更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女性の告白] 私はこの先取り返しのつかない所まで堕ちてゆくことでしょう・・・③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


そして、それでも物足りなくて、空いた方の手で乳房をやんわりと包み込むように愛撫し、椅子から腰を浮かせて、愛液をタラタラと滴らせた淫裂を見せつけるようにしてギャラリーを挑発したのです。
すでに子供達は私の淫らな変貌ぶりにすっかり魅せられて一様に言葉を失ったまま、隆々と張りつめたズボンの前の天幕を両手で押さえ、何とか暴発を押さえようと汲々しておりました。


「うふっ かわいい… 偉ぶっててもやっぱり子供ねぇ…」
私はほんの少しだけ余裕を取り戻すと、そっと瞳を閉じ、半開きの口から舌を出して、いかにも物欲しそうに上唇を舐めながら、もっと彼らを悩殺してやろうと淫らなセリフを吐き続けました。
「はぁ… はぁ… お姉ちゃんのような女の子はね、乳首やクリトリスを指で刺激するととっても気持ちいいのォ… 見て… ツンと固く尖ってるのが判るでしょう…」
「あっ ホントだ…」
「それにね… はぁはぁ… 感じてくると… はぁうん… アソコがぁ…」
「アソコじゃよく解らないよ。お姉ちゃん、
もっとはっきり説明するんだ!」
「んもう、雄ちゃんの意地悪ゥ… オ…オマンコが… 
男の人のオ…オチンチンを受け入れやすいように
しっとり濡れてくるのよ… はあぅ…」


めくるめくような自慰の快感に、
私はすっかり快楽に溺れた一匹のさかりのついた
牝犬と化していました。
男の子達がじっと見守る中で、
私は蜜液にぬめ光った薄桃色の花唇を左右に大きくくつろげ
ジュプッヌプッと男の人のアレに見立てた己の指を
深々と抜き差ししながら、眉根をしかめてせつなげに喘ぎ
そしてまるで熱病に浮かされたように、
女体の構造について講義し続けました。
そしてギャラリー達は私のあまりに熱のこもった濃厚な
オナニーショーにゴクンと生唾を飲みこんで、
ずっと 釘付けになっておりました。
「へへへっ イキたいんだろ? 
イッてもいいよ、淫乱お姉ちゃん」
弟にそそのかされ、すっかり理性のタガが外れた私は
もう我を忘れて、淫靡に花開いた女芯をズプッヌププッと
指でかき回しながら、大声でむせび泣きました。
「あんっ あふうっあはっ ひあああ… 
イクゥ…! イクッ! イッちゃうぅーっイッちゃうのォー!」
こうして私はみんなの前でさらし者になりながら
昇りつめてしまうのでした。
「へへへ… お姉ちゃんのオナニー見てたら、
僕達もうガマンできなくなっちゃった。
ねえ お姉ちゃん、またおしゃぶりしてよ…」
もう我慢の限界といった様子で、
早々と全裸になった雄太はいきり立った男根を
私の前にかざしました。
そして、その時の私は完全に
一匹の性に狂った牝奴隷に成り下がっておりました。
私は何かに憑かれたように、
ふらふらと椅子から下りて雄太の前にかしづくと、
大きくそそり立った肉茎に愛しげに頬ずりし、
そして小さな 淫鬼達の見守る中、弟の一物を口に頬ばり、
プッヌププッと卑猥な音を立てながらおしゃぶりを始めました


「んむ… むふぅ… んふぅ…」
口の中いっぱいに拡がる巨大な肉根に息苦しさを覚えながら、
唇をキュッキュッとすぼめ、
よだれを滴らせながらフェラチオを続けていると、
なんだか本当に自分が性欲処理専門の牝奴隷に
堕ちてしまったようで、たまらなく恥ずかしくて惨めなのだけど
一方でどこか切なく胸がキュンと
締め付けられるように高鳴ってしまうのです。
「由美ちゃあん、雄太のばかりしゃぶってちゃ不公平だよ。
俺達にもフェラしてよ…」
「そうそう 由美ちゃんが思いっきり
イヤらしいオナニー見せつけてくれたおかげで、
俺もう爆発寸前なんだからさあ…責任とってくれよォ ナァ…」
すっかり淫欲の虜となった子供達は、
みんなめいめい勢いよくそそり立った肉棒を
私の顔や身体に押しつけてきました。
「あんっ そんなにせかさないで… 
みんな気持ちよくしてあげるから…」
私は敏夫君の小学生離れした山芋のような肉棒を
片手に握ってシュッシュッとしごいてやり、
浩君のまだ包茎気味の一物を空いた方の手でゆっくりと
皮を剥いて、亀頭の先にこびりついたツンと異臭を放つ
白い恥垢を丹念に舌の腹でペロペロとこそぎ取ってあげました
よっぽど気持ちよかったのでしょう。
浩君は情けない悲鳴をあげて、
オチンチンをピクピクさせていました。
私はちょっと意地悪してやろうと、
ウフンと悩ましげに喘ぎながら、
鈴口のあたりをチロチロと舌先で舐め回してあげるのです。


