更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「熟女」同級生の母親に奉仕させる④

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


ヒロキの母親は壁に持たれかけていた上半身を
ぐったりと床に倒した。
完全に虚脱しきっていたようだった。
だが俺はしばらく、ピンクのパンティの、
布地が2重になっている部分に
視線がくぎ付けになっていた。
そこに、うっすらと染みが、うかびあがっている。
パンティ越しに盛り上がる淫肉が、
快感の余韻でひくひくしているのがわかる。
この薄い布地の向こうに、
ヒロキの産まれてきたところが、あるんだ。
女の、もっとも感じやすく、はずかしく、淫らなアソコが。
そこから湧き出る牝の匂い、おまむこ汁の匂いが、
俺を陶然とさせ、かつまた限界近くまで高まっている俺の
獣欲に火をつけた。
俺は、飢えた獣のようにむしゃぶりつき、鼻と口とを、
ヒロキの産まれてきたそこへと押し当てた。ふにっと、
生温かい。
臭いといえば臭い女の匂いが、一層俺をくるわせた。
俺は狂ったように、
ヒロキの母親の股間に押しつけた
自分の顔を左右に振った。


すると、それまでぐったりしていたヒロキの母親の
白い肉体に、びりっと電流が走ったようだった。
「あぐっ」
とのけぞると、
「あ、ちょ、ちょっと、何してるの・・・・・・
やめて、いやぁ、やめて!」
本能的な動きなんだろう、
ぎゅっと太ももをとじようとする。
へへへ、おばさん、むだだよ。そんなにやわらかくって
すべすべした太ももで俺の顔はさんだって、
興奮しちゃうだけさ。へへへ・・・・・・。
「いやよ・・・・・いやぁ」
俺の髪をぎゅっとつかんで、ヒロキの母親は必死に
自分の股間からひきはがそうとする。


俺は唇でパンティの上からハムハムし、
舌をつきだして舐め舐めしてやった。
「はあんっ」
切ない声をあげて、ヒロキの母親がのけぞった。
「ああ・・・・・・いやぁ・・・・・・」
なおも俺の頭を引き離そうとするが、その力は弱い。
ハムハム、レロレロ。鼻の頭でぐりぐり。
「あうぅっ」
また一つ大きくのけぞる。そして、
俺の顔を挟んでいた太ももからすっと力が抜け、
腰が俺の頭の動きに合わせて、
淫らにグラインドをはじめた。
俺の頭にある両手が髪の毛を切なげにかきむしる。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「ああん・・・・・・だめだめだめぇっ」
へへへ、おばさん、そうはいっても腰が動いてるぜ?
ま、無理もないよな。オナニーで火照っちまった肉体に、
それも女として一番敏感なところを
ハムハムレロレロぐりぐりされてるんだからな・・・・・。
俺、ヒロキの母親の下半身を責めるのは
この時がはじめてだった。
はむはむ、れろれろ、ぐりぐり。
だが、ヒロキの母親の反応は、
おっぱいをいじっているときの比ではなかった。
「あぅっあうっあうっ!」
びくんびくん痙攣し、俺の頭を押さえていた両手は
いつのまにか自らの頭をつかんで、
首を狂ったように振っていた。


腰を、俺の顔に押しつけるように激しく振る。
呼吸が出来ないほど、激しくね。
びくんびくん。
腹部が痙攣し、あえぎ声の合間に、
その痙攣から来る不規則で荒々しい吐息が漏れる。
そのうち、ヒロキの母親は自分で、
握りつぶすように激しく荒々しい手つきで
乳房を揉み始めた。
「あっあっあっ」
腰の動きが一層激しくなり、負けじと俺は、
おまむこ汁と俺の唾液とでぐじゅぐじゅになった
パンティを舐めあげた。
そして、
「いっ・・・・・・くぅぅぅっ!」
ヒロキの母親が腰を突っ張り、
両足と首だけで全身を支えるようにのけぞった。
ぎゅっと乳房を握り締めながら。


