更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[寝取られ] このパーティの最中妻が会場に戻る事はありませんでした④

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


車を出して約15分車はとある市内のホテルに到着しました。
エレベーターに乗りある界に到着しました。
エレベーターを降りると誰1人通らない静かな空間が
目の前に広がっています。
これから始まる事を考えるとこの静かな空間が返って
淫靡な感を彷彿とさせます。あるスイートルームのドアを開けると
6組のカップルが床に座りアルコールを飲みながら談笑しています
ドアが開くと暫くして視線が一斉にこちらに向かいます。
Kが挨拶をすると皆ニコニコしながら迎えていますが、
視線の半分は興味津々といった感じで私に注がれています。
私も軽く会釈をするとKが私を紹介しました。


「この人があの…」
「…なるほど。分かりました。うさぎちゃんのご主人さんですね」
顔はともかく全体の感じで、この男が妻の口に己の分身を
差し込んだ者である事を察することができました。
部屋をよく見るとビデオの中の男共が多くいるではありませんか。
怒りの混じった視線で周りを睥睨すると肩をすくめる男もいました
女性は好奇の目で私を見つめています。
ルールとして一応シャワーを浴びバスローブを纏い部屋に戻ると
女性たちは下着姿になっていました。
黒や赤、黄色、白、紫やピンクそしてライトブルーの鮮やかな彩りが
目に飛び込んできます。Y子も赤のベビードールとガーター、
ストッキングも赤ですらりとした足に良く似合っています。
Y子は手招きをして私を傍に座らせました。
手はさりげなく私の腿の上に置かれていて軽くくすっぐたり
擦ったりしています。心地良い刺激とアルコールで
浮いてる様な感覚が全身を包んでいます。


主催者が立ち上がり挨拶をすると全員アイマスク風の仮面を
付けるように指示を出しました。
くじにより色々なゲームが催されて行きました。
ゲームの内容はここのスレッドとは関係ないので割愛しますが、
ゲームが始まって1時間半位経過しました。
数多くの嬌声や笑い声が一段落し、
多少の気だるさと淫靡な期待感が会場に
薄いベールのように被さっていました。
主催者がゆっくり立ち上がり
『本日は特別ゲストが来ています。拍手でお迎え下さい』
と口上を述べて隣室のドアをゆっくりと開けました。
隣室からはテニスウェアに身を包んだ小柄な女性が
手に小さな木篭を持ってゆっくりと登場しました。
顔には同じマスクを付けてはいますが明らかに妻ではありませんか!


会場は大きな拍手が渦巻いています。
私は口を開けたまま妻をみつめていました。
Y子は私の股間に手を伸ばしゆっくりとしごいています。
妻はにこやかに座の中央に足を進め腰に手を当てたポーズで
こちらを見つめています。格好は白のテニスウェアに白のハイソックス
それに白のスニーカー。ストッキングは穿いていなくて
見上げる視線の先には白の下着が眩しく存在を主張しています。
まるで高校生を観てるようです。
妻は拍手の大きな方に移動するとある男性の腕に足を乗せ
下着に包まれた秘所を晒しています。
3~4人の男女が見つめる中、下着を指で捲くって
秘所を少し覗かせると多くの拍手が巻き起こりました。
妻は次の拍手のする方に向かいある男性の両手を取り、
自分の下着に手を掛けさせました。
男の手は妻の下半身を弄りながら下着を降ろして行きます。
下着を脱ぎ終わると妻は手に取った下着をその男の頭に被せました
失笑が洩れ聞こえますが、
私の目はさらに大きく見開いて妻を見据えています。
喉がカラカラになり飲み込む唾が引っかかる様です。
また拍手があちらこちらから大きくなっています。
違う拍手に身体の向きを変えると座り込み
ゆっくりと足を開いて行きます。
ここでも3~4人の男女が妻の股間を見つめ、
『可愛いな』とか『ちっちゃいね』などの感想を言っています。
妻は起き上がるとこちらの方に向かって来ます。
妻は私の前に立ち、潤んだ瞳でこちらを見つめています。
 私の膝に足を置き秘所を私に曝け出していいます。
妻は私の頭を抱えると自分の秘所に導きました。
鼻腔には慣れ親しんだ妻の匂いが拡がります。
秘所からはジュースが溢れていて、
まるで涙の様に内腿をたれ落ちています。
Y子はまだしごき続けています。
私は妻の秘所に吸い付き貪る様に
内部から出てくるジュース舐め取っています。


