更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「熟女」大好きな叔母さんとセックスできた達成感②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


「止めて!」
叔母がそう叫んだが、私も必死だった。
叔母の唇に自分のそれを重ねようとしたが、頭を振られキスができないので、
叔母の首筋にキスをした。
キスというより、かぶりついたといった方がよいかもしれない。
どうしても、唇に叔母にキスしたかった。
叔母の右手を押さえていた自分の左手を離し、叔母の頭を抱かえ、動きを封じた。
そしてはじめて唇にキスをした。


ただ、それでも叔母は頭を動かしたので、つかの間のキスであった。
叔母は依然として、私の下から逃げようとしていた。
しかし、叔母の右手は私の身体の下にあり、左手は私の右手で動きを封じられていた。
「止めて! 自分が今なにしているか分かっているの?!」
叔母のそんな声を無視し、私は左手で叔母の肩を抑え右手で、
セーターの上から叔母の乳房に触れた。女性の乳房が、
こんなにも弾力があって柔らかいのかと感激した。
叔母は自由になった右手で私を何度も叩いたが、
私は叔母の乳房を揉むのを止めなかった。
そして、その手を下に下ろし、叔母のズボンの太ももに触れた。
叔母は猛然と暴れ、抵抗しようとしたが、私は叔母のズボンのホックに手を掛け、それを外した。
抵抗は激しかったが、僅かずつであれその抵抗が弱まっているのを、
冷静に感じている自分があった。


私は、次に叔母のズボンを脱がそうとした。
全部を脱がすことはできなかったが、膝のあたりまで脱がすことに何とか成功した。
叔母はパンティストッキングを穿いていた。
半ば脱がされたズボンに脚を絡め取られ、脚を自由に動かせないでいた。
それをいいことに、私は叔母のパンティの中に一気に手を入れた。
柔らかい毛の感触のあと、指は脚の付け根の割れ目を捉えた。
割れ目はうっすらと湿っていた!
湿ったオマンコをやみくもにまさぐっていた指が、やがてクリトリスを探り当てた。
叔母は相変わらず右手で私を叩いていたが、私はクリトリスを刺激し続けた。
そして首筋といわず耳といわず、夢中で舌を這わした。
「玲子さん、好きだ!」
私は舌を這わしながらも、馬鹿の一つ覚えのように同じ言葉を繰り返した。
しばらくして、右手中指を叔母のオマンコに差し込んだ。
そこは熱かった! 熱くぬめっていた。
「アーン」
指を差し込んだ時、叔母ははっきりした声を初めて出した。
叔母の抵抗は一瞬止んだように思う。
私は夢中で指を動かした。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「お願いします。好きです。好きです!」
私はそう言いながら叔母の顔をみた。
辛そうな表情をしていたようにそのときは感じたが、
すでに違う感覚が彼女の中で生じていたのかもしれない。
顔が紅潮していた。
ストッキングが邪魔になったのでパンティと一緒に、なんとか脱がした。
叔母の下半身は一糸纏わず、私の目に晒された。
叔母の身体は蒼いといってよいほど白く、細いながらも腰のあたりはふっくらとしていた。
きれいなのだろうと思わず見とれてしまった。
初めて見る女性の下半身だった。自分もズボンとパンツを脱ぎ捨てた。
自分の上半身を下にずらし、叔母の腰の辺りを両手で抱え込み、
両脚の間に身体を入れて、叔母のオマンコを舐めた。
恥毛が鼻をくすぐりくしゃみをしそうになったが、構わず一所懸命舐めた。


「ウーン、ウ、ウ、ウ、ウ、ハア、ハ、ハア!」
叔母が今までとは違う声を上げ始めた。
抵抗は少なくなり、私は叔母の上半身の服を上にあげ、ブラジャーも上げた。
セーターが邪魔していたが叔母の全身の殆どすべてが晒された。
「綺麗だ。玲子さんは顔も綺麗だが身体も綺麗だ!」
私は右手をオマンコの中に再び差込み、そしてもう片方の手で肩を抑え乳房にキスをした。
「アーン、アウ、イヤ、イヤ、イヤ」
叔母は私の手の動きに合わせるように声を上げ続けた。
やがて「クチャ、クチャ」という音がオマンコから聞こえてきた。
「あ、これが濡れるということかな」
そう思った。
童貞であったにもかかわらず、身体が独りでに動いた。
こうなった以上どうしても、一瞬であれ叔母の身体の中に入りたかった。
私はぬるぬるになった自分のチンポを叔母のオマンコに嵌めようと狙いをつけた。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
先端がオマンコに触れると、叔母は「アーン、ダメ!」と言った。
それは、拒否というよりは許容の言葉のように聞こえた。
その証拠に、叔母の身体はほとんど動かず、もやは抵抗をやめていた。
私は、そのままチンポを叔母のオマンコに差し込んだ。
チンポが少しオマンコに入った。叔母は紅い顔をしながら私を睨むようにしながら、
「こんなこと、なんで!」
自分に起こっている出来事が信じられないみたいだった。
私も信じられなかった。叔母のオマンコがこんなにも気持ちいいということが。
「アーァ!」
叔母の中に入りながら、私は思わず声を出てしまった。
少しでも身体を動かせばきっとすぐに出てしまうだろうと思った。
でもそれでもいいと思った。


