更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「寝取られ」はっきり「便所」という二文字が残っていた・・・④

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


結局、妻が帰宅したのは10時を過ぎた頃だった。
午前中には家を出ていたはずだから、
移動の時間を除いたとしても
8時間以上もYと一緒にいたことになる。
妻は何気ない表情で「遅くなってゴメンネ」と告げた。
そして、汗かいたから気持ち悪い、と言い残し、
すぐにシャワーを浴びに行った。
情けないな・・・と思いながら、
妻がシャワーを浴びている間に、
洗面所に無造作に脱ぎ捨てられた
服やスカートを調べてみた。
ブラとパンティーは見つからなかった・・・
俺は元通りにして部屋に戻った。
おそらく妻は今ごろオッパイに刻まれた
正の字を必死で消しているのだろう・・・


妻はシャワーを浴びた後、一言「疲れた」と言い残し、
寝入ってしまった。
俺は恐る恐るYにメールした。
何度も執拗に犯られたことは間違いないが、
実際に確認してみなければ、気がすまなかったのだ。
俺「正の字、見れんかったわ。何回やったん?」
すぐに返事が来た。
Y「俺が9回で、ツレが7回です★
さすがに最後の方はほとんど出ませんでしたけど^^;
真奈美ちゃんのマンコもユルユルやったし・・・
正の字、見はれへんかったんですか?
Mさんの為にちゃんとカウントして書いたのにな~。
オッパイに正の字書かれた女を犯るのって、
マジ興奮しました!」
俺はメールを読みながら勃起していた。
そして、すぐに返事した。
俺「なんか変わったプレイとかした?
ツレの反応はどうやった?」
今度はしばらくしてから返事が来た。
Y「ずっとビデオカメラ回してたんで、
よかったら今度見せますよ。
あとはツレがマンコに、
俺がアナルに同時挿入やりました★
出すタイミングはズレましたけどね・・・
あと、ツレは最初は真奈美ちゃんのこと
気に入っててんけど、途中から飽きたみたいで・・・
真奈美ちゃんのマンコがユルなったってのも
あるかもしれんけど。
それでも俺との勝負に負けたくないからって
最後の方は裏DVD見ながら、
真奈美ちゃんをバックから犯してましたw」


[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
僕はベッドで一人、
幸せそうな寝息を立てて眠っている妻を見た。
妻はいつもTシャツにパンティ一枚という格好で
寝る為、僕は妻の身体を間近で
じっくりと見ることが出来た。
ジムで鍛えたおかげで身体は引き締まり、
余計な肉は少ない。
それでいてひどく華奢な妻の肢体は、
見るものに対して、少なか
らずレイプ願望のようなものを抱かせるであろう。
折れそうなほど
細い足首は何度もY達に掴まれ、股を広げる為に、
大きく開かれ、そしてその股間には
数え切れないほどの回数、計算できないほどの時間、
太いチンポを出し入れされたのであろう。
さっきのメールによると、妻は16回、
彼らの精液をその華奢な身体で受け止めたことになる
僕は、約8時間の間に、
この妻の華奢な身体が16回に及ぶ射精を
受け入れたのか、と考えると
堪らなく切ない気分になった。
Yの友人は裏DVDを観賞しながら、
妻をバックで突いていたという。
今日初対面の男がアダルトDVDを見ながら、
バックで自分を突いている・・・
その間、妻はどんな気持ちだったのだろう?
妻はうつ伏せに寝ていて、
形のいいヒップがツンと上を向いている。
このお尻の中にも何度も射精されたのだろう。
近づいて見てみると、
妻のお尻は赤いアザのようなものが無数についていた
爪あとのようなものも多数あった。


