更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」残酷・・・ 妻を寝取った上にインポにしようとする③

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


思い出せば、彼女が浮気した後のサークルは
本当につらいものでした。
相手は頻繁に顔を合わせる同学年の男です。
もともと、同級が20人もいる人数の多いサークルですし、
西脇とは会えば「やあ」などと挨拶する程度の関係でした。
西脇から何か言ってくるわけでもなく、
自分から何か言い出す事も出来ませんでした。
言い出せたとしても、一体何と言えばよかったのでしょう。
レイプでもなく彼女が浮気しているのですから、
私には西脇を責める資格があるかさえ疑わしいものでした。
しかし、美歩と私が付き合っていることは
西脇も含めサークル内で誰でも知っている事だったので、
さすがに、西脇も言いふらしたりはしなかったのかも
知れません。ただ、飲み会の後で西脇と2人で消えた美歩が
西脇にやられたであろう事はすぐに噂になり、
誰もが知っていたのだと思います。
西脇も親しい友人に聞かれれば、
口止めしながらも答えたのでしょう。


ある日、私の親友に「美歩ちゃんと別れないの?」
と聞かれ、ああみんな知っているんだ、と実感しました。
そう、別れなかったのです。別れられなかったのです。
初めて付き合った女性です。
初めてセックスしたのも彼女でした。愛していました。
ここで別れることは負けを認めるているような気がしました
こんなに好きなのに、たった一回の酒の上での過ちのために
彼女を失うことは出来ない。
しかし実際は、そのたった一夜のセックスで
私は限り無くみじめでくやしい思いをしました。
巨根で遊び人の西脇に彼女をやられちゃった男。
それでも、別れない未練がましい男。
そう自分を卑下しながら、彼女と別れられないでいるのでした
そして、そのたった一回の浮気は、
何千回も私の頭の中で繰り返されました。
ありとあらゆる体位で美歩は西脇に犯され、
犯される彼女は思いつく限りの淫らな言葉を吐き、
私を狂おしい嫉妬で苛みました。
そして数え切れないほど私はオナニーをしました。
みじめな学生生活でした。


翌日は予想通り妻が誘ってきました。
私は立たなかったときに言い訳できるように、
わざわざ遅くまで残業してから少しだけ飲んで帰宅し、
かなり飲んできた振りをしていました。
出来れば初めから勃起してくれることを祈りつつ。
しかし、やはり、インポなのです。
立たないことを隠すように、
またうつ伏せで妻の股間に顔を付けたまま舐めました。
空いている方の手で自分で擦っても
妻のあそこを舐めてもダメなのです。
妻は、私が丹念に舐めていると、
次第に大きなよがり声を出すようになってきます。
「ねえっ、立った?
アア、ねえ、もう入れられる?」
「・・・・」
「もう欲しいのっ・・・ねえ・・・・・」
無理は承知で、まだ全然勃起しないペニスを
当ててみましたが、全然入れられません。
妻も気付いたようでした。
「ごめん、やっぱ・・・まだみたい。」
「アアン、もう大丈夫かと思ったのにー・・・・」
男の生理を全然理解していないのです。
せっかく挿入されれば昇りつめそうになっていた身体を
だるそうに起こします。
「じゃあいつものね。」
堂々と私の顔の上に跨ります。
インポになってから慣れてしまい、
当然の体位になってしまっていました。
「ちゃんと舐めていかせてね。今日はたーくんのおちんちん、
久しぶりに入れるんだって思って、昼間から
すっごいエッチな気分になっちゃって溜まってるんだからー」
フェラをするわけでもなく、
軽く私の縮こまったままのペニスにキスをすると、
また、あの意味深な微笑を含んだ少し意地の悪い表情が
妻の顔に浮かびました。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
「それとも・・・」
股間越しに私の顔をのぞき込みながら言いました。
「・・・ねえ、また西脇君と浮気した時のこと、
話してあげよっか?」「いいよー。」
そう言いながら、私の心の中にも暗い欲望が頭をもたげます。
浮気したときのこと・・・
これだけで、私の心がざわめき始めました。
しこったクリトリスに吸い付きます。
「ゥウウン・・・いい・・・ァアアッ・・」
クリから陰唇の間を通って肛門の方まで舐め上げます。
「ヤア・・ンッ・・・だけど、昨日美歩が
西脇君と浮気した時のこと話したら勃起したじゃない?」
「それはたまたま。別に美歩の浮気とは関係ないって。」
きっぱりとはねつけるような態度は取れません。
聞きたがってもいけないと思いながらも、
聞きたいし、勃起したいのです。顔の上では股を開い
て膝立ちになった妻のあそこがとろけきって開いています。
このいやらしく熟れて濡れる性器を前にすると
理性が飛んでいきそうになります。
舐めるだけではなく、自分の固くなったモノを入れたい。
「昨日、たーくんも聞きたがってたよね。」
「そんなんじゃ・・・」「西脇君ね、ここに入れる前に
美歩にお願いまでさせたんだよ。」妻は強引に続けます。
多分前の日から1日中、私がまた勃起しなかったら
どうやって興奮させて勃起させるか考えていたのでしょう。
前の日の私の反応で、またこれで行ける、
と判断したのでしょうか。
「初めはね、美歩、ゴム付けなきゃだめって言ってたんだよ。
だけど、西脇君、堂々と、俺ゴムしない主義なんだって言うの
それでもね、危ない日だからゴムしてって頼んだら、
じゃあ入れないであそこで擦って気持ち良くなろうか、
って言われたの。」「素股ってこと?」もう妻のペースです。
「そうかも、自分で膝を抱えさせられて、あそこが上向いた状態で
ビラビラの間におっきいの挟んで行ったり来たりするの。
すっごい気持ち良かった。たーくんとは、
そういうのしたこと無いでしょ。あの時の格好してみる?」