[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
妻は座り込み私の耳元で『ビックリした?』と囁きました。
無言でいると妻は少し離れた所に身を移し、
木篭に被せてあったハンカチを取りました。
中にはバイブが鎮座していました。
妻は此方に向かって大きく足を開き
泣いている様な秘所を晒しています。
左手にバイブを取り右手は自分の秘所に移動させ
オナニーを始めました。
左手のバイブを口に持って行き丹念に舐めています。
会場の拍手は鳴り止み咳払いひとつ聞こえません。
擬似フェラしている音だけが世界を支配している様に
廻りを圧しています。
オナニーをしていた右手にバイブを持ち替えると、
両手で自分の秘所にバイブをゆっくり突き刺していきます。
根元まで挿入されたバイブのスィッチが入り、
ブーンと言う音が全てを支配しています。
やがて妻の喘ぎ声が聞えて来ます。
短い喘ぎ声ととバイブの音だけがこの世の全てであるかのように
廻りを包み込み、その光景を全員が見いっています。
妻の歓喜の溜め息が口から洩れ全身の力が抜けて行くのが
手に取るように分かります。
『イッたな…』私は冷静に妻を見つめていました。
そこには妻の荒い息とバイブの音だけが鳴り響いていました。


妻はゆっくりと身体を起こし、此方を笑顔で見ています。
拍手が巻き起こり妻は立ち上がりました。
手にバイブを持ちポーズを取っています。
拍手の大きい方に動いてある女性にバイブを手渡し
その前に座り足を大きく開きました。
女性はバイブを妻に差し込み
スィッチを入れピストン運動しています。
妻の鼻息が少し荒くなって来ました。
また拍手が巻き起こります。
女性からバイブ取り上げると違う拍手の方に移動し
男性に手渡しました。妻は男性にお尻を向け
膝に手をやりお尻を突き出しました。
男性は身体を伸ばし妻のお尻を舐めています。
「あん…」と妻は声を上げました。
男性も妻にバイブを差し込みスィッチを入れず上下させています
妻の肩が小刻みに奮えています。
拍手が三度巻き起こります。
私と同年配の男が隆起した分身をガウンから差し出しています。
妻はそちらに身体を動かし身をかがめ、
口に含み舌を動かしています。
妻の頭はゆっくりと上下させ、
そのスピードをリズミカルに上げていきました。
四つん這いになり懸命にフェラをしています。
頬のへこみ具合がそれを物語っています。
その男性のパートナーの女性が妻の後ろに回り舐め始めました。
妻の腰が小さく痙攣しています。


5分位フェラを続けていましたが男性が抗し切れず
白濁液を呻き声と共に吐き出してしまいました。
喝采が巻き起こり男性は少し照れた顔をしています。
すると妻はパートナーの女性を床に押し倒し指で口を開け、
妻の口中に吐き出された白濁液を女性の口に垂らしています。
何という光景だろう…頭の中が白くなって来ました。
まさに淫獣です!
その女性は全てを受け取るとゴクリと飲み干しました。
Y子は私の袋から分身を丹念にしかも素早く刺激しています。
危うく放精しそうになったのでY子を手で制しました。
Y子はじっとこっちを見つめています。
周りを眺めると視線は妻にしっかりと向けて
それぞれ身体を抱き寄せ互いの腕だけが動いてます。
かの女性は妻の頬に軽くキスをすると
パートナーの元に帰って行きました。


拍手がまた盛り上がります。
妻は1人の女性の前に膝立ちの姿でその女性を見つめています。
突然妻がその女性を自分の胸に軽く抱きしめました。
女性は妻の胸に手を伸ばして行き
敏感なボタンを指で転がしています。
妻は切なげな吐息を洩らし女性の頭ををタイトに抱しめました
女性は妻の白いポロシャツの裾に手をやり脱がせにかかりました
妻は少し身体を離し脱がせ易くしています。
するりとポロシャツは脱がされました。
小ぶりな乳房が露になり乳首はピンと固くなっています。
女性は妻の乳首を口に含み舌で転がしています。
妻は軽く女性を抱しめ女性の髪をかき上げながら
顔を近づけ唇を貪り始めました。
音をさせながら舌を絡ませ右手は下から女性のブラに手を入れ
乳房をやさしく揉みしだいています。
女性も妻の秘所に手を伸ばし柔らかな動きで入り口を刺激しています


