瞬間でもありました。
「それじゃ、お姉ちゃん。余興に“犬”でもやってもらおうか?
準備できたらお庭に出て、いつものようにやってね。
僕達、二階で見学してるからね…」
「あっ あの雄ちゃん…」
「それじゃあね。期待してるからね…」
雄太はさっさとズボンをはくと、私が口を出す暇もなく
そそくさと二階へ上がってしまいました。
結局、私は弟の言いなりに押し切られてしまったのです。
「ピィ ピィッ 由美ちゅわーん!!」
庭に出ると、二階のベランダの方から
雄太達の歓声が聞こえてきます。
私は、この好奇心旺盛な男の子達の前で”犬“の真似を
しなければならないのかと思うと、
恥ずかしさに震えが止まりません。
「どうした、お姉ちゃん?早くいつものように裸になりなよ。」
ためらうようにモジモジ立ちつくす私に、
雄太は容赦なく命令を下します。
「だって、お庭じゃ知らない通行人に
見られちゃうかもしれないし…やっぱりおうちの中にしない?
わかって…お姉ちゃん、恥ずかしいの…」
「駄目だよ。僕達みんなお姉ちゃんが
露出狂の変態だってよくわかってるんだから、
今さらカマトトぶってももう遅いよ。いいじゃないか、
通行人に見られても…ギャラリーが多けりゃ多いほど、
お姉ちゃんのオメコはグチョグチョに濡れるんだしさ…
これ以上グズグズ言ってると、みんなで下に降りてって、
庭で青姦パーティーをやることになるよ、
まあ僕達はそれでもいいけど…」
「ウヒヒッ 俺のチンポはもうギンギン、いつでも準備OKよ」
「ウヘヘヘッ…」
「ああっ みんなして、そんなに私を苛めて楽しいの?」
私は涙に瞳を潤ませながら、
ブレザーを脱ぎ、ネクタイをほどいていきます。


「ワォッ 由美ちゃん、最高ォッ!!」
「ストリッパーみたいで、すげえそそるぜ…」
少年達の卑猥な野次や下品な嘲笑が渦巻く中で、
私は震える手つきで濃紺の襞スカートを、
つづいて飾り気のないブラウスをと、
一枚一枚脱ぎ捨てていきました。
そうして乙女の柔肌がしだいしだいに露わになっていき、
私はただもう赤面するより他ありませんでした。
「もう許して…」
私はパンティ一枚のセミヌードをさらしたところで、
恥ずかしさに耐えきれず、 無意識に双乳を両手で覆いながら
二階で楽しそうに見物している年下のご主人様に、
泣いて許しを乞いました。
「ふざけんなっ まだ肝心のオマンコ見せてないだろっ!」
「脱ーげっ! 脱ーげっ!…」
「ああああぁ……っ」
いかに小学生といえども集団になると怖いです。
私は、彼らの殺気めいた怒声に押し切られ、
何度もためらいながら、純白のパンティの縁に指先を絡めました。
「これを脱いじゃうと、私の生まれたままの姿を
みんなに見せることになるのね… 
ああっ すごく恥ずかしいのに…」
とても恥ずかしいのに、反面、みんなの見ている前で
辱められるのがすごい快感で、
私はアソコがジュクジュクうずくのを感じながら、背を丸め、
お尻の方からめくるように、
ゆっくりと最後の下着を脱ぎ降ろしていきます。
「おおっ プリプリとまるまっちくてかわいいお尻してるぜ!」
「あの鬱蒼と茂っている縮れ毛はマン毛かぁ? 
俺、女のマン毛って初めて見たぜぇ!
かわいい顔してすげえイヤらしい生えっぷりだなあ…」
「いやっ これ以上恥ずかしいこと言わないで…、
でないとすごく自分が惨めになちゃう…」
すっかり丸まったパンティを足首の先から抜き取ると、
私は無防備な全裸姿を子供達の前にさらしながら、
なすすべもなく真っ赤になって震えていました。
「お姉ちゃん、裸で立ってるだけじゃ犬になんないよ。
この前あげた首輪を着けてよ。」
私は部屋から持参した紙袋の中から、
ごつい鋲のいっぱいついた真っ赤な犬の首輪を取り出すと、
しばしそれを凝視しました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
この首輪を着けることで、私は清楚で 上品な女の子から、
恥知らずで淫猥な牝犬に墜ちてしまう、そう思うと、
どうしてもみんなが見ている前で
それを身に着けるのをためらってしまうのです。
「どうしたの、お姉ちゃん? 何をためらってるの? 
早くお姉ちゃんの恥知らずな牝犬姿を
僕達の前で披露しておくれよ。」
それでもふんぎりのつかない私に向かって、
雄太は畳みかけるように言いました。
「それともお姉ちゃんはギャラリーが少なくて不満なのかな?