そう言って、私の顔に跨った位置からするりと降りると、
仰向けに寝ました。「こういうの。ねえ来て。」
両手でそれぞれ膝を抱えて、あそこを晒します。
私も起きあがってそこにむしゃぶりつきます。
その時、西脇に巨根をなすり付けられていた、
浮気をした妻の性器です。生々しく欲情した性器です。
「ごつごつした裏筋とかエラがね、ヌルヌルって
生で勢いよくクリを擦るの。アッ、そこ・・・つぶして・・・」
妻はクリトリスへの刺激はかなり強くしても
その分だけ感じるというほうです。
「ずーっとあそこヌルヌルのまま入れないで、
ビラビラの間に押しつけられてクリも一緒に擦られてた。
結構長い時間だった。そのあいだ、恥ずかしいことずっと言うの。
「クリちゃんおっきくなってるね、
むけて飛び出てきてるよ、気持ちいいでしょ」とか。
むけたクリにおっきいちんちんの下側をあてて
グリュって押しつぶすの。そう、そういう感じに・・・アアアンッ・・・
もう無理矢理でもいいから強引に
入れてくれちゃえばいいのになって思ってた、
危険日だったけど欲しかった。
外に出してもらえばいいやって思ってた。
大き過ぎてちょっと恐かったけど、
入れて欲しかった。だけど西脇君も分かってたと思う、
美歩が生で入れられてもいいって思ってるの。
だけど入れなかったの。
枕で美歩の頭を起こしてあそこ見るように言われたの。
大きいのを見せつけるみたいに、
太くて長いのをなすり付けるだけ。
イイゥ・・・ァアッ・・もっと強くして・・・
「先っちょだけ入れてみる?」って聞かれて、
もう、すぐ「うん」って言っちゃった。
だけどね、すぐ入れてくれないの。
美歩が入れて欲しがってるの認めさせただけなの。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
すっごいおっきいくて固いので、クリトリス、
ベチベチ叩いたり。「ほらーここまで入るよー」って、
ちんちんの根元のところクリに擦りつけながら、
美歩のお腹の上にちんちん乗っけると、
亀頭がすごいとこまで来てた。
「おっきいでしょー、入れたら気持ちいいよー」
って言うの。
「おへその近くまであるの。」「どこらへん?」
舌を差し込みながら聞いてしまいました。
あいつのが勃起するとどんなに大きいのか知りたかったのです。
「・・・ここぐらいかな。」
あそこから顔を離して、見ました。
妻の指さしたところは、とても私のモノでは全然届かない、
想像できないような場所にありました。
私の顔にはどんな表情が浮かんでいたのでしょうか。
「ね、大きいでしょ?」
また妻が、私の心の中を見透かしたような笑みを浮かべました。
「それに・・・倍以上・・太いんだよ。」
「ほら、お休みしないで舐めて。べろ・・
あそこに・・入れて・・・っそう・・・いい・・
ちゃんとおねだりしなきゃ入れてあげないよって。
先っちょでね、あそこの入り口を突っつくんだけど
入れてくれないの。あ、そう、そこに亀頭あててたの。
あの頃、たーくんと、あんまり出来なかったでしょ。
それで、おちんちんに飢えてたんだと思うの。
もう我慢できなかった。」