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
白のテニススコートで良く見えませんが、
クリトリスにも愛撫が加えられているようで
妻は切なそうに腰をくねらせています。
その女性のパートナーが女性の下着の裾から指を入れ
小刻みに動かしています。女性も切なそうに腰をくねらせています
先ほどのバイブがパートナーの男性に手渡され
下着の裾から女性に差し込まれました。
スィッチが入り呻き声と共に女性は前のめりに屈み込み妻から離れ
腰を大きくくねらせ悶え声を上げています。
妻は女性の前で大きく足を開きました。
白のスコートと黒い翳りと開いた秘所の紅い色が
強烈なコントラストで目に突き刺さります。
女性は妻の秘所に唇を近付け舌を伸ばし
下から上へと舐めあげています。
妻は手を後ろにつき天井を見上げて唇を微かに震わせています。
バイブを秘裂に突き刺したまま女性は身体の向きを変えて
パートナーの差し出された分身を愛しげに手を上下させながら
パクリと咥えました。妻はそのままの姿で此方を見つめています
女性の唾液とジュースで潤んだ秘所が
物欲しそうにピクピクしています。
Y子はまた手の動かし始めました。
新たな快感が襲って来て目の前が暗くなってきそうです。
妻は此方に近付き座り込んで足を開きにこやかに私を見つめています。


Y子は立て膝になり下着に包まれた秘裂を
露にしてKの指を導きました。
Y子の下着は大きな染みが出来ています。
Kに秘裂を愛撫されながらY子は
私とKの分身を両手でしごいています。
目を妻に向けて何か合図を送った様で、
それを機会に妻が私の方に近付きました。
妻は私の50センチ手前で大きく
M字開脚して秘所を露にしています。
それは何か異次元から来た生物の様に
怪しく蠢いてまるで誘っている様です。
Y子からの刺激で分身はこれ以上膨張出来ないところまで
登りつめていて痛みを自覚する位にまでなっています。
妻は私の右手を取り秘所に導き、
自分はM字開脚のままカーペットに寝転び目で
指技を要求しています。人差し指と中指を妻の中に入れると
熱く吸い付いて来ました。指を動かすと喘ぎ声が洩れだし
腿の付け根が軽く痙攣しています。
親指でクリトリスを擦ってやると声が大きくなり
膝を閉じようとしましたが、
左手でそれを制し指の動きを速めてやりました。
制してない方の足をくねらせながら尚も快感を求めようと、
自分で乳房を揉み、乳首を指で擦っています。
頭の中では『何をしているんだ?こんな所で…』
『この女は本当に妻なんだろうか…』
などの事が繰り返し過ぎっていきます。


突然、Y子とKから妻の方に押し出されました。
大きな拍手が会場に巻き起こり妻は私に抱きつき
唇を求めてきました。妻は強引に舌を私の口中に押し入れて来ます
先程まで他の男の分身を舐め回した舌を私の舌に絡めて来ます。
白濁液の匂いが私の鼻に入ってきて少し顔をしかめてしまいました
妻の右手は私の分身を愛しげにしごいて
私も妻への指技を続けています。
音をさせながら互いに唇を貪り合い互いを刺激していると
小さく拍手が起こりました。
妻は私にもたれ掛かる様にして私を押し倒し、
顔を離して微笑みながら分身に近づき口に咥えました。
いきなり根元まで咥え込みいっきに吸い上げ、
舌で亀頭をぐるぐる刺激します。
また根元まで咥え込み吸い上げて
今度は尿道を舌先をチロチロくすぐって来ます。
右手は分身をゆっくりとしごいていて、
左手は袋を撫で回しています。
妻は分身から口を離して、
皆に見せる様に舌を伸ばして亀頭と尿道を舐め回して来ました。


