更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「人妻・不倫」私をこんなにしたんだから 責任とってよ!⑥

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


家庭内離婚をした美穂は、以前より明るくなった。
何かがふっきれたようすだった美穂の近所の人たちは夫婦仲が
戻ったのかと勘違いするほどだった。地味だったファッションも
代わりミニスカートを堂々と履いていた。
美穂の近所の評判も良くなりその反面で
ダンナの評判は悪くなっていった。
美穂は昼間はパートで働きだした。
そして夕方学校が終わる俺を迎えに毎日近くまで来ていた。
美穂の運転する車で少しドライブの後車内で
俺のズボンのチャックをおろしては口に含んでくれる…
一日一回は俺の精液を飲まないと元気が出ないらしい…
これが毎日の日課であった。
美穂が働きだしたのは理由があった、
俺が美穂を迎えたいので
その準備のため今まで以上に
バイトをしなければいけなかったので
美穂とも会える時間が少なくなるって伝えたからであった。
俺が夜遅くまでバイトする分…美穂が昼働きたいって言った来た
そして学校が終わってバイトに行くまでの時間を美穂と
会うことにしていた。
やがて二人の関係は先輩にも知られることになった。


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
美穂のダンナが「妻が浮気している…」と、
先輩に漏らしたことからだった。そして偶然に先輩が近くの
スーパーで働いている美穂を見かけた、
しかし先輩は美穂に声すらかけることはできなかった。
4ヶ月前に美穂に乱暴したがその後は
弱みのなくなった美穂の強い態度に押され気味で逆に暴行罪で
訴えるまで言われた先輩であったが、
美穂の仕事が終わるのを待って呼び止めた…
「やあ…元気そうだね」美穂は少し驚いたがすぐにきつく言った
「何しているの?こんなところで…
ここは関係者以外は立ち入り禁止よ!」
「相変わらずキツイな…いや 
ダンナさんから聞いたんだけどね…
美穂さんが浮気しているんじゃないかなって…」
言葉を詰まらせながら先輩は言った…
その弱々しい言葉に美穂は…
「そうね誰かに犯されたことがあったわね…
まだ写真があるのなら
それを証拠に訴えましょうか?…」
「いっいや…その話じゃなくて…」
「私が浮気しているのをネタに
また脅迫するつもりかしら…
あなたが私を犯した理由はわかっているわ…
主人にプレッシャーを与えて
陥れるつもりだったみたいだけど…
残念ね主人は私がどうなろうと見向きもしないし仮に主人に…
”お前の嫁さんを犯した”って言ったところで
何も動じないでしょうね…そんな人だから主人は…」
先輩は言葉が出なかった。
「今は主人とは家庭内離婚だけど…
近く正式に離婚するつもりよ…だからお金がいるの」
先輩は美穂が何を言いたいのかわかったようだ。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
「俺は…金なんて持っていないし…」
「私はね…あなたに強姦されたことを
知られてもかまわないのよ…
主人にだって知られてもね…そうねそのほうがかえって
離婚調停の際に私の方が有利かもね」
先輩は美穂の強気の言葉に慌ていた…
「慰謝料を請求するわ!…
でないと強姦したことや脅迫したことをすべて話すからね!!」
美穂はそう言うと早足で自分の車の方へと歩きだした。
ただ呆然と先輩は美穂の後ろ姿を見ていたらしい…
夕方美穂に会ったときにこの話を聞いた。
少し興奮気味の美穂を抱きしめて
「美穂!あまり無茶するな…慰謝料だなんて…」
「別にいいじゃない…
それに当然のことじゃないの…」
「じゃ…俺は?俺だって
美穂を犯しつづけたんだけどな…」
「もちろん慰謝料はもらうわよ~」
美穂は少し微笑みながら言った
「私を絶対に捨てないって…
ことでかんべんしてあげるから」
美穂は俺にキスをしながら…
「絶対に…離さないで…私を幸せにしてくれたら…
それが慰謝料よ…」
その夜先輩から電話があり美穂のことを聞いた…
「驚いたよ…美穂のやつなんであんなに強気なんだ?
他に男がいるようだけど犯されたことを
バラされても良いっていってた…」
「それでいくら払うつもり?」
「そんな金はないし…
それよりお前美穂とはあの後どうなったんだ?」
「もちろん美穂とは楽しく関係しているよ」
「今もか?」
「ああ…そうだよ美穂の身体も心も俺の物さ!」
「マジで?ホントかよぉ…
それじゃ美穂の男ってお前なのか?」
「そういうことになるかな最近では
美穂の方から会いにくるし…
それより俺だって美穂に慰謝料払っているんだぜ…」
「ホントかよ…」
「ああそうだよセックスで払っている」
そう言って俺は思わず笑ってしまった。
先輩はしばらく言葉がなかったが…
「慰謝料だがマジで払わないとマズイかな…」
「それについては俺はなんとも…
美穂の考え出しな…俺が受け取るわけじゃないし」
「美穂に払うってことは結局はお前の物じゃないか…」
「とにかく美穂が先輩に強姦されたことは
事実だし俺とは同意の上らしいよ…」
俺は少し脅すように言ってしまった。
「俺が強姦でお前は和姦ってわけか…
うまく美穂を丸め込んだな…」
「とにかく…美穂の言うとおりにしないと
先輩の立場もあるしね…」
そういって電話を切った。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