[18禁]安全宣言◆ちょっぴりHな女性のための出会い
「浩の奴ばかりずるい。俺のもしゃぶれよ」
困惑する浩君につい夢中になって濃厚な口唇奉仕をしていると
今度は蚊帳の外に置かれた敏夫君が不満げに
長大な肉棒で私の頬をピシッと打ち据え、
フェラを要求するのです。
私は弟のモノ以上に巨大な一物を口に含まされ、
満足に呼吸もできずに目を白黒させながら、
ジュポッガポッと必死になってすすり続けました。
三人ともまだ小学生でありながら、
強烈な男の臭いをプンプン放って、
私の牝としての本能を思いっきりかき立てるのです。
私はハァハァと肩先で喘ぎ、
内股をネットリとした愛液でしとどに濡らしながら、
三本の肉棒を代わる代わるおしゃぶりし、
奴隷になりきって奉仕し続けました。
「ああっ 出るぅぅーっ!」
「いいわっ 出してっ! 由美の顔に思いっきりかけてぇっ!」


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
子供達は次々に咆哮をあげて、熱くネバッこい精液の固まりを
私の顔や髪に、あるいは口の中、
そして二の腕や乳房の膨らみに
ドピュッドピュッと勢いよく浴びせかけます。
「はあ… はあ…」
私は息を切らせながらも、牝奴隷としての勤めを果たすべく
三人の御主人様の萎えた肉筒を代わる代わる握りしめては
亀頭の先から垂れた雫をすすり取ってあげました。
そしてそれでも足りずに、顔や手にかかった白濁の樹液を
舌で絡め取って呑み干しながら、
すっかりマゾとしての歓びにひたり続けるのでした。
「ああっ ください… 
みんなのオチンチンを私のオマンコに突っ込んでかき回して…」
年頃の男の子達のかぐわしい精液のシャワーを浴びて、
私はすっかり性に狂った一匹の牝犬と化していました。
三人の年下の御主人様を前に、
私は四つん這いになると媚びるようにお尻をくねらせ、
だらだらと熱い淫汁を滴らせて花開いた薄桃色の秘肉を指で
左右にくつろげ、中まで思いっきり見せつけて挑発するのです。
「あーあっ もうオマンコのおねだりかい? 
全く淫乱なお姉ちゃんを持つと苦労が絶えないぜ…」


三人の中で一番早く回復した雄太がマセたセリフを吐きながら
私のお尻を両手でガッチリ抱え込むと、
淫靡に花開いた肉唇の狭間に、
たくましい怒張をズブズブッと打ち込んでゆくのでした。
「ひゃぁぅ… うあぁーっ」
実の弟の手で、まるで犬のようにバックから
惨めに蹂躙されながらも、私は膣肉をえぐられるような
激しいストロークに、乙女の恥じらいも忘れ、
髪を振り乱しながら舌足らずな声をあげて泣き悶えました。
「全くお姉ちゃんのマンコはいつハメても極上モンだね。
どうだい? この締まりときたら…」
そう言って、弟は腰をバスバス打ちすえるのです。
あまりに激しく責め嬲られて、私はすっかり理性を失い、
みんなが見守る中、
恥も外聞も忘れたようにヒイヒイとよがり泣きました。
「たまらねえ…お姉ちゃん、出すよっ! 
うぅっ いっぱい出すよっ!」
「ちょうだいっ! 雄太の熱くて元気のいい精子を
私のおなかいっぱいにぶちまけて…!イヤアアァァ……ッ!」
雄太は咆哮をあげて、私の膣の中いっぱいに勢いよく射精します。
子宮の奥深くまで雄太の熱くたぎった分身を注がれて、
私はもう頭の中が真っ白で、
何も考えられぬまま、至福の快感に浸り続けるのでした。
「次は俺の番だ。由美ちゃん、たっぷりよがり泣かせてやるぜ!」
私は休む間も与えられず、今度は敏夫君に促されるまま、
騎乗位にまたがると、自らゆっくり腰を落とし、
つい今しがた弟の精を吸って白っぽく
ヌラヌラとぬめ光る柔肉の狭間に、
山芋のような彼の肉茎をくわえ込んでいきました。
「ああっ すごいっ! 
由美っ由美ぃ 死んじゃうぅっ!  いやああぁぁ…っ!」