びくん、びくん、びくん。
全身を大きく痙攣させ、狂ったように悲鳴をあげた。
「っ・・・・・・っ・・・・・・っ・・・・・・」
最後に大きく、びくんと痙攣すると、
ヒロキの母親は大きな吐息とともに再び虚脱した。
先ほどまでの荒々しい呼吸が嘘のように、
寝息のように穏やかな呼吸に戻っていた。
打ち寄せる快感にもだえ苦しむ苦悶の表情も消え、
神々しいとさえいえる、安らかで穏やかな表情になってい。
歴史で勉強したアルカイックスマイルって
こんな感じなのかな、などと意味不明のことを
考えたのをおぼえている。
ヒロキの母親、どうやら失神してしまったらしい。
あまりにぐったりしてるんで、
死んじゃったかと一瞬あせったが、
胸が上下しているので呼吸していることがわかった。
俺は再びヒロキの母親の股間に顔を戻し、
そしてピンクのパンティに手をかけた。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
ヒロキの母親はぐったりとしている。
俺は、ヒロキの母親のパンティを脱がそうとした。
が、ヒロキの母親が俺のズボンやパンツを
下ろすときのように、一気に、
というわけにはいかなかった。
れは女性物のパンティが
ぴっちりしているせいかもしれないし、
またくびれの大きなヒロキの母親の腰とお尻が、
片手で脱がすのに非常な妨げに
なっているせいかもしれなかった。
それでも何とか引きずり下ろすと、
あの上品に澄ました顔からは想像できないほどに
生い茂った陰毛が目に入った。
一層濃くなった牝の匂いがつんと鼻にくる。
パンティを脚から抜き去ると、俺はヒロキの母親の
ぐったりした太ももをひらいた。
肉付きのいいむっちりした太ももは、
力の抜けきっているせいか妙に重く、
脚を広げさせるのはひと苦労だった。
そして、いよいよご対面、さ。
へへへ、ヒロキよぉ、これからお前が産まれてきたアソコを
じっくり拝ませてもらうぜ。お前のママの、
一番恥ずかしいところをな。
アソコをハムハムレロレロされてお前のママ、
感じすぎちまってよ、ぐったり失神してるぜ・・・・・・。


だが、脚を押し広げて初めて拝んだオマムコは、
下着姿の女やおっぱいを初めて生で
見たときのような感動や興奮は、なかった。
陰毛に守られてぬらぬら光るどす黒いその部分は、
両生類や軟体動物か何かのように見え、
エロチックというよりはむしろグロテスクと
いっていいほどに感じた。
いまだに軽く痙攣するその割れ目は、
ときに鮮やかなほどのピンク色の
内部部分をのぞかせ、それが一層不気味に映った。
はじめて下着姿やおっぱいを見たときは、
すぐにでもむしゃぶりつきたくってたまんなかったが
はじめて見たオマムコは、むしろ引いた。
とくにそこは、幼稚園児のころに見た、
少女の一本線の割れ目を思い描いていただけに、
エイリアンの口のようになっている部分には、
失望すら感じた。
だが面白いもので、「引いた」とか
「失望すら感じた」とかいっても、
そこはガキながらにオスだったのだろう、
本能的に興奮していたのか、
怒張するチンポはますます激しくいきりたった。
・・・・・・とまあ女性には失礼なこと書いたが
初めて見たときって、男はそう感じるよな?


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
びくん。
ヒロキの母親の肉体が、突然大きく痙攣した。
穏やかだった吐息が弱々しく、
はぁはぁと肩で息を始める。
どうやら、失神してエクスタシーの世界に
さまよっていた意識が、現実に戻ってきたらしい。
しばらく虚脱したままはぁはぁ喘いでいたが、
やがて自分の下着が剥ぎ取られ、
息子の同級生に自分の一番恥ずかしいところを
覗きこまれていることに気づいて、
「な、なにしてるの!」
がばっと上半身を起こして、手でその部分を隠した。
ヒロキ君の産まれてきたところを、
じっくりと観察してたんだよ。
そういう言葉がのどまで出かかったが、
そこはぐっとこらえた。
せっかく従順になったヒロキの母親が、
また逆上するからね。
ガキはガキなりに、少しずつ学習しているのだよ。


