更新状況 (最新の情報はコチラから!)

女性の為の不倫(彼)を見つける

[18禁]女性のための出会い
総合アクセスランキング
綺麗な乳首の色
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
え?こんなに感じてる
不倫相手募集中
人気ページランキング
ブログパーツ

スポンサーサイト

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

「処女喪失」お兄ちゃんのお嫁さんになるって言ってたの覚えてないの?②

官能小説・体験告白談を読む前に ⇒ ◎官能小説ランキング◎


全身の神経を左手のひらに集中し、時には強めにさわっていた。
起きてしまったらどうしようと考えると、ものすごく興奮した。
10分は撫で撫でしていただろうか。内ももにも手をだし、
足全体を触りまくった。
もう俺の下半身は山のようになっており。
(おじさんごめんなさい。) 脈打ってしまっている。
それでも寝息をたてているんだなコレが!
理子は完全に寝てしまっている・・・・・(確信)。
調子にのった俺は理子のセーター越しに
ちっちゃな胸を触ってみた。
プックリしている胸はどうさわってもAカップ。
でもちっちゃくて、かわいくて、、、たまらない。
ちっちゃな胸にちっちゃなブラをつけてる。
胸の触り心地が気持ちいいんじゃなくって、
触っている自分自身に興奮している。
(あー、これが理子のおっぱいか~。俺触っちゃってるよー)
このまま理子が目覚めることなく永遠に触っていたかった。
しかし!胸ばかり見ていたら、
知らぬ間に理子が目覚めていたのだっ!


真っ赤な顔して下向いてる。ヤバイッ!俺スゲーヤバイッ!
考えずにでた言葉は「ご、ごめん!理子があんまり
にもかわいかったから、、つい、、本当にごめんねっ!」
理子は小さな、かすれるような声で
「こわいよ・・・お兄ちゃん・・・」
「いや・・ほんとうごめん。こわい思いしちゃったね。
ごめんね理子っ。 もうしないから。」
少しの沈黙の後・・・・理子が
「お兄ちゃん、あたしってかわいい?かな?」
とボソッと言った。 俺はもう、言ってしまった。
「理子は俺が知り合った女の子の中で一番かわいいよ。
だから、きっと理子の好きな人も
いつか理子に振り向くと思うよ。」



[18禁]女性でも安心してオトナの出会いが楽しめるところって?
理子は下をむきっぱなし・・・
また、しばらくの沈黙のあと意を決したように理子が
「それ、お兄ちゃんなの。」 「え!?」
「だからー、あたし・・
お兄ちゃんの事がずっと好きだったの。」
か細い声ながらも力強い理子の突然の告白に、
こっちが下を向いてしまったが、
俺はゆっくり理子の肩を抱き、自分の方へ引き寄せた。
理子はまた、びっくりしたような表情を浮かべた。
「俺も理子の事とっても大事だし、大好きだよ。
今日の今日まで何となく邪険にして、、 ごめん。」


[18禁]安全宣言サイト。安心してオトナの出会いが楽しめるようになってます
そういうと、真っ赤な顔をした理子は
俺に抱きついてきた。
俺と理子はゆっくり顔を近付け、
お互いの目を見つめあったあと、キスをした。
そこで止まらない・終わらないのが俺です。
恐らくファーストキスだったろう理子は顔を真っ赤にしてた
「理子。お兄ちゃんとってもうれしいよ。
だってキスしたの初めてだろ?」
「うん。でも、あたしの方がうれしーんだから、、、
ちっちゃいころからずっと
お兄ちゃんのおよめさんになるって
言ってたの覚えてないの?」
何だか、今日、急に好きになった俺としては
申し訳ない気持ちになった。
「覚えてるよ。」もう一度キスをしたあと


[18禁]【オトナの出会い系サイト】安全性で選ぶならここがオススメ。
自然に俺の手は理子の太ももをまなでてていた。
そして、ディープキスへ。
舌を理子の口にいやらしく流し込むと
理子から小さな「アッ」
という呻きが聞こえた。更に舌を絡ませたあと、
理子に「理子、舌を入れてごらん。」
とささやいてみた。
「え、う、、うん。」とためらいながらも、
震える舌がぎこちなく俺の口に入ってきた。
俺のだ液と理子のだ液がからみあい、
いやらしいクニュクニュッという音が
お互いの口から流れる。
なんて可愛い子なんだろう!!
俺はストップがきかず、
理子の首筋や耳にキスをしはじめた。
「アッ!だ、だめ、、、だめだよ・・
アンっ、だめだよお兄ちゃん、、、」
震える小さな声は、もはや、俺の耳には入らず、
首筋をベロベロとなめ、
右手は理子の小さな胸をまさぐった。
理子はもう、声にならない声をだしはじめ、
「だ、、、めだよ、、だめだよ~ぉ」
と繰り返していた。
もう止まらない俺は理子のセーターの中に手を入れ
背中のブラのホックをはずした。
「え!それは絶対だめっ。はずかしいよぉ~」
と理子は両手で胸を守ったが、
ゆっくり「大丈夫だよ。」と言って腕をはらった。
小さな抵抗の力が本当にかわいいものだった。
生で乳首をさわった。ぷっくりとした胸に
とってもかわいらしい乳首の感触が
生々しく彼女の発育を物語る。


