更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女性の告白] 私はこの先取り返しのつかない所まで堕ちてゆくことでしょう・・・②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「あーあっ こいつ本当に靴を舐めやがったよ…」
「どうだ?自分の足のダシの効いた精液はうまいか?
全部綺麗に舐め取るんだぞ…」
私は、靴底につんと漂う汗の臭いと男の臭いに
吐気すら覚えながら、靴底に懸命に舌を這わせ、
白濁色の液体をペロペロと掬っては、
喉をゴクッと鳴らして呑み下していきます。
そして、私が屈辱に耐えきれず嗚咽を漏らす度に、
子供達は残忍な笑みを浮かべて、勝ち誇ったように嘲笑うのでした
「どうだ? 俺達からのプレゼントは…? 
奴隷のおまえにはもったいない御馳走だったろう?」
「ワン…」
私は、口のまわりに白い粘液をこびりつかせたまま拭おうともせず
ベランダから見下ろしている小さな御主人様達に
おもねり続けました。
「ヒャヒャヒャ、ずいぶん素直になったじゃない… 
よしユミ、もういいぞっ そろそろ戻ってこい!」
私は革靴の端を口でしっかりくわえると、
惨めなワンワンスタイルで
トボトボと家に向かって歩いていくのでした。
「ねえ、お願い もう堪忍して… 
雄ちゃんと二人きりの時なら何してもいいわ…。
でもみんなの見ている前で恥ずかしいことさせるのはやめて…」
私はもう涙をポロポロこぼしながら哀願しました。
「お姉ちゃん、そういうセリフはオマンコびしょ濡れにしながら
言っても説得力ないよ… 別にいいじゃん… 
露出狂のお姉ちゃんは思う存分みっともない姿をさらして
マゾの快感に浸ってるんだし、
僕達にとってはいい性教育になるんだし、一石二鳥ってもんだよ」
「そんな… ひどい…」


私がどんなに必死になって頭を下げても雄太は
小馬鹿にしたように鼻でせせら笑うばかりで、
いっこうに取り合ってくれず、
私の剥き出しの双臀を掌でピシャピシャとはたいては、
渋る私を幼い淫鬼達の待つ部屋へとせき立てます。
そうするうちに弟の部屋の前までやってきて、
雄太はおもむろにドアを開けると、私の髪をひっぱって、
中へ引きずり込もうとするのです。
「さあ みなさん、お待たせしました。
本日の主役、白石由美嬢の登場です。
どうぞ、惜しみない拍手で出迎えてやって下さい…」
途端にわき起こる嵐のような歓声。
私はただもう恥ずかしくて、扉の陰で震えていました。
「ほらっ お姉ちゃん! いつまでも隠れん坊してないで
こっちへ来てみんなに御挨拶しないか! 
さっきからあれだけ生き恥さらしてんだ。
今さらカマトトぶったって手遅れなんだからさあ…」
「ああんっ もう苛めるのはやめて下さい…」
弟に平手で剥き出しのお尻をたたかれて、
私は背をのけぞらせ、ヒィッとわななきながら、
おそるおそる部屋の中に入りました。


「ピィッ ピィピィッ…」
「由美ちゃぁん、スッポンポンで御登場たぁ…
ううん、そそるねえ…」
年下の子供達にいいようにからかわれて、
私は顔中から火が出そうなほど真っ赤になりながら、
返す言葉も思いつかず、ただもうじっと押し黙っていました
「ほらっ 何黙ってんだよ!
ここにいる浩と敏夫はおまえの調教を手伝ってくれる 
ありがたぁい御主人様なんだから、そこで三つ指ついて、
ちっとは気の利いた挨拶でもしてみろよ…」
雄太にまたピシャッと臀丘を打擲され、
私は屈辱の涙に頬を濡らしながら、
三人の小学生の見下ろす前で跪き、
頭を床にこすりつけて、惨めな自己紹介を始めました。
「皆様、本日は由美の調教をお手伝い下さいまして
本当にありがとうございました。
由美はみんなの見ている前で苛められたり辱められると
すぐにオマンコを濡らしてしまう露出狂で
マゾな卑しい牝奴隷でございます。
こんな淫乱な婢で皆様さぞかし御迷惑でしょうが、
精一杯皆様のお気に召しますよう御奉仕いたしますので、
一日も早く由美が一人前の性奴隷になれますよう
皆様の手で厳しくしつけて下さいませ…」