美穂のダンナにしてみれば自分の妻が浮気しているとは
とても言えない状況だった自分の妻も管理できない者は
仕事の管理もできるはずがないと…
会社の立場があったからである。
若い野心家の美穂のダンナはエリートコースを歩んでいた
妻のスキャンダルは夫のスキャンダルとなり
出世に影響があるからだ…
そこを先輩が狙って美穂を襲ったわけではあるが
今となっては先輩の立場が危なくなっている始末であった。
そしてダンナにとっても美穂は
危ない火種になりつつあった会社で
先輩が美穂とのことをつい漏らすこともあり…
また美穂自信も夜ダンナがいるのにもかかわらずで
ミニスカート姿で外出していく…
家庭内離婚とはいえ戸籍上も
外見上も世間体もちゃんとした夫婦であった…
美穂のダンナは美穂との正式離婚を考えていた…
当初は離婚は会社の立場上まずいことだったらしいが…
それ以上に妻である立場の美穂の行動事態が
マズイものになってきたからであった。
そしてそれは賢い美穂の作戦でもあった。
ダンナの方から離婚話を切り出させる手段であったのだ…
自分の出世のために妻のことも家庭のことも考えないダンナに
対する美穂のリベンジでもあった。
そしてそれを実行することに決心できたのは
俺の存在があったからである。
何もかも清算して裸のままでも俺のもとに飛び込める…
美穂は俺との将来にすべてを賭けてみようとしていた。
とはいえ美穂に無理なことはさせられない…
俺はある日の昼前美穂の家に行った。
美穂は洗濯していた、突然俺が来たのに
少し驚いた様子だったが
「あら…めずらしい、いらっしゃい」
そう言って俺に抱きついてきた
「どうしたの?…こんな時間に学校は?」
「今日は休みだよ…試験休みなんだ…」
「じゃ勉強しないと…」
「ちょっと話があって…」
「入って…」
俺は家の中に入るなり美穂に抱きしめられて
そのままソファの上に倒された…
美穂は俺の口の中に舌を入れて絡ませてくる、
俺と会う日はミニスカートだが…
普段は膝丈程度のスカートだった。
俺以外にミニスカート姿を見せないらしい…
美穂は俺の膝上で着ている服を脱ぎだした。
そしてブラも外してトップレスのままで再びキスをする…
「美穂!」
俺はキスの後美穂に先輩への慰謝料のこと…
ダンナさんへのこと
「別に気にしなくてもいいのに…そんなこと」
「あの二人はね…お互いに陥れ合いをしているのよ…
それで私が二人のスキャンダルのもとってわけ!」
美穂はそう言って俺のズボンをおろした、
そしてそのまますでに大きくなっている
モノをしゃぶりだした。
美穂の強烈な吸い込みに俺はたまらずに放ってしまった。
美穂はティッシュで口元を拭き、長い髪を後ろに
括り出たばかりの俺のを手で握りながら
「ねえ…毎日来てよどうせ主人は遅いし」
「近所の目もあるし無理だよ…」
「いつも言うこときいてあげているのに…
たまには私のお願いもきいてよ!」
美穂はそう言ってきつく俺のをにぎった美穂は
俺の横に寄り添い…
「このまま一緒にいたい…ずっと一緒に…」
「美穂…」
「私ねぇぇ来月離婚するのよ主人から
たくさん慰謝料がもらえるのよ」
そう言って美穂は自らパンティを脱ぎ
俺の上に乗りそのままハメてくれた。
美穂は激しく腰を動かしいる、
俺の目の前には大きく胸が揺れている…
その揺れている胸を掴み左右交代にその乳首を吸った。
クッションのよくきいたソファの上では
美穂の恥部の奥深くまで俺のモノが入っていった…
そして美穂の中へと放ち…
その後は美穂が舌で綺麗に隅々まで舐めてくれる…