「おばさんのおま○こ、見てたんだ」
そういって俺は、ヒロキの母親の手をどけようとした。
ヒロキの母親は両手でしっかり押さえ、
「いや・・・・・・やめて・・・・・やめ、なさいっ」
必死に抵抗する。
別段これ以上見たいとも思っていなかったが、
ヒロキの母親に性的な羞恥心と屈辱を与えられることが
わかって、俺もムキになって女の手を払いのけようとした
だが、女とはいえ必死なせいか意外に力強く、
また両手でがっちり押さえているのに対し、
俺は利き腕ではない左手なので、
力ずくで払いのけることができない。
やむなく指の2、3本を、
ヒロキの母親の手と手の隙間にもぐりこませるようにする
指先にじゃりっとした陰毛が触れた。
自分の身体の敏感なところの一部に触れられ、
「うぐっ」
のどを鳴らし、ヒロキの母親は必死に
俺の手をのけようとする。
俺はかまわず、むちゃくちゃに指先を動かした。
長い女の爪が皮膚に食い込み、鋭い痛みが走る。
だが俺の指先がときどき、陰毛の感触やら、
ぬるっとした温かい肉の重なりに触れると、
その都度ぴくんとして
「あぐっ」
と声を漏らし、手の力が緩んだ。
「お願い、そこだけはだめなの・・・・・・
お願い、やめて・・・・・・だめだめ、
お願い・・・・・・・」
正直、あの不気味(に感じた)
オマムコをおもいだし、
得体の知れないぬるっとした手ざわりを
手のひらに感じるとそれほどの性的執着は
そこにはなかった。
おっぱいを弄んで、それからフェラしてもらう
いつもの流れで十分だった
。だが、ヒロキの母親は頑として、
陰部を守ろうとするらしい。
俺がそこを覗き込み、あるいは触れようとするのを、
心底拒絶するらしい。
こうして手と手がもつれあって、
ときに触れてしまうとびくんと反応するくせに、
それでも拒もうとしている。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

俺は自分の性的執着よりはむしろ、
そんなヒロキの母親を踏みにじってやりたい、
そんなサディスティックな思い
で女の手を払いのけようとムキになった。。
「だめなのぉ・・・・・・
本当に、だめ、なのぉ・・・・・・」
目に涙を浮かべて哀願する。
そうこうして二人がもつれあううちに、
「!」
目をカッと見開いて、ヒロキの母親がのけぞった。
その弾みに目から、一筋の涙があふれた。
俺の人差し指がぬるっと、
ヒロキの母親の蜜壷に入っちまったんだ。
おお、すげえ・・・・・・。
俺は思わず、心の中でうめいたよ。
そこは繊細で例えようもないほど柔らかく、
それでいて弾力のある、不思議な温かい蜜壷だった
ぬるぬるした肉襞はまとわりつくように指を締め付け
指先からぞくぞくと、快感が背筋へと這い進んでいった。
ヒロキの母親は一瞬のけぞって硬直し、
自分の体内に入り込んできた指を押しのけようと
必死になった。だが力むたびに肉襞がしまり、
俺はおおっと呻いて、ヒロキの母親の内部を指先で
むちゃくちゃにかきまわし、こねくりまわした。
こんにゃくオナニー、なんてのもあるが、
こんにゃくなんか目じゃない気持ちよさだった。
だってよ、指がもう、じんじん気持ちいいんだぜ。


ヒロキの母親は自分の一番敏感なところに
指を入れられただけでなく、
かきまわされこねくりまわされて、
「ああっ・・・・・・」
と一声、いつもよりも高い声で喘いだ。
あふれる涙はとまらない。
「ゆるして・・・・・・もう、ゆるして・・・・・・」
喘ぎ声の合間に、哀願する。
びくん、びくん。
引きつったように、腰が動く。
ヒロキの母親の手のガードが緩んだその隙をついて
俺は中指をもぬるっと、挿入した。
「ひぎぃっ!」
再び目をカッと見開いて、乳房がぶるんと波うつ。
俺はバタ脚するように、人差し指と中指を交互に、
ヒロキの母親の体内で動かした。
「いやぁ・・・・・っ!」
涙で濡れた顔を哀しげに振るが、もう遅かった。
しっかり俺の指が2本、
オマムコの中に入り込んでるんだ。
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ、音を立てて、
かき回してるんだ。
へへへ、ヒロキよお、
お前、ここを通って産まれてきたんだなぁ。
なかなか、いい具合じゃねえか。
うらやましいぜ・・・・・。
今でこそ、
どうかきまわせば女が感じるかはよくわかっているが、
このころはわけもわからず、夢中に指を動かした。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