会場からは大きな拍手と
「うまいぞ!」
「風俗嬢になれるぞ」
「うさぎちゃんも舐めてもらったら」
などの声が飛んで来ました。
妻はその声に従うかの様に、
フェラを続けながら身体を移動させ跨って来ました。
目の前には女性の唾液とジュースで艶やかに
キラキラ煌めいている妻の秘所が息づいています。
妻は頭の上下の速度を速めて来ました。
私は両手の親指で妻の秘所を思い切り拡げてやりました。
さすがに恥ずかしいのか頭の動きが止まり腰を引こうとします。
サーモンピンクの内部を露にして指を這わせるときゅっと締まり
ジュースが溢れてきて白い液も糸を引いて
白いスコートを濡らしています。
指で内部とクリトリスを刺激してやると
力が入るのかお尻が小さく痙攣しています。


妻は頭の上下運動を再開しました。
今度はもの凄い速度で上下させています。
私も負けずに妻の秘所に吸い付きました。
妻の腰がビクッと大きく反応します。
私は指と舌を使って妻を刺激し続けました。
妻は小さく喘ぎ声をあげながら尚も執拗に上下運動をしています。
Y子からの刺激や妻の煽情的な姿を見て
臨界点に達している分身は限界に近づきつつあります。
私の足に力が入るのを妻は見逃しませんでした。
妻は口を離すと私や会場のメンバーが見やすい様に
身体を私の足の方に移しにこやかに周りを見まわしました。
右手で分身をしごきながら軽く咥え亀頭を舐め回し、
そして袋にも吸い付いて来ます。
私の分身はこれ以上ない位に膨らみきっています。
私は頭が白くなる様な高揚感に襲われました。
妻は咥えていた口を離し手の動きを速めます。
放精の瞬間を皆に見せようとしているのは明らかです。
妻の方に目をやると舌なめずりをしながら
大きく口を開けて受け取ろうとしています。
会場は静まり返っていて不気味なほどで、
私の荒い息が響いているだけです。限界が訪れました。
私は腰を浮かし気の遠くなる様な快感と共に放精しました。
脈動がなかなか治まりません。
腰の抜ける様な感覚に襲われながらも妻を見ると、
口の周りは勿論、右目の辺りや頭にも白い残渣が飛び散っています。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
大きな拍手が会場から沸いています。
顔についた白濁液を拭き取ろうともせず、
妻は立ち上がり両手でVサインを出して拍手に応えています。
私は放心状態で暫く妻を眺めていましたが突如、
筋肉に力が湧いて来ました。
どういった感情なのか未だにはっきりしませんが
「怒り」「嫉妬」「羞恥」「愛」
それらが入り混じったものが私を衝き動かします。
私は体育会系なので体力、筋力には自信があります。
多分この会場に居る男全員を相手にしても
全てを叩きのめす事は不可能でなかったと思います。
この時、全ての感情は妻に向けられました。
私は立ち上がり、
妻の後ろに立ち首根っこを持って此方に身体を向けさせました。


妻の目には狼狽と怯えの色が浮かんでいます。
会場も静かになり固唾を呑んで
此方を見つめて微動だにしません。
私は妻の腰にあるテニススコートを引き破るかの様に
剥ぎ取りました。妻の身体は大きく動きましたが
直ぐに石の様に硬くなりこちらを見つめています。
私は身体を石の様に硬くした妻の肩を両手で押さえ膝まづかせ
妻の眼前に再び立ち上がりつつある分身を持って行きました。
妻の頭を両手で持ち此方にに近づけ白濁液と
妻の唾液で濡れた分身を手で持ち妻の口にねじ込みました。
始めは嫌がっていましたが観念したのか
あごを柔かくしたので8割方大きくなった分身を
喉の奥まで押し込んでやりました。
「ウグッ…」と言う声を喉の奥から出し目を白黒させています
私はおかまいなしに髪と頭を持って激しく動かし
分身を完全に硬くさせました。
妻の口を分身から離してやると大きく深呼吸して
切なげに此方を見上げています。
妻の目は「何するの…もう止めて…」と語っています。