「由美ちゃん、いい覚悟してんじゃない。安心しなよ。
俺達の手で必ず、おまえを 
どこに出しても恥ずかしくない淫乱な牝奴隷に
調教してやるからさあ…」
「それにしても、由美ちゃんてふるいつきたくなるような
いいケツしてんよなあ…」
「ヒッ… いや… うん… あはぁん…」
子供達に、あられもなく剥き出された双臀を
いやらしく撫で回されて、私は鳥肌の立つのをこらえながら
スケベっぽく腰をくねらせ、あえぎながら媚び続けました。
「オッパイもこんなにプニプニして気持ちいいし… 
畜生、こんな美人の姉ちゃんを
奴隷に飼ってる雄太がうらやましいぜ!」
「ひぃ あっ いやぁ… ああん… はふうっ… うああ…」
お尻を撫で回されるだけでなく、乳房を鷲掴みにされ、
身体中を指や舌で愛撫されるうちに、
私はあまりに異常な興奮に単に演技ではなく、
本当に感じてきてしまいました。
年下の子供達にいいように玩具にされるという
倒錯したシチュエーションが、
私の中に流れるマゾの血を激しく燃えたぎらせるのです。
私は頬を火照らせ、眉根をしかめて、淫靡にあえぎ続けました
太腿の付け根の女の子の秘密の部分が恥ずかしいお汁で
ジュワッと濡れてくるのがはっきりと感じられます。
私はいまや、文字通り淫乱な牝犬に成り下がっていました。
「お姉ちゃん! そうだ、いいこと思いついちゃった… 
これからみんなで保健体育の授業をやろう。
女をろくに知らない浩と敏夫のために、
お姉ちゃんが見本になって、女体の神秘を教えてやるんだ。
もちろん協力してくれるよね?」


「 ……… 」
「いっ 嫌よっ こんなのやめて…」
雄太は、私に部屋の真ん中に置かれた椅子に
大股開きで腰掛けるよう命じるのです。
もちろん、私の股間の羞恥の部分はあられもなく剥き出され
好奇心いっぱいの少年達に ジロジロと視姦されてしまいます
子供達の卑猥な視線を一身に浴びて、
私は身体中を熱く火照らせ、心臓が弾け跳びそうなほど
ドキドキと高鳴るのを感じながら、
ただもうこの羞辱に満ちた時間が一刻も早く
過ぎ去ることを祈るばかりでした。
「そんなこと言ったって授業はもう始まってんだぜ。
そんな不真面目な授業態度だと、
みんなが見てる前でおまえのかわいい尻を百たたきしちゃうぞ」
「ゆ、許して… 言うこと聞きますから…」
「よしっ それじゃあ、
僕がこの棒で指差したところの名称と機能を答えるんだ。
大きな声ではっきり言えよ。解ったな?」
「は、はい…」
「じゃあ、いくよ。ここはなんて言うの?」
「あ、あの、乳房です。赤ちゃんを育てるとき、お乳が出ます
「お姉ちゃんのオッパイって僕達のと較べると
牛みたいにデカイけど、どうして?」
「そ、それは…」
「何だ、そんなことも知らないの? 
お姉ちゃんて高校に通ってるのに、すげえバカだね。 
いいかい、女の子ってのはね、
年頃になると牡を引きつけるように
オッパイが大きく膨らんでくるんだ。
特にお姉ちゃんみたいな淫乱な女の子は
ひときわ目立つデカパイになるんだよ。わかる?」
「いっ いやっ やめて… 突つかないで…」
乳首の先を指示棒でグイグイと突き嬲られて、
私は思わず悲鳴をあげ、身体をイヤイヤとくねらせてしまいます
「すごい… 雄ちゃんて、何でも知ってるんだねえ…」
「当然、何たって女に関しちゃキャリアが違うからねぇ…」
「先生、一つ聞いてよろしいでしょうか?」
「何かね、浩クン…」
「由美ちゃん、オッパイ突つかれて嫌がってるみたいなんですけど」
「うーむ、これはお姉ちゃんに直接聞いた方がいいな… 
どうなの、お姉ちゃん?オッパイを苛められるのが嫌なの?」
「ヒッ それは… その…」
「何だい、はっきり言いなよ…」
弟にオッパイを鷲掴みにされ、乳首をギュッとひねりつぶされて
私は涙をあふれさせながら、かぼそい声で答えました。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
「いっ いえ… き、気持ちいいです…」
「だよねえ… お姉ちゃん、オナニーするとき、
いつも自分で揉んでるもんねえ… 
だから、こんな牛みたくデカクなっちゃうんだよ… 
えっ、ちっとは反省しろよ、この売女め!」
「ヒイイィッ! やめてぇっ… 
それ以上ひねらないで… お乳がちぎれちゃう…」
雄太は私の乳首を握ったまま、
容赦なくグイグイとひねりあげます。
私は乳首を引き裂かれそうな激痛に、
かすれる声で悲鳴をあげ、ただ許しを乞い続けるばかりです
「へぇ 虫も殺さないお嬢様って顔をしてるのに、
由美ちゃんでもオナニーなんかするんだ… 
ねえ、由美ちゃん、
試しに俺達の見てる前でいやらしくオナってくれよ…」
「まあ待てよ、後でたっぷり実演してもらうから… 
まずその前にお勉強の続きだ。
お姉ちゃん、ボサッとしてないで、
今度は太腿を抱えてアソコを御開帳するんだ!」
「あまり見つめないで… 恥ずかしい…」
私は、言葉に言い表せないほどの羞恥を覚えながら、
弟の命じるままに、
愛液のぬめしたたる女性器を子供達の前にさらしました。
小さな淫獣達は、そんな私の秘めやかな場所を
物珍しげに眺めています。