ヒロキの母親は抵抗は止めたものの、
「うっ・・・・・あっ・・・・ぐっ・・・・」
唇をかみしめ、喘ぎ声が漏れるのを
必死にこらえようとする。
俺の指の動きに全身を蛇のようにくねらせ、
髪を振り見だしてのたうちまわり、
「っ・・・ぐぐ・・・・・・」
狂ったようにのたうちまわりながらも、
喘ぎ声を噛み殺していた。自分の指を噛み、
のどを鳴らし、それでも声をださない。
苦悶にゆがむ顔が真っ赤に上気している。
へへへ、おばさん、どうして我慢するんだい?
ほれ、いつもみたいに、声だせよ。
どうして我慢してるんだい?えっ?
おま○こいじられて、感じちまうのが、
いやなのか?へへへ、聞こえるかい?
くちゅくちゅ、くちゅくちゅって、エッチな音、
たててるじゃねえか。きゅっきゅって俺の指、
しめるじゃんよ。
えっ?腰がピクンピクンしてるよ。
身体がこんなにエッチに反応してるじゃん。
なのにどうしてそんなに、我慢してるんだい?
へへへ、ま、いいや。そうやって身体いじられて
我慢してるおばさんの顔、
とてもいいよ・・・・・・。


「はっ・・・・・・はっ・・・・はっ・・・・・」
次第に、コントロールを失ったヒロキの母親の呼吸が
激しくなってきた。喘ぎ声こそ出ないものの、
淫らな吐息が真っ赤な唇からあふれ出てくる。
俺の指の動きに合わせて、腰がぐんぐん動く。
一層激しく首を左右に振り、上に伸ばした手が
絨毯を激しく、かきむしり始めた。
ぎゅっと閉じた目から、涙だけが止めどなく、
あふれ出る。
そして、
「はぐぅっ!」
また目を見開き、弓なりにのけぞった。
ぎゅっと万力か何かで締め付けるように、
俺の日本の指が締め付けられた。
砕けるかと思うほどの力に痛ぇ、
と叫んでしまったほどだった。
びくん、びくん、びくん。
全身を襲う大きな快感のうねりに、
はげしく痙攣した。
むっちりした太ももまでが激しい痙攣で
筋肉の筋を浮き彫りにし、
つま先までがぴんと伸びきって、
ひくひくしている。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

ちょうど俺が中学生だったころ、
いまから10年前ってのは、
まだまだバンド全盛のころだった。
近所の兄さんの影響で
ランディ・ローズにあこがれて、
小学5年生のころからギターを
弾いていた。だから、
中学3年生のころにはそこそこギターを
弾けるようになっていた。
これを読んでるお前ら、厨房だったら将来に
備えてギターを練習するといいぜ。なぜって、
俺の左手の指は普通の人よりも
(というか、ギターやピアノなど楽器を弾かない人に比べて)
よく動くようになったんだ。
こうやってパソコンのキーボードをたたいていても、
左のほうが広範囲でキーボードをカバーしている。
ま、なまじな男の右手よりも繊細かつ器用に動くから、
左手の指マンはちょっとした、
俺の特技となっている。
右手でガシガシやったって、
女の子にとっちゃぁ痛いだけじゃん?
「指マンは痛くて嫌」ってな女の子も、
俺の左手だったら感じてくれる。
別にこれは自慢でもなんでもないよ。
うそだと思ったら、
まずは自分でギターでもマスターしてみ。


今にして思えば、きっとそれが幸いしていたんだろうな。
ヒロキの母親のあそこは、
言ってみれば俺の「黄金の左手」の、
デビューでもあったわけだ。
ガキのすることだから的確に性感帯を
捉えていたとも思えないし、
たくみな技巧というほどでも
なく、無我夢中にいじり倒していただけだったが、
それでもたまんなかったんだよな。
シーツをぎゅっと握り締め、白い首をのけぞらせて、
脳天と足のつまさきで全身を支えるように、
弓なりに硬直しちまったんだからさ。
そしてビクンビクン、子宮のあたりを中心に
全身を痙攣させていっちまったんだからな。
涙で濡れた目をかっと見開いて。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。