私が不甲斐ないせいだと言うのです。
私が妻の性欲を満足させなかったから、
いけないのだとでもいう感じです。
毎日のようにはしていませんでしたが、
その前の週にはしていました。
回数ではなくセックスの質がもの足りなかったのでしょう。
そんな言葉にも興奮は増すばかりです。
私のセックスで満たされていなかった妻の若い肉体を
西脇が好きなようにもてあそんだのです。
「絵里先輩とか他の女の子と同じように簡単にやられちゃうって
いうのくやしかったし、たーくんにも悪いなって思ったし、
・・・だけど、もうだめだったの。
生は心配だったけど、入れて欲しかった。
もうどうでもいいから入れて欲しかった。
飢えてて淫乱みたいだから、言いたくなかったけど・・・。」
「お願いしたの?」「・・・うん・・・入れて下さい、って言った
何をどこに入れるのかちゃんと言ってって言われた。
生の西脇君のおちんちん、
美歩のあそこに入れて下さいって言わされた。
あそこじゃだめで、オマンコって言い直しさせられたの。
何度も何度も言わされた。」
「み、美歩がほんとに・・そんなこと、言ったの?」
「すごく恥ずかしくて、どうしても途中で、言えなくなっちゃった
オマンコってなかなか言えなくって、そこで止まっちゃって・・・
だけど、続けてはっきり言えるまで何回も言わされたの。
生の西脇君のおちんちんを、
美歩のオマンコに入れて下さいって。」



[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます
信じられませんでした。
こうしてベッドの中でこそ、女っぽいしゃべり方になるのですが、
いつもは冷たい感じすらあるのです。何より、私には一度も、
入れて下さいなんて言ったことはありませんでした。
今でもそれは同じです。
私がいつも入れさせて貰う立場です。
入れていいよ、とか、ハイ入れて、などとは言われますが、
必死でお願いされたことなどありません。
この違いは屈辱的です。
西脇が巨根だったからなのか。
そんなに飢えていたのか。
私という彼氏がいながら、初めてセックスする浮気相手に屈服し
はしたなく挿入を懇願するなんて・・・。
「あっー、たーくん立ってるねー、
やっぱ、こういうの好きなんだー。」
いつの間にか、私の股間では再び完全な勃起が起こっていました
また見つけられてしまいました。
「・・いや・・そういう・・」
「いいよ、別に・・・
だけど美歩が他の人とエッチするのそんなに興奮するの?」
「他の人っていうわけじゃ無くって」
「もっと、聞きたいんでしょ?」「・・・・」
「聞きたいんだー、ふふっ・・・
普通こういうの聞くの男の人って嫌がるんだよ。
萎んじゃったりするのに・・・たーくんは反対・・・」
「ねえ、それとも入れたい?また萎んじゃうかもでしょ。
いいよ入れても。」
入れたいのは山々ですが、
西脇に入れて下さいと懇願した話を聞いたばかりです。
くやしいのです。
もっと感じさせて、入れてくださいと言わせたいと思いました


「美歩は?」 「もうちょっと舐められたいかも・・」
しかたありません。
言われたとおり、舌で舐め続けます。
時折、膣に差し込みます。
「・・んっ・・あ、そこいい・・・西脇君、
意地悪だからそれでもまだ、じらすの。
美歩の両手を磔にするみたいに
ベッドに広げさせて押さえつけたの。
上から美歩の顔を見下ろしてじっと見つめてきた。
ビラビラの間に太いの押しつけて挟んで、自分はじっとしたまま。
欲しかったら自分で動かして入れてみなよって。
手は使えなかったから、あそこを動かして、入れようとしたの。」
「どういう風に?」 「こうやって・・・」
私の顔にあそこをなすり付けてきます。
鼻や固くとがらせた舌にクイックイッ、っと
入り口や固いクリを押しつけて、快感を貪ります。
こんな卑猥な腰の動きを、初めてする男に見られて・・・・
それほどまでに、私以外の男根を求めたのです。
「だけど全然先っちょまで届かないの。
自分で動かしてるうちに、クリちゃんに固い太いところがこすれて
気持ち良くなっちゃったの・・・
だけど、目を閉じると、ちゃんと西脇君の目を見るように言われた
エッチな顔になってたと思う。」