相手は到底小学生とは思えぬ逸物の持主です。
そんな雄太以上の巨根で刺し貫かれ、
ズプッヌププッと子宮の奥に達するまで突き上げられて、
私は大切な女の子の部分を壊されてしまいそうな
激痛に眉根をしかめ、背筋をのけぞらせて、
のたうちながら、激しく喘ぎました。
「由美ちゅわん、おまえは俺達の奴隷なんだろ? 
だったら、おまえ一人で気持ちよがってないで、
俺にも… そうだな、パイズリしてくれよぉ…」
先を越された浩君が私の顔を勃起した肉棒で突き嬲りました。
私は拒むこともせず、浩君の分身を愛おしげに両手と
お口を使って愛撫しながら、胸の谷間に包み込むようにして
ヤワヤワとパイズリしてさしあげるのです。
「ゆっ 由美ちゃあん オッパイフカフカで、
すげぇ気持ちいいよぉ… 俺、もう漏らしちゃいそうだよ…」
「あんっ、いつでも好きな時に出していいのよ… 
浩君の元気のいいザーメンを
お姉ちゃんの顔にいっぱいかけてぇ…」
そう言って、私はたわわに実った胸乳で
浩君のオチンチンを挟み込むようにして念入りな
マッサージを続けながら、舌をのばしてまだピンク色した
かわいい亀頭の先をチロチロと刺激してあげました。
すると、それから何秒もしないうちに浩君は背筋を痙攣させ
皮の剥けかけたオチンチンからビュクッビュクッと
白濁色したザーメンをほとばしらせてしまうのです。
その早さとは裏腹に、すごく溜まっていたせいもあってか
浩君の精液はとても濃くて量も多く、
顔に直撃を喰らった私はネバッこい卵白のような
液体にドロドロになってしまいました。
「ふふふっ、お姉ちゃんのスケベっぽい表情を見てたら
僕またしたくなっちゃった。今度はこっちの穴に入れてあげるよ」
雄太はニヤッと笑いながら、今
度は秘めやかなアヌスの蕾を指で悪戯するのです。
「雄ちゃん、そこはよして… 
するなら普通にしましょう…、ヒイッ!」
まだまだ狭いアヌスに指を突っ込まれ、
痛さのあまり泣き出しそうな私を、
雄太は楽しそうに見つめながら、
唾液で濡らした指先で固く締まった括約筋の周りを
押し拡げるようにほぐしながら、頃合いを見計らって、
毒蛇のようにエラを拡げた凶々しい
肉の兇器を突き立てていくのです。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
「ヒイィッ! イヤァッ! 
無理しないでぇ… おっお尻が裂けちゃう…」
膣とお尻の穴をサンドイッチ状に 
同時に二本の肉棒で貫かれ、私は狂ったように泣き悶えました
「へへっ お姉ちゃん、ケツの穴も 気持ちいいだろ?」
雄太は猛りたった一物を強引に私の小さな肛門にねじり込み
情け容赦なく腰を突き上げて責め続けます。
私は身体を真っ二つに裂かれるような
激痛に声を涸らして泣き続けました。
「オマンコの方もいたぶってやるよ。
そうれ、思いっきり味わえよ!ウリャ」
「イッ イヤァッ! 狂っちゃうぅ…」
「ウォッ すっげえ締まるぅ…」
子供達の手で穴という穴を全て犯され、
公衆便所のような扱いを受けながら、
私は恥ずかしいことに何度となく絶頂をむかえてしまうのでした。
「あーあっ、気持ちよかった。 
雄太、おまえの姉ちゃんって最高だね…」
「ほんとっ 由美ちゃんのオマンコってよく締まるし…」
私は汗と精液にまみれた体を疲れ切ったように横たえながら
ボーッと虚ろな表情で、
彼らの聞くに耐えない寸評を聞いていました。


「…お姉ちゃん…お姉ちゃんっ!」
「…えっ?」
「えっ、じゃないよ…、みんな誉めてやってんだぜ…
ボケッとしてないで、お礼のひとつも言ったらどうなの?」
「本日は、皆様でエッチな由美を苛めて下さいまして、
本当にありがとうございました…
由美は男の子のザーメン無しでは一日たりとも
耐えられない淫乱な牝奴隷です。
これからも皆様の性欲処理専門のこ…
公衆便所になりきり、お口もオマンコもお…
お尻の穴もフルに使って一生懸命御奉仕させて頂きますので
皆様、どうぞこの淫乱スケベな由美を
嬲りものにして下さいませ…」
私は子供達の前で再び三つ指ついて、
汚辱に満ちたお礼の言葉を復唱させられながら、
なぜか涙が止めどもなくあふれ出るのを
押しとどめることができませんでした。
「こんなことでよければ、俺達はいつでも協力するよ。
じゃあね、マゾの牝犬ちゃん」
「由美ちゅわ~ん、また一緒に遊ぼうね」
やっとのことで子供達は帰りましたが、
これから夜を徹して雄太のハードな調教が続くのかと思うと
己の意志に反して私の股間はまたジュワッと濡れてしまいます
いや、心の奥底ではきっと望んでいるのかもしれません。
実の弟の牝奴隷として惨めに仕えることを…
姉弟相姦という人類の禁忌に触れてしまった私は
この先取り返しのつかない所まで堕ちてゆくことでしょう。
でもそれも仕方のないことかもしれません。
これが、己の快楽のためにかわいい弟まで
魔道に引き込んだ私に対する罰なのですから
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。