「じゃあ、授業を再開するよ。ここは何?」
「えっ あのっ その…」
ピシィッ!
「ヒイイィィィッ! 痛いっ!」
とまどう私に、雄太は容赦なく手にした指示棒を
鞭代わりにして、女の子の大切な部分を思いっきり
ひっぱたくのです。
私はアソコにはしる焼けつくような痛みに、
グッと背をのけぞらせてわななきました。
「今まで甘すぎたからね。
これからはスパルタ教育でいくから覚悟してね。」
「ち、膣です。赤ちゃんが産まれてくる穴です…」
「お姉ちゃん、いい年してコウノトリが
赤ちゃんを運んでくるとは思ってないだろ?
赤ちゃん産む前には何かすることがあるよなあ?」
「しっ 知りません…」
私は思わず頬を赤らめ、顔をプイッと背けてしまいました。
ピシャッ!
「ひぎぃっ! お願い、鞭でたたくのはやめて…」
「どうもお姉ちゃん、さっきから反抗的だよ… 
僕達、真面目に授業してるんだから、
訊いたことにはちゃんと答えてよね…」


「ハ、ハイ、 あの… セックスして、
男の子のオチンチンを差し込み、精液を注入してもらいます」
少年達が指差して嘲る中、私は何度もつっかえながら、
この残忍な御主人様達の気に入るような言葉を選んで、
恥ずかしいセリフをしゃべり続けました。
「ヒャッヒャッ オチンチンだってよ… 
精液を注入してもらうんだってよ…
由美ちゃん、女の子のくせに
よくそんな恥ずかしい言葉を口にできるねぇ。
おまえの頭ん中ってスケベなことばっかで
いっぱいなんじゃねえの?どうしようもない淫乱女だなぁ」


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「そんな… ひどい… あなた達が言わせたんでしょう…」
弟の友達の心ない中傷に、
私はもう怒りと恥辱に真っ赤になりながら、
ムキになって反駁しました。
しかし、雄太達はそんな私の剣幕にも
いっこうに動ずることなく、さらに卑猥な言葉で嘲り続けます
「お姉ちゃん、それは違うよ。
普通の恥じらいを持った女の子なら、
僕達にどんなに命令されたって、
ホイホイ股を開いたり卑猥な言葉を口にするなんて
しないものさ… それが証拠に、
いくらおまえがいきがったって、ホラ、
身体はこんなに正直だよ。
お姉ちゃんのオメコはイヤラシイお汁で
もうこんなに濡れ濡れじゃないか… あきらめなよ、
お姉ちゃんは普通の女の子じゃない。
僕達に苛められて悦ぶ救いようのない変態のマゾ奴隷なんだよ…」
実の弟にまで冷たく引導を渡され、
私は少なからず倒錯した快感に酔いしれている己に
腹立たしさすら覚えながら、
じっと悔し涙をあふれさせるばかりでした。
「ほれ、お姉ちゃん、
いつまでも惨めったらしく泣いてんじゃないよ。
おまえもマゾの端くれなら、そこでスケベっぽくオナりなよ。
僕達で見物しててやるからさあ…」
「ウワーォッ 
由美ちゅわんのオナニーショーの始まり、始まりィー」
「由美ちゃん、
俺達のチンポを奮い立たせるように色っぽく喘ぐんだぞ…」
「あっ あの、雄ちゃん… そんなこと私…」
「なに、見物人が少なすぎてできないっての? 
オーイ、敏夫、携帯貸しなよ。 
もっと友達いっぱい呼んでやろうぜ…」
「そうだよな… こんなおいしいショーを俺達だけで
独り占めしちゃバチが当たるよな… 待ってな、
今、クラスの男子を集められるだけ集めてやっから…」
「待って…  ひどい… 
みんなして私に恥ずかしいことをさせるつもりなのね… 
私がはしたなく悶え狂う所を見て嘲笑うつもりなのね…」


その時の私に他の選択肢などあろうはずもありませんでした。
私は許しを乞うように何度となく御主人様の方を見やった後、
ついにあきらめて、
好奇心に満ちた思春期前の少年達が見つめる中、
しなやかな指先をそっと花蜜に
濡れた女の子の縦割れへとすべり込ませるのでした。
「はぁ… はふぅ… ああん…」
見られながらのオナニーって、なんて刺激的なのでしょう。
男の子達のギラつくような熱い視線が集中する中で、
私は夢中になって右手の指先で
桜色の秘唇をクチュクチュとかきまわし続けました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。