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

美穂の家で俺は昼間から
生フェラをしてもらってた。
一度中へ放った後足の指先から
全身にかけて美穂の舌が動いていた…
そしてもう一度元気になるように…
強く吸い込むようにしゃぶり続けている、
やがて再び大きくなった俺のモノを
喉の奥までいれるかのように吸い込んでくれる
たまらずガマンできずに今度は口内へと放った。
美穂は一気に飲み干した
「もうお昼ね…お腹すいたでしょ何食べたい?」
美穂は口元をティッシュで拭きながら
そのままの姿でエプロンを付けながら言った。
「何でもいいよ」台所に立った美穂の姿は
主婦そのものであった。
「今度裸のままエプロン付けて見せてあげようかなぁ」
美穂は甘えるようなしぐさで言った。
初めて美穂の作った料理を二人で食べた…
「今日パート休むからゆっくりしていってよ…ねぇ…」
美穂の気持ちをわかっている俺は
久しぶりにゆっくりすることにした、
毎日学校が終わって
バイトまでの一時間ぐらいしか会えないし…
とはいえ週末土日はずっといっしょに
過ごしているのだが
美穂にしてみれば一分一秒足りとも
いっしょに居たいからであった。
午後美穂はミニの巻きスカートを履いた。
これも膝上30cm以上の短い
スカートだ…ただ腰に巻くだけのスカート中にホックが
ついているようだ外からは
紐みたいなものでくくる程度だった。
「どう?気に入ってくれた?」
美穂はミニスカートが
よく似合う細く白い足は余りにも魅力的だ…
誰もがその太腿の奥深くを想像するに違いないだろう…
俺はその太腿の奥深くまで自由にできる…
そう思っただけで再び俺のモノは大きくなってきた
そしてスカートをめくり上げて
「この色は?キライじゃないでしょ?」
ピンクのパンティに履き替えていた。
…以前はショッキングピンクという
キツイ色のパンティを
履くことがあったが俺の好みに
合わせて薄い色にしている。
美穂はスカートから手を離すと
俺の肩に手をかけてそっと胸もとに顔を埋めて
「今度のお正月はいっしょに過ごしたい…
ねぇいいでしょ」
「ああぁクリスマスも一緒だよ…」
「約束よ…」
俺は強く美穂を抱きしめて美穂の唇にキスをした。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

午後からは外出した、
美穂の車で俺が運転してドライブへと…
「ねぇ一つ聞いていい?」
「何だ?」「私のビデオとか写真はどうしたの?」
「いきなり何を言うんだ?…」
俺は少し苦笑しながら逆に聞いた。
美穂も笑いながら、
「別に…まだ見ているのかなって思って」
「たまに見るよ」
「やっぱりぃぃいつでも私を自由にできるのに?」
「それとはまた別だよ」
「ふ~ん…彼女がいてもHビデオ見るのと同じなのね」
美穂はそう言って俺の顔をじっと見つめた…
「何だよ…その目は」
美穂は笑ってごまかしていた。
晩秋の行楽地は紅葉の季節だった、
はしゃぎまわる美穂は妙に可愛く…
時折強い風が吹いて美穂のミニスカートが
フワッとめくれそうに
なる時がありスカートの裾を押さえる姿は
どこか色っぽく見えた。
行楽地を後にしてショッピングへと向かった。
美穂はミニスカートを見ていた
俺に選んでくれと言う…
フレアミニや巻きスカートを中心に美穂が似合う
マイクロミニを選んだ、
どれもこれも下着がほとんど
丸見え状態になるものばかりだ…
美穂は苦笑しながらも買った
「これからずっとミニ以外ははいちゃいけないみたいね…」
俺も苦笑しつつ
「ミニでも履けるだけマシだろう…」
「ひっど~~い!」
美穂はスネた真似をして言った…
夕方帰る途中、いつものホテルへ休憩に
入り買ったばかりのミニスカで写真を取ることにした。
美穂は恥ずかしがることもなく
俺のためにいろんなポーズを取ってくれていたが
「ねえ~もういいでしょ」
そう言ってカメラを取り上げて俺に抱きつきに来た。
「写真より実物をいつでも見れるじゃない」
美穂は俺の股間に手を伸ばして強く握りながら言った。
俺はスカートをめくり上げて、
パンティをずらして手を入れて撫でる…
そして美穂を裸にしてベッドへと倒し両足を開いて
久しぶりに美穂の膣内を舐めた。
そしてそのまま俺のモノをハメて正上位で
腰を強く動かし一気に美穂の膣内に発射…
美穂の顔に持って行きそのまま口の中へと
入れ強く吸い込むように
しゃぶってもらう、そして再び美穂の口内へと放った…
美穂の生フェラは気持ちがいい、
その後何度か体位を変えて楽しんだ後帰ることにした。
美穂は帰る時間などは気にしていなかった。
美穂の帰るところは俺のもとだと…
美穂は俺にキスをしながらいつも呟いていた。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