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

我慢できずに太いペニスに自分から腰をなすり付ける妻は
どんな顔をしていたのでしょうか。
恥ずかしいのに興奮して、頬を赤らめていたのでしょうか。
「このまま入れられたの?」「ううん、違う。」
「え?・・・」「どの体位だと思う?」
「美歩が上?」「違う。」「じゃあ・・・」
まさかとは思ったのですが、・・・
「西脇君、最初に入れるときはバックからって
決めてるんだって言うの。」初挿入からバックとは。
私なんか遠慮してその頃はまだバックは
したことがありませんでした。足の長い妻のあそこは
背の低い私には入れにくいのです。妻がその気になって
大きく自分から股を開いて腰を下げなければ入れられないので
後ろから愛撫した後に入れようとしても、
嫌と言われれば諦めざるを得ませんでした。
2回ほど断られて、私の方から求めることも出来ずにいたのです
「四つん這いになるね。西脇君にされたときのかっこう・・・」
大きく股を開くと、白く長い太腿の間にそこだけ
別の生き物のようなピンクの割れ目が溶けて涎を垂らしています
たまに、バックで入れさせて貰うときは、
いつも私をリードする妻を征服できるような気がして、
かえって興奮が勝ってしまい驚くほど早漏になってしまうのです
引き締まった白い小さなお尻をわしづかみにして
腰を打ち付けるとものの1分も持ちません。
細くすらりとした、腰から肩までの筋肉質な身体が
しなるのを見ているともう堪らないのです。
それを妻は嫌がってか、滅多にさせてくれません。


私という「パートナー」という感じの相手に
バックからされるのを嫌っているのもあるでしょう。
西脇は強引でサディスティックな巨根男だったから、
バックで犯されるのも仕方ないと思ったのでしょうか。
理由はうすうす分かっていましたが、聞いてみたくなりました
「嫌じゃなかったの?美歩、前から・・・
バックはきらいじゃない・・・どうして・・・。」
「美歩だって、・・・そんなのやだったよ。
初めてするのに最初からバックなんて。
たーくんにはさせてあげてなかったし・・・」
やはり、妻も私には、
させたことのない体位だと分かっていたのです。
「だけど、早くしないと入れてあげないよって言われた。
だから四つん這いになったの。犬みたいで、いやだった
なんかくやしかった あそこだけ使われるみたいだもん。」
私にとってたった一人の初めての恋人だった女性、
そして今は妻になっている女性です。
西脇は、その美歩を、ほんの2,3時間の内に
ベッドに連れ込み、こらえきれないほどに発情させたのです
私がアルバイトで働いている間です。
そして愛でも恋でもなく、
欲望のままに獣のような姿勢で
初めての挿入を受け入れさせたのです。
「やだって言えばいいじゃん。」
欲情と同時に、怒りを覚えてしました。
私の言葉にも怒気がにじんだと思います。
しかし妻は気にせずに言います。
「だって欲しかったし・・・なんか、
SMっぽい雰囲気でいじめられて興奮しちゃってた。
やられちゃうみたいな感じ。」妻は私には
そんな素振りは見せたことはありませんでした。
私が言うのも恥ずかしいのですが、美人ですし、
いつもツンとして取っつきにくいと言われがちなほうです。
私には「デレ」も見せてくれていたのですが、
マゾ性を見たことはありません。
「美歩、マゾなの?」「わかんない・・・だけど、
西脇君の時は自然とそうなっちゃってた。
あの時はマゾになってた。いじめて欲しかったの。
おあずけにされたり、いやらしいこと言わされたり、
自分でおちんちん擦らされたり・・・・
たーくんにされたこと無いこと、
たくさんされて、感じちゃってた。」
私が聞きもしないことを、自分から話しながら、
四つん這いの妻のあそこはヒクヒクと
感じているのが分かります。たまに舐めたりしますが、
妻が自分で話すだけで興奮しているのを
見ていたいと思いました。その時のことを
思い出しているのでしょう。多分、
西脇の巨根が妻の脳裏にくっきりと描かれているのです。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

「西脇君すごいSなんだもん。四つん這いにされて、
いやなんだけど、・・・興奮もしてた・・・。
彼氏がいるのに遊び人の悪い男にやられちゃうんだって
思ったら興奮して・・・犬みたいにバックで
犯されちゃうんだって・・・四つん這いのまんま、
あそこがジンジンしてた。」
「なんで?僕の時には・・・着けないの安全日だけだし
バックも嫌がるし・・・」「だって・・・」
「だって?」
「・・・そういう感じにさせられちゃったの・・・」
「そんな、おかしいよ・・何で西脇の時だけで・・・」
「・・・だって・・・・」「・・・」
「・・・大きいんだもん・・・・」
さすがにこれは少し言うのに躊躇いがあるようでした。
「あれが大きいからマゾになるの?」
「わかんない・・だけど・・・たーくんのより、
ずっと大きいの。全然違うの。ずっと大きいの見せられて
あそこにグリグリされてるうちに、
一緒にセックスするっていうより、一方的に
やられちゃうみたいな・・・犯されるんだっていう感じに
興奮してた。マゾになっちゃった。」
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。