なんだったらここで大声出して
近所の連中を呼んでやってもいいんだよ。町一番の美少女、
白石由美のオールヌードが拝みたい奴はここへ集まれって…」
「へへへへっ… 」
「いやっ そんな恐ろしいことはしないで…」
私は冷酷な弟のセリフに怯えながら、
隷従の証たる犬の首輪を己の首筋に巻き付けていきます。
そして、少年達の卑猥な好奇心に 
満ちた視線が投げかけられる中、
私は草むらの中で手をつき、
犬のように惨めな四つん這いのポーズをとるのでした。
「よしっ それじゃ、お姉ちゃん…じゃなかった、ユミ。
いつものように犬みたくケツ振って這いずり回れ!」
「そ、そんな…」
「ユミ、おまえは犬だろ。犬が日本語しゃべるか?」
「 …………… 」
「黙ってちゃ分かんないだろ… 
犬なら犬らしくワンと啼いてみろよ!」
「 ……ワ、ワン…… 」
「ヒッヒッヒッヒッ…」
「聞こえないなあ… 大きな声でもう一度っ!」
「ワンワン…」

とうとう抗いきれずに啼いてしまった私は少年達の見守る中、
すっかり犬になりきり、四つん這いで庭中這い回りながら、
あられもない恥態をさらし続けました。
「由美ちゃーん、オッパイもお尻も
プリプリしちゃってかわいいよーん」
「ヘっへっへっ 牝犬の真似サイコーっ! 
お姉ちゃんってマゾの変態なんだね…」
「全くユミときたら、エッチでいやらしい肉体してるし、
おまけに恥知らずなマゾ牝なんだから…、
この淫乱な売女が僕のお姉ちゃんかと思うとゾッとするよ。 
ねえっ 聞いてるかい、ユミ? 
おまえは我が白石家の面汚しなんだよ…」
「ひどい…っ 雄ちゃん、あなたが命じたんじゃない…、
あなたが私をこんな淫乱に調教したんでしょ…、
それを…、あんまりだわ…」
四歳も年下の悪ガキ達に野次られ、嘲笑されて、
私はもう悔しくて恥ずかしくて、身体中カーッと紅潮し、
潤んで虹のかかった瞳から涙がとめどもなくこぼれて、
頬を濡らしてしまいます。
けれど、こんな破廉恥な牝犬ショーを続けながらも、
恨めしいことに、私の秘めやかな女の子の部分は、
この倒錯した快感をもっと求めるようにジュンとうずき、
内腿を濡らすように熱い蜜液をタラタラと滴らせるのでした。
「どうした、ユミ? いつもより元気がないじゃないか…、
もっとそのでかいケツをいやらしく振って歩いてみろよ」
いつもよりたくさんのギャラリーの前で惨めな姿をさらし、
はからずも萎縮してしまう私に、
年下の御主人様は容赦ない罵声を浴びせ続けます。


私はすごく恥ずかしかったけど、
暴虐な御主人様にお仕置きされたくないばかりに、
自慢の逆ハート型の形のよいお尻をプリンプリンと
色っぽく左右にくねらせながら、
「はあ…はあ…」と肩先であえぎ、
庭中を這いずり回りました。
すでに掌や膝小僧は土埃にまみれ、
羞恥と快感にほんのり上気した柔肌には玉のような汗が
幾筋となく滴り落ち、そして股間の羞恥の部分からは
汗と言うにはあまりに濃密でネバッこい淫蜜が
己の意志に反して際限なく噴き出し、
内股を濡らしてしまうのです。
相変わらず頭上では、私の不様な牝犬ショーを見て、
子供達が腹を抱えてバカ笑いしている声が聞こえてきます。
指差して、大声で私を色気違いだと言って嘲るのです。
年端もいかない子供達にいいように言葉でなぶられ、
私はたまらなく惨めでした。
けれど、私はたまらない恥辱感に唇をワナワナと
震わせながらも哀しいことに、
一方ではめくるめくような快感をむさぼり続けるのでした。
「おーいっ ユミ。 おまえの犬真似ハマリすぎて、み
んなにウケまくってるぜ… 
お礼の印にそこでチンチンして見ろよ」
わが弟ながら雄太は非常に残酷です。
姉の私をあくまで犬扱いにして、
純な乙女のプライドをズタズタに引き裂いてしまいます。
しかし、一方でこんな恥辱を味わいながらも、
もっと苛められて悲劇のヒロインになることを望んでいる
本当の自分が勝手に己の肉体を動かしてしまうのです。
「ワッ、ワン」
飛び上がるように犬語で返事した私は、
すでに乙女の恥じらいも忘れ、
その場で背筋を伸ばして中腰になると、
愛液にまみれたアソコを不様におっぴろげて、
両腕をぴったり胸の前に置き、
従順な飼い犬になりきっていました。
「おいっ バカ犬っ!舌出し忘れてるぞっ!」
たちまち雄太様の激しい罵声が飛び、
私は興奮のあまり犬のようにハアハアあえぎながら、
唇の端からだらしなく舌をたらしました。
「ヒャヒャヒャッ 弟に怒鳴られて本当に舌出してやんの。
由美ちゃんてどうしようもない変態だなあ…」
「おいおいっ、オマンコからよだれがたれてるぜ…
かわいい顔してそんな淫乱で恥ずかしくねえのかよ。