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
僕はそんな妻の無残なお尻を見て、
溜まらず寝室を出た。
Yと友人は妻をイかせたり、
感じさせたりする気など皆無だったのだろう。
自らの快楽と射精の為だけに、
妻の身体を半日近く弄んだ訳だから。
すなわち、今日に限っては、
妻の身体は彼らを悦ばす為だけの道具だった
のである。性欲を処理する為の道具の扱い方なんて、
たかがしれている。
Y達は妻をバックで犯し、射精する瞬間、力の限り、
妻のお尻を鷲掴みにして、
緩くなった妻のオマンコ(もしくはアナルだ)を
少しでもキツくして、自らの射精感を
アップさせたかったに違いない。
それであれば、妻のお尻についた無数の
アザや爪あとにも納得がいく。
いや、もしかしたら、緩くなった妻に
不満を抱いたYの友人がバックで犯しながら、
妻の尻を激しく叩いたのかもしれない。
あのアザはちょっとやそっとのアザではなかった。
ふと気がつくと、僕の目には涙が溜まっていた。
なぜだ?こうなることは
最初から分かっていたことじゃないか。
これは何に対する涙なのだろう。
僕は妻と付き合っているときのことを思い出した。
それは僕たちがまだ20代の前半で、
僕たちは些細な喧嘩をした。確か僕が他の女の子と
仲良くし過ぎたとかいう、そんな些細な理由だ。
若かった僕はむきになって、
そんなことでとやかく言われる筋合いはない、
と真奈美を責めた。
僕の口調が厳しかったこともあったのだろう。
真奈美は感情がすぐ表に
出る子だったから、真奈美はすぐに涙ぐんだ。
でも真奈美は泣かなかっ
た。そのかわり、ずっと上を向いていた。
あとで聞いたら、
「上を向いてたら涙がこぼれないから。
女はすぐ泣くって思われるの悔しいし、
ずっと上向いて我慢してた」
と真奈美は少し窮屈そうな笑顔で言った。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

そんなことを考えていると、本当に涙が溢れてきそうになったので、
僕はやはり上を向いて、大きくため息をつき、
冷静になろうと努めた。
携帯を見ると、またYからメールが着ていた。
「そろそろ寝ますわ!
さっきビデオ見てたんですけど、
やっぱり少し離れた場所から撮ってたんで、
あんまりキレイに映ってなかったです。
なんで、次回はハメ撮りにします★
あ、オマケつけときます^^v
俺らのせいで真奈美ちゃん、
しばらくザーメン臭いと思うけど、
連休 二人で楽しんで下さいね^^;」
添付された画像には正の字を書かれた
真奈美のオッパイが写されいて、
それを見た瞬間、
我慢していた涙が床にこぼれ落ちた。
僕は今日に限っては、
妻と同じベッドで寝る気にはなれそうになかった。
つい数時間前まで、
何度も何度もその身体に他人の
精液を注ぎ込まれた妻の隣で寝ることを
考えると気が狂いそうになる。
もちろん、このことは僕もある程度は
承知の上だった訳だけど、
こうも現実を目の当たりにしてしまうと、
さすがに正気を維持するのは難しい。
いくらシャワーを浴びたとはいえ、
妻の身体には半日近くの間ずっと
精液が注ぎ込まれていたのだ。
おそらく妻のオマンコの中には
まだザーメンが残っているであろう。
居間に戻ると、妻の携帯がソファの上に
無造作に置かれていた。俺は
妻と付き合い始めてから、
初めて妻の携帯のメールを見た。
それは止めることのできない、
衝動にも似た嫉妬と憤怒、悲しみ、憎悪、
そんな感情が複雑に入り混じった刹
那的な欲求だった。
残念ながらYからのメールは
期待したような内容ではなかった。
時間の指定といった事務的な内容が
淡々と書かれているだけだったからだ。
考えてみれば、性欲のはけ口程度にしか
考えていない女にマメにメールで
連絡を取る必要などないのだ。
僕は妻の携帯を手にしている自分に
罪悪感のようなものを感じてきて、
数分でそれを元の場所に戻した。
結局のところ、僕が妻の携帯のメールを見ても、
物事は何一つとして進展しないのだ。


