更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

[女性の告白] 私たちを夫婦ということにして、他のカップルとスワップしようというのです。②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


私は今でも夫を愛していますし、冷静になったときは
この関係を何とかしなければと心の底から思っています。
でも・・・。
書いてもどうしようもないことですが、
今夜は何となくいたたまれなくなってしまって。
同じような体験をお持ちの方おられるのでしょうか?
私にとって、最初の三日間は状況的に見て
私に落ち度は少なかったと思います。
でも、今こんなにつらいのはその後の展開は
私さえしっかりしていれば大丈夫だったように
感じているからなのです。


前の投稿で義弟のひととなりを書いてなかったので
多分に誤解があるようですが、
彼は多少野卑ではあるが粗暴ではありません。
つまり、私との関係を暴力で強制的にどうするとか
いうこと聞かないとひどい仕打ちをするとかいう世間で言う
ところのDV系の人格ではないのです。
私自身も他人に強く出られると断れないようなタイプではなく
むしろ強気な女なのではないかと思っています。


ここで困ったのは、義弟が意識したにせよしなかったにせよ
とっても女のあつかいに長けた人であるということなんです。
次の日の夜十時過ぎ、うちの駐車場に車が入ってきました。
「来た。」
私は気持ちを引き締めました。
自分の家庭を守るために、私のがんばりどころです。
今ならまだ「まちがい」で済まされると思っていましたから。
玄関のチャイムが鳴ります。
モニターに義弟の姿が映ります。
「はい。」
「こんばんは。来ちゃったよ。」
 義弟は笑顔で言います。
「ごめん。もう会えない。
やっぱり、こんなことはいけないよ。もう来ないで。」
その日、朝から頭の中で何度も練習し
反復した言葉を一気に告げました。
義弟はとまどった後、
「ちょっとだけでも会いたい。」
といいました。
でも、私はモニターの電源を切り、
今までつけていた玄関の照明を消しました。
頭の中で「お願い!帰って!」と叫び続けてました。
しばらくして玄関のモニターをつけるともう誰もいませんでした。
ちょっとホッとしましたが、
まだ駐車場からエンジン音が聞こえます。
車には乗ったような音が聞こえました。
そのとき電話が鳴りました。
義弟だなと思いましたが、
もしかしたら夫かもしれないと思い受話器を取りました。
義弟でした。
切らなくちゃと思いましたが、
さっきの仕打ちがあまりにもひどすぎたかなと
反省もしてましたので言葉ではっきり言おうと思い、
話し始めました。
警戒していた私が意外だったのは義弟の最初の言葉は
「ごめん。」だったということでした。
ちょっとびっくりしました。
姉さんを困らせてしまって・・・。などとひたすら謝ります。
会いたいとか開けてくれとかの言葉を覚悟して
心を堅くしていた私はなんだか肩すかしをくらってしまいました
下手に出られるといつものお姉さんモードにかえってしまい、
私はこの三日間のことを「まちがい」であり
「二人だけの秘密」にして終わりましょうと
いろいろと話し続けました。


お酒って怖いよね。
ということで終わらせようとしたんだけど
それまで聞き役だった義弟はそのあたりから逆に話し始めました
決して私の言葉に反論するのではなく
「あのときは本当に舞い上がっていた。」
と前置きしてからどうやって私の部屋に忍び込んだのかとか
最初に布団の中に手を差し入れて胸を触ったとき
私が体をわずかに反応させて漏らした声が色っぽくて
夢中になってしまったとか・・・・
淡々とあの晩のことを語り出したのです。
反省っぽい語り口に何となく切るタイミングを失って
聞き続けているといつのまにか
あの日の感覚がよみがえってきます。
「姉さんの中に入ったときにあたたかく包んでくれた・・。」
とか
「グイグイ突きあげて・・・
最初にイッたときのねえさんの声色っぽかった。」
とか・・・ダメダメと思いながらも、
いかされた時の感覚が体の芯をはしります。
もういいのに・・・と思っても、義弟はひたすら話します。
10分も経ったでしょうか。
「あぁ・・思い出すと、こんなに大きくなってる。」
彼の言葉にたくましかった彼のモノを思わず
体の感覚で思い出してしまいました。
体が熱くなっています。
知らない間に膝頭をこすりあわせていました。
彼に早く帰ってもらおうと部屋の明かりを
薄暗くしてしまったのもこうなるとマイナスでした。
暗いリビングでソファーに腰掛けながら心ならずも
昨日まで体を絡め合った男の声を聞く。仕掛けられる・・・。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
いけないと思う気持ちとは裏腹にどんどん体が高まってきます
「ごめん、ちょっと自分でさわるよ。」と言った後
「はぁ~。」と彼のため息が。
昨日まで耳元で聞かされた声です。
それを聞きながら私は何度もいかされたのです。
腰が自然に動きます。
まるでもうセックスが始まってる感じです。
突然「ねえさん、感じてる?」聞かれた私は、
反射的に拒否の言葉を言いました。
でも「だめぇ~。」という言葉が上滑りして、
自分が今まで言った中で一番色っぽい
言葉なんじゃないだろうかと思うほど
情感たっぷりの声になってしまいました。