えっ、この露出狂が…」
オペラグラスを代わる代わる覗きながら、
小さな淫獣達は手をたたき、大声でゲラゲラ笑い、
聞くに耐えない野次を浴びせかけては、
私をえもしれない汚辱のどん底へと突き落としてゆくのです。
そしてそんな中で、雄太はさらに調子に乗って、
私に残酷な命令を下しました。


「おーい、ユミ。そこで片脚あげてションベンしろ!」
「そんな… もう堪忍して…」
「ゴチャゴチャ言ってないでさっさとやりなよ。
言うこと聞かないバカ犬には、
キツーイお仕置きをしちゃうことになるよ」
何とか慈悲にすがろうとする私を弟は冷ややかに突き放します。
「ああっ もうどうにもならないんだわ…」
私はあきらめきったように、再びその場に四つん這いになると
一方の脚をスッと天高く突き上げました。
「由美ちゃん、そうやってると
バックリ割れたスケベマンコが丸見えだぜ…」
「本当に犬になりきってやがるぜ…」
好奇に満ちた少年達が口々に卑猥な言葉を浴びせる中、
私は目を伏せ、唇をギュッとかみしめ、
そして下腹部に力をこめました。
プシャアアアアアァァァァ………ッ
私の股間の縦割れから、世にもはしたない黄金色の噴水が
勢いよくほとばしり、空中に七色の虹を描いて、
乾いた地面にビチャビチャとたたきつけられていきます。
「由美ちゃんて、頭がおかしいんじゃねえの?
ほんとに犬みたいに小便してら」
私の不様な放尿姿を見て、子供達は露骨に嘲けり笑います。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
私はおそらく女の子なら誰もやりたがらないような
汚辱に満ちた排尿ショーを強制されながら、
恥ずかしいんだけれども何かスカッとするような
そんな奇妙な解放感を味わっておりました。
私は真性のマゾなのでしょうか?
それとも受けた辱めを快感に摺り替えられなければ、
おそらく気が狂ってしまうという
自己防衛からなのでしょうか?
はっきりしたことはわかりませんが確実に言えるのは、
苛められ、嘲られ、辱められればられるほど感じてしまう
そんな性奴隷の歓びに目覚めつつあるということでした。
「よし ユミ、お客さんも待ちくたびれているようだから
そろそろ座興も終わりにしてやるよ。
こいつを口にくわえて帰ってくるんだ…」
そういって雄太は二階から私の革靴を放りました。
「おっと、おまえはまだ犬なんだから、
手なんか使ったらお仕置きしちゃうぞ…」
フラフラッと立ち上がりそうになる
私の機先を制するかのように、
雄太は意地悪くそう言い放ちました。
「ワンッ!」
すっかり犬になりきっていた私は、
四つ足で形のよい双臀を左右にもどかしそうにくねらせながら
通学用の黒革靴の落ちたところまで這いずっていきました。
「うっ く… 臭い…っ」
あの子達の誰かが私のはしたない
牝犬姿に興奮してオナニーしたのでしょう。
靴底には白濁色のザーメンがドロッとたまっていて、
私はその鼻をつく異臭に思わず顔を背けてしまいました。
「あっ、この駄犬が…
俺達の自信作にそっぽを向くとはどういう了見だ! 
こりゃ、やっぱ、後でお仕置きだな…」
「お仕置きかあ… どんなお仕置きがいいかなあ…、
やっぱりオーソドックスに尻が
トマトのように真っ赤になるまで鞭打ちとか…」
「浣腸の刑ってのもいいんじゃない。
俺、一度でいいから女がウンコヒリ出す所、
見てみたかったんだぁ…、
由美ちゃんのような美少女のケツの穴から、
どんな臭いウンコが吹き出すのかと思うと、
俺ゾクゾクしてきちゃうぜ…」
「チッチッ、おまえらまだまだ甘いな… 
どうせなら浣腸して町中引き回さなきゃ…
大勢の通行人の見ている前で泣きながら
ウンコを漏らすお姉ちゃんって考えるだけで興奮するだろ…」
「すみません!本当にすみません…!」
子供達が恐ろしいことを世間話のように
軽くしゃべってるのを聞いて、すっかり震え上がった私
は何とか許しを乞おうと、何度となく頭を地べたにこすりつけ
ひたすら恭順の意を示しました。
「へへへっ 淫乱なお姉ちゃんでも
お仕置きはやっぱ怖いみたいだな。
お姉ちゃん、御主人様のジュースはおいしいごちそうだよねぇ?」
「ワンワン」
私はお仕置きから免れるために、
人間としてのプライドも捨てて、
ひたすら弟達の御機嫌を取り続けました。
「だったらどうしたらいいか、バカなおまえでもわかるよな?」
「ワン」
雄太にネチネチと責められ、
逃れるすべのないことを悟った私
は両の瞳いっぱいに悔し涙をためながら、
靴底に舌を這わすのでした。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。