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

それでも目が冴えてしまい、
寝付けなくなった僕は再び寝室に戻った。
今度は妻は仰向けになって
気持ちよさそうに寝ている。
Tシャツの上から妻の小ぶりな胸のふくらみと、
少し立った乳首の形が
わかる。僕は妻の横に腰を下ろし、
Tシャツを少しずらしてみた。
妻は眠りが深いせいか、一度寝てしまうと
滅多なことでは目を覚まさないのだ。
妻が全く反応しないのを確認して、
僕はTシャツをさらに捲り上げた。
妻の腹部とオッパイがあらわになった。
僕は目を疑った。妻がさっき浴室で
必死に消そうとした跡は見えたが、
油性のマジックは思った以上に強力だった。
妻もまさか僕に見られるとは
思っていなかったのだろう、
途中で消すのを諦めたようだった。
妻の右のオッパイには乳輪の上側に正の字が一つ
乳首の真下には途中まで書かれた正の字が
しっかりと残っていた。
左のオッパイも同じようだった。
左が友人側だったのだろう。
正の字は右側よりも少なく、そして乳首を中心に
花のような絵が描かれているのが残っていた。
そして、妻のへその上、
腹部にははっきりと「便所」という二文字が残っていた
彼らからしてみれば、膣外射精、
腹の上に射精する必要などなかった訳だから、
妻の腹や小さなオッパイは絶好の落書きスペースに
なったのだろう。よく見ればオッパイにも
無数の歯型や爪あとが残っていた。
縛られたような跡さえあった。
これじゃ妻も疲れてすぐに寝てしまう訳だ。
この華奢な身体でよくそんな過酷な仕打ちを受けて、
半日近く過ごしてきたんだな・・・真奈美。


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます

僕は妻を抱きしめたい気持ちになったが、
やはりそれは出来なかった。
僕はめくり上げたTシャツを元に戻し、
妻に数年ぶりの口づけをして、僕は再び寝室を出た。
この日、妻は二人の男に犯され、嬲られ、弄ばれ、
性欲処理の道具のような扱いを受け、
そのか細い身体には
16回に渡って精液が注ぎ込まれた。
正常位に始まり、バック、騎乗位、フェラ、
アナル、イマラチオ、二人による同時挿入・・・
およそ女性を前にして考えつく
全ての行為を妻は強いられたのだろう。
だけど、この日、
妻に口づけをしたのはおそらく僕だけだろう。
彼らにとって真奈美の口はフェラをして
精液を飲み干す為の存在だからだ。
こんな風にして、僕は人生で一番悲しくて、
切ないキスをした。
それはほんの一瞬の、
唇と唇が軽く触れ合う程度の
口づけだったのだけれども
僕は遥か昔にどこか遠くに
忘れてきた何かを思い出したような気がした。
それが何なのかは判らない。
きっとこれからも判らないだろう。
これから先、僕と真奈美
がどうなっていくかは判らないけれど、
今日(ついさっきだ)交わしたその狂おしいほど
切ないキスの重みを僕が持ち続ける限り、
僕たちは大丈夫な気がした。
人間は例外なく不完全な存在であり、
不完全ゆえに多くの過ちを犯してしまう。
その過ちの深さゆえ眠れぬ夜もある。
だけど僕は知っている。
そんな切ないキスや、眠れぬ夜、激しい憤怒と嫉妬
そんな全てをひっくるめて、
この胸に抱いて生きていかなければならないことを。
人生にリセットボタンはないし、
巻き戻しも出来ないけれど、
これからも僕たちは
ずっとそんな風にして生きていくのだろう
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「寝取られ」はっきり「便所」という二文字が残っていた・・・④】

結局、妻が帰宅したのは10時を過ぎた頃だった。 午前中には家を出ていたはずだから、移動の時間を除いたとしても8時間以上もYと一緒にいたことになる。 妻は何気ない表
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。