私は冷ややかに妻を見つめ右手で髪を持ち、
左手で妻を支えながらゆっくりと床に押し倒しました。
両手で足を開き妖しく蠢いている秘所に
再び膨らんだ分身をあてがいました。
ヌルッとした感触と共に奥まで妻の中に入り込みました。
妻の秘所は新たな快感を得ようと私をつつみ込んで来ました。
私はハイスピードで腰を動かしました。
妻の口から呻き声が洩れ出し上半身も強く揺れています。
私はさらに妻の奥に分身をねじ込む為に両腕で妻の足を支え
腰を高く上げさらに早く強くねじ込んでやりました。
妻は顔を赤くして少し苦しそうですが
リズミカルな喘ぎ声が洩れ始めています。
私はさらに早く腰を使いました。
肉と肉がぶつかり合う音が会場に響いています。
それに合わせて妻の喘ぎ声も一際高く共鳴しています。
妻が余り苦しそうなので足から手を離し
少し自由にしてやり正常位に戻しなおも
ピストン運動を続けました。
妻は大きく溜め息をつき身体から力が抜けていきました。
妻が私の首に腕を廻してきて強く抱きついてきます。
耳元で喘ぎ声と共に
「いいっ」「イクッ」「もっと…」
などの声が聞えてきます。
妻の声に刺激されて私はさらに強く
そして奥まで分身をねじ込みました。
妻は私の腰に足を絡めて来ました。
私の分身を妻の秘所が搾り込む様に吸い付いて来て腰を使う都度
頭の中に快感の地層が堆積して行きます。
妻も私に合わせて腰を使って来ました。
5年間の夫婦生活で互いのポイントは心得ています。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
妻と2人で歓喜のデュエットを奏でていましたが、
妻の口から腰のリズムとは違った食いしばった歯から
洩れるかん高い呻き声が妻の絶頂を知らせています。
私も頭の中の明晰度も積み重ねられた快感によって
殆ど無に近い状態になっています。
私を抱しめる妻の腕に力が入って来て押し殺した様な
呻き声が連続して聞えます。
妻の絶頂のアリアと共に私の快感の地層も崩落を迎えました
妻の中に白濁液を何度も吐き出し
妻の秘所も全てを搾り取るように収縮を続けています。


私達は重なり合ったまま暫く動かずじっとしていました。
妻は軽く目を閉じ余韻を楽しむ様にまどろんでいます。
妻の頭を撫でて唇を重ねると妻は舌を入れて来ました。
2人で舌を絡め合っていると会場から拍手が巻き起こりました
私は急速に覚醒して行きました。
白くなった頭に色々な思いが萌芽して来ます。
怒りは消えていました。
私は妻から身体を離しその場に座り妻の肩に手をやり
上半身を起こしてやりました。
妻もまどろみの中から還って来た様で
にっこりしながらこちらを見詰めています。
妻の頭に手を持って行くと素直に分身に顔を近付けました。
白濁液の残渣とジュースに塗れた半ば萎えた分身を
妻は丁寧に舐め取っています。
舌で拭い終わると妻はこちらを仔犬の様な瞳で見上げています。
また、妻の上半身を起こしてやり身体をギャラリーに向けました
私は妻の後ろに廻り手で妻の膝を拡げてやりました。
会場からの視線で妻の顔は再び上気しています。
妻の秘所からは白濁液とジュースが
自分の意思であるかの様に流れ出てきます。
会場からはまた拍手が巻き起こりました。
Y子が手招きをして私を呼んでいます。
私は観衆の1人に戻る為Y子の側に座りました。
Y子が
「凄いのね!いつもあんな風?私もして欲しいな」
Kも
「若さですかねぇ。羨ましい限りですねぇ。
今度、妻をお願いします」
この様な会話を聞きながら妻を眺めていました。
妻は暫くそのままの姿でいましたがやがて
立ち上がり脱ぎ捨てたテニスウェアと空の木篭を持っ
てポーズを取っています。会場からまた大きな拍手が起こり
妻は手を振りながら隣室に戻って行きました。
妻の内腿には先程の液体がハイソックスに向けて
静かに歩みを進めていました。
会場のあちこちではカップルが抱き合っています。
私もY子に押し倒されました。
Kも他の女性の股間に顔を埋めています。
パーティの間妻が戻る事はありませんでした。
私は妻の身体を思いながら会場の女性達と交わりました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
53位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。