私はさらに奥に進んだ。叔母の、
いや玲子のオマンコが私のチンポ全体を柔らかく包んだ。
それでいて強烈な今まで感じたことがない快感が玲子のオマンコから
私の脳髄にかけて立ち上ってきた。
私は叔母のオマンコに半分入ったところで射精を開始した。
射精しながら、さらに奥まで差し込んだ。
射精に反応するかのように、叔母の身体がビクンと震え、オマンコが収縮した。
締め付けるオマンコに反応して、私のチンポが再び大きくなったように感じた。
なんともいえない快感であった。
私のチンポは何度も何度も叔母の身体の芯で大きくなり、
そして小さくなりながら、ザーメンを出し続けた。
全部出し切ると、私は叔母の体の右側に崩れ落ちた。
その瞬間、チンポが外れた。
「なんてことするの!」
叔母は放心したように、横たわったまま、わたしをなじった。
「こんなことして!」
しかし、そのときの私には一片の後悔もなかった。
「好きなんだ。初めて見てからいままでこうなることを望んでいたんだ。」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら
「馬鹿! 今日は安全日だけど、子供出来たらどうするの!」
叔母の話し方には、私を赦すようなニュアンスさえ感じられた。
なんともくすぐったい感覚であった。
女性は身体を許すと心まで許すものかもしれないと、ちらと感じた。
「叔母さん、いやもう単なる叔母さんじゃないよ、僕のなかでは。
玲子さんは僕の初恋の人で、そして初めての人だよ。」
「なに生意気言っているの、子供のくせに。」
「好きだった。後悔はしていない。これからもずっと好きだ!」
私は、また乳房をまさぐり、そして叔母にキスした。
舌を叔母の口の中に差し込むと叔母の舌が初めて絡み付いてきた。


合せた口を離し、叔母の顔をみると、眼が泣いた後のように潤んでいた。
本当に美しいと思った。こんなに美しい人とセックスしたことが信じられない思いだった。
しかし、再度、身体をまさぐり、チンポをオマンコに嵌めようとする私をそっと押しのけて、
叔母は立ち上った。そして部屋を出て行った。
私はそのまま部屋でボオーッとしていたが、
叔母はおそらくトイレで身体の始末をしたのだろう。
しばらくして戻ってきたときには、手にはお絞りをもっていた。
手渡されたお絞りで、私は自分の濡れたチンポを拭いた。
チンポは再び固くなったが、すでに叔母は台所に戻っていた。
お茶を用意する叔母の後姿を見ながら、叔母さんはセックスの後、
お絞りで叔父さんのチンポを拭いてあげるのだろうかとふと考えたことを、
今でも鮮やかに覚えている。


お茶を飲み一段落すると、さすがの私も冷静になった。
叔母も縺れ合っていたときの暴れぶりが嘘のように落ち着いていた。
ただ、さすがに沈んだ表情をしていた。
それを見て、初めて自責の念が生じた。
大好きな叔母にとんでもないことをしてしまったのかも知れないとの
想いが生まれてきたのである。
私はまもなく叔母の家を辞した。
帰るとき、玄関の戸を明けようとするとき、鍵がかかって戸が開かなかった。
自分で鍵をかけていながら、忘れていたのである。
ちらと叔母の表情を伺ったが、叔母は無表情のままであった。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
帰り道、自転車をこぎながら、いろいろ考えた。
大好きな叔母さんとセックスできた達成感と、
その大好きな叔母に途方もない心理的な負担を与えてしまったかもしれないという罪責感。
それと、これは微妙な感情であるが、
叔母がセックスの最後にみせた反応に、ある種の当惑も覚えたのである。
ありていにいえば、叔母も所詮女であって、
嵌められたら心も開いてしまうのかという思いである。
とくに妊娠可能期間という、特別な関係になった男女しか触れない話題に
叔母がセックス直後に触れたことに衝撃を受けたのである。
いま考えれば、それがとてつもなく傲慢で自分勝手な思いであることは間違いない。
ただ、極限状態での女性の心と身体の動きは、
17歳のガキには刺激が強すぎたのだろう。
因みに、私はそのように当時感じた自分をいまでも許せないでいる。


叔母とはその後セックスする機会はなかった。
叔母が警戒して私を寄せ付けなかったのである。
親戚などが集まる機会に、もちろん会うことはあったが、
二人だけで話すことはできなかった。
眼を合せた瞬間、彼女の表情が微妙に動くのを感じたことは何度もある。
叔母は今でも健在である。
私も大学を卒業した後、都会で就職、結婚し子供もできたが
いまでも故郷のことを思うときは、
叔母のあのときのことを思い出し、胸が熱くまた切なくなる。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。