11月の末、美穂は離婚した…
何ごとももめることもなく協議離婚が成立した。
それには理由があった、
年明け早々に美穂のダンナの会社では
異例の人事がありダンナは昇格間違いなしと言う
内示があったからである。
莫大な慰謝料より出世を美穂のダンナは選んだ…
美穂は動じることもなく一年半過ごした家を
出て小さなアパートへと移った…
俺は美穂の新しい部屋の片付けを
手伝いながら時折美穂の姿を見つづけた。
…ホントにこれでよかったのか
美穂は離婚した…
何の気兼ねもなく美穂に会えるし一緒に堂々と歩ける
俺の都合しだいで美穂と24時間
一緒にいることもできる
家庭内離婚の時は確かに自由にできた、
時間も気にすることもなく好きにできたが人妻で
ある以上は世間の目があった。
もうこれからは何も気にすることもなくなった
「どうしたの?」
ふと片付けている俺の手が止まっているのに気づいた
美穂が目の前に立っていた。
ベージュ色のミニのタイトスカートを
履いてちょっぴり怒ったような表情だ…
「もぉ疲れたの?」
そう言って俺の前にしゃがみこんだ。
美穂の履くスカートはすべてミニだけだ
それもマイクロミニ俺の目の前で
パンチラ状態になっていた。
俺の視線が美穂のスカートに中へ
注がれているのに気づいた美穂は
「少し休憩しましょ…」
そう言って俺の横にいつものように寄り添った。
俺の手を取って
「もう少し待って…お昼まで片付くじゃない…
そしたら楽しませてあげるから!」
美穂は俺の手を自分の太腿に置いた。
座った状態だと太腿の付け根近くまで
スカートは上がっていた。
「別にそんなんじゃないよ!」
「じゃ何考えていたの?私の足ばかり見てたじゃない」
そう言って美穂は笑った。
「ねぇ…明日新しいベッドが来るのよ!
ダブルベッドそれに布団も新しいのよ
マクラもペアなの、それに…」
美穂は楽しそうにしゃべり続けた…


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

今日の美穂は可愛く見える…
離婚して間もないのに明るくて活発だった。
普段の美穂は美人だ笑顔の美穂は
どこかあどけなさがあり可愛く見える
「ねぇ…聞いているの?」
ふと気づくと美穂の顔が目の前にあった。
そしてそのままキスをねだった、
俺は美穂を抱きしめてその唇にキスをした。
「マンションも頼んでいるのよ…
クリスマスまでには大丈夫と思うの…」
美穂はいったいいくら慰謝料を貰うつもりなのか…
マンションって言えば
俺は驚いたものの…美穂にしてみれば当然なのかも知れない。
「さぁ~続きよ!立って!」
美穂は俺の手を引っ張り上げて片付けを始めた
昼までに片付けが終わりなんとか形になり
美穂の手料理を二人で食べることに
なった。台所に立った美穂は…
「今日はこのままでエプロンね」いつものジョークで笑う。
「今夜は泊まっていってね…一人じゃ寂しいから…」
美穂にして見れば離婚後初めての俺との一夜だからだ。
午後美穂と外出した。
タイトミニは風でめくれることがないので
そのままの姿だった。
新しい生活の必需品を中心に買い物をする、
ほとんどが俺とのペアものばかりだった。
そして…
新しい表札は俺の姓での美穂の名前と俺の名前だった
それは俺の案だった。
女の一人暮らしは物騒だから俺の名前を
入れたのである…
それに俺も頻繁に来る予定はしていたからであった。
その夜…人妻ではない美穂を抱いた。
独身の美穂…俺だけの美穂…
今まで何回も美穂の中に精液を注ぎこんで来た、
しかし妊娠することはなかった。
生理が遅れることは何回かあったものの
妊娠には至らなかった。
医者の話は精神的なもの…ストレスで生理が
遅れることや一ヶ月もないこともあるという…
確かに美穂は不安定な状態であった、
しかし俺と完全に結ばれた後でも
家に帰ると精神的に不安定になっていた、
俺と一緒に居るときが美穂にとっては
幸せなひと時だったらしい、
そのため生理不順が続き
不妊症になっていたようであった。
今は離婚して何も不安もないはず…
不妊症も治るはずだ…
しかし美穂にして見ればホントに
一緒に暮らせるまでは不安なのかも知れない…
美穂は俺に美穂自信でできる限りの
愛情を示してくれている…
普通では恥ずかしくてとても履けないような
ミニスカートでも俺の為に履いてくれている。
俺が求めればいつでも美穂は相手してくれる…
そんなけなげな美穂に応えるには
美穂が望んでいることをかなえてやる
ことだった。それは…子供がほしいということだ…
俺は妊娠することを願って美穂の中へと放った…
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
50位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。