それを聞いた彼は
「ねえさん。自分でさわってみて。」
はっきり仕掛けてきました。
舞い上がった私はまるで催眠術のように
スカートの上から前をさわりました。
すごい快感です。思わず声が出ました。
「ほら、良くなってきた。ほら、
体が欲しがってるだろ?楽にさせてあげようよ。」
「直にさわってみて。」
の言葉に下着の中に手を入れました。
すごい状態です。
夫が行って以来、オナニーにふけっていた私は、
ここから先はもういつものコースでした。
それどころか、耳元で男の声を聞きながらのオナニーとなり
いつも以上の高まりようでした。声も出ました。
ちょうど8割方上り詰めてあと少しというところで電話口の彼が
「ねえさん。会いたい。抱きたい。」
言いました。
私の理性ははっきりと「いけないのよ。」と思っていました。
でも、口をついて出た言葉は
「あぁ、欲しい。・・・入れて欲しい。」でした。
すぐに玄関のチャイムが鳴ります。
私は玄関まで走っていき鍵を開けました。
強引に抱きしめられました。
キスをされ、あそこに指をねじ入れられました。
ヒザの力が抜けて立ってられませんでした。
彼は小柄な私を抱え上げるとリビングまで連れてきて
ソファーに投げ出しました。
そして、ズボンを脱ぐと私の下着をはぎ取り
一気に突き立ててきました。
昨日以上に大きく感じられ、体中が征服されたようでした。
服を着たままリビングのソファーで犯されるという
シチュエーションにもドキドキしました。
いけないのにと思えば思うほど高まりました。

結局その晩も義弟はうちに泊まって、
ほとんど一晩中犯されました。
いや、私的には愛し合いました・・・と思いたいのですが
朝、彼の朝食を用意して、出勤していく彼を玄関に見送ると
出がけに抱きしめられてキスをされました。
とんでもないことなのにもう違和感はなくなってました。
でも、昼を過ぎて正気に返るとドッと罪悪感が・・・。
そんなこと感じながらもその晩、
彼が来たときは素直にドアの鍵を開ける私がいました。
妙な関係なってからというもの義弟は、
ほぼ毎日やってくるようになりました。
独身であり今は特に決まった彼女もいないようなので
たくさん自由な時間があるのです。
こうして毎晩のようにセックスを繰り返すうちに、
私の中の彼はどんどん大きくなっていきました。
ご近所の目があるので車で来られるのは困るというと、
ちょっと離れたところに車を止めて歩いてくるようになりました。
来る直前に彼が電話を入れると、私は勝手口の鍵を開け、
どきどきしながら待つようになってしまったのです。


慣れてくると、彼の方もいろんな事をするようになりました。
エッチなビデオを借りてきて、
それと同じようなことをしたりさせられたり。
目隠ししてバイブで刺激したり、手錠をかけたり。
手錠やバイブなんて、今まで雑誌なんかで見ても聞いても
私の意識の中では軽蔑とお笑いの対象でしかなかったのに。
実際に高まってしまったときに使われるとすごく感じました。
夫との時は、小さなあえぎ声を出しながら
徐々に高まっていくって感じでそれが私のスタイルなんだと
思っていましたが、彼との時は違います。
すっごく大きな声が出るのです。自然と・・。
目一杯狂わされてる状態です。
そうやって私をいたぶりながら義弟が毎回必ず聞くことは
「兄さんとどっちがいい?」です。
私は夫への最後の思いやりとして義弟の言わせたいことに
抵抗しようと思ってたのですが。
タガがはずれてしまうともうダメでした。
「あなたが一番いいの。あぁ、**さんよりあなたの方が感じる~。」
一度言ってしまうと
「奪われてる!ダメなのに犯されてる!」
という感じがますます高まってしびれるような快感におそわれ、
毎回言わされるようになってしまいました。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
いつしか、私の体は完全に義弟に慣らされてしまって、
感じ始めるとくたくたになるまでイキまくらなければ
どうしようもなくなりました。高まって、
途中でやめられたりすると気が狂いそうになるのです。
そのあたりを心得た彼は、私を軽ーくいかせてから
急につれなくする駆け引きをするようになりました。
「今、欲しい!!」
という感じの時にいきなり抜いてしまって
「欲しい!ねえ、どうして!?入れてよう!!」
とねだる私に
「入れて欲しかったら・・・・しろよ。」
ってパターンです。
悔しいけどこうなると「欲しい」だけの私は、
全くの言いなりです。
彼の前で足を広げたままバイブでオナニーしたり、
とんでもないことを言わされたり・・。
なんでもしてしまいます。
彼は笑いながら
「ねえさんがこんなにエッチだとは思わなかったよ。」
などと言いますが、どうしようのないのです。
立場が全く逆転してしまった感じです。
私の体もなんだか変わってしまいました。
ほとんど毎日会っているのに、
昼間から体が高まってどうしようもありません。
彼が置いていったバイブを使ってオナニーするのですが
その時に頭に浮かぶのは、
もう義弟のイメージだけになってしまいました。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。