[18禁]地域別でHなご近所さんが探せます

とっても敏感らしくコロがすたびに
ビクッビクッと小さな体は反応する。
「理子、おっぱいなめちゃうよ。」といい、
「イヤァー、、」という真っ赤な理子を
無視しながらセーターをするッとあげた。
幼さが残るウェストのラインにハッとしたが、
はずれた白いブラの下に覗く、
そのピンク色をした愛らしい乳首と
ぷっくりした乳房に感激した。
おもむろに一度ベロンッと下から上へ乳首をころがした。
体全身がビクッとしたあと
「ハゥッ・・!ァアッ!り・・りこ、、
もう、はずか・・しィ」と体をのけ反った


[18禁]出会い系サイトを男性会員の質の高さで選ぶならこちら

おっきな目が涙目になっている。
その顔を見てますます興奮した俺はもう
ベロベロベロベロおっぱいをなめた。
理子は俺の頭をギュッと抱きかかえ、
「お、、おにいちゃ、、アん・・
す、、すきだ、よ。」とささやいた。
ここまで来たら、当然残っているトコロは
理子のアソコしかないだろう・・・
「理子の大事なところ、、、
お兄ちゃん触っちゃうよ。」「エッ!!」
するーっと俺の右手をスカートの中へ
すべりこませようとした時
「エッ!だめ、だめだよーー!!!」
と首をガンガン横に振るが、
俺はそれ以上にメタリカ並に
ヘッドバンキングするくらい触りたかったため、
「理子、だいすきだよ。」
と優しくささやきながら、
俺の右手をつかんでとめる理子の小さな左手をまた無視!
パンツの中まで一気にすべりこませた。
少ししか生えていない恥毛の感触を味わいながら、
アソコへ手をやった。
もう、グッチョグチョすぎてしまって
収集がつかない状態に!
彼女の童顔からは想像もつかない
アンバランスな下半身の事情。
エロカワ美少女との出会い系セックス体験談

エロいギャルとの出会い系セックス体験談

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「処女喪失」お兄ちゃんのお嫁さんになるって言ってたの覚えてないの?②】

全身の神経を左手のひらに集中し、時には強めにさわっていた。 起きてしまったらどうしようと考えると、ものすごく興奮した。 10分は撫で撫でしていただろうか。内ももにも
セックスレスです。
「あわせて読みたい」サイト
あわせて読みたいブログパーツ
感じない 感じれない
LINK
不倫願望あります
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
人妻出会い性生活。
Hな女の子とやりたい放題!
オススメのサイト
エッチな体験談・告白
官能小説ランキング
女性のH体験告白集
寝取られ話ファイル
人妻淫靡な体験告白
人妻インディオス
夫婦生活エッチな投稿
秘密の告白体験談
大人のえっちな体験談&告白
夫婦生活を告白します
アダルトまとめ物語
正しいH小説の薦め
寝取られ・寝取り話H告白体験談
新・SM小説書庫
女性のエッチ告白体験談集
エッチな告白体験談ブログ
ひとみの内緒話
頭脳性感
人妻との密会
誰にも言えない秘密 -story-
変態小説
官能小説.com
禁断の体験告白
女の子が読むちょっとエッチ小説
NTR★TIGER
不倫ポータルネット
不倫ノートブック
MEGURI-NET
ダブル不倫
エッチな体験談を毎日更新
エロ体験談
H体験談アンテナ
エッチな秘密の体験日記
秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験を赤裸裸告白
Hな告白や体験談ブログ
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。
エロ体験談まとめちゃんねる
人妻との密会
熟女・義母・人妻 中出しプレイ体験告白集
寝取られマゾヒスト
オナネタ専用エッチな体験談
【告白】エロい話・Hな話の体験談
投稿!!官能告白
愛する妻を他人へ(夫婦交換の告白)
ダリアのココ
寝取り、時々寝取られ
NTR 使える寝取られサイト
最高のH体験告白まとめ
禁断の体験 エッチな告白集
YouTube女優濡れ場動画
エロな羞恥体験談ブログ
アダルトH体験談まとめブログ
女の子のオナニー経験談2chまとめ
女の体験告白
女の子が読むちょっとエッチな小説
秘密のH体験談告白
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。